スパナおすすめ人気ランキングTOP15!サイズや規格も【2021年最新版】

DIY スパナ

選び方のポイント

  • 用途に応じた二面幅を選ぶ
    →車やバイクの整備や修理、DIY全般の作業であれば、広い範囲をカバーできるスパナ、工作や家具のボルトを締めるなどの細かい作業であれば、必要なサイズだけを選ぶとよい。
  • 締めつけ力と作業スペースに応じて握りの長さを決める
    →大きなボルトを締めつけるときには、握りの長いスパナ、狭い場所での作業となる場合には握りが短いほど使いやすい。
  • メートル系とインチ系に注意する
    →車の整備などでユニファイネジが使われている重要な部品を扱う場合には、必ずインチ系のスパナを使用すること。

スパナ

工具と聞けば“スパナ”を一番に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?
イメージの通り、スパナは最も身近な工具の1つですが、種類の区別や正しい使い方はあまり知られていないことがあります。

スパナはその特徴や正しい使い方を把握していれば、効率のいい安全な作業が可能です。
本記事では、建築設備業を経験してきた筆者がスパナの種類や特徴、選び方のポイントを解説したうえで、スパナおすすめ人気ランキングをご紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

黒木雄斗

製造業・建築業歴 7年

「ものづくり」の業務経験を活かした記事の執筆を行っています。
DIYで暮らしを豊かにする方法を毎日模索するのが趣味です。
DIYを楽しむ方が、より良い「ものづくり」ができるように情報を発信していきたいと考えています。

    スパナとは?

    スパナ ネジ

    スパナとはボルトやナット、配管などのネジの締めつけや取りはずしに使う工具です。
    ボルトやナットの六角形の2面を挟み込み、握りを回転させることでネジを締めたり緩めたりします。

    スパナとレンチの違い

    レンチ ボルト

    スパナとレンチは混同されて使われることが多く、明確な区別はありません。
    イギリスではスパナ、アメリカではレンチと呼ばれています。
    日本では口が開いているものをスパナ、閉じているものをレンチと呼ぶ傾向がありますね。

    どちらもボルトやナットを回す工具を指す。

    スパナとレンチの使い方

    スパナ レンチ
    スパナは口が開いているので、ボルトの横から差し込んで回すという使い方が可能。
    締め込んだあとに引き抜き、角度を変えてから差し込むという“掛け替え”が素早くできるという点が特徴です。
    その反面ボルトを2面だけで回すため、強い力を加えるとスパナがすべり、ボルトの角をつぶしてしまいやすいという欠点もあります。
    そのため素早く仮締めを行うことに向いた工具といえるでしょう。

    一方レンチの代表格であるメガネレンチは、口がリング状に閉じていてボルトの6面に力を加えて回すことができるので、スパナよりも大きな力でボルトを締めつけることが可能です。
    ボルトの上面からしか挿入できないため、掛け替えもスパナに比べると手間がかかります。

    【こちらもCHECK】スパナの使い方のおすすめ解説動画はこちら

    スパナの種類

    スパナ レンチ
    スパナやレンチには非常に多くの種類があります。
    ここでは最も標準的な形状のスパナと、よく使用されるスパナの1つであるモンキースパナの2種類をご紹介しますので、参考にしてください。

    スパナ

    工具 スパナレンチ
    スパナは口の幅を“サイズ”や“二面幅”と呼び、挟み込める寸法を表しています。
    また握りの片側に口がついたものが“片口スパナ”、両方についたものが“両口スパナ”と呼びます。

    “口”とは、ボルトやナットなどをはさんで回せるように握りの先端が開いている部分を指す。

    スパナにはさまざまな形状があります。
    標準的なスパナよりも厚さが薄く、狭い場所でも作業できるようにしたものが薄型スパナ。
    片口がスパナで、もう一方の口がリング状の“メガネレンチ”になっている“コンビネーションレンチ”のような製品もあります。

    モンキースパナ

    スパナ
    レンチと呼ばれることが多いものの、口が開いているためスパナに近い形をしています。
    標準的な片口スパナに比べてヘッド部が大きく、ウォームギヤで二面幅の調節が可能です。

    モンキーレンチとも呼ばれるが、正式名称は”アジャスタブルレンチ”

    メリットは自由にサイズ調整できるので、さまざまなサイズのスパナを持ち運んだり、持ちかえたりする必要がないこと。
    デメリットは先端部が大きいため、標準のスパナよりも狭い場所での作業がしづらいということになります。

    ウォームギヤは口を完全に固定することができないので、すべってボルトを傷めてしまう可能性があることにも注意してください。

    【こちらもCHECK】レンチに関連するおすすめ記事はこちら

    レンチおすすめ人気ランキングTOP15!種類&サイズと使い方についても【2021年最新版】

    2018.07.27

    スパナの3つの選び方

    ① 用途に応じた二面幅を選ぶ

    蛇口 修理 スパナ

    スパナは、用途に応じて必要となる二面幅を理解してから、サイズや構成を選ばなければなりません。

    車やバイクの整備や修理、DIY全般の作業であれば、大小さまざまな大きさのボルトを扱うので、広い範囲をカバーできるようにスパナを選ぶ必要があります。
    このような場合には、サイズを一度にそろえることができ、管理がしやすいセット品がおすすめです。

    工作や家具のボルトを締めるなどの細かい作業であれば、セットスパナや大きなサイズのスパナは不要なので、必要なサイズだけを選ぶとよいでしょう。
    水廻りなど給排水の配管や補修には特に大きなサイズが必要になるので、二面幅の大きいモンキースパナなどを選ぶと作業の効率がよくなります。

    ② 締めつけ力と作業場所に応じて握りの長さを決める

    工具 スパナ

    スパナはテコの原理を利用してボルトやナットを回しているので、握りが長いほど大きな力を発揮する道具です。
    大きなボルトを締めつけるときには、握りの長いスパナが必要になります。
    回転スペースが確保できるならば、長い方が楽にネジを回すことが可能です。

    しかし狭い場所での作業となる場合には、握りが短いほど小回りがききます。
    省力と狭い場所での作業効率のどちらを優先させるかを決めておきましょう。

    ③ メートル系とインチ系に注意する

    ネジ ナット
    日本で使われているネジの規格は基本的にmmの単位で表されるメートル系になります。
    ボルトやナットの二面幅もそれを基準に定められたものです。

    一方inchの単位で表されるインチ系のネジは、1/8inchを基本にネジの規格を定めているので、ボルトやナットの二面幅がメートル系と異なります。

    1inch=25.4mm。

    そのためインチ系のボルトを扱うには、メートル系とは別のサイズのスパナが必要になります。
    インチ系のボルトの代表的建築物のアンカーボルトやターンバックルに使用されるウィットネジ、給排水配管やガス配管、エアー配管などの配管に使用される管用ネジ、ほかにも輸入品の車や家具に使用されるユニファイネジなどがあります。

    ウィットネジや管用ネジと呼ばれる規格は、ボルトやナットの二面幅がmm単位でありながらも、その多くはメートル系のボルトの二面幅とは一致しません。
    ユニファイネジのボルトは、二面幅がinch単位で統一されているので、メートル系のスパナで回そうとすると六角形の角をつぶしてしまうことがあります。

    車の整備などでユニファイネジが使われている重要な部品を扱う場合には、必ずインチ系のスパナを使用しましょう。
    スパナを用意して作業する前に、ノギスなどでボルトの二面幅の寸法を計り、扱うネジの規格を必ず確認してください。

    スパナおすすめ人気ランキングTOP15

    ここまではスパナの種類や特徴、選び方をお伝えしてきました。
    これらをもとにスパナのおすすめ人気ランキングTOP15をご紹介します!

    製品重量の比較のため、可能なかぎり全長を統一しております。必ずしもこの長さやサイズをおすすめするものではありません。

    15位 SUN UP 両口スパナ

    SUN UP 両口スパナ 6丁組

    SUN UP 両口スパナ 6丁組

    482円(06/20 07:41時点)
    Amazonの情報を掲載しています

    二面幅:6×7、8×9、10×11、12×13、14×15、17×19mm
    全長:-
    材質:-
    口形部の厚み:-
    重量:413g

    シンプルな両口スパナ6丁のセットで、6~19mmと幅広い範囲のサイズがそろっています。
    付属のホルダーからの取りはずしが簡単にでき、コンパクトなのでツールボックスの収納スペースをとりません。

    価格が手ごろなのが非常に魅力的で、手軽にスパナセットを使ってみたい方におすすめです。

    14位 E-Value 両口スパナセット インチサイズ


    二面幅:1/4×5/16、3/8×7/16、1/2×9/16、19/32×11/16、5/8×3/4、25/32×7/8
    全長:-
    材質:クロムバナジウム鋼
    口形部の厚み:-
    重量:671g

    E-ValueはDIYを応援する工具メーカー藤原産業のベーシックブランドです。
    この製品はインチ系サイズのスパナセットで、6本組で二面幅12種のサイズがそろっています。
    ホルダーに納まるので省スペースで、携帯にも便利。

    価格が手ごろなので、インチ系サイズのスパナセットを気軽に使ってみたい方におすすめです。

    13位  Andux Space ミニコンビネーションレンチセット


    二面幅:4×4.5×2本、5×5.5、5×6、5.5×6、6×7、7×8、8×9、9×10、10×11mm
    全長:-
    材質:クロムバナジウム鋼
    口形部の厚み:-
    重量:132g

    コンパクトかつ軽量なコンビネーションレンチのセットで、ポケット収納も可能です。
    二面幅は4mmからそろっているので、小さいボルトを扱うちょっとした修理など、DIY以外にも日常生活の作業でも役に立ちます。

    同じ二面幅を備えたスパナとメガネレンチがあるので、両手にもって締め込む作業も可能。
    スパナ自体が非常に小さいため、狭い場所でも作業が可能なことはもちろん、机上の作業でもスペースをとらず、ホビー用の小さなツールボックスにも楽々と納まります。

    小さなボルトを中心に扱い、さまざまなサイズを一度にそろえたい方におすすめです。

    12位 KTC スパナセット


    二面幅:5/16×3/8、13/32×1/2、1/2×9/16、19/32×16/11、5/8×3/4、25/32×7/8
    全長:-
    材質:-
    口形部の厚み:-
    重量:700g

    日本を代表するハンドツールメーカーであるKTCが生産した精度の高いインチ系のスパナセット。

    KTCは「軽くて強くて使いやすい」という高品質な工具を生産しているメーカ。

    従来のやり形を進化させた「新やり形ヘッド」にすることでヘッド部の外幅を小さくしながら、力の加わる部分にボリュームを持たせた構造になっています。
    また柄の中央にくぼみをもたせることで、軽量で握りやすいだけではなく高強度も実現。
    大きく見やすい鍛造浮き出しのサイズ表示が施されている点もうれしいですね。

    金属製のホルダーはスパナの出し入れが非常に簡単で、フタを閉めることで抜け落ちる心配がありません。
    メートル系も二面幅5.5~24mmのTS206Aと、8~12mmのTS206の2種類がラインナップされています。
    インチ系のボルトを扱い、確実な作業を必要とする方や、使用頻度が高くよいものを長く使いたいという方におすすめです。

    11位 SK11 極薄スパナセット


    二面幅:8×9、10×12、11×13、14×17、19×21mm
    全長:-
    材質:-
    口形部の厚み:3.1~3.3mm
    重量:222g

    藤原産業のスタンダードブランドであるこちらのK11極薄タイプのスパナセットは、狭い隙間の作業で活躍します。
    非常に薄い口は椅子や棚、台車のキャスターの取りつけと取りはずし、ダブルナットなどの薄いナットの締めつけに便利です。

    極薄形なので軽量なうえに、収納もほかのセットスパナ以上にコンパクトになっています。
    家具のキャスターなど薄いナットを扱うことがあり、なおかつDIYでさまざまな用途に使う方におすすめしたいスパナセットです。

    10位 KTC ラチェットコンビネーションレンチ 首振りタイプ


    二面幅:10mm
    全長:136
    材質:-
    口形部の厚み:5、7.3mm
    重量:60g

    スパナとラチェット式のメガネレンチを組み合わせたコンビネーションレンチ。
    メガネレンチ側は首振り機能がついていて180°の首振りができ、任意の角度に曲げて使用できます。

    ラチェット機能もついているので、本締めの作業でも面倒な掛け替えが必要ありません。
    とても機能性が高いコンビネーションレンチです。

    さらに握りは、ショートタイプとスタンダードタイプの中間の長さをを採用することで、狭い場所でも力が込めやすくなっています。
    二面幅は8、10、12、13、14、17、19mmの7種類が用意され、サイズがそろっている点も魅力です。

    製品の精度が高いので、頻繁に重要な部品を扱う方や、狭い場所で使いたい方におすすめします。

    9位 TRUSCO スタンダードコンビネーションスパナ


    二面幅:10mm
    全長:123mm
    材質:クロムバナジウム鋼
    口形部の厚み:4.4、6.8mm
    重量:40g

    スパナとメガネレンチを組み合わせたシンプルなコンビネーションスパナです。
    表面はニッケルメッキでザラザラの梨地に仕上げられているので、手になじみやすくすべりにくくなっています。

    二面幅が5.5~32mmの範囲で22種類と豊富に用意されているうえに、価格が手ごろなのでサイズをそろえやすいところも魅力です。
    スパナだけでなくメガネレンチを使用して強く締めつけを行う必要がある方や、セットスパナを単品で補充したい方におすすめ。
    必要なサイズだけをそろえて、こだわりのスパナセットをつくるのもよいでしょう。

    8位 KTC 薄口スパナ


    二面幅:10×12mm
    全長:210mm
    材質:-
    口形部の厚み:4mm
    重量:64g

    形状は標準的な両口スパナですが、薄口なのでダブルナットや薄いボルトの締めつけ作業に力を発揮します。
    握りが比較的長いので、手が届きにくい狭く入り組んだ場所での作業や、ボルトを強く締め込む必要がある作業に有効です。

    その形状と精度を活かして特定の用途に使うことができます。
    さらに10~17mmの範囲で6本のサイズが用意されているので、使用頻度が高ければサイズをそろえてスパナセットとして汎用的に使用するのもよいでしょう。

    7位 TRUSCO 両口スパナ


    二面幅:10×13mm
    全長:135mm
    材質:クロムバナジウム鋼
    口形部の厚み:4.8mm
    重量:52g

    とてもシンプルで標準的な両口スパナ。
    手になじみやすく力が込めやすいニッケルメッキの梨地仕上げになっています。

    価格が手ごろなので、特定のサイズでしか使用しない方におすすめです。
    よく使うサイズを中心にそろえ、自分だけのスパナセットをつくることもできます。

    6位 高儀 GISUKE ショートワイドモンキー


    二面幅:最大36mm
    全長:160mm
    材質:-
    口形部の厚み:-
    重量:240g

    握りがこぶしに納まるほど短いショートモンキーで、狭い場所での作業効率が高いのが特徴。
    目盛りがついているので簡単に幅を調節でき、ワイドな二面幅によって配管などの大きなナットも締めることができます。

    コストパフォーマンスが非常に高いので、気軽にショートモンキーを使ってみたい方や、ナットの幅が広く大きな締めつけ力を必要としない作業をする方におすすめです。

    5位 TRUSCO 首振ラチェットコンビネーションレンチ


    二面幅:10mm
    全長:96mm
    材質:クロムバナジウム鋼
    口形部の厚み:スパナ 6.1mm、メガネ 7.7mm
    重量:46g

    スパナとラチェットレンチを組み合わせたコンビネーションレンチ。
    ラチェットレンチ側のヘッドは180°首振りの機能がついているので、任意に角度が設定できます。

    ショートタイプで非常に握りが短いので、手が入りにくい狭い場所で作業をする方におすすめ。
    スペックが高いわりには価格が手ごろで、サイズも7~19mmの範囲で7段階あります。
    サイズをそろえて使ってもよし、特定のサイズのみ使ってもよしという使い勝手のよい製品です。

    4位 SK11 フレックスラチェットレンチセット


    二面幅:10、12、13、14、17mm
    全長:-
    材質:-
    口形部の厚み:-
    重量:608g

    片口はスパナ、片口は180°首振り可能なフレックスヘッド機能を備えたラチェットレンチになっているコンビネーションレンチの5本セットです。
    ラチェットレンチは72山のギヤにより操作性がよく、細かい送りを可能にしています。

    スペックが同程度の他社製品よりも手ごろな価格で、コストパフォーマンスにすぐれているのが大きな魅力です。
    サイズの範囲が10~17mmとやや狭いので、この範囲のボルトを頻繁に扱う方におすすめします。

    また、不足しているサイズを同メーカーでそろえて、さまざまな場面で使えるセットにしてもよいでしょう。

    3位 TOP 薄型軽量ワイドモンキレンチ ショートエコワイド


    二面幅:8~38mm
    全長:157mm
    材質:クロムバナジウム鋼
    口形部の厚み:6.5mm
    重量:215g

    非常にワイドな二面幅と、薄くて軽いコンパクトなヘッドを備えたハイスペックなショートモンキーで、プロの設備屋にも人気があります。
    モンキースパナでありながら、下アゴの強度が強く逆回転が可能なので、差し返しをして回すことが可能です。

    また、すべりにくく丈夫な硬質ビニールグリップを採用しているので、握りが短いわりには力を込めることができます。
    最大幅にしてもアゴのでっぱりがないため、狭い場所でじゃまになったり、周りのものを傷つけたりすることがありません。

    コンパクトなので車両のボンネットなど狭い場所での作業に向いています。
    さらに、二面幅が非常に広いので給排水管の配管や補修の作業にも絶大な力を発揮しますよ。

    DIYでも水廻りや狭い場所で作業する方におすすめです。
    サイズも手のひらサイズから、最大二面幅49mmまでそろっているので、用途によって選び分けることができます。

    2位 TRUSCO モンキーレンチ


    二面幅:最大34mm
    全長:308mm
    材質:-
    口形部の厚み:-
    重量:670g

    標準的でシンプルなモンキースパナ。
    目盛りつきなのでボルトやナットのサイズに、すぐに幅を合わせることができます。

    150~450mmの範囲で6サイズのラインナップがあるので、力の加え方で長さを選択することが可能です。
    万能なだけでなくコストパフォーマンスもよいので、まずはモンキースパナが1本ほしいという方や、長さを選んで使い分けたいという方におすすめします。

    1位 TOP 薄型軽量ワイドモンキレンチ エコワイド


    二面幅:12~42mm
    全長:315mm
    材質:クロムバナジウム鋼
    口形部の厚み:9mm
    重量:650g

    標準的なモンキースパナと比べて二面幅が非常に大きいのが特徴。
    ワイドな口開きのモンキースパナはヘッドが大きくなるため、重量が重くなりがちですが、このモンキースパナは適度な肉抜きを行うことで軽量化され、標準的なモンキーと同等の重量を実現しています。

    口形部が9mmと薄い上に、下アゴが強く表裏で同等の強度があるので、どちらの方向にも締めつけが可能です。
    アゴのでっぱりがなく、周囲のものにぶつけてしまうことがないので、狭い場所でも使えます。
    長さは162~315mmの範囲で4サイズがあるので、締めつけ力や最大二面幅で選び分けるとよいでしょう。

    大きな締めつけ力を必要とする作業や、大きなナットを回す作業はもちろん、さまざまな作業をこの1本でこなすことができる万能のモンキースパナ。
    DIYを行うすべての方におすすめしたい一本です。

    【こちらもCHECK】エコワイドの商品紹介動画はこちら

    スパナの使用上の2つの注意点

    ① ボルトやナットの頭をつぶさないように

    スパナ 椅子 組み立て

    スパナでボルトやナットを締めつけたり緩めたりするときには、六角形の角に力が集中しやすくなります。
    スパナとボルトの隙間が必要以上に大きかったり、モンキースパナのウォームギヤのあそびが大きく隙間が広がったりした場合には、力が集中してしまうのでボルトの角をつぶしてしまいかねません。

    ボルトの角をつぶしてしまうと、スパナでは回すことができなくなり、ほかの工具を使うことになります。
    最悪の場合は二度と回すことができなくなるかもしれません。

    交換ができない部品や重要な部品を扱うときには特に注意が必要です。
    このような場合には、精度が高く隙間の小さいスパナや、ウォームギヤのあそびが小さいモンキースパナを使用するなどして、慎重に作業を行いましょう。

    ② モンキースパナとセットスパナを併用すると効果的

    スパナ ネジ

    ボルトとナットを締め込むときや、給排水管などの配管を締め込むときには、両手にスパナを持って作業することが度々あります。
    モンキースパナ1本しか持っていない場合や、スパナセットしか持っていない場合には、両手に同じサイズのスパナを持って締め込むという作業はできません。

    そこでモンキースパナとセットスパナなどをあわせて所持しておけば、モンキースパナの幅を調整することで、簡単に同じサイズのスパナを2本用意することが可能です。

    またサイズが自在に調整できるモンキースパナを中心に使用すれば、普段から多くのスパナを携帯する必要はなくなります。
    逆に特定のサイズを頻繁に使用するときにセットスパナを使えば、ボルトの大きさごとにわざわざモンキースパナのサイズを調整する手間もありません。

    このように2種のスパナを併用すれば、同じサイズのスパナが2本必要になる状況に対応でき、2種の弱点を補うように効率よく作業を行うことができます。

    【こちらもCHECK】スパナの置き場所に困ったら?おすすめの工具箱を紹介している記事はこちら

    Amazon&楽天のスパナ人気ランキング

    Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!


    用途にあった種類とサイズの選定を

    レンチ ゴム手袋
    選び方のポイントや注意点でお伝えした通り、用途によって使用すべきスパナの種類やサイズ、その組み合わせはさまざまです。
    DIYで使う場合には、使用回数の多い工具になります。
    これからスパナをどのように使っていくのか、どのようにそろえていくのかを考慮して選びましょう。

    Amazonや楽天でお得に買い物をする方法

    Amazonや楽天では期間限定で買い物がお得になるキャンペーンを実施しているのでそれぞれ紹介いたします。

    Amazonで1000円分のポイントが貰えるキャンペーン

    アマゾンギフト券
    Amazonでお得に買い物をするならAmazonギフト券のキャンペーンがおすすめです。
    初回購入で1000ポイントもらえるほか、チャージするたびに最大2.5%のポイントが貯まります。
    ギフト券のチャージ方法や詳細は公式サイトよりご確認ください。

    楽天で5000円分のポイントが貰えるキャンペーン


    今なら楽天カードの新規入会&利用で5000円相当のポイントがプレゼントされます。
    楽天カードは年会費無料で購入金額100円ごとに1ポイントたまるお得なカードで、デメリットも特にありません。
    楽天で買い物をしている方は申し込みましょう。

    総合ランキング1位の商品はこちらから

    【あわせて読みたい】DIYに関連するおすすめ記事はこちら

    インパクトドライバーおすすめ人気ランキングTOP15【2021年最新版】

    2018.04.03

    インパクトドライバーセットおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

    2018.03.28

    下地探しおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

    2018.02.23

    釘抜きおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

    2018.02.15