CATEGORY

釣り

アジングロッドおすすめ人気ランキングTOP15!選び方や注意点も【2021年最新版】

選び方のポイント ルアーにあわせて長さを選ぶ→7.6フィート前後は汎用性が高く、初心者におすすめ。 硬さをチェック→初心者に適しているのはUL(ウルトラライト)かL(ライト)。 ティップ(ロッドの穂先)の種類を理解する→竿先に空洞がなく、中身が詰まった「ソリッドティップ」は汎用性が高くアジングロッドで最も多く使われているため入門者向け。 「ブランクス」も大切→アジングではブランクス(ガイドやグリッ […]

シーバスラインおすすめ人気ランキングTOP5!太さやナイロンも【2021年最新版】

選び方のポイント ナイロンライン→初心者には扱いやすいナイロンラインがおすすめ。 PEライン→ナイロンラインの3倍以上の直線強度を持つ、シーバスラインの主流。 シーバスの引きに耐えられる太さかどうか→ナイロンラインで12~16ポンド、PEラインでは1~1.5号が目安。 身近な場所で狙うことができ、強い引きで人気のシーバス。 さまざまなソルトウォータールアーフィッシングのなかでも特に人気があります。 […]

ライトショアジギングリールおすすめ人気ランキングTOP10!ダイワやシマノの選び方も【2021年最新版】

選び方のポイント 1.5号以上のPEラインがしっかり巻けるものを選ぶ→最低でも1.5号の太さのPEラインを300メートル巻くことが出来るリールを選ぶべき。 ハイギア以上のモデルを選ぶ→速く巻き取ることができるリールが有利。 ハンドルはギアに直接固定できて大きなノブがついたものを選ぶ→大きな握り込みやすいハンドルノブがついたものを選ぶ。 ダイワは3,500~5,000番を選ぶ→険しい磯などで太いライ […]

アジングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP10!重さや形状も【2021年最新版】

選び方のポイント 重さはできるだけ細かく揃える→最初は1グラム、1.5グラムというように0.5グラム刻みで揃えるのがおすすめ。 ヘッド形状による違いを理解する→丸いラウンドヘッド、三角形のダートヘッドなどから選ぶ。 フック形状による違いを理解する→針先が大きく外側を向いている「アウトポイントフック」などから選択。 ソルトライトゲームで人気がどんどん増しているアジング。 手軽で釣る時間帯を選ばずほか […]

シーバス用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!ワームを使った釣り方も【2021年最新版】

選び方のポイント 形状を選ぶ→例えば、小魚がエサとなっているときは「シャッドテールワーム」を選択。 釣り方はただ巻きかワインドであることを意識→「ただ巻き」の場合はシャッドテールワームやピンテールワームを。 ワームにあったジグヘッドかどうか→シャッドテールワームやピンテールワームにはただ巻きに適したものを、ワインド用ワームにはワインド用のジグヘッドを使用。 カラーは数種類用意しておくと安心→シーバ […]

バス釣り用ワームおすすめ人気ランキングTOP10!リグや仕掛けのポイントも【2021年最新版】

選び方のポイント どんな種類があるか知って選ぶ→ストレートなどの種類によって得意とする場面や仕掛けが違う。 ワームのカラーに注目→同じワームで2~3種類を持っておくとよい。 サイズをチェック→初心者は4インチを基準に複数揃えるのがおすすめ。 仕掛け(リグ)にあわせて選ぶ→まずはジグヘッドリグもしくはダウンショットリグを選択。 ルアーフィッシングでも人気の高いバス釣りで欠かせない存在のワーム。 一般 […]

アジングラインおすすめ人気ランキングTOP10!理想の太さやフロロカーボンラインとは【2021年最新版】

選び方のポイント 太さは自分のレベルや状況にあわせて選ぶ→初心者は4ポンド、上級者は太目をチョイス。 初心者の方はナイロンラインから始める→伸びる性質がありやわらかいので、取り扱いが最も簡単。 フロロカーボンラインは中級者向け→フロロカーボンラインの太さは2~3ポンドがおすすめ。 遠投する釣りにはPEラインを選択→PEラインの太さは0.1~0.3号、リーダーは3~6ポンドを選ぶ 釣りに慣れたらエス […]

バス釣りラインおすすめ人気ランキングTOP10!太さや結び方についても【2021年最新版】

選び方のポイント 種類をチェック→初心者におすすめのナイロンラインなど3タイプからチョイス。 太さを確認→迷ったら中間的な太さの10~12ポンドを選択。 結び方を覚える→どんなに上手いプロが結んだとしても強度は表示されている強さの70%程度。そのため結び方は一つに絞るのも一案。 バス釣りでルアーと釣り人を結ぶ役割を果たしてくれるライン。 日本では「釣り糸」がもちろん定着していて一般的ですが、アメリ […]

バス釣りリールおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 種類をチェック→スピニングリールはトラブルが少なくビギナーに最適。ベイトリールは慣れが必要で重いルアー向き。 自重も確認→バス釣りでは出来る限り軽い道具を使っていくほうが動きやすくなるので、リールも軽いものを選択。 バス釣りは湖や池、河川などの淡水域において、陸からでもボートからでも行うことができます。 バス釣りではルアーが多く使われ、投げては巻いてくると言った使い方をするため、 […]

アジングリールおすすめランキングTOP10!シマノやダイワが人気?【2021年最新版】

選び方のポイント 大きさは1000~2000番を選ぶ→この範囲ならタックルが軽く感じられて快適。 スプールを選ぶ→アジングでは浅溝スプールのリールを選択。 ドラグの微調整ができるものを選ぶ→「ドラグ最大値」が小さなものほど微調整が効きやすい。 メーカーの特徴を把握する→ダイワのリールは遠投向き、シマノのリールは近距離向き。 ワームをはじめとする小型ルアーを使ってアジを釣る「アジング」。 アジングで […]

バス釣りスピニングリールおすすめ人気ランキングTOP5【2021年最新版】

選び方のポイント 大きさをチェック→バス釣りスピニングリールとしてベストなのは2500番。 自重を確認→バス釣りではできるだけ自重が軽いスピニングリールがおすすめ。 ドラグ性能も大切→ドラグ性能の高さはドラグ最大値の低さなどで決まる。 ルアーフィッシングの中でとても根強い人気を誇るバス釣り。 手軽さや季節を問わずに釣りができることや、使われるルアーの種類の多さなど、人によって楽しみ方のスタイルが多 […]

アジングワームおすすめランキングTOP10!ケースやカラーの選び方も【2021年最新版】

選び方のポイント やわらかい素材のものを選ぶ→アジの吸い込みを妨げないようにやわらかい素材のものを選択。 アジが吸い込みやすい形状を選ぶ→ワームの全体または半分が細くなっているものをチョイス。 カラーラインナップは多く揃える→明るい色や暗い色、クリア系などを準備しておく。 味やにおい付きのワームも持っておく→味やにおいがついているとアジが寄ってくることも。 ライトソルトウォーターゲームで人気のアジ […]

メバリングロッドおすすめ人気ランキングTOP30!長さは大切?【2021年最新版】

選び方のポイント 長さを確認→最も汎用性が高いのは7.6フィート。 硬さをチェック→使いたいルアーの重さを基準に選択。 ティップを確認→「チューブラーティップ」は汎用性が高く、「ソリッドティップ」は柔軟性に富んでいて軽量なルアーを扱うのに最適。 ラインに優しいガイドリングを選ぶ→「SiCガイドリング」や「トルザイトガイドリング」がおすすめ。 メバルをルアーで狙うときに必須となる「メバリングロッド」 […]

夜釣り用ヘッドライトおすすめ人気ランキングTOP25【2021年最新版】

選び方のポイント ルーメン表示を目安に選ぶ→店頭の照明などに左右されずに選べます。 動作を邪魔しないずれにくいものを選ぶ→自分にフィットしたものを選びましょう。 明るさの調整ができるものを選ぶ→明るさだけでなく、色も変えられるタイプもあります。 夜釣りで必須となるのがヘッドライトです。 手元を照らして仕掛けを作ったり、移動中に足元を照らして安全を確保したり、夜の釣りをサポートしてくれます。 夜間の […]

メバリングジグヘッドおすすめ人気ランキングTOP30!重さや自作のメリットは?【2021年最新版】

選び方のポイント 違う重さを細かく揃える→まずは0.5~5グラムまでのジグヘッドを0.5グラム単位で揃えていくのがおすすめ。 形状を知って揃える→ラウンドヘッドは使い勝手に優れどんな状況でも扱いやすく、バレットヘッドはレンジキープと水中でのワームの姿勢をきれいに取りやすい。 自分好みのものを自作する→自作なら重さやフックの大きさを自分好みにできる。 メバルをルアーで狙っていく時に欠かせないのがジグ […]

アジングルアーおすすめ人気ランキングTOP10!仕掛けや重さの違いは?【2021年最新版】

選び方のポイント アジングルアーの種類はできるだけ多く揃える→素材だけでなく重量もさまざまなタイプを選択するのがベター。 カラーは使い分けを意識して選択→まずはアピール系とナチュラル系を選んで使い分ける。 アジをルアーで狙うアジング。 もともとサビキやウキ釣りといったエサ釣りで狙うアジでしたが、今日ではアジングはルアーフィッシングの1つのカテゴリーとして確立されています。 アジは昼のデイゲーム、夜 […]

メバリングリールおすすめ人気ランキングTOP10!シマノやダイワの特徴は?【2021年最新版】

選び方のポイント 大きさを検討→メバリングにおけるスピニングリールの大きさは2000~2500番が一般的。 シャロースプールを選ぶ→シャロースプールを搭載しているリールは強く引っ張ったときにラインが切れないようにするドラグ調整が細かくできるものも多い。 メーカーにも注目→マノのリールは巻き心地の良さ、ダイワのリールは力強さが特徴。 ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 ワールドスピン 20 […]