CATEGORY

釣り

エギおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント サイズ →カンナを除外したボディー本体の長さが6cm前後のものを「2号」とするのが一般的。 カラー →多くのエギでラインナップされているのは、ピンク、オレンジ、パープル、ナチュラルカラーの4種類。 アオリイカをはじめとするイカ類を狙う、「エギング」と呼ばれる ゲームフィッシング で用いられるのが、日本古来の漁具を原形とするルアーの1種であるエギです。 エギは、エビの形に似せた独特 […]

フィッシングメジャーおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 計測可能なサイズの上限 →持ち運びやすさを重視するのであれば、60cm程度のものが理想的。60cm以上の魚が掛かる可能性がある釣り方においては、余裕がある100cm程度のものが望ましい。 数字や目盛りの印刷サイズ →フィッシングメジャーと一緒に釣れた魚を撮影する際に、画像や動画に計測値がはっきりと映って欲しい場面でも、印刷サイズは重要。 正確な計測を補助する器具の有無 →正確な計 […]

フィッシングシューズおすすめ人気ランキングTOP9!選び方の解説も【2021年最新版】

選び方のポイント サイズは一回り大きいものを →足元が冷えたり防水対策をしたりと、いつもより靴下などを厚い生地にする機会が意外と多いため、いつものサイズよりも一回り大きいものを選択する。 クッション性の高いものを選ぼう →クッション性が低いものを使用していると、だんだんと足に疲れがたまり、転倒や転落の危険性が高まる。 釣りをするときにはライフジャケットを着用するなど、事故に備えることが大切ですが、 […]

コマセカゴおすすめ人気ランキングTOP6【2021年最新版】

選び方のポイント 重さ・サイズ →カゴ自体の重さと中に詰めるコマセの重さの合計を考慮してサイズを決める必要がある。 カラ― →晴天で透明度が高い場合には黒などの濃い色、魚が極端に集まっている場合には赤などの魚影と違う色が見えやすいのでおすすめ。 穴の位置 →コマセを放出させるための中央部の穴は、商品によって開閉を調節できるものがあり、穴の大きさを細かく調整できるかどうかを確認する。 初心者の方に人 […]

石鯛リールおすすめ人気ランキングTOP4【2021年最新版】

選び方のポイント ラインキャパシティー →中層付近の石鯛を狙う場合は、100~130m。超遠投で遠方のエリアにいる石鯛を狙う場合には、150m以上巻くことができるラインキャパシティーが必要。 ボディー剛性 →石鯛リールを選ぶ際は、高いボディー剛性をウリにしているものを選択するのがベスト。 石鯛釣りは、ウニやサザエなどの高級海産物をエサとしてぜいたくに使用し、磯の王者を狙うロマンあふれる釣り。 石鯛 […]

ストリンガーおすすめ人気ランキングTOP5!使い方の解説も【2021年最新版】

選び方のポイント フックのサイズや頑丈さ →フックの軸が細かったり、剛性が足りなかったりすると、大きめの魚を装着した際に簡単に曲がってしまう。 フックのロック部分の形状 →ロック部分の形状は、大きく3種類に分けられ、メリット・デメリットがあるので理解して選ぶ。 ロープの長さ →足元から水面までの距離よりも2.5mほど長いロープがついているストリンガーを選択するのが無難。 ロープの頑丈さ →1,00 […]

サクラマスロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 硬さ →あまりにも硬いロッドは繊細なルアーの動きを操作できずに釣果に影響するため、ミディアムからヘビー程度の硬さを選ぶ。 長さ →使う方の身長によって多少変わりますが、8フィート(240cm)前後がよい。 サクラマス釣りは、ルアーフィッシングのなかでも難易度が高め。 そのため初心者やこれから挑戦する方は、最初の一本を釣り上げるまでに少し苦労するでしょう。 しかし道具次第で難易度も […]

タックルボックスおすすめ人気ランキングTOP15!メイホウ製品やロッドスタンドつきも【2021年最新版】

タックルボックスがあれば、ルアーフィッシングで使用するアイテムを一式保管することができます。 近年はロッドを携帯したまま釣りができるよう、ロッドスタンドが標準搭載されているものも販売され、価格は5,000円から10,000円程度が相場となっており、付属品を追加購入することでカスタマイズもできます。 今回は各メーカーから販売されている人気のタックルボックスをランキング形式でご紹介。 ルアーフィッシン […]

鮎竿おすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 自分にあった長さを選ぶ →長くなればなるほど取り扱いが難しく、かつ重みが手元に強く掛かってくるので、自分のレベルにあわせた長さ選びが必要。 自重を見て選ぶ →数十gの差であっても、実際に持ってみたときや長時間使うときにはその差が大きくなり、疲労感が変わってくる。 ブランクスが強化されているものを選ぶ →内部に使用しているカーボンを何層か組みあわせていたりするような説明がされている […]

穴釣り用タックルおすすめ人気ランキング!仕掛けとセット品も【2021年最新版】

選び方のポイント 穴釣り用ロッドは適切な長さを選択→手持ちスタイルの釣り方では基本的に、110cm以下の短い穴釣り用ロッドがおすすめ。 適合オモリ負荷も穴釣り用ロッドでは重要→大物が掛かることも想定した場合、「使用するオモリの重さが適合オモリ負荷の中間値になるのが理想的。 リールはタイプごとの特徴を加味して選ぶ→穴釣り用リールは、ベイトリールか両軸リールが基本。 リールのラインキャパシティー(巻け […]

バイブレーションルアーおすすめ人気ランキングTOP5!バス用についても【2021年最新版】

選び方のポイント 音が鳴るものと鳴らないものを用意する →音が鳴るものと鳴らないもの、それぞれの特徴を知って状況に応じて使い分けることにより、釣果が伸ばせる。 基本的なカラーを選ぶ →「ベイトフィッシュカラー」「チャートリュースカラー」「クローカラー」があり、これらを最初に選んでみるとよい。 持っているバス用タックルにあわせて選ぶ →スピニングタックルの場合は7~15gの範囲の重さが使いやすく、ベ […]

ショアジギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!メーカーと長さについても【2021年最新版】

選び方のポイント 体力にあった長さを選ぶ→標準的な体型なら最大でも10フィートにとどめよう。 頑丈なガイドを搭載したモデルを選ぶ→ガイドは糸を通すリング状の金具のこと。強度や放熱性などに優れる「SiCリングガイド」が搭載されているものを選ぼう。 メーカーごとの違いを理解する→メーカーによってスペック表記が違っていても硬さが同じ場合もある。 メタルジグの重さを確認→トッドのジグの適合重量の表記は商品 […]

メバリングタックルおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 汎用性の高いメバリングロッドを選ぶ →まざまな環境で釣りをするため、多くのルアーや場所に対応ができる汎用性の高いものを選ぶ。 リールは2000番を選ぶ →全体的な重量バランスが取りやすく、メバルに対して適度なスピードでリールを巻きやすい2000番のものを選び。 できるだけ軽いものを選ぶ →タックルが軽いとあまり手に力を入れずに持てるため、手元の感度が向上する。 メバリングは小型の […]

へらバッグおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 重心がしっかりとして倒れにくいものを選ぶ →へらぶな釣りでは足元が不安定なことがほとんどなので、重心がしっかりとして倒れにくいものを選択。 持ち運びしやすいものを選ぶ →へらぶな釣りでは仕掛け類など小物が多いので、それらをまとめて入れたときに持ち運びやすいかをチェック。 ポーチや小物類も考えてメーカーを選ぶ →へらバッグとメーカーを統一してポーチや小物類を選ぶと、持ち運びだけでな […]

磯バッグおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 容量が25L以上のものを選ぶ →最初に必ず、必要な釣り道具をすべて入れられる容量かを確認しよう。最低でも25Lは必要。 防水仕様のものを選ぶ →本体が水を弾く素材で作られているかどうか、止水ファスナーがついているかどうかなど、防水仕様の有無に注目して選ぼう。 型崩れしにくく安定して置けるものを選ぶ →硬質な素材でできているもの、四隅が強い構造となっているものを選ぶと型崩れしにくい […]

ヘラブナ釣り大特集!へら竿のおすすめ人気ランキングから仕掛けや竿掛けまで【2021年最新版】

日本発祥のゲームフィッシング(釣果そのものだけでなく、魚を釣り上げた際のタックルセッティングや釣り方のスタイルなども包括的に評価する考え方)である「ヘラブナ釣り」は、各種タックル(釣り具)、仕掛け、エサ、釣り方などのさまざまな要素を総合的に勘案して、釣りを組み立てていく奥深さが魅力の釣りです。 とくに近年は「管理釣り場(難易度が比較的高く設定されている釣り堀)」の登場により、初心者でも手軽にヘラブ […]

吊り秤おすすめ人気ランキングTOP5!デジタルも【2021年最新版】

選び方のポイント しっかりと持てるものを選ぶ →吊り秤を使用するときには大きな魚がメインであること、さらには暴れることもあるので、しっかりと持てるものを選ぶ。 魚の重さによってデジタル式かバネ式かを選ぶ →魚の重さが5kgを境にして、それより重ければデジタル式、軽ければバネ式を選ぶ。 重さの表示に注意して選ぶ →バネ式においては「kg」のみのものが多く、デジタル式のものは単位が切り替えできるように […]

コマセミキサーおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 砕く・混ぜる・切ることができるものを選ぶ →撒き餌に使うオキアミは凍らせてあり、大抵の場合、砕いたり切ったりして使い始める必要がある。 強度のあるものを選ぶ →基本として金属製で軸の部分に太さがあるものを選ぶ。 適度な長さを選ぶ →短いと手が汚れやすく、長すぎると力が入れにくいので使い勝手に差が出る。 メジナやクロダイを「フカセ釣り」で狙うときには撒き餌(コマセ)が必須となります […]

シマノのスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 大きさの違いで選ぶ→シマノのスピニングリールはほかのメーカーに比べてサイズ展開が細分化されているので、500~3000番のなかから狙う魚種によって適した番手を選ぶ。 できるだけ軽いものを選ぶ→釣りをしている間はずっと釣り竿とリールを持った状態のため、少しでも軽くて疲れにくいものを選ぼう。 ほかのメーカーとの違いを知って選ぶ→シマノのスピニングリールは「巻き心地のよさ」が優れており […]

タコ釣りにおすすめのリール人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント ラインキャパシティを確認する→タコ釣りで使用する道糸の太さは材質によって異なり、タックルセッティング(竿、リール、糸の全体的な組み合わせ)についても考慮が必要である。 頑丈さやパワーの強さに注目する→最低でも5kg、できれば8kg前後の最大ドラグ力が設定されているリールであれば、大型のタコが掛かった際にも安心。 海底で仕掛けを小突いてタコの居場所を探る際のワクワク感や、掛かったタ […]

ヒラスズキロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 10~11フィートの長さを選ぶ→選ぶ際は「波にさらわれる危険性を下げる」ために10~11フィートの長さを選ぼう。 M~MH(ミディアム~ミディアムヘビー)の硬さを選ぶ→Mよりやわらかいロッドでは引き寄せたり、ルアーを遠くまで投げたりすることができないので注意しよう。 ライン絡みが少ないKガイド搭載モデルを選ぶ→「Kガイド」が搭載されたものはルアーを投げたときにライン絡みしにくいの […]

シマノのベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!メンテナンス方法も【2021年最新版】

選び方のポイント 自重のスペックを見て選ぶ→220gを目安になるべく軽いものをチョイスしよう。 ギア比の違いを見て選ぶ→「ギア比」の数字が大きければ巻き取れる距離が長くなるが、反対に巻き取るときの力も必要となるので、釣り方にあわせたバランス取りが重要。 スプールの大きさを見て選ぶ→大きさによって投げやすいルアーの重さが決まってくるため、使うルアーや釣りによる適切なスプールの大きさを選ぼう。 ボディ […]

ミノーおすすめ人気ランキングTOP10!種類や使い方の解説も【2021年最新版】

選び方のポイント どんな場所や魚種で使うのか→海水でも淡水でも使用するので、特性の違いを理解して選ぼう。 浮力と形状の種類を知って選ぶ→水に浮くもの、沈むものなど使い方の違いからチョイス。 重心移動と固定重心の違いを知って選ぶ→内部構造の違いによって、使用に適した釣り場が変わる。 カラーはベイトフィッシュ系を中心に選ぶ→商品名に魚の名前が入ったものを選べば安心。 使い方にあわせて選ぶ→「ただ巻き」 […]

フィッシングベストおすすめ人気ランキングTOP9!渓流やメッシュも【2021年最新版】

フィッシングベストは釣りの際にさまざまなアイテムを収納できるベスト。 ラインやカッターなどはもちろん、小型のルアーケースやメジャーなど、さまざまな釣り具を手軽に収納できます。 主に渓流釣りなどで使用されるメッシュタイプと海釣りなどで使用されるライフジャケットタイプの2種類が販売されており、その価格も3,000円から20,000円前後まで非常に幅広いです。 今回はそんなフィッシングベストの種類や必要 […]

フィッシンググローブおすすめ人気ランキングTOP10!防寒も【2021年最新版】

選び方のポイント サイズ感→フィッシンググローブのサイズ感は、釣行時の使用感に直結する要素。 素材→真夏用アイテムは通気性の高いメッシュ素材、厳寒期用アイテムは風を通しにくい厚手の素材で作られることが多い。 デザイン→サイズ感や素材に満足できるものが複数ある場合は、デザインにも注目する。 フィッシンググローブは防寒対策に抜群!→手先の防寒対策は非常に大切。 フィッシンググローブは、手を保護する目的 […]

釣り人向きの偏光グラスおすすめ人気ランキングTOP5!色による違いや種類の解説も【2021年最新版】

選び方のポイント 自分の顔にあったものを選ぶ→掛けてみてずれないこと、こめかみが痛くならないものを基準に選ぶ。 レンズの種類を知って選ぶ→初心者は価格が低すぎないものから選ぶ。 レンズの色による違いを知って選ぶ→基本的にはグレー系やブラウン系の薄い色をしたレンズのものを選ぶのがおすすめ。 釣りをしていると水面の反射によって水中が見えないことがほとんどですが、釣り人向きの偏光グラスを使うと反射が抑え […]

ランディングポールおすすめ人気ランキングTOP5!長さや用語解説も【2021年最新版】

選び方のポイント 余裕のある長さを選ぶ→想定よりも1mほど長いものを選ぶと安心。 仕舞寸法を見て選ぶ→伸ばしたときの長さと仕舞寸法のバランスがいいと使いやすい。 カーボンが使用されたものを選ぶ→強度があって軽量のカーボン素材がおすすめ。 大きな魚が掛かったときには、釣り竿の力だけでは引き上げるのが難しいもの。 そこで活躍してくれるのがランディングポールとネットです。 本記事では釣り歴20年以上とな […]

ロッドスタンドおすすめ人気ランキングTOP15!壁掛け用の特集も【2021年最新版】

選び方のポイント 収納できる本数→基本的には10から20本ほどのタイプが多いので、その中から自分にあったものを選ぶ。 使用されている素材→メーカーによってはプラスチック製やアルミ製のものもあるため、購入する際は素材もしっかりと確認する。 据え置きと壁掛けの2つのタイプ→定番の据え置きタイプは、自宅のお好みの位置に置くだけで、移動なども比較的簡単。 釣り人の右腕とも言われるロッドの保管方法に、迷って […]

ダウンショットシンカーおすすめ人気ランキングTOP5!使い方や重さについても【2021年最新版】

選び方のポイント シンカーの形状を知って選ぶ→形状は使い分けると釣りやすさが変わり、それに伴って釣果が変わってくる。 重さを数種類揃える→バスの活性や釣りをするポイントにあわせて、重さを数種類持っておく。 素材の違いを知って選ぶ→初心者は鉛合金のものから始めて、慣れたらタングステン素材を使ってみると釣りがしやすくなる。 バスフィッシングで使うリグにはさまざまなものがあります。 そのなかにおいて、ダ […]

スピナーベイトおすすめ人気ランキングTOP15!おすすめの収納ケースも【2021年最新版】

ブラックバス釣りで使われるルアーにはさまざまな種類がありますが、最も不思議な形をしているのがスピナーベイトというルアーでしょう。 針金や金属のブレードが目立つどうみても餌には見えないこのルアーは、初心者の方が見たときにはこれで釣れるのかといった疑問を持たれることと思います。 しかしいざ使ってみると非常に合理的で、しかも釣れるルアーであることが理解できることでしょう。 本記事では釣り歴20年以上とな […]