クレジット無しのANAマイルカードは作るな!マイル貯めるなら絶対このカード!

これからANAマイルを貯めていこうとお考えの方に向けて、ANAマイルを貯めるときの常識、知っておくべきお得な情報、クレジットカード機能無しのANAマイルカードを使うべきではない理由について詳しくご説明します。 ソラチカカードとANAワイドゴールドカードの唯一無二の優れた特徴やANAマイルを賢く貯める知識など、ANAマイルを貯めようとお考えの方であれば、絶対に役に立つ情報が記載されています。 記事を読めば、悩むことなくANAマイルを貯めるためのカードが作れます。クレジットカード機能無しのANAマイルカードは候補から外れますので、ぜひご一読ください。

ANAマイルを貯めるなら、有効期限を延長できて絶対に必要な「ソラチカカード」

「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)カード」

ソラチカカードのカード詳細スペック情報

提携ブランド JCB
支払日 毎月15日締め/翌月10日支払
年会費 初年度無料  2,200円(税込)
 ポイント名称 OkiDokiポイントプログラム
 ポイント還元率 0.5% (1,000円=1ポイント=5円相当) 1,050ポイント=ギフトカード5,000円相当(0.49%)など
 ポイント有効期限  ポイント獲得月から最長2年間
 ポイント優遇対象サービス  Oki Dokiランド、楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング ポイント2倍など
 ポイントの提携  メトロポイント、ANAマイル
 利用可能最低ポイント数   1ポイント(Amazon.co.jp 3.5円相当)
 ボーナスポイント JCB STAR MEMBERS 前年のカード利用年間50万円以上⇒通常ポイントの10%を別途加算 前年のカード利用年間100万円以上⇒通常ポイントの20%を別途加算
 電子マネー付帯  PASMO(一体型)、 QUICPay・PiTaPa(別カード使用)
 チャージできる電子マネー  ポイント付与はPASMOのみ
 家族カード  初年度無料  1,100円(税込)
 ETCカード  無料
 国内・海外旅行保険   国内・海外ともに有
 ショッピング保険  有(最高100万円/90日間 自己負担額10,000円 海外での利用が対象)
 ApplePay対応かどうか  有(QUICPay分離型カード)
 マイルの還元率 1,000=5マイル(0.5%) 1,000=10マイル(1%)※別途 移行手数料5,500円(税込)が必要
 即日発行  不可

ソラチカカードはANAマイルを管理するのに絶対に必要なクレジットカードです

ソラチカカードは、有効期限があるANAマイルを実質無期限にするために必須で唯一のクレジットカードです。 クレジット決済用のカードとしては、あまり適しているANAカードではありません。 ソラチカカードを持っていない方は、ANAマイル有効期限3年間のうちに目標マイルを達成しなければ、低い交換率でせっかく貯めたマイルを消費するしかありません。 ANAマイルには3年間の有効期限があります。マイルを獲得した月から3年後の月末に、獲得したマイルが失効する仕組みです。獲得した月によって徐々にマイルが失効していきます。 ソラチカカードは、メトロポイントという、東京メトロが提供するポイントも貯める事ができて、メトロポイントとANAマイルは相互交換が可能なポイントです。 ANAマイル有効期限3年間、メトロポイント有効期限2年間を行き来することで、有効期限を気にすることなくANAマイルを貯めることができます。 ANAマイルは様々なポイントサービスに10,000マイル=10,000ポイントで交換できます。交換したポイントは、ANAマイルに再交換できるポイントサービスもいくつかあります。 ですが、メトロポイント以外のポイントサービスは、ANAマイルに交換する際に50%ほどポイントを失ってしまいます。メトロポイントは、10%の損失でANAマイルに再交換することが可能です。 完全にポイントを失うことなく有効期限を延ばすことはできませんが、ソラチカカードを持っていれば、少ない損失でANAマイルの有効期限を延ばすことができます。 後述しますが、メトロポイントは、ポイントサイトで稼いだポイントをANAマイルに効率的に交換することにも、必須のポイントサービスです。他ではできないANAマイルの稼ぎ方ができる、まさにANAマイルを貯めるためには必須といえるポイントサービスです。 メトロポイントとANAマイルの架け橋になるソラチカカードは、唯一の特徴を持ったANAカードです。 ANAマイルをしっかりと貯めて、家族で豪華な旅行を無料でしたい。などの目標を達成するには、必須といえるANAカードです。

ANAカードと比較にならないほどすごいポイント還元率「ANAワイドゴールドカード」

「ANAワイドゴールドカード(VISA)」

ANAワイドゴールドカードの詳細スペック情報

提携ブランド VISA、MASTER、 JCB、アメリカン・エキスプレス
支払日 毎月15日締め/翌月10日支払
年会費 15,400円→10,450円(税込) ※ VISA、MASTERのみ WEB明細サービス利用で1,000円割引・「マイ・ペイすリボ」年1回以上利用で3,500円割引
ポイント名称 ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5%  特典商品との交換やキャッシュバックなどの場合 (1,000円=1ワールドプレゼント=5円相当) ※ VISA、MASTERのみ ANAマイルへ交換 1.0%~1.75%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から3年間
ポイント優遇対象サービス ポイントUPモール、Vpassギャザ、プレミアムポイント加盟店など
ポイントの提携 ANAマイル
利用可能最低ポイント数 1ポイント(10マイルへ交換)
ボーナスポイント 50~100万円使用で50万円ごとに100ポイント 以降10万円ごと20ポイント 100~300万円使用で50万円ごとに150ポイント 以降10万円ごと30ポイント 300万円以上使用で50万円ごとに300ポイント 以降10万円ごと60ポイント
電子マネー付帯 iD ※ VISA、MASTERのみ、楽天Edy、PiTaPa
チャージできる電子マネー ポイント加算対象外
家族カード  4,400円(税込)
ETCカード 無料
国内・海外旅行保険 国内・海外ともに有
ショッピング保険 有(最高300万円/90日間 自己負担額3,000円 国内・海外利用が対象)
ApplePay対応かどうか 有(iD)
マイルの還元率 1% (1,000円=1ワールドプレゼント=10マイル) ※ VISA、MASTERのみ 「マイ・ペイすリボ」利用で1.3%、ソラチカカード併用で1.45%、年間利用額300万円以上で1.72%まで上昇 
即日発行 不可

ANAワイドゴールドカードは、唯一無二の還元率でクレジット支払いでANAマイルを貯めるのに必須

ANAワイドゴールドカードは、クレジットカード支払いをしたときの圧倒的なマイル還元率が特徴です。年間300万円以上使用すれば、最大1.72%まで、ANAマイル還元率が上昇していくANAカードです。 通常の還元率は1%ですが、通常の還元ポイントとは別に、クレジット支払いの年間合計額に応じてポーナスポイントがもらえます。 さらに、クレジット支払いをリボ払いにすると、使用した金額に対して2倍のポイントがもらえるようになります。 注意しなければいけないのは、年間合計額に応じたポーナスポイントとリボ払いで2倍になったポイントは、1ポイント=10マイルでANAマイルに交換できません。 ANAワイドゴールドカードで貯まるポイントでも、ボーナスポイントは1ポイント=3マイル計算になります。
  • 通常ポイント=1ワールドプレゼント=10マイル
  • ボーナスポイント=1プレミアムポイント=3マイル
例えば、1ヶ月間にリボ払いで20万円クレジット支払いをしたときは 通常ポイント(200,000円=200ワールドプレゼント=2000マイル) ボーナスポイント(200,000円=200プレミアムポイント=600マイル) 20万円リボ払い時のマイル還元率は、1.0%+0.3%=1.3%になります。さらに、0.3%のボーナスポイントをマイルにするのではなく、ソラチカカードに移すことで0.45%に還元率が上がっていきます。 「マイ・ペイすリボ」は月々の支払い時に、自身で設定した最高金額を超えた分の金額をリボ払いにするサービスです。リボ払いの手数料を支払うことで、ANAワイドコールドカードに入るポイントが2倍になります。 「マイ・ペイすリボ」のリボ手数料は、持ち越した金額に対する年間15%の利息です。 例えば、月々のリボ払い金額を20万円に設定します。そして、20万1,000円使ったときの繰越金額は1,000円です。 リボ払い手数料は、繰り越した金額1,000円に対して年間15%の利息がかかります。30日なら、15%÷365×30=1.23%、31日で15%÷365×31=1.27%、28日は1.15%の利息(手数料)です。 30日だったとして、12円の手数料を払うだけで、使用金額20万円に200ワールドプレゼントと200プレミアムポイントが還元されます。月々に支払う最高金額は、月一回、増額の場合は1,000円単位、減額の場合は1万円単位で設定できます。 今月は25万円使ったので、24万9000円を最高支払い金額に設定すれば、繰越金額は1,000円になります。毎月自分で支払い最高金額を設定する手間がかかりますが、同じような還元率のカードは存在していません。 上記のリボ払いのポーナスポイントにプラスして、年間の使用金額でもボーナスポイントがさらに加算されます。 ANAワイドゴールドカードは、普段使いのクレジットカード支払いで、ANAマイルを効率的に貯めるために必須のANAカードです。

クレジットカード機能無しのANAマイルカードをおすすめしない5つの理由

クレジットカード機能無しのANAマイルカードでは、ANAマイルを貯める効率がとても悪く、ANAマイルの有効期限3年間のうちに稼げるマイル数は限られたものになります。貯めたマイルも低い交換率で交換するしかありません。 クレジット機能付きのANAカードの方が、ANAマイルを貯めるための条件が圧倒的に整っています。貯めたANAマイルを賢く使うためにも、クレジットカード機能付きのANAカードが必要になります。 具体的に、どんなことがおすすめできないのか、クレジット機能付きのANAカードはどんなメリットがあるのかについてご紹介していきます。

クレジット無しのANAマイルカードは特典が無い

クレジットカード機能無しのANAマイルカードは、年会費無料で発行できます。ですが、下記のような特典はいっさいありません
  • 入会するだけでボーナスマイル
  • 通常の搭乗マイルに加えてボーナスマイル
  • 1年ごとの更新時にボーナスマイル
  • 機内販売や空港内店舗で割引特典
  • 割引運賃「ビジネスきっぷ」利用特典
  • 家族のマイルが合算できる特典
  • ANAカード会員限定イベント
  • ANAカードマイルプラス加盟店で買い物をすると追加マイル付与特典
クレジットカード機能無しのANAマイルカードは、航空便の搭乗区画ごとに定められた基本マイル(フライトマイル)を貯めることを主な目的としたシンプルなカードです。 ですが、主な目的のフライトマイルでさえ、クレジット機能付きのANAカードを作っていれば、ボーナスマイルが付与されてより多くのマイルが貯められます。 ANAマイルを貯めると少しでもお考え中の方であれば、上記の特典を使用しない手はありません。入会費や年会費はボーナスマイルで返ってきますし、ANAマイルの貯めやすさは比較になりません。

だったら多少の年会費はかかるけど特典を駆使して賢くマイルを貯めるべき

特典詳細 ソラチカカード ANAワイドゴールドカード ANAマイルカード (クレカ機能無し)
入会ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 無し
更新ボーナスマイル (年会費) 1,000マイル (2,200円) 2,000マイル  (15,400円→10,450円)※1 無し ( 無料 )
フライトボーナス 10%増量 25%増量 無し
決済時のANAマイル 0.50% 1.00%~1.72% ※2 ANA提携ホテルレストラン ANAマイレージモールのみ で指定マイル数が貯まる ※3
割引特典 会員専用割引運賃「ビジネスきっぷ」 空港で 空港内店舗10%OFF 機内で 機内販売10%OFF ツアー購入で 5%OFF ショッピング「ANAショッピング A-style」5%OFF 無し
マイル合算 家族のマイル合算可能 マイル合算不可

※1 「WEB明細書サービス」の利用と「マイ・ペイすリボ」をお申し込み+利用で年会費割引有り ※2 ANAワイドゴールドカード(VISA,マスター)の還元率は条件によって1%、1.3%、1.45%~1.72%と変化します。 ※3 クレカ機能無しのANAマイルカードで、Edy機能があるものはEdy支払いで0.5%のマイル還元

クレジットカード機能がついているANAカードは、年会費がかかりますが、上記の表のようにマイルを貯める特典がたくさんあります。 フライトマイルの特典に絞っても、ANAマイルカードよりも高性能です。どこでクレジットカードを使っても、ANAマイルに交換できるポイントを獲得できますし、還元率も高くなっています。 マイルを貯めるなら確実にクレジットカード機能付きのANAカードがおすすめです。家族が貯めたANAマイルを合算できることも大きな利点です。 クレジットカード機能が付いていないANAマイルカードでは、家族と旅行に出かけてもマイルを合算することもできません。年会費が必要なANAカードと比較すると、とてもマイルを貯めにくいカードと言わざるを得ないサービス内容です。 家族複数人でマイルが貯まるクレジットカードを主に使用して、貯まったマイルを合算すれば、特典航空券を無料で手に入れて、豪華な家族旅行も夢ではありません。 ANAカードは割引特典も多く、会員価格で運賃が安くなる「ビジネスきっぷ」は、予約した便の変更が何回でも、無料で行える便利なサービスです。割引運賃でも100%マイルが貯まります。 クレジットカード機能付きのANAカードには、マイルが貯まりやすい特典だけではなく、旅行に出かけるときにお得になる特典も多くなっています。 ANAマイルは3年間で有効期限が切れてしまいます。一般的な人がクレジットカード機能無しのANAマイルカードだけで、フライトマイルだけ貯めるのでは、ANAマイルで一番お得に交換できる特典航空券に交換することはなかなか難しいです。 ANAマイルを貯めるなら、クレジットカード機能付きのANAカードを選択しない理由は何もないと言い切れます。

ソラチカカード、ANAワイドゴールドカードを発行すればマイル口座のランクが上がる

ソラチカカードや、ANAワイドゴールドカードが発行されると、自動的にANAマイレージクラブ番号(AMC番号)が作成されて、マイルが貯まる口座ができます。 その際に、できた口座のランクによって、マイルを使うときに差が出てきます。 がんばって貯めたANAマイルを特典航空券に交換する際に、無料で乗れる座席を指定するのですが、指定できる席数が、ANAマイルを貯めている口座の種類で変化します。 クレジットカード機能無し→一般カード→ゴールドカードの順番で指定できる席が増えていきます。このように、ANAマイルを交換する際に、ANAマイルをメインで貯めている口座のランクによって、受けられるサービスに違いがあります。 せっかくマイルを貯めるのであれば、ランクの高いカードをメインのマイル口座に指定して、お得にマイルが交換できるようにするべきです。 1枚のANAカードを使用している方は、自動的に作成された口座を使用するだけでかまいません。クレジットカードが届いたら、そのままクレジットカードで支払いをしたり、航空便に搭乗することで、作成された口座にマイルが貯まっていく仕組みです。 ですが、ANAマイルを効率的に貯めている方は、複数のクレジットカード機能付きANAカードを持っています。自動的に作られた口座のままでは、別々の口座にマイルが貯まっている状態になっています。 ANAマイレージクラブサービスセンターに問い合わせて、複数の口座を一つに統合しましょう。統合先のメインで使う口座は、クレジットカード機能無しのANAマイルカード口座より、クレジットカード機能付き一般カード、ゴールドカードのほうが断然にお得です。

ソラチカカードはポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換するために必須です

 ちょびリッチ  ハピタス  ポイントインカム
     
 PONEY  GetMoney!  モッピー
     

最終的にANAマイルに変換できるポイントサイト一例

じっくりANAマイルを貯めるために必要なソラチカカードは、ANAマイルの貯めやすさでも唯一の特徴がある必須のカードです。 ソラチカカードのメトロポイントは、様々なポイントの受け皿になっています。ポイントサイトのポイントや他のポイントサービスをメトロポイントに交換して、まとめたメトロポイントをANAマイルに交換するために絶対に必要なカードです。 ポイントをソラチカカードのメトロポイントに集約すれば、無料で大量のANAマイルを獲得することも可能です。 例えば、ポイントサイトで無料の会員登録や資料請求、アンケート、ミニゲームや広告クリックを行って、貯めたポイントを「ドットマネー」 や「 PeX」というポイント変換サイトを使ってメトロポイントに交換します。 → 1000万人が得してる!国内最大級のポイント交換サービス「.money」 → まとめてお得に交換!「Pex」 上記のサイトなどを使って集めたメトロポイントは、月一回2,0000ポイントまでANAマイルに交換できます。メトロポイントの有効期限は2年間ですので、合計24万ポイントをANAマイル(216,000マイル)に交換することができます。216,000マイルあれば、家族4人のハワイ旅行に行く特典航空券172,000マイル(人気が高いときの交換レート)と、ANAマイルを交換してもおつりが出ます。 家族4人で真夏のハワイ旅行にビジネスクラス(272,000マイル)で、旅行に行くことも夢ではありません。かなり現実的な話になります。 そのためには、メトロポイントを扱えるソラチカカードが絶対に必要になります。無料で旅行に出かけるために、重点的に効率的にANAマイルを貯めようと思ったら、ソラチカカードを持つことは常識です。

ANAワイドゴールドカードは、ANAスカイコインに交換する時に1.5~1.6倍になるので必須です

ANAマイルは、特典航空券と交換するのが一番お得ですが、特典航空券では、自分と家族の分の「航空券」しか無料になりません。ツアー旅行に参加したり、一緒に旅行する友人や家族のホテル代、航空券の料金などをANAマイルで支払うためには、ANAスカイコインが便利です。 ANAスカイコインは、お持ちのANAカードのランクによって交換率が変化します。クレジットカード機能無しのANAマイルカードの場合は1,2倍の交換率しかありません。クレジットカード機能付きの一般カードとゴールドカードなら、1.5倍の交換率で現金と同じ感覚で旅行商品を買えるANAスカイコインに交換することができます。 さらに、5万マイル以上の交換率はゴールドカードのみで1.6倍になります。5万マイルあれば、特典航空券に交換したほうが良いと思えるかもしれません。ですが、特典航空券を得るためには、旅行の予定を1年前から立てないと、計画した日の特典航空券を得ることは難しいです。 例えば、ハワイ行きのANA航空便の特典航空券は、エコノミークラス7席、ビジネスクラス2席(出発の1ヶ月前に4席になる)、ファーストクラス無しという座席数です。人気の高い期間は特典航空券は奪い合いです。誇張でもなんでもなく1年前の予約開始時に特典航空券を予約する必要があります。 ANAスカイコインなら、現金と同じ感覚で、自分以外の家族や友人のツアー旅行や航空券を購入することもできます。いつ旅行の予定を立ててても、ANAマイルで無料で旅行に出かけられます。5万マイル以上の交換も無いとはとてもいえないサービスです。 ANAワイドゴールドカードを持っていれば、使い勝手の良いANAスカイコインを最大限お得な状態で交換することができます。クレジットカード機能無しのANAマイルカードとは比較にもなりません。ANAワイドゴールドカードは、クレジットカード支払いで貯められるANAマイルの量もダントツですが、ANAマイルを交換する際にも役に立つANAカードです。 せっかく貯めたANAマイルをお得に交換したいとお考えであれば、ANAワイドゴールドカードを持つことは常識です。

まとめ

クレジットカード機能無しのANAマイルカードとソラチカカード、ANAワイドゴールドカードの違いを、各カードの基本情報と共にご紹介しました。 ANAマイルを効率的に、ゆとりを持って貯めていくためには、ソラチカカードとANAワイドゴールドカードを両方持つことが重要です。それぞれのカードで役割が違い、ANAマイルを貯める上で、唯一無二の必須条件がそれぞれのカードに存在します。 クレジットカード機能無しのANAマイルカードは、年会費無料で作成できますが、ANAマイルを貯めるために優れている点はまったく見当たりません。 なぜ、クレジットカード機能無しのANAマイルカードではいけないか?について詳しくご説明しています。ANAマイルを貯めるなら、優れたカードをお得に使い倒して、様々な場所に旅行にでかけましょう。

関連記事

時間アイコン18.08.14

マイル貯まりやすいおすすめのクレジットカード比較ランキング2018年最新版

時間アイコン18.04.24

ANAマイルを貯めるメリットは飛行機利用だけじゃない!ポイント交換先のバリエーションが多い

時間アイコン18.01.10

飛行機に1回も乗らずANAマイルを年間20万マイル貯める方法と手順を完全公開

時間アイコン18.01.10

JALマイルとANAマイル両方貯めるならモッピー!!合計20万マイル貯めた方法とは??

時間アイコン17.12.29

JALマイルを貯めたい陸マイラーにおすすめしたいクレジットカードランキング

TOP