モノの価値発見!メディア オクトピ by aucfan
モノの価値発見!メディア オクトピ by aucfan

オークファン >  オクトピ >  【シーマンにポケモンも?】あまり知られていない「音声認識のゲーム」を買い漁ってみた

なつかし

【シーマンにポケモンも?】あまり知られていない「音声認識のゲーム」を買い漁ってみた

ドリームキャストの「シーマン」やニンテンドー64の「ピカチュウげんきでちゅう」など、一昔前にはプレイヤーの声に反応する「音声認識型ゲーム」がいくつか存在していました。今回、そんな音声認識型ゲームを買い漁ってみました。

 

onseigame01
 

ジョジョリオンの主人公みたいな前歯で失礼いたします、山口むつおです。
何ですか?ぼくの顔に何かついてますか?まあついているでしょうね。

これ、マイクなんです。ただし頭が大きすぎてうまくはまらなかったので、なんか変な感じになってしまいました。

 

というわけで!今回買い漁ったのは……

 

 

 

 

「音声認識型ゲーム」です!現在はiPhoneのSiriやGoogle音声入力などの技術が確立されてきましたが、それでもまだ完璧ではありません。そんな音声認識技術がなんと90年代からあったとなれば、どんなものだったか気になって仕方がありません。

 

そんなゲームを「確認」していくのはこちら!

 

onseigame02
バーグハンバーグバーグ社員のまきの。SFCで発売された「ファイアーエムブレム 紋章の謎」のドーガVS盗賊の効果音を口で言うのがめちゃくちゃうまい、1982年生まれ。

 

onseigame03
1987年生まれ、同じくバーグハンバーグバーグ社員の永田。最近第2子が生まれて忙しいはずの身でありながら、ニンテンドー3DSの「カルドセプト」を黙々とプレイする猛者。

 

onseigame04
そして私、1983年生まれの山口むつお。レトロゲー、レトロPCゲーとこのオクトピで記事を書き続け、最近は京都で出会ったインディーゲームに魅せられた影響で、MacユーザーをやめてWindowsへの乗り換えを本気で考えているところ。

 

 

山口むつお
山口むつお
さて、というわけでいつもの3名で今回もゲームの「確認」を行っていきたいと思います。
永田
永田
遊んでいるともいいます。
まきの
まきの
子供の頃はまさかこんな大人になっているとは思ってなかったなあ。
 

音声認識型ゲームでもっとも有名な「シーマン」をやってみよう

 

onseigame05
 

まず最初にプレイするのは、音声認識型ゲームではもっとも有名な怪作「シーマン」。ドリームキャストで発売され、あまりにも斬新なゲーム性、なんともいえない気持ち悪さのキャラクターデザインが話題となりました。

 

 

onseigame06
 
山口むつお
山口むつお
うわ〜、ずっと知ってはいたけどプレイするのを見るのははじめてだわ。
まきの
まきの
ドリームキャスト自体の普及率も、そんなに高かったとは言えないからねぇ。
 

 

onseigame07
 

最初にプレイするのは永田。会話をするためのマイクは、コントローラーにセットするようになっている。

 

 

onseigame08
 

コントローラーにつけるビジュアルメモリという記録媒体のサイズを間違えて買ってしまい、今回は仕方なくマイクを逆につけることに。

それでは、プレイしていきましょう!

 

 

onseigame09
 
永田
永田
……なに?
山口むつお
山口むつお
なんかぼやけた輪郭がうつってるだけだね。
まきの
まきの
これ確か、電気がついてないんだよ。最初はシーマンの卵を孵化させるための準備をしなきゃいけないはず。
 

 

onseigame10
 

水槽の電気をつけ、酸素を送り込み、水温もいい感じに調整し……。

 

 

onseigame11
 

それではじめてシーマンの卵を水槽に入れることができます。

 

 

onseigame12  
永田
永田
よーし、これで待つだけ!こいこいこいこい!
山口むつお
山口むつお
元気な子、生まれろ生まれろ!!!
 

 

 

onseigame12
 

…………。

 

 

DSC00075
 

………………。

 

 

onseigame13
 
永田
永田
……あれ?ぜんぜん状況が変わらない。
山口むつお
山口むつお
これ、いつ孵化するの?
 

 

onseigame14
 
まきの
まきの
明日くらいかな。
 
永田
永田
明日?!そんなにかかるの?
山口むつお
山口むつお
マジか!ていうか知ってるなら教えてくれや!
 

 

onseigame15
 

というわけで、まさかの足止めをくらい、孵化の確認は翌日にまわすことに。
永田
永田
まさか出足からこんな事になるとはね……!
山口むつお
山口むつお
それにしてもこのゲーム、買った初日は卵まいて終わりだなんて……。昔のゲームは尖ってるぜ……!


ポケモンのピカチュウも音声認識型ゲームに?!


onseigame16
 

お次はニンテンドー64から、ポケモンの人気キャラと遊べる「ピカチュウげんきでちゅう」の登場だー!

 
山口むつお
山口むつお
いま世の中はポケモンGOの話題でもちきり。これは外せないでしょう、って事で持ってきました。
永田
永田
この記事、ポケモンGO人気にあやかろうとしてない?
まきの
まきの
それにピカチュウって人間の言葉しゃべれたっけ?
山口むつお
山口むつお
ワシ、ポケモンはプレイしてきてないから、そのへんはよくわからん。
 

 

onseigame17
 

このゲームは、ポケモンの中でも最も人気のある「ピカチュウ」と音声でコミュニケーションをとっていくことで、交流を深めていくゲーム。ピカチュウと仲良くなると、色々な表情を見せてくれるらしいぞ!

今回プレイするのは山口むつお。ニンテンドー64自体、あまり触ったことがなかったため、そのコントローラーの持ちやすさに改めて感動。

 

 

onseigame18
 

マイクは首にかけるか、コントローラーに取り付けるかを選ぶことができる。首が太くて(子供だったら問題ないんだろうけど)うまくセットできなかったので、今回はコントローラーに取り付ける形でプレイ!

 

 

onseigame19
 
山口むつお
山口むつお
なるほど。ポケモンの権威であるオーキド博士にもらったアイテムを使って、ピカチュウと仲良くなってこい、と。
まきの
まきの
オーキド博士、おれらの知らないところでサトシ以外のやつとも仲良くしてたんだな。
永田
永田
それはいいでしょうよ。
 

 

onseigame20
 

そして、野生のピカチュウに遭遇!

 
山口むつお
山口むつお
あ、野生のやつに声かけるんだね。
まきの
まきの
森に住んでいるような野生動物が、いきなり寄ってくるものなんだろうか。
 

 

onseigame21
 

 

onseigame22
「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!!!!!」

 
永田
永田
ビビった!なんで咆哮を上げるんですか!
山口むつお
山口むつお
野生の、って言ってたから、こちらも獣の立場で接しようと思って……。
まきの
まきの
完全に肉食獣のそれだったぞ。
 

 

onseigame23
 
山口むつお
山口むつお
あ、でも寄ってきた。かわいい〜〜〜。
永田
永田
なんでもええんかい。
 

 

onseigame24
 

そうこうしているうちに、博士から「今日はここまで」と声をかけられてしまう。

 
山口むつお
山口むつお
ちょっと!オーキド博士、切り上げるの早くない?こっからなのに。
永田
永田
きっと段取りがあるんでしょうよ、仲良くなるには。
まきの
まきの
相手も野生だからさ…。ゆっくり行こう。
 

 

onseigame25
 

こうしてゲーム内で1日が経過し、またピカチュウに会いに森へ行く主人公。

 

 

onseigame26
 
山口むつお
山口むつお
いばら、いばら。
永田
永田
危ないからこっち来んな。
まきの
まきの
怪我すんぞ!
 

 

onseigame27
 

そんなことお構いなしにリンゴをこっちに見せてくるピカチュウ。

 
まきの
まきの
それにしてもかわいいな……。
山口むつお
山口むつお
やっぱりこっちに持っておいで……いばらを突っ切って……。
永田
永田
それにしても開発者は、なぜこんな場所にいばらを……。
 

 

onseigame28
 

さて ざんねんじゃが きょうはそろそろ かえるじかんじゃ。

 
山口むつお
山口むつお
オーキドーーーー!!!
まきの
まきの
帰るの早いって!!!
永田
永田
こいつ、ピカチュウと仲良くしてほしくねーのか!!
 

 

onseigame29
 

帰り際、「バイバイ」と声をかけると、こちらに手を振ってくれるピカチュウ。

 
山口むつお
山口むつお
(かわいい……オーキドは許さんけど……。)
まきの
まきの
(オーキドさえ言い出さなければ……。)
 
永田
永田
(オーキド……。)
 

 

 

前代未聞!声だけでプレイする麻雀ゲーム

 

onseigame30
 

次にプレイするのは、なんと声だけでプレイする「叫んでロン!」。タイトーから発売された麻雀ゲームです。プレイするのは、大学時代の青春をすべて雀荘のアルバイトに注ぎ込んだ永田!

 

 

onseigame31
 

このゲームのすごいところは、なんと一切コントローラーを触らずにゲームが可能だそうですが、実際のところは……?!

 
山口むつお
山口むつお
まずは名前の入力だね。
永田
永田
「ながた」。「ながた」。あれ、ちょっと待ってください。これ……。
 

 onseigame32
 
永田
永田
名前の入力は音声に対応してないわ。
 
山口むつお
山口むつお
いきなりコントローラー使うんかい!
まきの
まきの
いや!ちょっと待て!「うえ」「した」「みぎ」「ひだり」って言うと、カーソルは動くらしいよ。それで入力すれば?
永田
永田
流石にそれはダルすぎるでしょ。
山口むつお
山口むつお
まあでもさ、せっかくだから声だけでいこうよ。ね?
 

 

onseigame33
 

結局、めんどくさがった永田が「 る」という適当な名前をつけてプレイ開始。

 
まきの
まきの
とりたい行動とか、捨てたい牌の名前を言えばいいっぽいね。
永田
永田
そもそも麻雀って、切り間違いとか鳴き間違いが命取りなので、音声認識と絶望的に相性悪いと思いますけどね。
 
山口むつお
山口むつお
それを言っちゃあおしまいよ。
 

 

onseigame34
 

そして永田のターンが回ってきました。
永田
永田
えーと……あれ? ツモるのも声出さなきゃいけないの…? 「ツモる!イーピン!捨てる!」
 

 

onseigame35
 

シャカシャカ!

 
山口むつお
山口むつお
おお!すげえ!
まきの
まきの
ちゃんとうまくいった!
永田
永田
なるほどね!
 

意外な操作感に、ざわめく一同!しかし数分後、局面がヒートアップしてくると……。

 

 

onseigame36
 
永田
永田
「北(ぺー)!切る!」ああ、もう!そうじゃねえ!
まきの
まきの
落ち着け、永田!
山口むつお
山口むつお
興奮して声がひっくり返ってんぞ!ゆっくり!
 

 

onseigame37
 
永田
永田
あ、あれ? 勝手にポンになってキャンセルできない! あーもう、ポンでいいわ!ポン!ポン!!
 

 

onseigame38
 
山口むつお
山口むつお
声が通らないから諦めやがった。
まきの
まきの
見てるぶんにはめちゃくちゃ面白いな、この状況。
 

 

onseigame39
 
永田
永田
あーーー叫びすぎて血管切れそう!めちゃくちゃ体力使う!普通に操作した方が早いわ!
 
山口むつお
山口むつお
マジで顔が真っ赤になってるから、いったんこのへんにしておこう。流石に音声認識が完璧とはいえないね……Siriだって聞き間違えるくらいなんだから。
まきの
まきの
これ家で1人でやってたら、終わった後「おれ何やってるんだろう」って気持ちになりそう。
 

 

気分はサッカー監督?!グレイテストストライカー

 

 

onseigame40
 

お次はまたまたタイトーの「グレイテストストライカー」。なんとこれも、音声でサッカーゲームがプレイできるそうですが……?

 

 

onseigame41
 

なんと、コントローラーとマイクを2つずつ繋げば対戦プレイが可能!

 

 

onseigame42
 

まきのはブラジル、山口はアルゼンチンを選択。それではキックオフ!

 

 

onseigame43
 
山口むつお
山口むつお
タックルタックルタックル!!
まきの
まきの
パスパス!ドリブル!パスパスパスパス!!!
 

 

onseigame43
 

「・・・・・。」

 

 

onseigame44
 

「・・・・・。」

 

 

onseigame45
 
山口むつお
山口むつお
ちょっと!選手がまったく動いてくれないんだけど!
まきの
まきの
おれも1回パス出しただけだわ!
 

 

onseigame46
 

そして何も起こらないまま前半が終了。ゴールもシュートも、すべてがゼロ。

 
永田
永田
こんな試合ある?
まきの
まきの
全部ゼロじゃん。なんか間違えてるんじゃないの?
山口むつお
山口むつお
なんか間違ってるのかな……?
 

 

onseigame47
 

改めて説明書を確認。どうやら完全に声だけでプレイするには「監督モード」という、オートで戦うチームに対しておおまかな指示を出すモードでプレイする必要があることが判明。改めて対戦することに。

 

 

onseigame48
 
まきの
まきの
パスパスパスパス!シュート!シュート!今度はわちゃわちゃしすぎて、全然試合が進まねえ!
山口むつお
山口むつお
もしかしたらお互いの声をマイクが拾って混線してるかも!
まきの
まきの
えー、じゃあどうすればいい?!
山口むつお
山口むつお
口元をおさえてやろう!
 

 

onseigame49
 
山口むつお
山口むつお
(パスパスパス、シュート、タックルタックルタックルスライディング)
 

 

onseigame50
 
まきの
まきの
(シュートシュート、クリア、ドリブルドリブルパス、ドリブル)
 

 

onseigame51
(パスパスカットシュートパスパスシュートシュートクリアドリブルパスパスパス)

 
永田
永田
こんな監督もいないわ。
 

 

onseigame52
 

そしてとうとう、前半の終了ギリギリに、アルゼンチンが1点を先取!決めたのはなんか名前の知らない選手です(選手の名前は実名ではないから)。

 

 
山口むつお
山口むつお
おっしゃーーーー!!……でも、どうにもちゃんと指示して点を取った感じがしないわ、わちゃわちゃしすぎて!
永田
永田
これ、なんにも指示出さずに放っておいたらどうなるんですかね?
まきの
まきの
やってみよう。
 

 

onseigame53
 

 

onseigame54
 

 

onseigame55
 
まきの
まきの
これ、何も指示しなくても、勝手に試合してるわ。
山口むつお
山口むつお
いいのよ……おれたちは「応援」していたと思えば……。
永田
永田
監督ってそんな役割じゃなくない?
 

 

 

 

オペレーターとなって相棒をサポートしろ!「オペレーターズサイド」

 

onseigame56
 

日が変わって翌日!今回最後にご紹介する音声認識型ゲーム 、プレイステーション2で発売された「オペレーターズサイド」が届きました。
ニコニコで実況をする人も多いゲームなのだとか。主人公はオペレーターとなって相棒をサポートする立場で、すべての行動を声で指示するとのこと。

 
山口むつお
山口むつお
さっきこのゲームについて調べてみたんだけど、ファミ通のクロスレビューで37点を叩きだしてプラチナ殿堂入りだそうです。
永田
永田
名作じゃん。
まきの
まきの
こいつは期待できるでぇ……!
 

 

onseigame57
 

マイクは、シーマン2にも同梱されている「シーマイク」というマイク付きのコントローラーを使用。なぜかボタン配列がセガサターンみたいになってる。

 

 

onseigame58
 

まずはじめにチュートリアルがあるので、説明書を読まずにプレイし始めても安心。基本的にどういうことができるのかがわかります。

 
山口むつお
山口むつお
音声認識の精度、かなり高い!
永田
永田
けっこう細かく指示をする必要があるんですね。
 

 

onseigame59
 

チュートリアルの中ではじめて「敵と戦闘がある」ことを知ったぼく。
山口むつお
山口むつお
おお!これ、敵が出てくるんだ。
まきの
まきの
っていうか「撃て」「避けろ」だけじゃなくて「避けて、撃て」っていう指示が出せるってすごくない?指示の重ねがけ。
永田
永田
高度だな〜!
 

 

onseigame60
 

チュートリアルが終わり、本編へ。近い未来の2029年。主人公と恋人のさやかはクリスマスイブを宇宙にあるホテルで過ごしていたんですが、そこにエイリアンが現れて大パニックに。主人公は気を失ってしまい、さやかとも離れ離れになってどこにいるのかわからない……。

 

 

onseigame61
 

そこで、主人公はモニタールームを通じて出会った、ホテルのウェイトレスの「リオ」と力を合わせ、恋人のさやかを捜索する……というストーリーです。

 

 

onseigame62
 
山口むつお
山口むつお
SFホラーっぽい雰囲気やね。バイオハザードとかディープスフィアみたいに部屋の探索と戦闘を繰り返して、活路を開いていく……。そこに音声認識をプラスしたような。さて、ここからどうなるか……!
永田
永田
これまでのゲームは結構わちゃわちゃしてましたからね。
まきの
まきの
さっきのチュートリアル見た後だと、がぜん期待できるわ。
 

 

onseigame63
 

敵が現れたら、ただ「撃て」と指示を出すのではなく、「目!」や「背中!」といった部位破壊をうまく利用して弱点をつきます。

 
まきの
まきの
腹が弱点の敵には、まず背中を撃ってひっくり返してから腹を撃つ……みたいな、戦略性もちゃんとあってすごい。
永田
永田
これ、見てるほうも楽しい!
山口むつお
山口むつお
ミスしないように慎重かつスピーディーに的確な指示を出さないと……やってるほうも緊張感あって面白いわ〜!
 

 

onseigame64
 

話を進めていくと、相棒のリオを「ウェイトレス風情」と言って見下す、絵に描いたように嫌な性格のホテル支配人が出てきたり……。

 

 

onseigame65
 

突然、天井からめちゃくちゃでかいエイリアンが襲ってくる戦闘イベントがあったり……。

 

 

onseigame66
 

プレイヤー、見ている人をまったく飽きさせません。

 
山口むつお
山口むつお
まきのくん、永田くん、こりゃあ……。
まきの&
永田
永田
うむ……。
 

 

onseigame67
 

…………名作だ………!

 

 

onseigame68
 

………こりゃ名作だわ………!

 

 

 

終わりに

 
山口むつお
山口むつお
いやあ、今回の音声認識型ゲーム、どうでしたか。
永田
永田
やっぱり予想通り、認識ミスでワチャワチャはするんですけど、どうゲームに組み込むかでめちゃくちゃ化ける要素があるんだなって思いました。
まきの
まきの
最後にプレイした「オペレーターズサイド」は特に良かったな……。まさかあんなに完成されてるもんだとは思わなかった。
山口むつお
山口むつお
とはいえ、マイクも買って……となると、プレイしてみよう!ってハードルはグッと上がっちゃうよねぇ。今はスマホゲームがかなりのウェイトを占めるようになってきたけど、もとからマイクがついているスマホなら、この分野のゲームも昔にくらべてかなり遊びやすくなっている気がする。
永田
永田
ハード側の条件ができあがってますからね。
まきの
まきの
ぜひとも、これ系のゲームの新作はプレイしてみたいな〜!
 

 

いかがでしたか?90年代という古くからあるジャンルのゲームではありますが、いまだに開拓する余地がありそうな「音声認識型ゲーム」。今回紹介した中にはプレイステーション2という、まだまだ持っている人も多いゲームハードのものも紹介しました。見つけたらぜひプレイしてみてください。ゲームの新しい楽しみ方が見えてくるかもしれません。

それでは!!!

 

 

オクトピの最新情報をtwitterでいち早くチェック! オクトピの最新情報をLINEでいち早くゲット!

人気記事ランキング

新着記事一覧

記事の検索

人気のタグ

ページトップへ