すべてのカテゴリ

モノの価値発見!メディア オクトピ by aucfan
モノの価値発見!メディア オクトピ by aucfan

オークファン >  オクトピ >  とんでもない枚数の年賀状が出品中!?そのカラクリを探れ!

調べてみた

とんでもない枚数の年賀状が出品中!?そのカラクリを探れ!

  
TOP
 
わたすけです。 
年も差し迫り、お正月も見えてきましたね。
  
お正月といえば年賀状。メール、LINE全盛の昨今ですが、まだまだ紙の年賀状派の方もいらっしゃるかと思いますが、そんな年賀状にまつわる驚きのオークションがありましたのでご紹介いたします。


調べていくと、意外と深い展開につながっていきました・・・!
  

なんでこんなに大量に?年賀状出品のナゾ


発端はオークファントレンドサーチで「年賀状」が上位に表示されており、オークファンで調べてみたところ、奇妙な落札結果が出てきたことでした。
 
 
個人レベルとは思えない大量の枚数での年賀状の出品が次々見つかったのです。
 
 
以下に、その一部を抜粋してご紹介いたします。
 

 
平成27年年賀状★無地(インクジェット紙)★送料無料★5,500枚

1
  

送料無料☆2015年 平成27年☆年賀状インクジェット無地 4600枚

1
  


◆送料無料◆年賀状2015年(平成27年)年賀はがき 無地インクジェット4000枚

1
  
これは今年だけの傾向なのか・・・? と思い、昨年の落札データを調べてみたところ、2013年にも同じような現象が起きていました。
  
【2013年】
  
8000枚 平成26年 年賀状 選択可 2014 年賀ハガキ

1   

☆2014年インクジェット年賀状5000枚 おまけ付 送料無料

1
  
このあたりで「一体これはいつ頃から起きているんだろう・・・」と本当に不思議に思えてきたので、オークファンの過去10年間の落札履歴を見られる機能をフルに使って調査することにいたしました。
  
【2012年】
  

いろどりうぐいす6000枚◆平成25年◆年賀状◆2013年

1   

【2011年】

  

送料無料 年賀状 インクジェット 1万枚 新品

1   



【2010年】

  

2011年★平成23年★年賀状★年賀はがき★4000枚★送料無料

1   

【2009年】
  

年賀状インクジェット5000枚送料込

1   

【2008年】
  

★送料込み★ 平成21年 年賀状 インクジェット無地4000枚

1   


【2007年】
  

平成20年 お年玉付年賀葉書(年賀状)インク4千枚 送料無料

1   


※ここからは商品詳細画像が残っていなかったので、検索一覧を表示します。

  
【2006年】
  

19年度年賀状 インクジェット4000枚 送料無料

1   


【2005年】
  

年賀状4000枚(無地)未開封品

1   

【2004年】
  

2005年賀状(インクジェット4000枚)送料無料№1

1   


どうやら少なくとも10年以上前から、インターネットオークションへの年賀状大量出品は行われていたようです。
  
例としてお見せするため基本的に一年につき一商品ずつ紹介しましたが、実際にはこれ以外にも多数の落札がありました。
  
いったいなにが起きているんでしょうか・・・?
  

ネット上でささやかれるある一説・・・?

いろいろと調べた結果、「自爆営業」という一つのキーワードが浮かんできました。
  
quote  
自爆営業(じばくえいぎょう)とは企業の営業において行われている社員の負担。商品を販売するという営業職に就いている社員が、その商品が売れない場合には自腹でその商品の購入することでノルマを達成するということ。
 
参照元:wikipedia-自爆営業 
 
日本郵便で生まれた言葉で、ノルマ達成のために日本郵便の社員が、年賀状などを金券ショップに持ち込み、安く売った分の差額に自腹を切る行為をいう。 
参照元:郵便局にはびこる「自爆営業」 自腹10万円は当たり前
  

大量のノルマを課された郵便局員が自力の営業ではさばききれなかったため、自分で買取り販売することで少しでも負担を軽くしようとしているのではないか、とする説です。

  
果たしてこの説が正しいかどうか、2つの郵便局に取材を試みましたが、「社内の事情に関してはお答えいたしかねます」とにべもなく断られてしまいました。


  
ticket   


仮に郵便局員の方が年賀状を自爆営業で購入し、ネットオークションで販売していたとしたらどのような結果になるのでしょうか。
  
たとえば上にあげた、「年賀状5500枚の出品で258,000円で落札された場合」を例に考えてみます。
  
購入価格は年賀状一枚あたり52円ですから、5500枚で286,000円になります。
 
それに対し落札価格は258,000円、落札システム利用料は5.25%で13,545円ですから、送料等を含めてもおよそ43,000円を自腹で支払うことがノルマ達成には必要になる計算になります。
  
ticket   
ちなみに、近くの金券ショップに聞いたところ、現在一枚あたり40円で買い取るということでした。(時期が遅くなるほど買取価格は安くなるそうです。)
  

この場合5500枚だと220,000円の買取で、66,000円の自腹となりますので、「もし自爆営業をするのであればネットオークションのほうがお得」ということになります。
  
他にも、地方では数が少ない金券ショップに「売りに行く姿を見られない」といったメリットもネットオークションでの販売にはあったりもします。
  

おわりに

結論としては、今回は取材不足のため、ネットオークションにおける年賀状の大量出品と「自爆営業」の因果関係を示す確たる証拠を見つけることはできませんでした。
  
ただ年賀状を大量出品しているアカウントの中には、年賀状を大量出品しているアカウントの中には、暑中見舞いの「かもめ~る」も大量出品している方もいらっしゃいました。
  
真相は依然として闇の中ですが、どんな種類の商品にも出品に至った「特殊な理由」が隠れている可能性があるのかもしれません。
  
「年賀状」を開催中検索 |ヤフオクなどのオークション情報が満載  
わたすけ
  

オクトピの最新情報をtwitterでいち早くチェック! オクトピの最新情報をLINEでいち早くゲット!

人気記事ランキング

新着記事一覧

記事の検索

人気のタグ

オークション急上昇ワード

もっと見る

ページトップへ