Apple Payのお得で便利な使い方 メリットデメリットまとめ

2016年9月にiPhoneの新機種:iPhone 7 / 7 PlusApple Watchの新機種:Apple Watch Series 2がリリースされ、「日本でもついに使える!」と話題になったApple Pay】 国内でのサービス開始は10月からスタートしています! 私もiPhoneユーザーですが、Apple Payについては良く耳にしているものの、実は使ったことがありませんでした…。 なんとなくどういうサービスかもイメージはできますが、今まで「iPhone=かざして支払いはできない」と思っていたこともあるのと、クレジットカードがメインの決済手段となっているため、あまり気にしたことがなかったからかもしれません。 なので、今回を機に、実際にApple Payを使ってみることにしました。

生まれて初めてApple Payを使ってみた感想⇒感動

結論から言いますと…ApplePayにハマっています。笑 クレジットカードよりも決済スピードも速く、スマホ1台あればいいのでめっちゃ楽です。もうこれからは財布もカードケースも必要ないです。   Apple Payのアプリは、iPhone初期からインストールされてる「Wallet」です。これで使います。 今はこんな感じで、クレジットカードを3枚登録して使用しています。
  • アメックスプラチナ
  • アメックスビジネスゴールド
  • dカード GOLD
使う時は、この3枚のカードから1枚をタップして選択します。 アメックスカードは「QUICPay」として決済ができ、dカード GOLDは「iD」として決済ができます。 ※Quick Payではなく、QUICPayです。(私、間違えていましたw) 今のところ、Apple Payは
  • QUICPay
  • iD
  • Suica
この3つの電子マネーしか対応しておりません。Edyが使えるようになればかなり充実するのになぁと思います。   使い方はとっても簡単。 使いたいカードをタップ選択して、指紋認証。 指紋を読み込みます。 1秒くらいで認証OK。そのまま電子マネー決済の機械にかざせば支払い完了です。 ファミマで人生初のApple Payを使ってみました。とってもスピーディ!(個人的にハマってるプロテインバーを買いました) 「iDで払います」と伝えた後、機械にかざせばOK。「ApplePayで払います」と伝えても支払いできませんのでご注意ください。店員さんが困ります。 動画でも解説されております。30秒ほどで簡単な説明動画となっております。 ●指紋認証の場合のApplePay ●顔認証の場合のApplePay iDとして利用した分は、dカード GOLDの利用分と一緒に合算されて引き落としされます。dカード GOLDの明細でiD利用の確認ができます。 実際使ってみたら、とっても楽しいです。支払いがスピーディすぎて癖になります。 ということで、夕食の食材の支払いでもApple Payを使ってみました。 スーパーでは「QUICPay」対応だったので、アメックスカードを登録して、「QUICPayで払います」とレジのスタッフに伝えて、機械にかざせばOK。 「ApplePayで払います」と伝えても支払いできませんのでご注意ください。店員さんが困ります。 こんな感じで、直近の明細も確認できます。 では、実際に使ってみた感想はこの辺にしておいて、Apple Payについて詳しく解説をしていきますね。

Apple Payとは?その仕組みと便利さ

Apple Payをざっくり言うと、iPhoneやApple Watchで利用可能となる【非接触型決済サービス】です! このサービス自体は私たちの身近なところではガラケーやスマートフォンで支払いが出来るものに近く、iD、QUICPay、Edy、Suica、nanaco、WAONなど…これらと似たような使い方といえるでしょう。 コンビニやスーパーをはじめとする、至るところでこのような決済を行うことが出来る点も同じです。 電車に乗ることも出来ますし、朝の一杯のコーヒー、お昼の軽食を買ったりなど…日常生活のあらゆるシーンでの利用で活躍できます! 従来から日本で普及している【おサイフケータイ】のようなイメージですね。 また、アプリやSafariのサイト上でのショッピングにApple Payが使えるのも特徴。支払の際にApple Pay対応機種で支払いを完了するような形で決済が出来ます。 手持ちのデバイス×カード情報を連動させて使うイメージでしょうか。 Apple Payは…
  • 買い物に利用したり(QUICPay / iD / Suica)
  • 交通機関を利用したり(Suica)
  • 飛行機に搭乗したり(ANA Skipサービス)
といったこれらのサービスが、手持ちのデバイス1つで可能になるという便利なサービスですね。

対応機種

私はApple Pay自体がiPhone 7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2の最新機種のみ可能だと思っていました。 利用シーンや範囲で違いはあるものの、意外と使える機種が多いので驚きました。   日本国内で販売のiPhone 7 / 7 Plus
  • 交通機関、店舗、アプリケーション、ウェブ
日本国内で販売されたiPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 2
  • 交通機関、店舗、アプリケーション
iPhone 6s / 6s Plus、iPhone 6 / 6 Plus、iPhone SE
  • アプリケーション、ウェブ
iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3
  • アプリケーション、ウェブ
iPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)
  • アプリケーション
2012年以降に発売されたMac
  • ウェブ
  使える範囲を網羅しているのは、やはり最新機種であるiPhone 7以降のシリーズ とApple Watch Series 2以降のシリーズになりますが、他の機種でもアプリやウェブ上での利用は可能となっています。 スマートな決済を使いこなしたいという部分を重視するなら、やはり上記iPhone 7 / 7 PlusあるいはApple Watch Series 2がベストですね。 注意点として、国内の交通機関・店舗の支払いでApple Payを使用するには、日本国内で販売されたiPhone 7、iPhone 7 Plus、またはApple Watch Series 2でなければいけないところです。 例えば、海外で購入したiPhone 7 / 7 Plusは日本国内での利用はできません。(例:海外SIMフリーのiPhone 7シリーズなどは非対応) Apple Payを使いたい方は、購入する際や手持ちの機種が対応しているか今一度確認するほうが良いでしょう。

Apple Payの使い方

改めて使い方の手順をご紹介します。 Apple Payの使い方のステップは下記のとおりです。

1. クレジットカード・プリペイドカードがApple Payに対応しているかの確認

主要の銀行・カード発行会社のカードはほとんど網羅されているようですが、一部利用出来ないカードもあるようです。 Apple Pay対応の範囲は徐々に増えていく可能性もあると思いますが、公式HPなどで日々チェックするのがベストです!
主な対応カード会社一例
  • JCBカード
  • セゾンカード
  • イオンカード
  • 楽天カード
  • アメックスカード
  • dカード
  • MUFGニコスカード など…
Apple Pay対応銀行・カード発行会社リスト Apple Payで設定されたカードはQUICPayまたはiDとしての割り当てがされ、支払いに使えるようになります。

2. アプリを起動してカード情報を追加

Apple Payを使う前も簡単なステップで情報を反映をさせることが出来ます!
クレジットカード・プリペイドカードの場合
  • STEP1. Walletアプリ上でカードの追加
  • STEP2. クレジットカードの情報を読み取る(カメラが起動&自動で読み取り)
  • STEP3. 読み取った情報を確認
  • STEP4. カード情報の追加(有効期限・セキュリティコード)
  • STEP5. 利用条件の説明を確認
  • STEP6. カードによって割り当てられたサービスを確認(登録カードにより、QUICPayかiDのどちらかに)
  • STEP7. カードの認証作業(SMSや電話発信で確認可能)
Suicaの場合
  • STEP1. Apple Storeで【Suica】アプリをインストール&起動(他のSuica関連アプリと混同に気を付ける)
  • STEP2. アプリ上でSuicaを発行(無記名式・記名式・定期券が選べます)あるいは既存の手持ちカードの読みこみや機種変更も可能! ※Suica機能がついているクレジットカードなど、一部カードは読み込みに対応していないのもあるようです。
  • STEP3. 情報入力
  • STEP4. クレジットカードを登録(登録なしの選択もあり)
  • STEP5. (クレジットカードを登録する場合)初回チャージを行う
  • STEP6. Apple Payにカードを追加
以上で登録完了!という具合です。 カード情報の読み取りや登録まで、ずいぶんスムーズに進むことが出来るので手間があまりかからないのは良いかもしれません。 この登録作業が終わったら、別途【WalletとApple Pay】の画面でメインカードの設定などを行ってより使いやすくすると良いでしょう。

3. Apple Payを実際に使ってみる

登録作業が完了したら、Apple Payが使えるようになります!
使える場所のマーク
  • Apple Pay
  • iD
  • QUICPay
  • Suica
主要店舗やサービスの一例
  • Apple Store
  • イオン
  • ENEOS
  • コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど)
  • 家電量販店(コジマ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ) など…
今後マツモトキヨシやユニクロでもサービス導入が予定されているようです!

店舗で利用する場合

Apple Payを使う際「Apple Payで支払います」ではなく、実際に使用する決済名称で支払う旨を伝えなければなりません。 QUICPay、iD、Suicaのどれかになりますね! また、QUICPayやiDの場合クレジットカード決済と同様のポストペイ方式になりますので、Walletで登録した紐付けカードと連動しています。支払いの際にTouch IDで生体認証が必要になります。

Suicaを店舗で利用する場合

「チャージして使う」プリペイド方式です。使用する際にはそのままかざして利用することが出来ます。QUICPay、また、iD・QUICPayとは異なりTouch IDによる生体認証は不要です。

Suicaを公共機関で使う場合

通常のSuicaを使用する時のように、そのまま読み取り部分を改札にかざすだけでOKです。 アプリを開いたりする必要もなくiPhoneを取り出してサッと改札を通ることが出来ます。 電車のみならず、バスやタクシーなどでもSuicaが利用できる場面でもスマートな決済が可能です! 生活圏にこれらの条件を満たした利用可能な店舗があれば、iPhone一つでまるまる1日過ごせてしまいますね! ちなみに、Apple Payに登録出来るカードはSuica含めて8枚までです。

4. Apple Payのメリットとデメリット

Apple Payがどういうものか分かったところで、気になるのはそのメリットとデメリット。 利用をする前にそれぞれ比較&チェックしておきましょう!
メリット
  • スマートな決済がデバイス1つで可能
  • 財布の中をスッキリとさせることも出来る
  • 利用に関して手数料等は掛からず無料で使える
やはり、メリットとして特筆出来るのはかさばらない点が挙げられます。 カードで膨れ上がった財布は少し格好が悪い感じにもなるので、Apple Payでまとめられるものがあれば整理整頓に期待ですね。
デメリット
  • おサイフケータイに比べて対応サービスがまだ少ない 例:ポイントカード(Tポイント、Pontaなど)の機能を付けることが出来ない、Suica以外の電子マネー(Edy、PASMO、ICOCAなど)は登録不可
  • Suicaを複数端末(iPhone 7とApple Watch Series 2の両方など)で登録することが出来ない(1つのデバイス=1つのSuica登録のみ)
  • モバイルSuicaとApply PayのSuicaでは基本的に同様のサービスを受けられるが、一部使えない機能もある 例:Apply PayのSuicaへのチャージでは制限のあるカードの存在、JR東海のエクスプレス予約(EX-IC)との併用不可、銀行・ネット決済サービスが使用できない等
おサイフケータイは、Edy、nanaco、WAONといった電子マネーに対応しており範囲が広いですが、一方のApple PayはSuicaのみです。 私はSMART ICOCAを交通系ICとして主に利用していますが、ICOCAはApple Payでは非対応です。 また、ANA Skipサービスは使えますがJALのタッチ&ゴーサービスは使えません。JALマイラーには少々残念ですね。 クレジットカード機能付きのポイントカードなどを提示してお得に貯めている人が、決済手段をApple Pay一本に絞れたとしても、更なるポイント獲得にはApple Payとは別にカードの提示が結局必要となる場合もあるでしょう。 かざすことで一度に提示ポイント加算と決済が行われるとより便利にはなりそうですが…。 更に、Apple Payでの決済を行った場合にそのカード独自の特典などが受けられない場合もあるようなので、Apple Payで決済する場合の各カードのサービス特典を確認したほうがよさそうです。
例:JAL特約店(JALカードの支払でマイルが2倍たまる)でJALカードSuicaを読み込んだApple Payで決済しても特約店メリットが受けられない(=2倍マイル積算対象外)※JALカードSuica以外の他のカードはApple Pay非対応(現在のところサービス提供は未定のようです)だったりと、カードによっても制限があります。
こうしてみると、Apple Payにはまだまだ利用に関しての課題がたくさんあるように思えます。 リリースされて間もないサービスということもあり、今後の展開に是非期待したいところです!

5. Apple Payのセキュリティは大丈夫?

私もとても気になっているところでした。 カード情報などを全て一つのデバイスに集約させるわけですから、もしこれが漏れたり、iPhoneを紛失した時にどうなるんだろう…と少し不安に思いました。 しかし、Apple Payはセキュリティ面では自信を持っているようです!主なポイントとして…
  • iD、QUICPayでの決済には生体(指紋)認証が必要な点
  • Apple Payに登録しているクレジットカード情報は独自の番号を割り当てるので、カード会社と情報を共有しない
  • Apple Payでの決済情報を保存しない(=情報からの個人特定をしない)
  • iPhoneやApple Watchを紛失・盗難に遭った場合も、「iPhoneを探す」機能でApple Payの使用を一時的に止めることが出来る
  • iCloud.comにサインインし、遠隔操作でデバイスの消去やカード情報の削除も可能
こうしてみると、紛失や盗難で困った場合でも然るべき対応をとることで被害・損害を抑えられそうです。 Suicaの残高も復活させることが出来るようなので、もしもの場合も安心でしょう。 紛失や盗難に気を付けることが一番の得策ですが、Apple Payがセキュリティの面で強みがあるというのは安心できるのではないでしょうか。

まとめ

電子マネーが普及したことや決済手段の幅が広くなったこと自体スゴイことだと思っていたのですが、ついに日本で大人気のスマホの代表格であるiPhoneでも決済サービスに参入してきたことに、テクノロジーの進化を実感します。 私個人的な感想としては、生活スタイルなどを考慮すると「利用はもう少し先でもよいかな?」と思っていますが、きっと使いこなしている方には既に手放せないものとなっているでしょう。
日本国内販売されているApple Pay対応のiPhone 7 / 7 Plusのみ、ソニーが作った非接触型ICカードの技術である「Felica」が採用されています。日本で普及しているSuicaを代表とする交通系IC、おサイフケータイ、社員証・入館証などに使われている技術ですが、世界標準ではなくFelicaは日本独自の規格のようです。
iPhone 6 / 6 PlusからApple Payのサービスが開始されていましたが、日本ではiPhone 7 / 7 Plus & Apple Watch Series 2から利用可能となっています。 既にFelicaの技術&日本オリジナルが既に構築されてしまっていたため、参入に時間がかかったといわれています。 ガラケーといい、日本独自の技術・オリジナリティをiPhoneから実感するのも大変興味深いです。

関連記事

時間アイコン20.12.22

便利なPASMOオートチャージができるクレジットカード7選

時間アイコン18.12.10

ペイペイはヤフーカードじゃないとチャージできない?クレジットカード登録する方法とメリット

時間アイコン18.12.08

PayPayはビックカメラ・ヤマダ電機・Joshinなど家電量販店で使おう!!Apple製品も20%OFF!!

時間アイコン18.12.08

PayPayどうやって使うの?使い方とチャージする方法と手順まとめ

時間アイコン18.12.08

PayPayはコンビニで使える?ファミマとミニストップとポプラのみ対応!!今後の導入予定は?

TOP