すべてのカテゴリ

モノの価値発見!メディア オクトピ by aucfan
モノの価値発見!メディア オクトピ by aucfan

オークファン >  オクトピ >  DVDBOXは10万超え!? 伝説と化した玩具アニメ”カブトボーグ”全52話の歴史

マニアック

DVDBOXは10万超え!? 伝説と化した玩具アニメ”カブトボーグ”全52話の歴史

今年、あるアニメシリーズが公開から10周年を迎えた。”人造昆虫カブトボーグ V×V”だ。10月には10周年に合わせて出演声優などを迎えた非公認イベントが開かれ、筆者も興味を持ったものの迷う間もなくチケットが完売してしまうほどの人気ぶりだった。

「一部ファンの間でカルト的な人気を博する」などという表現があるが、”人造昆虫カブトボーグ V×V”こそその表現に相応しい熱狂的なファンを擁し、10年経った今もその勢力を伸ばし続けているのである。

今回はその常識破りのアニメ”カブトボーグ”が伝説と化すまでの軌跡をごく一部ながら紹介したい。

 

 

カブトボーグとは?

kabu07
カブトボーグとは2005年ごろトミーから発売された児童向け玩具で、図のような虫の形態を模した車体で戦う。そして”人造昆虫カブトボーグ V×V”はその商品のいわば販促アニメのという位置づけである。

しかし、なぜそうなったのかは分からないがアニメ放映時には本商品の日本展開が終了する直前で、好きにしろとスポンサーのチェックがまともに入らず、またテレビ東京にも放映を断られてしまう。こういった状況もあいまってスタッフが好き放題に制作した結果、全52話ふざけ倒しのアニメシリーズが誕生したのである。

なお、玩具自体は人力で動くため駆動には限界があるのだが、アニメではスタッフが実物も触らずに制作したためありえないスピードでありえない距離を走る光景が繰り広げられる。

 

 

 

<おもな登場人物>

天野河リュウセイ
本作の主人公にして最強のボーグの使い手。相手の弱点を突き心理的に追い込むファイティングスタイルのため心無い発言や行動が目立ち、ファンからは畏敬の念を込め”外道”と称される。

 

松岡勝治(カツジ)
リュウセイの親友で仲良し三人組の一人。病弱で幾度となく生命の危機に瀕し、あるいは実際に死ぬこともあるが次週になれば何の説明もなく復活している。テクニカルな戦いを繰り広げる美少年で、精神的に荒むと女性関係が荒れる。

 

龍昇ケン
リュウセイの親友で同じく三人組の一人。中華料理屋「昇竜軒」の息子で中華料理をこよなく愛する。異常者の多いカブトボーグの世界にあっては貴重な人格者だが、しばしば頭のネジが外れたような発言が目立つ。

 

ロイドさん
リュウセイたち三人が入り浸っているパーツショップの店主。とても優しいが人をイラつかせる天性を持って生まれたとしか思えない喋り方や行動でファンに「ウザい」と煙たがられる。「まさに○○ですネ!」と熟語で話をシメることが多い。

 

ビッグバン
作品世界に蔓延る悪の組織”ビッグバンオーガナイゼーション”の総帥にして、その正体は…1話で明かされる。

 

◯◯のマドンナ✕✕ちゃん
アニメの節々で現れてリュウセイを止めるが、最終的に「それでも俺は行かなくてはならない」と無碍にされてしまう本作のヒロイン。名前と髪や服の色を変えただけの同じデザインの使い回しだが別人物として何度も登場する。

 

さて、ここまででも「?」な部分は多いと思うが、キャラクターについて知っていただいたところでいよいよアニメ本編の主な出来事を振り返ってみたい。

いわば完全なネタバレなのだが、カブトボーグの本質は字面を追っているだけで捉えられるようなものではないと判断し、あえて紹介させていただくことをお詫びしたい。(どうしても嫌な方は本編を観てから戻ってくることを推奨する。)

 

 

カブトボーグの主なできごと

 

第1

kabu13
悪の組織の総帥・ビッグバンとの死闘のすえ仮面が割れ、その正体がリュウセイの父親であることが判明する
 

・第一話なのに最終話のような展開で視聴者は騒然となった。

・この回、ヒロインとしてクラスのマドンナさやかちゃんが登場しリュウセイの無理を諌めるが、これが実質最後の登場となる。

 

 

第2

kabu08
リュウセイと不治の病の親友・カツジの激闘の末カツジが倒れるも、ふっ飛ばされたカブトボーグが病巣に直撃することで奇跡的に病気が治る
 

・普通そんなことは起こらない。

・いわゆるカツジ病気シリーズの記念すべき第一回目である。

 

 

第3

ケンの店のはす向かいにできた「中華三兄弟」の店に殴り込む

・以降、昇竜軒のはす向かいにライバル店ができるとリュウセイ達が殴り込んで潰すというパターンが確立され「はす向かいシリーズ」と呼ばれるようになる。

 

第4

リュウセイのライバル”ジョニー・ザ・ファーステスト”が登場、リュウセイに長髪が不快だと難癖をつけられ七三にする

 

第5

1話でビッグバンだと判明した父が登場し普通にリュウセイ達と談笑するも、仮面をつけて出てきた瞬間に「ビッグバン!」と即座に敵対するなど複雑な関係性が露わになる

・以後、仮面をつけていればビッグバン、私服で登場すれば父親という謎の不文律が守られる。

 

第6

リュウセイが米以外の食事を禁止した市長・米田と対決するが、ボーグバトル場に炊いた米をばらまかれ車輪に絡まってしまう

 

第7

唯一使い捨てを免れた奇跡のヒロイン、ベネチアンが登場

 

第8

カツジの祖父が登場し、カツジ同様死にかけるが、カツジ同様死なない

 

第9

ロイドさんが「それがおばさんです!」と叫ぶ

 

第10

あまり存在感のないリュウセイの兄が初登場

 

第11

ケンが女装にハマったまま話が終わる

 

第12

ロイドさんの衝撃の過去が明かされる

・以後、ロイドさんに「メガネを外すと粗暴でワイルドな人格になる」という設定が加わるが、メガネをかけている状態でも言動が不安定なためキャラクターとしてさらに分かりにくくなった。

 

第13

話が始まった時点でなぜか街が変な組織に支配されている

 

第14

kabu11
悪の組織・ブラックゴールド団が地上を支配する計画を少し前倒ししたためリュウセイたちに止められず世界が終わる
 

・次回予告でブラックゴールド団が殲滅される。

(これについては、恐らく言っても意味が伝わらないため実際に見てもらうしかない。)

 

第15

カブトボーグ全国大会の地区予選でビッグバンの刺客・シャングリラ小川が特に触れられることなく敗退する

・ジョニーが赤ちゃんに負ける。

 

第16

カブトボーグが海で養殖されている事実が明かされる

 

第17

高山病の恐ろしさが分かる回

・メキシコ出身ホセ・ソルプレッサ選手が全国大会を全部の国の大会と勘違いして出場し失格。

・ケンの名言「わー!揚げ足取られたうえに感謝を強要された!」が誕生。

 

第18

沖ノ鳥島が沈没する

・ちなみに、沖ノ鳥島が沈没すると日本の排他的経済水域40万平方km以上が消失する。

 

第19

カツジが「はずかしめてやろうよ!」と発言する

 

第20

 kabu10
リュウセイ、大人のみぞおちを殴って気絶させる
 

第21

kabu08
リュウセイ、あと1回ボーグバトルをしたら死ぬカツジを「死んでも親友だ」と送り出す
 

・当然、カツジは死んでしまった

 

第22

トマトボーグ、ピーマンボーグ、ブロッコリーボーグなどの野菜ボーグが栽培されている事実が明かになる

 

第23

主要キャラがムキムキになる

 

第24

 kabu12
恐怖を克服する修行で錯乱したリュウセイが街をめちゃくちゃにして話が終わる
 

・隣町のマドンナひろみちゃんが一度きりの登場。

 

第25

リュウセイが視聴者ともども意味がわからないカブトボーグの歴史を丸一話聞かされる

 

第26

ケン、束縛の強いと女性と付き合い腐心のすえ別れる

 

第27

ドキュメンタリータッチで作られた世界大会仕様のボーグマシンが車に轢かれる

 

第28

カブトボーグ世界大会で兄と再会

 

第29

ルール無用のダークバトルで苦戦したカツジとケンがデカいロボとかミサイルを使って勝つ

 

第30

明らかに亀田三兄弟をモチーフにしたカメーダ親子が登場し、卑怯の限りを尽くす

 

第31

kabu09
招待されたアマラ王国のクーデターに巻き込まれノーマークだったケンが死亡、カツジは色々あって神となる
 

・この回については見てもらうしかないが、見てもよく分からないと思う。

 

第32

リュウセイ、世界大会で初の敗北を味わう

・元祖ヒロイン、クラスのマドンナさやかちゃんらしき人物が登場

 

第33

失意のリュウセイを美少女に変装した父が慰める

 

第34

「こういうとこのラーメンって意外とシンプルでおいしいんだよな」と動物園にやってきたケンがラーメンを食べて「まずい」と発言する

 

第35

kabu14
ケンの店を実権支配していた妹・リンリンにボーグバトルを挑むも「私はボーグバトルなどしない。あなたたちボーガーはなんでもそうやってボーグで決着をつけようとするが、ボーグバトル界だけで通用するルールを世間一般に押し付けないでほしい」とぐうの音も出ない正論で断られる
 

・玩具アニメで絶対に言ってはいけないセリフが飛び出した回であり必見。

 

第36

ジョニーが逮捕される

 

第37

カツジがボーグ工場のオーナー(壮年の男性)と結婚させられそうになる

・カツジはなぜかセクハラ的な扱いを受けることが多い。

 

第38

リュウセイに罪をなすりつけられ、監獄から這い出してきたライバル・浜田操が登場

・リュウセイの外道扱いを不動のものにした回。

 

第39

物語終盤で悪の組織のもとに辿り着くものの、特に戦いが描かれることなく終了

 

第40

ロイドさんがリュウセイの顔面にピザ生地をぶつけたのを起点に時間がループする

 

第41

kabu15
一度も登場したことのないキャラクター・マンソンがあたかも最初から仲間だったかのように登場し、何の説明もなく大活躍して大団円を迎えたが以後二度と出てこない

・カブトボーグが「視聴者置いてけぼりアニメ」から「視聴者無視アニメ」へと進化した回といえる。

 

第42

髪型をカブトムシやクワガタにして頭突きで戦う「カブトバトル」が流行しカブトボーグが完全に廃れる

 

第43

3秒で決着がつく小さなカブトボーグ「ワンコインボーグ」が大流行してそこらじゅうに捨てられ、販促アニメなのにリュウセイに「ゴミの山」呼ばわりされる

 

第44

リュウセイ、カブトボーグを捨てる

 

第45

ロイドさんがリュウセイたちを騙したり馬鹿にしたりする

 

第46

ジョニー死亡

 

第47

ケンがヤバい女と付き合ってやつれる

・リュウセイが「ならばあえて言おう…お前は性格も何もかもブサイクだ!」とギリギリな発言。

 

第48

夏休みの宿題で追い込まれたケンとリュウセイが町の子供たちをカブトボーグでボコボコにする

 

第49

kabu08
カツジ、バカンスで出会った少女らの命を守るため死神と魂を削ってバトルし、ついに本当に死ぬ
 

・いつも死ぬ死ぬ言うだけで全く死ななかったカツジが本当に死んだため視聴者の涙を誘った。

 

第50

ケンがおかしくなる

・分かりにくい表現だが、本当にそうとしか言えない。

・あと、カツジが普通に出てくる。

 

第51

kabu11
リュウセイとビッグバンの戦いがすごすぎて銀河系が爆発して終わる
 

第52

?????????????????

・そして伝説へ・・・・

 

 

こうして綴られたあまりにも熱すぎる”カブトボーグ”52話に渡る(なんでそんなに続いた?)物語は幕を閉じ、10年後の現在に至る。

しかし、”販促という目的を無視してもよくなった販促アニメ”という、スポンサーはおろか視聴者に媚びる必要性すらなくなった異質な環境で、アニメスタッフの才能が遺憾なく発揮された本作は時を経ても新たなファンたちを魅了し続けている。

アニメがビジネスである以上、スポンサーやDVDを買う層に対する手堅い戦略は避けて通れないが、ひとたび自由を与えられれば”カブトボーグ”のようなアニメだって作れる…本作には、色々としがらみの多いアニメ業界で奮闘する作家たちの魂に肉迫する熱さがある。

リュウセイたちのバトルを通してその熱が視聴者の心に伝わり、火を灯すがために、何年経っても”カブトボーグ”人気の灯は途絶えないのである!

 

(イラスト・文章 小野ほりでい)
人造昆虫カブトボーグVxV 完全限定版スペシャル DVD-BOX

オクトピの最新情報をtwitterでいち早くチェック! オクトピの最新情報をLINEでいち早くゲット!

人気記事ランキング

新着記事一覧

記事の検索

人気のタグ

ページトップへ