このページでは、

  • クレジットカードを使ったことがない…
  • なんとなくカードに抵抗を感じている…
  • クレジットカード持ってるけどほとんど使わない…

という方向けとなっております。

 

何をやってるんですか!!

いつまで現金払いを続けるつもりですか!!

今も損し続けることにまだ気づいてないんですか?!

 

…と言いたいところですが、不安なものは不安だし、無理にカードを使ったとしても逆効果になることもあります。

なぜなら、あなたはまだクレジットカードの知識を身につけていないから

そりゃそうです。わからない状態で使いこなそうとしても無理です。

たしかにクレジットカードは便利だし節約効果を期待できる凄いアイテムなんですが、何も知らずになんとなく使っていくと危険です。

だから、まずはこのページをじっくりご覧頂いて、クレジットカードのことについて最低限のことだけでも知って頂きたいです。

 

詳細については各記事でまとめておりますが、情報量がたくさんあるので、すべての記事に目を通すのは正直大変です。

なので、あなたに知って頂きたいことを要点だけまとめております。

このままゆっくりとスクロールしていくだけで、クレジットカードの知識を習得することができます。簡単ですよね。

クレジットカードの知識を知ってるか知ってないかの差だけで、収入や貯金や生活スタイルに雲泥の差が広がります。

あなたがこれからすることは、ゆっくりスクロールして読み進めていくだけです。もっと詳しく知りたい場合は各ページのリンクも設置しておりますので、そちらから確認することもできます。

 

そもそもクレジットカードを使う意味ってあるの?

あります。クレジットカードを使う意味を知って頂くと、もう現金を使うのが嫌になるくらい、使う理由は十分にあります。

現金では得られない、クレジットカードだからこそ得られるメリットが6つあります。

  1. ポイントやマイルが貯まる
  2. 支払いが簡単になって時間の節約になる
  3. 不必要に現金を持つ必要がなくなる
  4. 使用履歴が一括で管理できるので家計の管理が楽になる
  5. クレジットヒストリーが貯まって社会的信用がつく
  6. カードの特典やサービスを受けられる

毎月の支払額が15万円なら年間180万円利用してることになります。すべてカード払いにすれば18000円分のポイントがもらえます。

カード1枚あればスムーズかつスピーディに支払いができるので、小銭でサイフがパンパンにならず持ち物もスマートになって楽です。

さらに、カード1枚あれば10万円~50万円以上の支払いもできます。現金で払うとなると大量の1万円札を持ち運ばないといけません。盗難のリスクも高まります。でもカードなら1枚あれば済みますし、もし盗難にあっても被害額は0円です。

意外と知らないのが、カードを使うことで社会的信用が得られるということです。

カード会社カード会社

この人はちゃんとカードを使いこなせているな。支払いも遅れてないしお金の管理ができる人だ。

というように社会的信頼を得ることができます。将来的には住宅ローンを組みやすくなったりと、いざというときに有利になります。

おすすめ記事:クレジットカードとは?発行すべきメリットと仕組みについて

おすすめ記事:クレジットカード何のために発行するの?クレカを発行すべき人の特徴とメリット

おすすめ記事:クレジットカード払いと現金払いの違いについてメリットデメリットまとめ

 

クレジットカードを使うだけでなんでポイントもらえるの?

ふと考えると不思議ですよね。現金払いではポイント貯まらないのに、カードで払えばポイント貯まるなんて。

この違いはとっても簡単です。店舗がカード会社に手数料を支払ってるから。

店員さん店員さん

カード払いを希望するお客様が多いから、カード払いに対応することでお客様が増えた!

クレナクレナ

カード払いだと明細で管理できるし支払日もまとめることができるし、サイフに現金を持ち歩かなくていいから便利!カード払い対応だとすごく助かる!

カード会社カード会社

カード決済を導入するとお客さんが増えて集客効果がありますよ。その代わり手数料を払っていただきます。

こうやって、お店とカード会社とお客さんにそれぞれメリットがあるので成立しています。お店はカード会社に3~5%の手数料を支払っているのですが、集客効果があったりお店のお金の管理が楽になったりとメリットがあるため、お店は手数料を払ってでも利用したいのです。

カード会社はお店からもらった手数料の一部を、私たちカード利用者に還元してくれているわけです。

だからカード利用者は、カードを使うだけでポイントを貯めることができる、というわけです。

おすすめ記事:クレジットカード払いが得して現金払いが損するキャッシュレス化が進む理由

おすすめ記事:なぜクレジットカード支払いするだけでポイント貰えるの?年会費無料でもカード会社が儲かる仕組みを解説!

おすすめ記事:クレジットカードの仕組みとは?発行するとカード会社側にどんなメリットある?

 

でもカードって不正利用されたりセキュリティが心配…

実はクレジットカードは、現金よりも安心なんです。

テレビやマスコミの偏った報道で「クレジットカードは危険だ」と思う人も多いと思います。しかし実際はそんなことありません。

こちらの画像をご覧ください。

現金は失くしたら終わりですが、カードは紛失しても金銭的リスクがありません。

現金10万円の財布を落としたら被害は10万円ですが、クレジットカードを落としても被害は1円もありません。

スマホやパソコンからネットでカードの利用停止手続きをすれば不正利用されることもありません。

もし仮に不正利用されたとしても、カード会社に問い合わせたら補償もしてくれます。(カードの種類による)

私もこの事実を知って、現金を持ち歩くのは怖いなと思うようになりました。だから最近はカードを持ち歩くようにして、最低限の現金しか持ち歩いていません。

おすすめ記事:現金よりも安心できるクレジットカードのセキュリティ事情について

おすすめ記事:クレジットカードのスキミングとは?被害予防対策・海外の注意点

 

クレジットカードを持つと金遣いが荒くなりそうな気がして…

はっきり言います。それはあなたの金銭感覚とお金の管理方法に問題があります。

カードを持ったぐらいで多く使ってしまう…その行動に問題があるのです。カードが原因ではありません。

普段現金で支払いをしている者に対して、カードで支払うようにするだけのことです。

それだけで現金払いでは得られないポイントを貯めることができるんですから。

「カード払いだとつい使ってしまいそう…」と思うのであれば、毎月必ず発生する支払いにだけ、カード払いにしてください。

携帯料金、光熱費、食費、美容院、定期、電車代など。必ず発生する支払いだけにカードを使えば「つい使ってしまう」心配がなくなります。

  • カード払いだから1回多めに電車乗ろうかな
  • カード払いだからエアコン付けっぱなしにしようかな
  • カード払いだから今月もう一回美容院にいこうかな

…って思う人はいないはず(笑)だってカード払いと使いすぎは一切関係無いですからね。

ショッピングや友達と買い物に行くときにカード払いをすると、現金を持ってなくても買えちゃうから、1着多めに買うとか、もう1店舗寄ってみるとかできてしまいます。

だったら、遊びに行くときはクレジットカードを自宅に保管しておきましょう。そうすれば使いすぎる心配も無いですよね。

まずは月々の固定費をカード払いにするようにしてみてください。そこから少しずつ始めていけば失敗しないのでおすすめですよ。

おすすめ記事:なぜクレジットカードを持つと金遣いが荒くなるのか?原因と対策を徹底解説!

 

クレジットカードの入会キャンペーン特典だけもらえば得するんじゃない?

もちろんカードを発行すれば、キャンペーン対象や条件を満たしていれば、特典をもらうことができます。

  • 1万円キャッシュバック!
  • 5000円分のポイントプレゼント!
  • 10000マイルがもらえる!

カードを作るだけなのに、種類によっては年会費無料なのに、たくさん特典もらえたりします。

だからといって、特典目当てに一気にたくさんのカードに申し込むのは絶対にNGです。

ナビィナビィ

じゃあキャッシュバックで1万円もらえるカードを10枚作れば10万円もらえるってことか!簡単にお小遣い稼げるじゃん!

絶対にNGです。やめてください。最終的に困るのは自分です。

もしそういった行為をしてしまうと、社会的信用にキズをつけてしまいます。

信用というのは一度キズをつけてしまうと修復するのが大変です。

クレジットカードの場合、大量発行したりカードの支払いが遅れたりした場合に信用記録に5年間もキズが残ります。

5年間はカード発行が難しくなったり、ローンが組めなくなる可能性もあります。そうなるといざというときに困るのは自分です。

「カードの入会特典だけ狙ってたくさん発行すればめっちゃ得できるじゃん!」という発想は素晴らしい(?)ですが、やはりそれをされるとカード会社としても嬉しくありません。ちゃんとカード利用してほしくて、その背中を押す為に入会特典が用意されています。

もし思いついたとしても絶対に行動しないように注意してください。最終的に困るのは将来の自分や家族ですので。

※月1ペースでカードを作るのは問題ありません。月に3~4枚とたくさんカードを同時に申し込む行為は控えたほうがいいです。

※カードを作ったらちゃんと利用することが条件ですよ。

おすすめ記事:クレジットカードの大量発行&短期解約を繰り返す行為は絶対NG

 

クレジットカードでよく聞く”家族カード”って何?

家族カードは、クレジットカード1枚を複数人で使える、というものです。

こんな感じで使えます。

  • 家族カードは審査不要
  • 自分の持ってるカードの限度額を家族カードで共有できる
  • 引き落としは自分のカードと一緒にまとめて支払いされる

こういう特徴があります。なので、こんな使い方ができます。

ナビィナビィ

両親にカードを持たせたい。でも両親だけに任せると心配…。だから家族カードを発行して支払いを自分で管理できるようにしよう。

クレナビクレナビ

嫁がカードの審査に落ちた…。でも家族カードなら審査不要だから自分の家族カードを持たせておこう。

クレナクレナ

息子や娘にカードを使わせたい。でも大学生だしちょっと心配…だからまずは家族カードから使ってもらって練習してもらおう。

カードの種類にもよりますが、保険内容やカードの特典も共有できる場合もあるので、家族カードを使わなくてもとりあえず家族カードを発行しておくだけで得できます。

おすすめ記事:家族カードとは?私が抱いていた9つの疑問について調べてみた

おすすめ記事:dカード GOLDの家族カードで絶対に得する9つのメリットと注意点

 

クレジットカードのキャッシング機能は使わないようにしてください

キャッシングは、クレジットカードをコンビニや銀行のATMで使うことで、すぐに現金を引き出すことができます。

引き出すといっても、自分のお金ではありません。つまりは借金です。

予めキャッシングを利用するための手続きをしていれば、クレジットカードがあればいつでも手軽にお金を借りることができますよ、というサービスになります。

スクルスクル

友達と旅行に行くんだけどお金が足りない…かといって断れない…今回はキャッシングで借りるか

ナビィナビィ

会社の人と飲みに来たんだけど少し足りなくて…誰かに借りるのも申し訳ないからキャッシング使うか

という感じで使われることが多いです。コンビニがあればいつでも便利に利用できるので、こういう使い方ができてしまいます。

しかし、既にお気づきの通り、これは借金なので非常に危険です。

ちゃんと確実に返すあてがあって計画的に利用するならいいのですが、

クレナクレナ

ボーナスで返せるはずだったのに、ボーナスが意外と少なくて、他にも支払いが重なってて足りなかった…

ナビィナビィ

子供がケガをしてしまって入院費や治療費で想定外の出費が…。キャッシングで使ったお金を返せないかも…

想定外のことが起こったり余裕がなかったり無計画だったりすることもあります。そんな時に第一にキャッシングの返済ができないとやばいです。

「クレジットカードにはキャッシングっていう機能があるのかぁ」と思ってもらえたらそれでOKです。基本的に使わないようにしていれば問題ありません。

カードを申し込むときに「キャッシング枠」を設定する項目があります。その項目は常に「0円」としておきましょう。

おすすめ記事:クレジットカードのキャッシングとは?自由に現金の貸し借りができるからいざと言う時の支えに

おすすめ記事:クレジットカードのキャッシングを利用するメリットとデメリット

 

クレジットカードのリボ払いは”絶対に”使わないようにしてください

キャッシングと同様に、リボ払いにもご注意ください。

リボ払いとは、月々の支払額を一定額に抑えることができる機能です。

通常なら、カードで10万円の支払いをしたら、翌月に銀行口座から10万円が引き落としされます。

しかし、リボ払いを使うと、10万円の支払いをしたのに、支払額を1万円に設定しておけば、1万円+手数料が引き落としされます。

10万円を月々1万円の10回払いに分割払いができる。月々の支払い額が減るので月々の負担は軽くなる。その代わり手数料がかかりますよ。というものです。

スクルスクル

先月思い切って買い物したんだけど、今月何かとお金が必要で結構ギリギリだったんですよ…。でもリボ払いに設定したら支払額を減らせるのでめっちゃ助かりました♪

返済を後回しにしてるだけですからね(しかも手数料という無駄なお金まで払って…)

便利な機能ではあるのですが、手数料が約18%と非常に高いのです。下手すれば手数料ばっかり支払って元金が減らない、支払っても支払っても返済が終わらない、なんてことも。

カード会社としては手数料で儲けることができるので「リボ払い便利ですよ!使ってください!」と猛プッシュしてきますが、使わないようにすれば大丈夫です。

もしリボ払いを使いたいのであれば、ちゃんと確実に支払いできる状況のなかで利用するように、計画的に行動しましょう。

リボ払いはとても便利だけど使い方を間違えたらとても危険な機能になる、ということだけ知って頂ければOKです。