CATEGORY

釣り

シンキングミノーおすすめ人気ランキングTOP10!使い方も【2021年最新版】

選び方のポイント ソルトウォーターでは飛距離重視で選ぶ→魚のいる場所までルアーを届けるといったことが最優先のため、飛距離重視すること。 渓流や本流ではアクション重視で選ぶ→アクションの悪いルアーでは「餌ではない」と見切られてしまうことが多い。 使い方によってボディタイプを選ぶ→使い方によってボディタイプを使い分けると、より釣果を伸ばしやすい。 小魚をイメージしやすい細身のハードルアーのことをミノー […]

玉網(タモ網)おすすめ人気ランキングTOP15!軽さが優れているものも【2021年最新版】

選び方のポイント 柄の長さ→よく行くフィールドを基準にやや長めのモデルを選択すると安心。 網の大きさ→自分が狙うターゲットにあわせてやや大きめサイズを選ぼう。 軽さ→実際に手に取って試して、持ち運びやすいものを選びたい。 玉網は釣った魚を取り込む際に使われるランディングネットの一種。 足場の高い防波堤はもちろん、消波ブロックの上やランディングが困難な河川など、使用されるフィールドは非常に幅広く、釣 […]

鯉竿おすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント パワー重視で選ぶ→鯉は手前まで引き寄せてきても重さがあるため竿のパワー(硬さ)を重視する。 グラスが入った製品を選ぶ→軽量化よりもグラスによる粘り強さを持たせていたほうが、鯉がヒットしたときに安心してやり取りができる。 自分にあった長さを選ぶ→鯉竿は2.5mほどのものから、6mを超えるものまでさまざま。初心者の方ほど短いほうがおすすめ。 最大1m以上の大きさとなることも珍しくない […]

ロッドホルダーベルトおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント ベルト取りつけ幅を確認して選ぶ→なかには3列車専用の製品もあったり、取りつけ幅が狭いものもあるので注意。 固定方法を確認して選ぶ→できるだけ、アシストグリップに固定できるタイプを選んでおく方が安心。 搭載可能本数を確認して選ぶ→それぞれ搭載可能本数が決まっているので、確認して購入する。 【オルルド釣具】 車載用ロッドキャリー 「キャリルドA」 ロッドキーパーベルト・ロッドホルダー […]

フィッシングプライヤーおすすめ人気ランキングTOP15【2021年最新版】

選び方のポイント 機能性→プライヤーに求める機能を把握し、予算に見合った商品を選ぶ。 携帯性→フィッシングプライヤーは、身につけるアイテムなので携帯性も考慮。 品質→頻繁な買い替えを避けたい方は、耐久性の高い素材を使用したモデルを選ぶ。 フィッシングプライヤーは、魚の口にかかったルアーやフックを外す際に必要となる、釣具の一つ。 海水に強い加工といった釣り人が必要とする機能を備えた商品が数多く展開さ […]

シーバス用ベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP10!安いものも【2021年最新版】

選び方のポイント パワーのある製品を選ぶ→パワーがあるシーバス用ベイトロッドを選ばないと、シーバスの引きに太刀打ちできないといったことも。 適切な長さの製品を選ぶ→7~9フィート程度の長さである製品を選んでおくことをおすすめ。 ラインに優しいガイドが搭載された製品を選ぶ→できるかぎりグレードの高いガイドが搭載された製品がおすすめ。 海のルアー釣りで大人気のシーバスフィッシング。 このシーバスフィッ […]

バス釣りロッドおすすめ人気ランキングTOP15!スピニングや硬さや選び方も【2021年最新版】

選び方のポイント 自分のレベルにあった適切な長さを選ぶ→初心者のうちは短いロッドを選び、投げ方やルアー操作に慣れてから長いものに変えていく。 硬さの違いを知って選ぶ→ルアーロッドにはLやMといった表示がしてあり、これが硬さの違いを表している。 スピニングロッドとベイトロッドの特徴を知って選ぶ→ベイトロッドは、バスフィッシングがはじめてに近い方は使うことが難しいので注意。 テーパーについて理解してお […]

ビッグベイトロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 7フィート以上が基本→長さがあると、ルアーのコントロールがしやすくなる。 ルアー適合ウエイトを見て選ぶ→釣り竿のパワー表示よりもルアー適合ウエイトで比較しよう。 強度重視のガイドセッティングで選ぶ→「ダブルフットガイド」を多く搭載している製品がおすすめ。 大きな魚を狙えることで人気のビッグベイト。 このビッグベイトはとても重量があるため、使うときには専用のビッグベイトロッドが必要 […]

フロートリグおすすめ人気ランキングTOP5!フロートリグとは?【2021年最新版】

選び方のポイント ロッドのキャストウエイト上限を守る→自分が持っているロッドのキャストウエイト上限を必ず守る。 見やすさを付加してあるものを選ぶ→暗いなかで見失ってぶつけてしまうと、壊れてしまうことも。 適切な浮力のものを選ぶ→浮力が強いものを使うと波や風の影響を受けやすくなり、釣りがしにくい。 アジングやメバリングにおいて、表層を狙うのにとても役立ってくれるのがフロートリグです。 フロートリグが […]

ウェーダーおすすめ人気ランキングTOP15!フェルトソールや透湿防水素材のものも【2021年最新版】

選び方のポイント 種類を知って選ぶ→胸の高さまであるチェストハイウェーダーならどこでも対応できる。 しゃがめる長さを選ぶ→長さが短すぎるとしゃがみづらくなるので注意。 靴のサイズは大きめを選ぶ→普段の靴のサイズより1cm~1.5cm大きめを選ぼう。 フェルトソールを基本として選ぶ→滑りにくく足への負担も減るのでおすすめ。 透湿防水素材を基本に選ぶ→ウェーダーの中に溜まる湿気を逃がしてくれて快適に過 […]

チヌ竿おすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 号数は0.8~1.5号が基本→初心者の方に関しては1~1.5号に絞って選ぶことをおすすめ。 長さは5m前後で選ぶ→仕掛けをうまく投げ込んだり、チヌが掛かったときのやり取りを考えたりすると5m前後のものが使いやすい。 滑りにくいグリップのものを選ぶ→できるだけ滑りにくいグリップが搭載された製品を選んでおくと、釣りがしやすくなる。 堤防や砂浜から50cmにもなるような大物を狙えるチヌ […]

ヒラメ釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP15!釣り方やタックルも【2021年最新版】

選び方のポイント 複数種類のルアーを持っておく→日によって異なる釣り場の状況に対応できるようにしよう。 釣り方にあわせて選ぶ→釣り方によって適するルアーの種類があるので使い分ける。 カラーは目立つものを基本に選ぶ→ヒラメが気づきやすいように目立つ色のものをチョイス。 料亭や寿司で重宝される誰もが知っているであろう高級魚のヒラメ。 このヒラメは砂浜から狙うことが可能で、このヒラメ狙いで使われるルアー […]

ラバージグおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 使い方にあわせて形状を選ぶ→使い方によってそれぞれの形状を選び使い分けるのが、ラバージグを使いこなすうえで必要な最初のポイント。 重さでアクションを使い分ける→ブラックバスの活性にあわせてラバージグの重さを使い分けると、釣果を伸ばしやすい。 太いフックのものを選ぶ→ラバージグに喰いついてくるブラックバスは大型であることが多く、細いフックだと掛かっても伸びてしまう。 ラバーの種類を […]

ベイトフィネスリールおすすめ人気ランキングTOP10!低価格な商品も【2021年最新版】

選び方のポイント 重量が軽いものを選ぶ →軽いものならルアーを細かく動かしやすい。 スプール径が小さなものを選ぶ →ルアーの投げやすさを重視するなら小さめのスプール径をチョイス。 ハンドルの向きを選ぶ →商品によってハンドルの向きが決まっているので利き手や釣り方にあわせて選ぼう。 近年では釣り人の増加によって魚の警戒心が高まっているフィールドが多くなっています。 そのためより障害物の奥に魚が隠れて […]

太刀魚釣りにおすすめのルアー人気ランキングTOP10!時期や仕掛け例も【2021年最新版】

選び方のポイント 種類を知って幅広く揃える→太刀魚ルアーにはいくつか種類があり、それぞれ使い分けが必要。 目立つカラーを基本に数色持っておく→基本的に昼でも夜でも目立つカラーをメインとして使い、サブとして地味なカラーを持っておくことのがおすすめ。 重さを複数揃える→場所による水深の違い、日によって違う風の強さ等にあわせ複数の重さを持っておこう。 その姿が刀に似ていることからその名がつけられた太刀魚 […]

ショアジギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 素材は必ずフロロカーボンを選ぶ→フロロカーボン素材が使用されているかどうかは、ラインスプールやパッケージに表示があるので、それを目安に選ぶ。 巻き量ができるだけ多い製品を選ぶ→ほかの釣り方以上にリーダーの消耗が激しいので、巻き量ができるだけ多い製品を選ぶ。 リーダーがばらけない工夫がしてあるものを選ぶ→ばらけないようにスプールバンドやしっかりとしたライン止めがついている製品を選ぶ […]

船竿おすすめ人気ランキングTOP15!万能なタイプや竿受けも【2021年最新版】

選び方のポイント 魚種や水深にあわせて選ぶ→魚種にあわせた製品を選ぶ。 ライン滑りのよいガイドが使用された船竿を選ぶ→「SiCガイドリング」や「トルザイトガイドリング」、「アルコナイトガイドリング」といった種類のものを選ぶ。 適度な長さのものを選ぶ→1.2~2.4m程度が適切な範囲。 大物や数狙いではパワー重視で選ぶ→落とし込み釣りや、多点掛けを狙うような釣り方ではパワー重視の船竿を選ぶ。 小物狙 […]

エギングリーダーおすすめ人気ランキングTOP10!結び方や長さも【2021年最新版】

選び方のポイント 太さは1.5~3号を選ぶ→エギングリーダーの太さはエギの大きさによって1.5~3号を使い分けるのがポイント。 ラインスプールは薄く小さなものを選ぶ→薄くて小さなラインスプールに巻きつけてあるエギングリーダーを選び、糸止めタイプはスプールバンドがついているものをチョイス。 硬さに違いがあることを理解して選ぶ→硬いものは擦れに強く大きなエギでも機敏なアクションが望め、やわらかいものは […]

スプーンルアーおすすめ人気ランキングTOP10!スプーンルアーとは【2021年最新版】

選び方のポイント 狙う魚種にあわせて適切なものを選ぶ→スプーンルアーはどんな魚でも狙うことができる仕様だが、魚種にあわせて適切なものを選ぶとより釣果が出やすい。 重さを複数そろえる→魚はその日や時間帯によって泳いでいる層が違うので、重さを複数揃えておくのが重要。 カラーは銀をメインに多数そろえる→色わけをしておくと釣り場で使いわけがしやすく便利。 疑似餌であるルアーのなかで最もシンプルな構造をして […]

タックルバッグおすすめ人気ランキングTOP15【2021年最新版】

選び方のポイント 使うフィールドにあったサイズを選ぶ→渓流釣りや磯釣りなど、場所に適した大きさのものにする。 狙う魚種や使うルアーにあわせた収納力を意識する→自分で使用する釣具が収納できるか考えて選ぶ。 デザインで選ぶ→ファッションに合わせたデザインやお気に入りのメーカーのものを選ぶ。 ルアーフィッシングには、ロッドやリールはもちろん、ルアーやライン、ハサミ、フィッシュグリップ、フィールドによって […]

コンパクトロッド(パックロッド)おすすめ人気ランキングTOP15!スピニングタイプやベイトタイプも【2021年最新版】

選び方のポイント 対象魚種やシチュエーションを考えて選ぶ→長さや硬さによって使いやすい釣り方や場所、対象となる魚が変わることを考慮。 収納サイズを見て選ぶ→選ぶ前には収納する予定のバッグなどサイズを図っておくのが基本。 継ぎ目に工夫がしてある製品を選ぶ→継ぎ目にスムーズに曲がるような工夫や、固着しにくい工夫がしてある製品を選ぶことが重要。 コンパクトロッド(パックロッド)は、長い釣り竿であっても短 […]

釣り糸(ライン)おすすめ人気ランキングTOP15【2021年最新版】

ラインは釣りに必要不可欠なアイテムの一つ。 ルアーフィッシングでは主にナイロン、PE、フロロカーボンの3種類が定番とされており、ターゲットやフィールドにあわせて使い分けることがほとんどです。 価格はラインの種類によって異なりますが、ナイロンとフロロカーボンが1,000から2,000円前後。 PEはやや高く2,000円以上の価格帯のものが多いです。 汎用性の高いモデルから対象魚を限定した専用モデルま […]

ソルトルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 狙う魚に適したサイズを選ぶ→ソルトルアーで狙える魚はとても種類が多いので、それらに適したサイズのルアーを選んでいくことが必要です。 重たいものを選ぶ→軽いソルトルアーだと魚がいる場所まで届かないことも多いので、重たいものを使うのが基本として考えておきましょう。 泳ぐ深さを確認して選ぶ→場所やそのとき魚が泳いでいる層にあわせて使い分けるのが釣果を得るための鍵となります。 ソルトルア […]

トラウトリールおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 大きさは1000~2000番→トラウトで使うロッドとバランスを取りやすいので、スムーズに投げたり巻いたりといったことが可能となります。 自重が軽いものを選ぶ→リールの自重は使用されている素材によって決まりますので、どんな素材が使われているのかをカタログなどで確認してみましょう。 釣り場にあわせてギア比を選ぶ→渓流なのか、もしくは管理釣り場なのか、釣り場にあわせてギア比を選ぶと釣果 […]

ロッドホルダーおすすめ人気ランキングTOP15!船用や車用も【2021年最新版】

ロッドは釣りのなかでもっとも大切と言っても過言ではない、大切なアイテムの一つ。 車での移動の際や船での釣りではそんなロッドをしっかりと置くためのロッドホルダーを用意しましょう。 ロッドホルダーは車載時にリールをつけたままのロッドを車内に取りつけたり、船釣りの際のロッドの置き場や、ジギングの際の竿置きにしたり、海釣り公園や防波堤でのサビキ釣りの竿置きとしても使える万能なアイテムです。 価格は2,00 […]

ワームケースおすすめ人気ランキングTOP5!安さも【2021年最新版】

選び方のポイント ワームプルーフのケースを選ぶ →ワームを入れても溶けないような素材を使用しているので安心して使用できます。 仕切り板があるものを選ぶ →仕切っておかなければ、曲がってしまい泳がせたときにうまくアクションしてくれないことがあります。 安さはほどほどに →安いワームケースだと止め具が弱いことがあり、場合によっては壊れてしまうこともあります。 ルアーフィッシングにおいて、いまやワームは […]

ナマズロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 素材に注目して選ぶ →ナマズロッドに適している素材は、「グラス」、「低弾性カーボン」、この2つを組みあわせている「グラスコンポジット」。 長さはできるだけ長いものを選ぶ →長さがあるとルアーをより遠くに投げることができることと、ルアーを泳がせてくるコースを調整しやすい。 ラインに優しいガイドのものを選ぶ →「SiCガイドリング」や「トルザイトリング」が搭載されたナマズロッドを選ぶ […]

ビッグベイトおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント リップの有無をチェック→水が濁っているときなどに適したリップつきの「リップインタイプ」と、水が澄んでいる際に向いているリップなしの「S字系タイプ」がある。 ジョイント数をチェック→ジョイントの分割数が少ないほど機敏なアクションを生み出せる。 淡水用か海水用かを確認→淡水と海水では水の比重が違うのでイメージ通りに使えないことがあるので、最適なものを選択。 ルアーのなかでも大きなタイ […]

シャッド(ルアー)おすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 潜行深度で選ぶ→2~3mほど潜るものを購入しておくと使いやすい。 重心移動システム搭載の製品を選ぶ→シャッドは重量が軽いため遠くまで投げにくいので、重心移動システムを搭載した製品が使いやすい。 基本のカラーを知って選ぶ→小魚をイメージした「ベイトフィッシュ系」のカラーを基準に、半透明の「ゴースト系」カラーや、黄色などの蛍光色を使った「チャート系」カラーがあるとよい。 ブラックバス […]

シャッドテールおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 狙う魚の大きさにあわせてサイズを選ぶ→ブラックバス狙いの場合は3~5インチ、シーバスやヒラメ狙いの場合は4~6インチ、メバルやカサゴなどロックフィッシュ狙いの場合は2~4インチがおすすめ。 テールの大きさを見て選ぶ→小さいテールと大きなテールの2種類を持っておくと状況にあわせて使い分けがしやすい。 小魚に近いカラーを選ぶ→池であれば「ワカサギ」や「ブルーギル」、海であれば「イワシ […]