CATEGORY

釣り

フィッシンググリップ(魚つかみ)おすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 「魚の口をつかむタイプ」はできるだけ大きなものを選ぶ→小さいと収納に便利ですがホールド力がそれほど高くなく、つかんだときに魚が暴れると自分の手にとげや針が刺さってしまう可能性が。 「魚の体をはさむタイプ」は収納しやすいものを選ぶ→自動的に開く仕組みになっているので、ロック機能やホルダーがついた製品をチョイス。 安価な商品は避ける→安いと壊れやすいので、多少高価でも丈夫なアイテムが […]

ベイトリールラインおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント ベイトリールラインを初めて使うときにはナイロンラインを選ぶ→ナイロンラインが使いやすい状況は、ブラックバスやシーバス、ヤマメやイワナ狙いで「ハードルアー」を使うとき。 障害物周りではフロロカーボンラインを選ぶ→硬さがあるため「バックラッシュ」が起きやすいので、対策として少しブレーキを強めに設定すること。 海の釣りではPEラインを基本的に選ぶ→数mごとに色がついている「マーキング付 […]

ベイトリールおすすめ人気ランキングTOP15!使い方やメンテナンスについても【2021年最新版】

選び方のポイント ブレーキの使い方がわかりやすいものを選ぶ→ブレーキシステムは外部から調整がしやすいモデルを選ぶのがおすすめ。 スプールの寸法を見て選ぶ→基準となる大きさは34mm。 できるだけ自重の軽いモデルを選ぶ→各ベイトリールのスペックに必ず表示してあるので、それを目安にして選んでいく。 海釣りには海水対応のものを選ぶ→海釣りで使う場合には「海水対応」や「ソルト対応」とスペックに表記してある […]

スピニングリールおすすめ人気ランキングTOP15!ハンドルノブやメンテナンス&使い方についても【2021年最新版】

選び方のポイント 価格や種類が違っても使い方は同じ→サイズや価格が違ってもスピニングリールの使い方は共通。初心者なら価格は6,000円から2万円程度の製品がおすすめ。 番手を基準にして選ぶ→例えば500~2,000番は渓流魚やメバル・アジなど小型の魚を狙うのに◎。 ギア比に注意して選ぶ→ギア比で、ハンドル1回転あたりで巻き取れる量やリールの巻き取りパワーが決まる。 メンテナンスがしやすいモデルを選 […]

磯竿おすすめ人気ランキングTOP15【2021年最新版】

選び方のポイント 適切な長さを選ぶ→磯での使用の場合は長めのものを選び、堤防での使用や対象となる魚が大きなときには短めのものを選んだほうが釣りがしやすくなる。 号数を目安に選ぶ→対象魚別の目安としては0.6~0.8号は防波堤でのクロダイやサヨリ狙い、1~1.2号はグレやイサキ狙い、1.5~2号は尾長グレやマダイに、3~5号はブリやヒラマサといった青物狙いとするとよい。 カーボン素材の質と製法で選ぶ […]

ショアジギングルアーおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント メタルジグの重さを意識する→「ルアーウエイト」の最大値を超えないように選ぶ。 メタルジグの形状を意識する→ブリやヒラマサなどの青物を狙う場合には細長い形状のもの、ハタやヒラメといった底に潜む魚を狙うときには扁平なものを選ぶ。 小魚に似たカラーを選ぶ→魚の名前が、カラー名に入っていることを目安にしながら、光を反射するものを選ぶことがおすすめ。 岸から大遠投して青物や根魚など、数多く […]

ジャッカルのロッドおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント ブラックバスやアジングなど魚種にあわせて選ぶ→ロッドは対象魚によって長さや硬さがまったく異なる。 名前の近いモデル名に注意→購入前に用途やモデル名をしっかり確認。 シマノから販売されているモデルもあることに注意→「ポイズン」シリーズはシマノとの共同開発のモデルであり、販売元もシマノ。 ジャッカルはルアーフィッシングで人気の、比較的新しい釣り具メーカーです。 バスフィッシングを始め […]

キャスティングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!オフショアも【2021年最新版】

選び方のポイント オフショアの対象魚を知り、それにあわせて選ぶ→いずれの魚種においても7~8フィート程度の長さのロッドが使われることが多い。 トルク重視で選ぶ→ロッドの硬さだけで決まるわけではないので、各メーカーの性能に関する情報を確認してから選ぶのがよい。 ブリやカツオ狙いのときはキャスト力重視で選ぶ→やわらかいモデルを選んでいくとよい。 ヒラマサやシイラ狙いのときは操作性重視で選ぶ→ルアーを投 […]

PEラインおすすめ人気ランキングTOP15!リーダーや結び方も【2021年最新版】

選び方のポイント 釣り方にあった太さを選ぶ→必要となる中で自分が扱える最も細い号数を選ぶと風や水の抵抗を受けにくくなり、釣りがしやすくなる。 釣りにあわせたラインカラーを選ぶ→初心者の方は、最もスタンダードな白色系ラインがおすすめ。 初心者の方はほどけにくいモデルを選ぶ→ほどけにくい3~4本編みのPEラインを選ぶのがおすすめ。 必要とする長さの3倍程度の巻き量があるモデルを選ぶ→トラブルがあったと […]

エギングロッドおすすめ人気ランキングTOP15【2021年最新版】

選び方のポイント 岸釣りか船釣りかで長さを選ぶ→岸釣りは8~9フィート程度、船釣りは8フィート以下のモデルがおすすめ。 ライン絡みが少ないガイドのロッドを選ぶ→「Kガイド」「KRガイド」「LDBガイド」といった種類があり、これらを搭載したエギングロッドを選ぶと釣りがしやすくなる。 釣りの状況とイカにあわせた硬さを選ぶ→アオリイカ、ヤリイカに対してはミディアム以上の硬めのエギングロッド、コウイカ、ス […]

ショアジギングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 自分の体力と体格にあったロッドを選ぶ→基本的にはロッドのグリップエンド部分を脇に挟めることができ、持ち手部分が手の大きさに合っているものを選ぶ。 強度重視のガイドがついたモデルを選ぶ→「ステンレスフレームSiCガイド」や「チタンフレームSiCガイド」が搭載されているロッドがおすすめ。 4,000~8,000番の大きさのスピニングリールを選ぶ→ロッドとリールのベストバランスに関して […]

PEライン1号おすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 編み込み本数の違いで選ぶ→初心者の方は価格が安く、釣り糸のトラブルが少ない4ブレイドを使い、中~上級者の方においては価格は高いが感度のよい、8ブレイドのPEライン1号を使うのがおすすめ。 見やすい色を選ぶ→見やすい色はトラブル回避だけでなく、仕掛けがどこにあるのかがわかりやすかったり、魚のアタリが感覚だけでなくラインの動きで見て取れたりと釣果アップにもつながる。 表面にコーティン […]

魚群探知機おすすめ人気ランキングTOP15!仕組みや使い方&見方についても【2021年最新版】

選び方のポイント 仕組みを理解する→「振動子」と呼ばれるパーツが別売のものや、バッテリー駆動や電池駆動タイプなど、仕組みを理解して選ぶ。 使い方が明快かを確認→初心者が購入するなら、できるだけシンプルな機能の魚群探知機を選んだほうが使い方がわかりやすくおすすめ。 見方がわかりやすいかをチェック→好みの色に変えられるカラー表示対応モデルや、水温・水深の文字表示の大きさを変えられるものであれば、より使 […]

ショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント サイズを確認→例えば、ダイワとアブガルシアでは4,000番以上、シマノは6,000番以上の中~大型のリールを選択。 強度をチェック→多少の重くても強度重視の素材が使われているものを選ぶ。 対応するラインを確認→PEラインの3号以上が巻けるリールがおすすめ。 ドラグが強く掛けられるものを選択→まったくラインが引き出されないと釣り人側の負担も大きくなりがち。 ハンドルノブのサイズも大 […]

アジングスプーンおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 単体で使うものは小さなモデルを選ぶ→重さが3グラム以下のものを選んでおいた方がよい。 アジスプでは大きく動くものを選ぶ→スプーンの幅が広いもののほうがが大きく動きやすいので選ぶときの目安としてみるのも良い。 色は目立つものを中心に選ぶ→単体で使う場合はゴールドやシルバー、アジスプで使う場合はイエローやピンクなどの自然に存在しない色がおすすめ。 アジングではワームやハードルアー、さ […]

アジング用リーダーおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 素材はフロロカーボンリーダーを選ぶ→フロロカーボンリーダーは擦れに強いため、細くても十分な強度を保ったまま釣りをすることができる。 太さは3~6ポンドを選ぶ→強度面で不安があったり、30センチクラスのアジが釣れるような状況では6ポンドまでを基準に使ってみるとよい。 リーダーがしっかり止まるスプールを選ぶ→「スプールバンド」と言われる直接スプール上でリーダーを押さえておいてくれるも […]

アジング向けメタルジグおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント ただ巻きで泳ぐモデルを選択→太さや長さが中間的なただ巻きで泳いでくれるモデルをチョイス。 重くても15グラムまでのものを選択→基本的には5~10グラムが使いやすく、飛距離も十分に出るのでおすすめ。 カラーはリアル系メインで選ぶ→カラー名としてイワシ、カタクチ、キビナゴなどの魚の名前がついたものチョイス。 小型ルアーを使って繊細に狙っていくことが多いアジング。 アジングでは軽く小さ […]

メバリングラインおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 初心者の方はナイロンラインを使う→ナイロンラインはやわらかいのでトラブルが起きにくい。 中級者以上や障害物周りではフロロカーボンラインを使う→フロロカーボンラインは硬さがあり、釣りの大敵である擦れや摩擦に強い特徴を持っている。 遠投したいときはPEラインを使う→PEラインはラインをより細くすることができ、遠投しやすい。 漢字で書くと「春告魚」とも表現される冬から春にかけての人気タ […]

フィッシングナイフおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 錆びにくく耐久性のあるものを選ぶ→耐久性の面では刃先と柄が一体となっているシースナイフが優れている。 滑りにくく力の入れやすいものを選ぶ→グリップ部分は持ち手の形状や滑り止めが工夫されているもの、万が一滑ったときにも安全性の高いフィンガーガードがあるものを選ぶのがよい。 切れ味がよいものを選ぶ→安価すぎるものは切れ味が落ちやすいことも多いので、購入を避けること。 携帯性を考えて選 […]

アジングタックルおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 応用が利きやすいロッドを選ぶ→アジングタックルにおけるロッドは、7~7.6フィート前後の長さで、投げられる最大の重さが7~10グラム程度のものがおすすめ。 リールは2,000以下の番手で浅溝スプールを選ぶ→アジングでは4ポンド以下の細いラインを使うので、選ぶときには浅溝スプールと言われるモデルを選ぶことも必要。 軽さを重視して選ぶ→軽いことによって持つ手にムダな力が要らず、アジの […]

アジングセットおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント ロッドのやわらかさをチェック→アジングで使うルアーは小型で軽いものが多いので、アジングセットでのロッドはできるだけやわらかいものを選択。 リールをチェック→小型のスピニングリールがついているものを選択。 巻いてあるラインが1号前後の細いタイプを選ぶ→ロッドの長さや硬さがアジングに合っていても、ラインが太いと釣りがしにくい。 アジングは、比較的初心者の方でも楽しみやすい海のルアーフ […]

シーバスルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類やカラーも【2021年版】

選び方のポイント 飛距離優先で選ぶ→シーバスは足元に居ることが少なく、より遠くまで投げることで釣れる確率を高められるので、最低でも30メートル投げられるルアーを選択しよう。 ベイトの大きさや種類を考慮する→シーバスは季節や場所によって捕食しているベイトが変わるので、7センチ、10センチ、12センチと数センチごとに違ったサイズのルアーを持つのがベター。 ルアーの「アクション」も大切→大きなアクション […]

メバリング用仕掛けおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント ロッドの投げられる重さの範囲で選ぶ→表示以上の重さのメバリング仕掛けを使うと、破損の危険性が高まる。 3種類を一通り選ぶ→ジグヘッドリグ、キャロライナリグ、スプリットショットリグの3種類があると、多くの状況に対応できる。 重さを数種類揃える→最初は重めのものから順にいくつか購入。 メバルを釣る「メバリング」は、海のルアーフィッシングでも人気の高い分野。 特に、ほかに釣れる魚が少な […]

メバリングルアーおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント それぞれの種類をまずは1つずつ選択→「ハードルアー」、「ソフトルアー(ワーム)」、「ジグ」の3種類があると多くの状況に対応できる。 重ためのルアーを選ぶ→初心者には扱いやすい3グラム以上のルアーがおすすめ。 色(カラー)は2種類以上を用意→より多くのカラーを持っていると状況に応じて使い分けられる。 メバルは釣りの対象魚が少なくなる冬から春にかけて人気のターゲットです。 メバルは最 […]

アブガルシア・レボおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント 見た目と名称の見間違いに注意する→名称はアルファベットや数字が1つ違うだけで持っている性能が変わるのでスペックとあわせてリールを選ぶ。 使うラインの太さにあわせたリール決定後は自重を目安にして選ぶ→自重は軽いほうが釣りがしやすいが、自重が軽くなるにしたがって価格も上がる傾向がある。 スピニングリールは狙う魚にあわせた大きさを選ぶ→小型の魚を狙うときには1,000~2,000番、ブ […]

フィッシングカヤックおすすめ人気ランキングTOP10【2021年最新版】

選び方のポイント カヤックの種類を選ぶ→収納場所や持ち運びを意識し自分の環境と照らしあわせて種類を選ぶ。 幅や容量を選ぶ→魚を持ち運ばない方は幅を抑え、道具が多い場合は幅や容量が大きめのカヤックを選ぶ。 カラーを選ぶ→周囲が気付きやすいように目立つカラーを選ぶ。 カヤックフィッシングは手軽に水の上で自由に移動することができて、自然を楽しみつつ釣りを楽しめるのが最大の魅力です。 カヤックは動力船のよ […]

バス釣りルアーおすすめ人気ランキングTOP15!種類の説明も【2021年最新版】

選び方のポイント 種類を多く揃える→さまざまなルアーを所有し、状況に適したものを使用。カラーも派手なものと地味なもの両方あると好ましい。 横方向に釣るルアーと障害物周りを釣るルアー。→例えば、水中を横方向に釣るルアーとしては水面から1~2メートル程度の深さを釣れるものを選択。 季節も考慮する→バスは季節によって行動が違うため、状況に適したものをセレクト。 バス釣りはルアーフィッシングのなかでも特に […]

シーバスロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワとシマノやエギングも【2021年最新版】

選び方のポイント 長さは9.6フィート前後を選ぶ→ロッドが長ければ長いほど有利ですが、長時間繰り返し投げることも考慮して選ぶ。 硬さはL~Mまでを基準に選ぶ→目安として28グラムまでのルアーを投げられる表記がしてあるモデルを選ぶ。 扱いやすさ重視ではダイワがおすすめ→障害物が少ない開けた釣り場や比較的小型のルアーを使うときにおすすめ。 トルクが欲しいときはシマノを選ぶ→大型のシーバスが多い地域や、 […]

シーバスリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワも【2021年最新版】

選び方のポイント スピニングリールをメインに選ぶ→スピニングリールは遠投してもトラブルが起きにくい。 ドラグが強めの深溝スプールを選ぶ→ドラグ最大値はスピニングリールでは5キロ以上、ベイトリールでは4キロ以上のものがおすすめ。 釣り場や釣り方にあったギア比を選ぶ→シーバスリールではノーマルギアやハイギアがおすすめ。 ダイワのシーバスリールを選ぶ場合→大きさは2,500~3,000番がおすすめ。 シ […]

ロックフィッシュロッドおすすめ人気ランキングTOP10!ベイドやスピニングも【2021年最新版】

選び方のポイント ロングロッドを選ぶのが基本→魚が掛かった場合にも主導権を握りやすいのでおすすめ。 硬さは使うルアーや状況にあわせる→30センチ以下のロックフィッシュにはミディアム以下を用いる。 ロッド本体部分が強いものを選ぶ→掛かったときの引きの強さに対応できるものを選ぼう。 ベイトロッドは大型狙い、複雑な地形狙いで使う→大型のロックフィッシュが多い地域ではメインのロッドです。 スピニングロッド […]