ApplePay使えるおすすめのクレジットカードはこの5枚に限ります

iPhoneまたはApple Watch1つで様々なシーンで活躍できるApple Pay。特にクレジットカードとの相性次第で「どのくらい無駄なく使えるか」に大きな差が出ます。 Apple Payと組み合わせるとお得になるおすすめのクレジットカードをご紹介いたします。

Apple Payを賢く使う為のクレジットカードの選び方

ポイントとなるのは下記の5点だと思っています。
  1. Apple Payに対応しているクレジットカードか、利用でお得になるか
  2. Suicaへのクレジットカードチャージがポイント付与の対象になるか
  3. ポイント還元率
  4. クレジットカードのコストパフォーマンス
  5. どんな人に向いているか(利用環境・状況に見合っているか)
クレジットカードは必ずしも年会費無料=オトクというわけではなく、年会費が有料であってもそれに見合った価値・機能を付与しているものもあります。 実は、まだまだApple Payに対応しているクレジットカードは普及の途上にあり、一部カードでは利用に制限があり使いにくいもの・登録ができないものがあります。 今回はApple Payと相性の良いカードをいくつかピックアップしてみました!
現在の対応状況を見ると、Apple Pay Suicaへチャージを行う際、「国際ブランド:VISA」ではチャージを行うことができませんので、VISAブランドを選択対象から外しておくことをおすすめします。

dカード・dカード GOLD

【dカード】

年会費
無料
家族カード
ETCカード
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
メルカリでも
dポイント貯まる
dポイント
貯まりやすい
JALマイル
還元率0.5%
ドコモ携帯
毎月1%
ポイント貯まる
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

dポイントがもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

おすすめ第1位!dカード GOLD
dカード GOLD Webでの新規入会&利用&各種設定&抽選&要Webエントリーで合計最大20,000ポイントプレゼント!
▼今ならお得なキャンペーン実施中!▼

  • 国際ブランド:VISA、Master(※VISAはApple Pay Suicaへの登録は不可です) QUICPay or iD:iD
  • 年会費:dカード:初年度年会費無料/次年度以降:1,375円(税込)※条件付き無料前年度にクレジット利用が1度でもある場合は無料dカード GOLD:11,000円(税込)
  • 還元率:1%(100円=1dポイント)dカード GOLDの場合は、docomo携帯電話料金・ドコモ光の利用料の場合は10%の還元率(利用金額1,000円=100dポイント)
  • ポイント交換: JALマイルやPontaへの移行、VJA商品券(VJAギフトカード)、iDへのキャッシュバック、docomo携帯電話の機種変更やあくせりー購入、dマーケット・dショッピングでの利用、ローソン・マクドナルド・高島屋といった店舗での利用など…

ここがオススメ

【dカード・dカード GOLD】は、docomoのクレジットサービスです。dカードは、Apple Payでのサービスに力を入れていることもあり、期間限定ではありますがApple Payでの支払対象はdポイント5倍(エントリー必要)といったキャンペーンを提供しています! dカードのiDでは、マクドナルド(※対象外の店舗もあり)やローソンではiD決済で会計金額の3%オフもキャンペーンで適用されていることから、これらの店をよく利用する方にはApple Pay決済は非常にオトクな内容となっています! dポイントの汎用性も非常に高く、使える店舗や充実した交換先でかなり使いやすいものです。 「dカード=docomoユーザーしか得しないのでは?」と思いがちですが、他の通信キャリアを持っている人でも十分メリットを受けられるカードの一つです。 クレジット利用が一度でもあれば次年度も年会費無料となりますので、実質コストをかけずに持つこともできます。 docomoユーザーは申込をdカード GOLDを積極的に検討してもよいでしょう。 年会費が11,000円(税込)と高いですが、ゴールドカードランクならではのカード付帯メリットも充実しています。docomo携帯電話料金・ドコモ光の利用料といったキャリアの通信費用ではポイント還元率:10%となったり、docomoユーザーへの優遇が手厚いです。
  • 海外・国内旅行保険
  • 海外・国内航空便遅延費用特約
  • 携帯補償(最大10万円保証・補償期間3年)
といったdカードのベーシックタイプにはないサービスが付帯しています。 旅行や出張機会の多い人にもメリットが多いですね。携帯補償はdカードにも付帯していますが、補償金額が最大1万円・補償期間1年とdカード GOLDよりは金額・期間のグレード下がります。 Apple Payの利用=iPhoneを持つことが前提になると思いますが、Apple Care+:9,800円(税抜・補償2年間)に加入しなくてもdカード GOLDを持っていれば、こちらでカバーできると考えられます。 注意点は、dカード・dカード GOLDともに、Apple Pay Suicaへのクレジットチャージではポイント加算対象外となっています。 Apple Pay Suicaへのチャージへはポイント加算となる他のカード(ビュー・スイカカードなど)で対応するほうがベターかと思います。 それでもdカード・dカード GOLD×Apple Payの組み合わせは相性も良く、お得で便利な使い方が出来ますね!

ビュー・スイカカード

  • 国際ブランド:VISA、JCB、Master
  • 電子マネー割り当て:QUICPay
  • 年会費:525円(税込)※条件付きで実質無料 →利用代金明細をWeb明細指定(12ヶ月継続利用)にすることで、年会費分以上のポイント(600円相当)獲得
  • 還元率:通常の買い物:0.5%(1,000円=2ポイント:5円相当)定期券の購入やSuicaへのチャージ(オートチャージ含む):1.5%(1,000円=6ポイント:15円相当)※定期券はJR東日本のみどりの窓口&券売機での購入
  • ポイント交換:ビューサンクスポイント400ポイント→Suica:1,000円相当分(1ポイント:約2.5円)

ここがおススメ

【ビュー・スイカカード】は、普段Suica圏での交通機関利用をしている人には最もおススメです。 定期券購入・Suicaへのチャージが積算対象となるのはいいですね!チャージでのポイント獲得コツコツ積み重ねは大きなものになります。 また、オートチャージ機能を設定すれば残高を気にせず改札を通ることもできるので使い勝手も高いと思います!海外・国内旅行保険が付帯されているのもメリットです。 ビュー・スイカカードの特典として、年度の利用金額(4月~翌年3月作成の明細対象)に応じてビューサンクスポイントのボーナスが獲得できます! VIEWプラス対象商品(乗車券・定期券購入・Suicaへのチャージなど)や一部の商品等については計算の対象外になりますが、各条件の金額を達成するとボーナスを獲得することができますよ。
  • 年間利用額:30万円→100ポイント
  • 年間利用額:70万円→400ポイント
  • 年間利用額:100万円→600ポイント
  • 年間利用額:150万円→1,000ポイント
年会費もWeb明細を指定することで年会費相当以上のポイント獲得もあるので、月1回以上使う人は実質無料相当で持つことができます。 12ヶ月の継続した利用が条件となるので、利用明細書発行がない月=利用がない場合は、獲得対象外となりますので要注意です!

ビックカメラSuicaカード

  • 国際ブランド:VISA、JCB
  • 電子マネー割り当て:QUICPay
  • 年会費:初年度年会費無料/次年度以降:525円(税込)※条件付き無料前年1年間の間にクレジット利用が1度でもある場合は無料
  • 還元率:ビックカメラでの買い物:10%加算(※ビックカメラでのポイントサービス) ・ビックカメラ以外での買い物:1%(ビックポイント0.5%+ビューサンクスポイント0.5%) ・定期券の購入やSuicaへのチャージ(オートチャージ含む):1.5%(1,000円=6ポイント:15円相当)※定期券はJR東日本のみどりの窓口&券売機での購入
  • ポイント交換:ビューサンクスポイント:400ポイント(1,000円相当分)→ビックカメラポイント:1,000ポイント(1,000円相当分) ・ビックカメラポイント:1,500ポイント(1,500円相当分)→Suica:1,000円相当分

ここがおススメ

【ビックカメラSuicaカード】は、Suicaへのチャージでもビューサンクスポイントを貯めることができるので、チャージでも無駄なくポイントを獲得できる点はかなりおススメです!ビュー・スイカカードとよく似ていますね。 そして一度でもカード利用があれば次年度の年会費も無料ということで、実質コストをかけずカードを持つことができます。 還元率の面をみると、ビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジットチャージを行い、チャージしたSuicaで決済をする!という使い方が一番オトクな方法となります。 ビューサンクスポイント+ビックポイントという二種類のポイントをゲットすることができますが、実質の還元率は11.5%相当となるのでメリットをかなり感じられます。 SuicaへビックカメラSuicaカードでクレジットチャージ→Suicaで決済というパターンを駆使して、ビックカメラを利用する人には必携となりそうです! ビュー・スイカカード同様、Suicaでの交通機関利用・電子マネー決済&チャージでのポイント付与の積み重ねでポイント獲得は魅力的。 オートチャージ機能や旅行保険(国内・海外)が付帯しているのでカードとしてのコストパフォーマンスは高いと思います!

JAL Suica カード

【JALカード】

年会費
初年度無料
2年目
2000円+税
JALマイル
貯まる
先得で
早めに予約
還元率
0.5%
JALマイル
⇒WAON
VISA JCB
Master
JALマイル
貯めるなら
必須カード
女性に人気
JAL CLUB-Aカードの特徴
【JAL CLUB-Aカード】
年会費
10,000円+税
JALマイル
貯まる
還元率
0.5%
先得利用で
安く早めに
予約できる
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
VISA JCB
Master
海外保険充実 飛行機利用
しない人向け
JAL CLUB-Aゴールドカードの特徴
【JAL CLUB-A ゴールドカード】
年会費
17,280円+税
JALマイル
貯まる
マイル還元率
1%
先得利用で
安く早めに
予約できる
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
VISA JCB
Master
AMEX
Diners
空港ラウンジ
使える
飛行機利用
する人向け
JALプラチナの特徴
【JAL プラチナ】
年会費
31,000円+税
JALマイル
貯まる
マイル還元率
1%
プライオリティパス
使用可能
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
JCB AMEX 海外保険充実
最大1億円
JAL便で海外行く人向け
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大10600マイルもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

  • 国際ブランド:JCB
  • 電子マネー割り当て:QUICPay
  • 年会費:初年度年会費無料/次年度以降:2,200円(税込)
  • 還元率:通常の買い物(ビューサンクスポイント積算対象以外の商品):0.5%(200円=JALマイル1)ショッピング・プレミアム入会(カード年会費に3,200円(税込))プラスで還元率1%(100円=JALマイル1)JR東日本での利用分(定期券の購入、オートチャージ含むSuicaへのチャージなど)1.5%(1,000円=6ポイント)
  • ポイント交換: ・ビューサンクスポイント600ポイント→JALマイル:500マイル(ショッピング・プレミアム会員は1,000マイル) ・JALマイル:10,000マイル→10,000円相当をSuicaチャージ

ここがおススメ

JALカード&Suicaが一つになったカードで、飛行機への搭乗・電車利用・日々の買い物でマイルやポイントが貯まる機能性の高いカードです! 年会費+ショッピング・プレミアム入会で所有にかかるコストは上がりますが、Suicaを利用しながらマイルを貯めたいユーザーには魅力的ではないでしょうか。 決済するものによって下記の通り貯まるポイントがマイル or ビューサンクスポイントに振り分けられます。 Suicaへのチャージやみどりの窓口といったJR東日本での支払ではビューサンクスポイントが貯まり、それ以外の買い物ではJALマイルが貯まる仕組みになっています! JALカードSuicaを持っていれば、ビューサンクスポイントをJALマイルへ交換することもできます! もちろん、JALマイルをSuicaのチャージへ交換することもできます。必要に応じて交換対象を変えるのもよいでしょう。 SuicaのオートチャージやJAL便に搭乗するときは便利なタッチ&ゴーサービスも利用可能なのでこれ1枚で移動時にスムーズ&スマートですね。 JALカードには他にも様々なカードラインナップがあります。 Apple PayでのSuica利用&チャージでのポイント積算対象となるのは【JALカードSuica】のみとなるので要注意。

オリコカード・ザ・ポイント

  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB(※VISAはApple Pay Suicaへの登録は不可です)
  • 電子マネー割り当て:QUICPay(カード自体はiD・QUICPay両方利用可能ですが、Apple PayではQUICPay登録
  • 年会費:永年無料
  • 還元率:1%(100円=1オリコポイント)入会から6ヶ月間は還元率が2%(上限5,000ポイント) →オリコモールを経由しての買い物で、オリコポイント獲得分に更にプラスで0.5%
  • ポイント交換: ・オリコポイント500ポイント→Amazonギフト券、iTunesギフト、LINEギフト、WAONポイント、Tポイント、楽天ポイント、ANAマイルなど

ここがおススメ

【オリコカード・ザ・ポイント】は年会費無料でありながら、オリコモール経由や入会特典を駆使することで高い還元率でポイント獲得が出来るコストパフォーマンスに非常に優れたカードです。 また、iDとQUICPayの二つのポストペイ方式の電子マネーを有する珍しいカードでもあります。(Apple Payに登録するときに割り当てられるのはQUICPayとなります。) 基本の還元率は1%ですが、もちろんApple Pay Suicaへのチャージもポイント積算対象となるのでムダなくコツコツと貯めることができます。 また、オリコポイントのメリットは高い汎用性。利用用途・範囲が非常に広いポイント移行やギフト券へ換えることができるのはかなり強みではないでしょうか。 旅行保険などは特にないため付帯サービスはやや欠けますが、ポイントを純粋に貯めたい&利用したい人には是非オススメしたいカードです!

まとめ

今回いくつかオススメのカードをピックアップしましたが、Apple Payに対応するカードは徐々に増えてきていることもあり、利用シーンや手持ちのカードと照らし合わせて最適なカードを選ぶと良いでしょう。 Apple Payの普及に合わせてタイアップキャンペーンを行っているカード会社もあるので、要チェックです!

関連記事

時間アイコン20.12.22

便利なPASMOオートチャージができるクレジットカード7選

時間アイコン18.12.10

ペイペイはヤフーカードじゃないとチャージできない?クレジットカード登録する方法とメリット

時間アイコン18.12.08

PayPayはビックカメラ・ヤマダ電機・Joshinなど家電量販店で使おう!!Apple製品も20%OFF!!

時間アイコン18.12.08

PayPayどうやって使うの?使い方とチャージする方法と手順まとめ

時間アイコン18.12.08

PayPayはコンビニで使える?ファミマとミニストップとポプラのみ対応!!今後の導入予定は?

TOP