ANASKYコインとは?ANAマイルを使うよりもANASKYコインに交換したほうがお得?

ANAマイルとANASKYコインの違いは何か、ANASKYコインとはどうためてどう使うのか、と疑問を持っている人にANASKYコインのため方、使い方や、ANAマイルで交換した特典航空券と、ANASKYコインを利用して取得した航空券との違いなどをお伝えいたします。 この記事を最後までよむとANASKYコイン良さがわかり、明日から旅行計画を立てたくなると思います。ANASKYコインの獲得、利用でお得に旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ANASKYコインとは?どこでどのように使えるのか?

ANASKYコインはANAのWebサイトで使用できる電子クーポンです。 ANAのWebサイト内の旅行商品を購入した際の支払い時に現金同様使用できます。 国内線、国際線の航空券はもちろんWebで取り扱っている国内外のパッケージツアー、国内のホテル、レンタカー、海外旅行のオプションなどのお支払いに利用できます。

ANASKYコインの価値ってどれぐらい?(1円=〇SKYコイン)(SKYコインの交換レートについて)

ANASKYコインは1コイン=1円として利用できます。使用の単位は10コイン=10円からからです。 ANASKYコインはANAマイレージ1マイルから交換できます。10,000マイル以上一度に交換する場合には、交換希望マイル数とANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて1.2倍~1.7倍の交換レートが設定されています。 レートの詳細はこちらを参考にしてください ANAマイレージ会員であれば誰でも10,000マイル以上一括交換で1.2倍で交換できます。 ANAのクレジットカード(ゴールド)を持っている方であれば20,000マイルで1.3倍、30,000マイルで1.4倍、40,000マイルで1.5倍、50,000マイル以上で1.6倍で交換可能です。 もし、最高レートの1.7倍で交換したい場合は、ANAプレミアムメンバーのブロンズ会員以上を獲得しなければならりません。 ちなみに、ブロンズ会員になるためには年間30,000ポイントの搭乗ポイントが必要です(マイルとは別のものです)搭乗ポイントのシュミレーターはこちら

ANASKYコインの貯め方について。どうやって貯めればいい?どんな貯め方がある?

交換方法には
  • 1.ANAマイルからANASKYコインに交換する方法
  • 2.ポイント交換でためる方法、
  • 3.ソーシャルサイトに投稿してためる方法
  • 4.提携ショップを利用してためる方法
などがあります。 一番ポピュラーな方法は1のANAマイルから交換してためる方法です。 1マイル=1コインから交換可能です。交換するマイル数、ANA会員のステイタスによって1倍~1.7倍まで交換レートが変動しますので、会員ステイタスの高い人は、多くのマイルを一度に交換すると大変お得になります。 例えば、ブロンズクラス以上の人が50,000マイルを一度に交換すると85,000コイン(レート1.7倍)になります。35,000円分ボーナスがつくなんて、「お得」以外の言葉がでてきません。 マイル交換の他に、ポイントの交換でもためることができます。ポイントを直接ANASKYコインに交換できるのでSKYコインを使用する予定が決まっているのであればこちらのほうが便利です。 ポイント交換でためる方法の一例をご紹介します
セゾン永久不滅ポイント 1ポイント→4.5コイン
nanacoポイント 500ポイント → 500コイン
Oki Dokiポイント 1ポイント → 3コイン
Gポイント 1Gポイント → 1コイン
PeX  1,000ポイント → 100コイン
ネットマイル ネットマイル200mile → 100コイン
などなどです。他にも交換できるポイントがありますのでANAのサイトで確認してみてください。   私の場合、ポイントサイト内のゲームなどでポイントをため、ANAマイルやANASKYコインに交換したりしています。 時々ポイントサイトの交換レートがキャンペーンでお得になる時があるのでその時をねらって交換するようにしています。 SOCIAL SKY PARKというサイトに投稿してSKYコインをためる方法もあります。投稿できる条件は
  • ANAマイレージ会員であること
  • TwitterもしくはFacebookのアカウントがあること
どちらも今現在そろっているのであればためらうことなくご登録を! その他、提携ショップの利用でもためることができます。提携ショップは都度変わっていくのでこちらで確認しながら利用してください。

ANAマイルを貯めて特典航空券を利用するメリットについて

メリット1:特典航空券を利用することによって無料で飛行機に乗れる

空港利用税、保険料、燃油サーチャージ等は別にかかります。 燃油サーチャージは年に何度か見直され、その時々の石油価格によってかかる金額も変わります。 ちなみに2017年9月現在、10月~11月までに購入した日本発航空券の燃油サーチャージ片道料金は
北米、欧州、オセアニア 3,500円
ハワイ、インド、インドネシア 2,000円
タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア 1,500円
ベトナム、グアム、サイパン、フィリピン 1,000円
中国、台湾、香港、マカオ 500円
韓国 200円
となっています。 往復だと×2となるので、もし香港に特典航空券で出かけた場合、燃油サーチャージは1,000円。 その他に
  • 旅客サービス施設使用料: 2,570円
  • AIRPORT CONSTRUCTION FEE :1,300円
  • 出国税: 1,730円
  • AIRPORT PASSENGER SECURITY CHARGE: 650円
  • 合計:7,250円
特典航空券に7,250円プラスするだけで香港に行くことができます。お得です。

メリット2:提携航空会社の特典航空券も利用できるので旅行の幅が広がる

ANAマイルはスターアライアンスと提携航空会社の特典航空券に交換できます。提携航空会社は時々によって変わっていきますので確認が必要です。

メリット3:バニラエアの特典航空券も利用できる

LCCのバニラエアの特典航空券も利用できます。こちらは燃油サーチャージを別途支払わなくてもいいので希望旅行先に就航しているようなら利用価値があります。

ANAマイルを貯めて特典航空券を利用するデメリットについて

デメリット1:特典航空券は利用できない期間がある

特に国内線はお休みが取りやすい期間、ゴールデンウィーク、お盆、正月などは利用できません。

デメリット2:席が限られおり、空席があっても乗れない場合がある

搭乗希望の便をネットなどでみると、まだ空席がある場合がありますが、特典航空券では座席が取れない場合もあります。

デメリット3:自分の休みに合わせて旅行できないことがある。

1、2で上げた通り色々制約があるので自分の休みに合わせて特典航空券が使えない場合があります。 特典航空券で旅行する場合、特典航空券の使用可能便にあわせて休みを取ることになります。 まずはANAマイレージクラブログインし、特典航空券を選択してください。 国内線、国際線と選択できます。例として香港へいくと仮定して進めてみます。
  • 1、ANA国際線を選択すると「カレンダーから空席状況を確認」というタブが出てきますのでそれを選択します。
  • 2、Zornを入力します。Zornを確認でみたところ香港はZorn3でしたので「Zorn3アジア1」を選択します。
  • 3、クラスを選択します。ここは仮にエコノミーとしておきます。
すると2か月ごとの空席状況がわかるカレンダーが出てきます。これで◎か〇のある日をさがし、それにあわせて予約を入れ、お休みを取得するいう流れになります。 近場の香港便は土日祝を挟んではなかなか取れないのがわかります。

デメリット4:燃油サーチャージ代や空港使用税、保険料は別途支払わなければならない

特典航空券の「無料」は航空運賃だけなのでそれ以外の付随するものにはお金がかかります。 燃油サーチャージは先に掲出したとおり、距離によって片道200円(韓国)から3,500円(北米、欧州、オセアニア)までかかります。 その他、税金や保険料などは行先によって金額、内容が変わります。 ちなみにハワイは通行税や動植物検疫使用料も支払わなければなりません。

デメリット5:特典航空券で搭乗した分にはマイルが付かない

特典なのでしかたないのですが、とても損した気分になってしまいます。しかし、数万円~数十万円もかけて飛行機にのることを考えると、「まあいいか」と思ってしまします。 特典航空券で空の旅、マイラーがマイルをためる理由はこの特典航空券にあるので、それでも満足と思えます。

ANASKYコインとして使うメリットについて

メリット1 貯めたマイルが無駄にならない

1マイル=1コインから交換できるので無駄に捨てることにはなりません。 貯めたマイルが50マイルしかなく、それも来月期限がきてしまう。となるとあきらめるしかないかと思われますが、ANASKYコインは1マイル=1コインから交換できるので50マイルを50コインに交換し、旅行費用の足しにすることができるので無駄がありません。 例えば、片道9,800円の大阪行き航空券を50円分のSKYコインを利用購入すると、現金支払額から50円割引になるのでちょっとでも無駄にならない使い方ができるので。

メリット2 航空券購入時、現金と同じ扱いで使用できるのでコインで買った航空券にマイルが付く

例えば 50,000円の香港往復航空券の支払いを全部ANASKYマイルでし、実質持ち出し0円だったとしても、飛んだ分のマイルが付与されます。座席のクラスにもよりますが、香港ですと1,800マイルぐらいが0円で飛んでも付与されるので、1,800円分ボーナスをもらったことになります。 また、マイルは36か月ためておけるので、特典航空券分ためられなければ再度、ANASKYコインに交換して旅行に行けるというところがこのANASKYコインの最大のメリットではないかと思います。

メリット3 航空券を購入する形になるので利用できない期間や席の限定などが少ない

ANASKYコインならWeb販売の航空券を購入できるのでサイトで空席状況を確認して希望便の予約を入れることが可能です。 ただし、Web販売にもWeb販売座席数の枠があるので、サイトの座席確認 表示上、空席があったとしても購入できない場合もあります。ご注意ください。

メリット4 パッケージツアーも購入できる。

特に海外旅行なのですが、個人手配で行くのよりは安価に旅行できます。 例を上げると
  • 香港10月31日から11月2日まで2泊3日、大人2人で旅行するとします。
  • ツアー 一人57,100円(サ・税込み)
  • 個人手配 一人63,290円(サ・税込み)
同便、同ホテルでも6,190円、ツアーのほうがお得になります。 特典航空券で友達と一緒の旅行はちょっとハードルが高すぎます。 なぜかというと
  • 双方ともマイルを貯めていてなければいけない
  • 交換できるだけのマイル数が貯まっていなければ特典航空券には交換できない
こういった理由があるからです。 もし片方だけ特典航空券を獲得した場合、特典航空券利用者が相手の分の飛行機代を半額持つなど相手に気への気遣いが必要になってきます。 その点パックツアーならば金額が決まっているので、相手の状況がどうであれ、自分の支払額だけSKYコインで支払えばいいので相手に気を使わずにすみ、旅行もしやすくなるというわけです。 マイルを貯めて交換した特典航空券が一人分となると、友達と足並みがそろいづらくなってしまいます。 一人旅で行けるのであれば一人分の航空券で良いのですが、一人旅が得意ではない人にとってはツアー利用のほうがよいかと思います。ここでは例として海外旅行を取り上げましたが、もちろん国内旅行のパッケージツアーも購入できます。

ANASKYコインとして使うデメリットについて

1.有効期限が12か月しかない

ANASKYコインに交換した日から12か月目の末日まで有効です。1年間しか貯めておけないのはちょっと不便です。 私の場合はギリギリまでANAマイレージで貯めておきます。ANAマイレージは36か月有効ですので期限ギリギリまでマイルで。期限切れそうになったらSKYコインに交換。そうすることで48か月間貯めておけることになるので旅行しやすくなります。

2.SKYコインからANAマイルへの交換はできない

私個人としてANASKYコインは最終形態だと思っています。SKYコインに交換したら最後、SKYコインとして使用しなければいけないのが残念です。 が、私の場合、ANASKYコインに交換したらふつふつと旅行熱が湧き上がって来ます。毎度毎度、期限を確認しながら、これだけあるならどこに行こうかなと考えてしまいます。 ANASKYコインに交換する前に「ANAマイルをどう使うか」を考えて交換することをお勧めします。 旅行する時間的余裕がない中で、SKYコインに交換しても使い切れなく期限を迎えるのよりは、その前の時点で別のポイントに交換したり、商品に交換したり、買い物に使用したりするのが得策だと思います。 特典航空券以外の使い方はANAマイレージクラブのサイトのANASTOREでご確認下さい。

3.ANAのサイトでしか使用できない

ANASKYコインはANAのサイト内で購入するときにしか使えません。 航空券だとANA便とANA予約サイトで購入できる共同運航便以外は利用できません。 ただ、日本発着便の数の多さ、国内線の就航数を考えるとANAだけでも大丈夫だと思います。ANAはSKYTRAXという格付けで5年連続5つ星なのでANAでつかえるのであればそれで十分だと思います。

まとめ

ANASKYコインもANAのマイルも、どちらもお得に旅行できるツールであることは間違いありません。 この記事を参考にマイルの使い方、ANASKYコインの使い方で悩んでいる人が自身の旅行の仕方に合わせて選んでいただければいいのかなと思います。 飛行機に乗る機会が少なくマイルが貯まりづらい方は、ぜひANASKYコインで旅を楽しんで下さい。 私の場合はマイルがそんなにたまりません。旅行以外で飛行機を利用する機会がなく、ここ近年は乗っても年に国内線往復1回程度です。 36か月間の期限が近付いても、特典航空券に交換できるほどたまっていない場合がほとんどなので、マイル→ANASKYコインでとりあえず期限の先送りをし、その間に旅行先を決めて航空券の手配に動きます。 目的地が決まったら、ただひたすらマイルを貯めます。なぜマイル?と思うかもしれませんが、マイルのほうが提携先が多いのでたまりやすいのです。 電子マネーでの支払い、クレジットカードの支払い、サイトでのショッピング、ポイントサイトでのポイント獲得からの交換等々。提携先はこちらでご覧ください。 私自身は、マイルからANASKYコインへ交換し、航空券がキャンペーンで安くなったところでANASKYコインを使用して航空券を購入し旅行する、というパターンをここ数年繰り返しております。 皆様もご自分の旅行の仕方にあわせてANASKYコインを利用してみてはいかがでしょうか?   ANA SKYコインは、ANAマイルよりも価値がぐんと下がってしまうので、最終手段として使っていきたいところです。 ANAマイルの使い道は他にもたくさんあり、こちらのページでまとめてみましたのでぜひご確認ください。 ⇒ANAマイルを貯めると得られる5つのメリットと4つのプチ贅沢  

関連記事

時間アイコン18.08.14

マイル貯まりやすいおすすめのクレジットカード比較ランキング2018年最新版

時間アイコン18.04.24

ANAマイルを貯めるメリットは飛行機利用だけじゃない!ポイント交換先のバリエーションが多い

時間アイコン18.01.10

飛行機に1回も乗らずANAマイルを年間20万マイル貯める方法と手順を完全公開

時間アイコン18.01.10

JALマイルとANAマイル両方貯めるならモッピー!!合計20万マイル貯めた方法とは??

時間アイコン17.12.29

JALマイルを貯めたい陸マイラーにおすすめしたいクレジットカードランキング

TOP