おすすめのANAカードはどれ?マイルが貯まるANAカードを徹底比較!

"

定期的にANAの飛行機に乗るのなら、持っていて損はしない、いや持っているべきカードがANAカード。日常の支払いなどに利用すれば、驚くほどマイルがたまっていきます。いくつかあるANAカードのうち、ライフスタイルに合ったカードの選び方を解説しましょう。

ANAカードの種類とその特徴

ANA一般カード ANAワイドカード ANAゴールドカード ANAカードプレミアム
国際ブランド VISA, マスターカード, JCB, アメリカン・エキスプレス VISA, マスターカード, JCB VISA, マスターカード, JCB, アメリカン・エキスプレス, ダイナース VISA, JCB, アメリカン・エキスプレス, ダイナース
年会費 初年度無料
2年目以降2,200円(税込)
(アメリカン・エキスプレスは、7,700円(税込))
7,975円(税込) 1万5,400円(税込)(アメリカン・エキスプレスは、3万4,100円(税込)。ダイナースは、2万9,700円(税込)) 7,700円(税込)(JCB)、8万8,000円(税込)(VISA)、16万5,000円(税込)(アメリカン・エキスプレス)、1万7,500円(税込)(ダイナース)
マイル還元率 0.5%
(コース選択で1%に。ただし、別途料金が必要)
0.5%
(コース選択で1%に。ただし、別途料金が必要)
1.0% 1.5%(VISA、ダイナース)
1%(JCB、アメリカン・エキスプレス)
ANA便搭乗マイル +10% +25% +25% +50%
入会・継続マイル 1000マイル 2000マイル 2000マイル 10000マイル
こんな人におすすめ! 年に数回飛行機を利用。日常の買い物でもマイルをためたい。 出張などで頻繁に飛行機を利用。できるだけたくさんのマイルを獲得したい。 いつもの買い物でも、飛行機に乗るときにも有利にマイルをためたい。ステータス性もほしい。 ANAの上級会員向けサービスも受けたい。ステータス性がほしい。

ANAカードにはグレードによる違いがあり、ANA一般カードに加え、ANA航空券ワイドカード、ANAゴールドカード、ANAカードプレミアムがあります。また、交通系IC一体カードも用意されています。

それぞれのグレードには国際ブランドがあります(表を参照)。ANAカードはすべてクレジットカード会社との提携カードで、VISAとマスターカードは三井住友カード、その他はそれぞれの会社(JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース)が発行しています。

ANAカードとANAマイレージクラブ機能付きカードは違う

それぞれのカードを紹介する前に述べておきますが、ANAカードは上記の三井住友カード、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースのみから発行され、それ以外のカードはANAカードではありません。
例えば、楽天ANAマイレージクラブカードはANAマイレージクラブ(ANAマイレージクラブ)の機能がついた楽天カード(つまり、楽天カードとANAマイレージクラブが合体したもの)で、ANAカードの持つ搭乗ボーナスマイルなどはないのです。また、ANAカード会員向けのキャンペーンにも参加できません
ANAカードを発行するJCBでもANAカードのほかに「JCB ORIGINAL SERIES プラスANAマイレージクラブ」というカードを発行していますが、これもANAカードではなくJCBカードにANAマイレージクラブ機能を持たせたものです。
ちょっと複雑ですが、券面に「ANA CARD」とあるのが特徴です(ANAマイレージクラブ機能付きカードには「ANA CARD」の表示はありません)。

ANAが提供する特典を存分に利用したいのなら、ANAカードを選びましょう。

ANA一般カードでも特典がいっぱい

ANAカードの入門的な存在といえるのが、ANA一般カードです。いわゆるふつうのクレジットカードの一般カードに相当するものです。
(※交通系IC搭載のカードについては後述)。

公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレスが発行するもの以外は初年度年会費無料で、次年度以降2,200円(税込)の会費がかかります。アメリカン・エキスプレスは初年度から、7,700円(税込)の会費です。

一般カードでは、次の還元率でマイルがたまります。

VISA・マスターカード・JCBは0.5%

アメックスは1.0%(ただし、年会費のほかに手数料6,600円(税込)必要)

詳しく書くと、VISAとマスターカードは200円ごとに1マイル、JCBは1000円ごとに5マイル、アメリカン・エキスプレスは100円ごとに1マイルです。

なお、VISA、マスターカードは年額6,600円(税込)、JCBカードは年額5,500円(税込)のコース手数料を支払うことで、アメリカン・エキスプレスと同様に1%の交換率となります。

JALカードをお持ちの方なら、お気づきかもしれません。
JALカードはカード利用額がそのままマイルになりますが、ANAカードは各社のポイントとして、まず還元されます。そのポイントをANAカード所持者が利用できるポイントコースにしたがって交換するのです(自動的に交換するコースもあります)。
したがって、マイルに交換せずに、各社のポイントサービスを使って、商品などに交換することも可能です。

年会費以上の特典が飛行機に乗らなくてもゲットできる

どのカードも年会費がかかりますが、毎年、入会月に1000マイルがもらえます(継続マイル)。マイルの価値観は人により違いますが、1マイルあたり2~6円といわれています。
マイル還元率が0.5%であっても、マイルの価値が2円と考えても還元率は1%ということになり、飛行機をよく利用する人にとっては大変おトクです。
年に1000マイルをもらえるということは、実質、年会費は無料です。なお、継続マイルはJALカードとは違い、一度も飛行機に乗らなくてももらえます。

飛行機に乗る人にとってうれしいのが、搭乗ボーナスです。
例えば、羽田・那覇間を一般料金(フレックス)で乗った場合、片道で得られるマイルは984マイルですが、ANAカードで支払えば10%アップの1082マイルとなります。

また、ANA航空券の購入時にもマイルがプラスされるので、出張などでANA便を利用している人は、かなりマイルがたまります

頻繁にANAに搭乗するのならANAワイドカード

ANAワイドカードは、ANA一般カードとANAゴールドカードの中間的な存在ですが、クレジットカードのグレードは一般カードと同じです。
入会・継続マイルが2000マイルなのと、搭乗ボーナスマイルの積算率がゴールドカードと同様に25%であることが特徴です。

公式サイトはこちら

ANAワイドカードは年会費が7,975円(税込)で、初年度年会費無料などはありません。
特典は上記に書いたとおりで、それ以外の特典はあまりありません。どちらかといえば、中途半端な存在です。
ゴールドカードは持ちたくない(または、年齢が基準を満たさないため発行されない)が、ANAに頻繁に乗るので、マイルの積算率を上げたいという特殊な人向けでしょうか。

年会費や特典を考えると、ANAゴールドカードを選んだほうがおトクです。

日常生活で驚くほどマイルが貯まるANAゴールドカード

ANAゴールドカードは年会費が1万5,400円(税込)(アメリカン・エキスプレスは、3万4,100円(税込)。ダイナースは、2万9,700円(税込))と高額ですが、かなりのペースでマイルがたまる、陸(おか)マイラーも必携のカードです。

公式サイトはこちら

ANAゴールドカードの魅力は、マイル還元率1%にあります。ANA一般カードのように追加の料金は必要ありません。
ただ、以下のような計算になるため一般カードで追加料金を払ったほうが安いかと考える方もいるでしょう。

1%の還元率を得る場合にかかる費用

<一般カード(JCB)でコース手数料を支払う場合>
年会費2,200円(税込)+コース手数料5,500円(税込)=年額7,700円(税込)

<ゴールドカード(JCB)>
年会費1万5,400円(税込)

しかし、ANAゴールドカードには年会費以上の特典がどっさりあります。
まず、継続マイルと搭乗ボーナスは、2000マイルと25%アップです。これはANAワイドカードと同じですね。
ただし、ゴールドカードですので、クレジットカード会社の特典が多数用意されています。
例えば、空港のカードラウンジが利用できたり(ANAラウンジは利用できません)、国内旅行海外旅行・ショッピング保険などが付帯します。

なお、三井住友カードの発行するVISAとマスターカードのANAゴールドカードは、リボ払いを利用したり、WEB明細にすることにより年会費が割引になります。

1%の還元率を得る場合にかかる費用(三井住友ANAカードの場合)

<一般カードでコース手数料を支払う場合>
年会費2,200円(税込)+コース手数料6,600円(税込)=年額8,800円(税込)
(ゴールドカード同様、マイ・ペイすリボをお申し込み+リボ払いで初年度より年会費割引がある。その場合、年額7,727円(税込))

<ゴールドカード>
年会費1万5,400円(税込)-割引(WEB明細のご利用+マイ・ペイすリボをお申し込み+年1回以上リボ払い手数料お支払い)4,950円(税込)=1万450円(税込)

ANAカードの最高峰・ANAカードプレミアム

いわゆる一般のプラチナカードに相当するカードです。年会費は高額ですが、ANAのANAカードプレミアムに対するサービスとカード会社のプラチナカード会員へのサービスの両方を受けることができます(カード会社は一部のサービスを除く)。

公式サイトはこちら

ANAカードプレミアムは、入会・継続マイルが10000マイルです。また、搭乗ボーナスが50%アップとなり、ANA利用者にとっては大変おトクなカードです。
また、ANAマイレージクラブの上級会員(プラチナとダイヤモンドステータス)や後述するSFC会員などでなければ利用できない「ANAラウンジ」も利用できます。ただし、カード所持本人のみで同行者は入れません(家族カード会員はOK)。

ANA側の特典は上記の通りで、これに加えてカード会社のプラチナ会員向けのサービスが受けられます。
例えば、ANA VISAプラチナ プレミアムカードなら三井住友カードが用意する特典です。

  • 会員限定のイベントやプロモーションをご案内する「プラチナオファー」
  • 国内有名ゴルフコースでの優待で受けられる「Visaプラチナゴルフ」
  • 東京・大阪を中心に約100店舗の一流レストランで2人以上のコース料理をご利用の際、会員1人分が無料になる「プラチナグルメクーポン」
  • 個人的な好みや要求に合う旅行を選ぶお手伝いや航空券・ホテル・レストランなどの予約案内を24時間・年中無休で対応する「コンシェルジュサービス」
これ以外にもたくさんのサービスが用意されています。
もちろん、ゴールドのうえを行くプラチナカードですので、ステータスもバッチリです。

定期券を搭載可能。交通系ICカード一体型ANAカード

公式サイトはこちら

ANAカードにはSuicaやPASMO、nimocaといった交通系ICカードが一体となったカードもあります。

ここで紹介しているANA To Me CARD PASMO JCBはJCB、その他は三井住友カードが発行します。

交通系ICカードの利便性とANAカードが合体

交通系ICカード一体型のカードは、改札を通るだけで電子マネーに自動的にチャージするオートチャージ機能がついています。
この機能を利用すれば、電子マネーの残高を気にせずに電車に乗ったり、買い物ができます。
また、財布のカードを少なくすることもできますね。

ポイントサイトから高率でマイルを得る手段に

ANA To Me CARD PASMO JCB(GOLD)は、ANAカードの特典と東京メトロが発行するTo Me Cardの特典の両方を兼ね備えたカードです。飛行機の「空」と地下鉄の「地下」を合わせて、ソラチカカードと呼ばれています。
2つのカードが合体した場合、どちらかのカードの特典が犠牲になることが多いのですが、ANA To Me CARD PASMO JCBの場合は、どちらもパワーアップしています。

例えば、東京メトロの利用などでたまるメトロポイントをマイルに交換する場合、他のTo Me Cardだと交換率が60%であるのに対し、ANA To Me CARD PASMO JCBなら90%の高交換率でマイルをゲットできます。
もちろん、ANA To Me CARD PASMO JCBはANA一般カード、ANA To Me CARD PASMO JCB GOLDはANAゴールドカードの特典をフルスペックで備えています。

一時期このソラチカカードは陸マイラー必携のカードといわれていました。
それはポイントサイトなどで得たポイントをメトロポイントに交換することで、高い交換率でマイルを得ることができたからです。
一般的にマイルへの交換率は1ポイント1円相当のポイントなら0.5マイル(50%)です。
それがソラチカカードなら、90%になるのでかなりのペースでマイルがたまりました。
しかし、2019年末にほとんどのポイントがメトロポイントに交換できなくなったのです。そのため、現在ではこの手法は使えません。

その代替として候補に挙がっているのが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードです。このカードでは東急ポイントを75%の交換率でANAマイルに交換できるので注目されています。現状、ポイントサイトのポイントは東急ポイントに交換できるので、このルートを使えば、ソラチカカードには劣りますが、高率でANAマイルに交換可能です。

公式サイトはこちら

学生でも持てるANAカード

公式サイトはこちら

ANA一般カードには、VISA、マスターカード、JCBそれぞれに学生専用のカードが用意されています。

学生用のANAカードは在学中は年会費が無料であるものの、ANA一般カードと同様に入会・継続マイルが毎年1000マイルもらえる、かなりおトクなカードです。

VISAとマスターカードのマイル交換率はANA一般カードと同じですが、JCBカードは手数料無料で1000円あたり10マイルの交換率となります。これゴールドカードの交換率と同じです。
帰省や留学で飛行機を利用する人にとって、このマイルの交換率はうれしい限りです。
学生の方は、ぜひとも検討したいANAカードです。

陸マイラー? 日常生活で驚くほどマイルがたまる!

いままで紹介したように、日常生活でANAカードを使えば、かなりのスピードでマイルがたまっていき、特典航空券と交換できます。

また、ANAの旅行会社やトラベラーズダイナミックパッケージなどツアーに使えるスカイコインにも交換できます。ANAカードを持っていれば、1万マイル以上をスカイコインに交換するときに優遇レートが適用されるので、さらにおトクです。
ちなみに、スカイコインを使ってANA便を利用すればマイルもたまります(ツアーのマイル倍率となるので、マイル数は減りますが)。

電子マネーを上手に使ってマイルをためるコツ

ANAカードにはiDやQUICPay、Suicaなどの電子マネーが必ずついてきます。これらの電子マネーを使った決済でもマイル(ポイント)を得ることができるため、コンビニやファストフード、自動販売機でも積極的にANAカードの電子マネーを使うことで、飛躍的にマイルがたまっていきます。

また、ANAカード特約店(ANAカードマイルプラス)というのがあり、セブン―イレブンもその中の1つです。セブン―イレブンでiDやQUICPayなどポストペイ型の電子マネー(ANAカード本体でも可能)を使うと、カード会社のマイルのほかにANAよりプラスマイルが進呈されます。100円または200円で1マイルです。
ただし、一部の加盟店ではiDやQUICPayなどの支払いは対象外で、ANAカード本体で決済することが必要ですので、注意しましょう。

ネットショッピングはANAマイレージモールを経由しよう

ANAカードを保持していなくても、ANAマイレージクラブ会員なら使えるサービスですが、ネットショッピングのときにANAマイレージモールを利用すると、マイルがもらえます。
例えば、楽天市場で買い物をする場合、200円ごとに1マイルが獲得できるのです。ただし、楽天市場やヤフーショッピングの場合、アプリを使うとポイントがアップする場合がありますが、それとの併用はできません。
このときANAカードで決済すれば、ANAカードのポイントも獲得できるのでマイルがたまりやすくなります。

まとめ

ANAに頻繁に乗る人も、陸マイラーを目指す人もANAカードがあればかなり効率的にANAマイルをためることができます。
マイルをためて海外旅行を目指す人やANAの上級会員組織であるSFC(スーパーフライヤーズクラブカード)の取得を目指す人もまずはANAカードを申し込んで、準備をしましょう。

"

関連記事

時間アイコン18.12.02

ANAカードを解約する方法と解約する前の注意点について

時間アイコン18.08.21

ANAカードの入会キャンペーンで確実にマイルをもらう手順と注意点

時間アイコン18.08.20

ANAカード年会費比較!一番コスパ良いおすすめのANAカードとは?

時間アイコン18.08.19

ANAカードのETCカードで高速料金からANAマイル貯める方法

時間アイコン18.08.19

ANAカードの審査時間が遅い?審査状況と結果を今すぐ確認する方法

TOP