0%

名探偵!? ネコニャン

ある日、探偵のネコニャンは、 公園で何かを探している弟を見つけました。

弟の大切なものが 誰かに盗まれたに違いありません。 探偵の出番だにゃ! と、ネコニャンは思いました。

しかし、うっかり者のネコニャンは 弟が何をなくしたのかも聞かずに 探し始めてしまいました。

探していると目に入ってきたのは、 とってもかわいいマスキングテープ。

ネコニャンの推理が働きます。 犯人はマスキングテープにくっつけて 持って行ったに違いにゃい…

ですが、マスキングテープを持っていたのはお姉ちゃんでした。 そして「マスキングテープはそんなに強くないわよ」 と言いました。

次に目にとまったのは 手触りのよさそうな ハンドタオル

再びネコニャンの推理が光ります。 そうか、犯人は手品で消したにゃ!

ですが、ハンドタオルを持っていたのは妹でした。 そして「あたし、手品師じゃにゃいわ」 と言いました。

あたりが暗くなってきましたが、 手がかりが見つかりません。 ネコニャンが考えていると、 弟が落ち込みながらやって来ました。

やっぱり弟がなくしたものは見つかりません。 仕方がないので、今日はもう家に帰ることにしました。

家に帰るとお母さんが、 「どうかしら?このネックレス」 と、嬉しそうにしていました。

「どうしたの?そのネックレス?」 弟は目を丸くして聞きました。すると、 「公園にどんぐりがたくさん落ちてたの」 と、お母さんはこたえました。

「それ、僕のどんぐり!」 なんと、弟がなくしたものは “どんぐり” だったのです。

弟は、どんぐりを売ったおこづかいで お母さんにプレゼントを買おうとしていたのです。

プレゼントは買えませんでしたが、 お母さんがたくさんのどんぐりを とても喜んでくれたので 弟も嬉しくなりました。

「どんぐりって売れるの?」 と、ネコニャンは弟に聞きました。

「どんぐりにも価値があるんだって!見てこのサイト!」 と、弟は教えてくれました。 ネコニャンはサイトを見て感心しました。

すごいサイトを知ったネコニャンも 何か売ってみようと思うのでした。

  • LINEでシェアする
© 2000 aucfan Co.,Ltd. All Rights Reserved.