アメックスカードのステータスはどの状況で実感できるのか?調査してみた

「アメックスカードはステータス性が高いカードです。」と色んなネットサイトで言われていますが
  • 「ステータス性って何なの?」
  • 「何でステータス性が高いの?」
  • 「ステータス性が高いと何がいいの?」
という疑問が生まれると思います。 しかし、ほとんどサイトでは「アメックスはステータス性が高いです!」としか紹介していません。 正直、そんな曖昧な紹介では何がなんだか分からないですよね。 言葉の説明してくれないのは、紹介している本人が「アメックスのステータス性って何なのか?」をよく分かっていない可能性があります。 その情報を真に受けてしまい、「アメックスはステータス性が良いんだよ!」と誰かに紹介して「ステータス性ってなに?」と聞かれた時に答えられないと恥をかいてしまうのは自分自身です! 簡単に説明すると、ステータス性とは社会的信用のことです! この記事ではアメックスのステータス性について
  • 何故ステータス性が高いと言われているのか?
  • ステータス性が高いとどういう時に有利なのか?
について徹底的に具体例を含めてご紹介します。 知っている人だけが得するアメックスのステータス性を理解すれば、アメックスカードの本当の価値が理解できます!

世界共通のステータスカード

アメリカン・エキスプレスカード
年会費 12000円+税 100円=1P 3P=1円 提携店で最大マイル付与率10%
国内海外旅行保険 自動付帯 荷物無料宅配サービス 空港パーキング優待
カードの盗難・紛失時の緊急発行 アメックス提携のホテルを60%割引で利用可能 空港ラウンジ無料利用サービス

1.なぜアメックスカードはステータス性が高いと言われているのか?

ステータス性が高い理由1:元々は富裕層向けのクレジットカード

アメックスカードがステータス性が高いと言われる理由の1つ目は、元々アメックス社が医師や弁護士などの富裕層向けにカードを発行していたという背景があります。 例えば、今では当たり前になっていますが、クレジットカードの「ゴールドカード」という分野を初めて開拓したのもアメックスカードです。 他のクレジットカードはアメックス社の発行するゴールドカードのサービスを真似してゴールドカードを発行しています。 しかし、アメックス社はアメリカ系のホテルやレストラン、航空会社など、強力なコネクションを活かした独自のサービスを展開しており、そのサービスは他のクレジットカード会社には真似できないものが多くなっています。 2007年に起こったアメリカの金融危機以降は比較的多くの人の手届くカードになりましたが、それでも尚ブランドイメージは崩れておらず「ステータス性の高いカード」として知られています。

ステータス性が高い理由2:カード発行審査が比較的厳しい

ステータス性が高い理由の2つ目にはカードの発行基準が高いことが挙げられます。 日本国内だけでも現在500種類以上のクレジットカードが存在しますが、年会費無料のクレジットカードも沢山あります。 「アメリカン・エキスプレス」という名前が付くカードに年会費無料のクレジットカードはありません! 発行基準も『安定した収入がある方』という項目が必ずあり、前提として収入がある人が発行できるカードとなっています。 例えば、ヤフーカードや楽天カードなどは、学生や専業主婦などの無収入の方でも発行できるチャンスがありますが、アメックスカードは無収入の方は発行できません。(家族カードは除きます。) 前述した通り、2007年のアメリカの金融危機以降は比較的カード審査の基準も緩和されましたが、それでもそこら辺の年会費無料のクレジットカードのように誰でも発行できるようなカードではない事は間違いありません。 特にプラチナカードやブラックカードに関してはインビテーション制が採用されているので、誰でもサイトからポンポン申し込めるようなカードではなく、「厳正な審査に通過した選ばれた人だけが持てるカード」となっているのもステータス性が高い証拠になっています。

ステータス性が高い理由3:アメックスを持っている人のステータスが高い

ステータス性が高い理由の3つ目として、アメックスカードを所持している人のステータスが高いことが挙げられます。 アメックスカードはT&E(トラベル&エンターテイメント)カードといわれており、クレジット機能以外のサービスが多く付帯しています。
  • トラベルサービス
  • ホテル優待サービス
  • レジャー優待サービス
  • ダイニングサービス
など、カード1枚で高級ホテルや高級レストランなどを利用できるようになっています。 そうすると、比較的お金に余裕がある方や、会食で高級レストランを利用する社会的地位の高い方、法人役員や社長、個人事業主などのステータスの高い方がアメックスカードを選びます。 高級なスーツを着用したビジネスマンがスーパーで発行されているクレジットカードを持っているのはあまり見かけないでしょう。 社会的にどこで出しても恥ずかしくないカードとしてアメックスを利用する人もいるので、その結果必然的にステータスが高い人がアメックスカードを選び、それがアメックスカードのステータス性向上に繋がっています。 有名な方でいうと、億万長者で有名なMicrosoftの創始者「ビル・ゲイツ」や世界一の投資家で長者番付1位にもなったことがある「ウォーレン・バフェット」などもアメックスカードを利用しています。 ちなみにウォーレン・バフェットはアメックス社の筆頭株主です。  

ステータス性が高い理由4:シェア率は○○位でもステータス性は1位!

アメックスカードの市場シェア率はそれほど高くありません。 例えばクレジットカードの国際ブランドの市場シェア率は下記のようになっています。 (決済関連レポート「The Nilson Report」2015年調べより)
順位 シェア率 ブランド
1位 58% VISA
2位 26% MasterCard
3位 10% 中国銀聯 ※国際ブランドではありません
4位 3% American Express
5位 1% JCB
6位 1% Diners Club
上記のように、圧倒的に利用されているクレジットカードはVISAブランドです。VISAは世界に20億人以上のカード会員を抱えています。 アメックスカードの会員は全世界で約7,800万人と、VISAブランドの20分の1以下です。 しかし、じゃあ「VISAカードの方がステータス性が高いか?」といわれると、そういうわけではありません。 アメックスカードはステータス性が高く、誰でも発行できるカードではないが故に会員数が少なく、アメックス社はあえて会員数を絞っているのです。 誰にでもポンポン発行していたら、ブランド力が落ちてしまいます。 ファッションで例えると、「ユニクロ」と「ルイヴィトン」であれば、圧倒的にユニクロユーザーの人口数の方が多いでしょう。 でも、「どちらが欲しい?」「どちらが高級?」というと、明らかにルイヴィトンの方です。
【ユーザー数】
格安ブランド > 高級ブランド
【ブランド力(ステータス性)】
格安ブランド < 高級ブランド
アメックスに対する世界的な認識も同じです。 高品質なサービスを、相応しい人に提供するということを徹底したからこそ、ブランドイメージが世間に浸透し、今現在は「ステータス性の高いカード」として世界的に認められているのです。 2015年に行なわれた価格ドットコムでの「クレジットカードでもっともステータスを感じる国際ブランドは?」というアンケート結果では下記のような結果が出ています。
順位 ブランド 割合
1位 American Express 35.7%
2位 Diners Club 31.5%
3位 VISA 14.6%
4位 JCB 8.0%
5位 MasterCard 7.0%
以上の理由から「アメックスカードはステータス性が高い」という評価を受けています。

世界共通のステータスカード

アメリカン・エキスプレスカード
年会費 12000円+税 100円=1P 3P=1円 提携店で最大マイル付与率10%
国内海外旅行保険 自動付帯 荷物無料宅配サービス 空港パーキング優待
カードの盗難・紛失時の緊急発行 アメックス提携のホテルを60%割引で利用可能 空港ラウンジ無料利用サービス

2.アメックスカードのステータス性を存分に発揮できるシチュエーション

「ステータス性が良いからなんなの?実用性がなければ何の意味もないじゃん」という心配があると思います。 確かにステータス性がいくら高くても、何の役にも立たなければ、それは絵に描いた餅です。取得することはオススメしません。 しかし、実際にアメックスカードを"所持してるだけで"その効果が発揮されるシチュエーションがあるので、ここではそれを紹介します。

シチュエーション1:提携のレストランでVIP待遇を受ける

アメックスでは、ゴールドカードから利用できる「ゴールド・ダイニング」というコース料理1名分が無料になるサービスや、世界中のレストラン約400店舗でVIP待遇が受けることができる「American Express Invites」というサービスを利用することができます。 プラチナカードになると「ダイニング・アクセス」というサービスに変わり、更に利用できる店舗が増えます。 これらのダイニング、レストランは基本的にカードのコンシェルジュに頼んで予約したり、カード裏面の電話番号のカードサポートセンターに問い合わせて予約を行ないます。 そこで
  • ①アメックスカードのサポートを利用せずにお店に来店する
  • ②アメックスカードのサポートを利用してお店に来店する
という2パターンによってお店の対応が変わることがあります。

①アメックスカードのサポートを利用せずにお店に来店する

回りくどい言い方ですが、要するに一般客としてお店に来店するということです。 レストランで普通に食事をして、帰る時にアメックスのカードを利用して支払いを行なうと、お店によっては責任者の方が出口までお見送りにきて「またのご来店をお待ちしております。」という言葉や、名刺をくれることがあります。

②アメックスカードのサポートを利用してお店に来店する

この方法では、お店側は事前に予約した人がアメックスホルダーだということが分かっています。 この状態でお店に来店すると、空いてる席の中で一番静かでラグジュアリーな場所や景色の良い場所に案内してくれたり、お店によってはVIP専用の個室に案内してくれたりします。 責任者の挨拶や名刺交換はもちろん、食事に関しても料理の説明を直接行なってくれたりします。 つまり、アメックスカード会員だというだけで、お店の対応が変わってしまいます。

シチュエーション2:ホテルでランクの高い部屋に変えてもらえる

ホテルに関してもダイニングと同じく、カードのサポートを利用して予約をした場合と何も予約せずに訪れた場合でスタッフの対応が変わることがあります。 特にホテルでの利用は、チェックインの前にカードを提示する機会があるのでその時点で来店者がアメックスホルダーだと分かります。 アメックスホルダーだということが分かると「本日ジュニア・スイートルームが空いているのでよろしかったらご利用なさいませんか?」という風に、当日利用されていない部屋へのアップグレードが可能になることがあります。 ホテルによっては「有料ですがいかがですか?」と提案してくれたり、場合によっては無料で行なってくれるホテルもあります。 利用者の報告では「嫁の誕生日にツインの部屋を予約したらスイートに変えてくれた」という驚きの内容も報告されているのでアメックスのステータス性は侮れません。 特にコンシェルジュやカードデスク経由でホテルを予約すれば、高い確立で部屋が無料アップグレードされます。

シチュエーション3:ブランドショップでVIP待遇を受ける

外資系のブランドショップでの買物の際にもアメックスのステータス性は威力を発揮します。 ブランドショップにショッピングに行った際に「このカードは利用できますか?」とアメックスのカードを見せると、専門のスタッフを付けてくれて、商品の細かい説明やドリンクのサービス、専用駐車場への案内などを受けることがあります。 常連さんになれば閉店後のブランドショップでの貸切ショッピングも案内されるようになるなど、セレブのようなVIP扱いをされるようになります。

海外では特に効果を感じられるという報告が多数あり!

上記のシチュエーションは日本でもあることですが、海外では日本よりもアメックスブランドに対してかなり敏感です。 日本にいるとクレジットカードはただの決済手段の1つにしか過ぎませんが、海外では
  • クレジットカード=身分証明書
という認識があります。 現金を持っているよりも、ステータス性の高いカードブランドを持っている方が信用に値するのです。 つまり
・ステータス性の高いカードを持っている ↓ ・ステータス性の高いカードの発行審査に通過した人だ ↓ ・審査に通過するくらい社会的地位、収入がある人だ ↓ ・信用できる人だ
ということになります。 現金は誰でも持つことができますが、ステータス性の高いカードはある程度の社会的地位や年収がなければ持つことができません。 なので、海外では高級なレストランやホテルでは身分証明のために、入店した際に「クレジットカードはお持ちですか?」と尋ねられることさえあります。 治安の良い日本では考えられないことで「人間を差別するような格差社会反対!」と言いたくなるかもしれませんが、海外では『クレジットカード=その人の信用度』という意識が日本人より高くなっています。 その分アメックスホルダーは海外でアメックスカードを提示すると
  • ボトルワインをサービスで貰えた
  • 料理を1品無料で提供された
  • 最上階の部屋に変えてもらえた
  • スタッフの対応が明らかに良くなった
という事例が数多く報告されています。 つまり、カードブランドにこだわりがないのであれば確実にステータス性No1のアメックスブランドにするべきです! ただ単純にサービスが豊富であったり、特別な待遇を受けられるだけでなく、これらのステータス性から、必然的に引寄せられる人脈もハイレベルな人脈になってきます。 例えば、プロ野球選手はプロ野球選手の友達が多いでしょう。 アマチュアの選手は「アマチュアの僕がプロ野球選手に声を掛けるのは緊張する…」と感じます。 つまり、何が言いたいかというと、ステータス性の高いカードを所持していれば、お金では買えない体験を沢山することができます。 ステータス性の高い人は誰しもがただ単純にお金を持っているだけでなく、上質なサービスを上質な場所で受けることで、必然的に出会う人、話かけられる人の質が上質になります。 その結果として新しいビジネスパートナーを見つけたり、人生の質を挙げてくれるような人脈を見つけることができ、人生のステージをアップグレードすることができているという事実があります。 その「キッカケ」として自分の社会的信用を物理的に示すにはアメックスのクレジットカードのステータス性は白々しくなく、自然と示せる証明書となります。

世界共通のステータスカード

アメリカン・エキスプレスカード
年会費 12000円+税 100円=1P 3P=1円 提携店で最大マイル付与率10%
国内海外旅行保険 自動付帯 荷物無料宅配サービス 空港パーキング優待
カードの盗難・紛失時の緊急発行 アメックス提携のホテルを60%割引で利用可能 空港ラウンジ無料利用サービス

まとめ

アメックスはロバート・デニーロやタイガー・ウッズなどの有名ハリウッドスターやプロスポーツ選手も利用するセレブ御用達のクレジットカードです。 現在ではプロパーカードは庶民の手の届くカードになりましたが、クレジットカード業界を牽引してきたアメックス社のブランドは今現在もなお顕在です。 プロパーカードには
  • アメックスグリーン
  • アメックスゴールド
  • アメックスプラチナ
  • アメックスブラック(センチュリオン)
の4種類があり、アメックスプラチナとアメックスブラックは、インビテーションがなければ申込ができない、非常にステータス性の高いカードです。 もちろんカードのランクが高ければ高いほど世界中でそのステータス性は発揮され、今回ご紹介したような
  • レストランで景色の良い席やVIP専用の個室に案内される
  • ホテルで部屋のアップグレードがしてもらえる
  • ショッピングの際にVIP扱いされる
などの待遇をされる確立が高くなってきます。 どうせクレジットカードを持つのであれば、一生利用できて、更に持っているだけでその社会的信用が証明できるカードをべきです! 会社でどんなに偉くなっても、会社の外では誰もが「一般人」ですが、クレジットカードは違います。 クレジットカードは世界共通で利用できる信用を表す証明書です。ですのでアメックスのようなステータス性の高いカードは、発行できるうちに発行しておきましょう。 中途半端なブランドよりもアメックスが絶対におすすめです。

世界共通のステータスカード

アメリカン・エキスプレスカード
年会費 12000円+税 100円=1P 3P=1円 提携店で最大マイル付与率10%
国内海外旅行保険 自動付帯 荷物無料宅配サービス 空港パーキング優待
カードの盗難・紛失時の緊急発行 アメックス提携のホテルを60%割引で利用可能 空港ラウンジ無料利用サービス

関連記事

時間アイコン18.10.19

アメックスプラチナカード特典のフリーステイギフトがすごい!!おすすめの宿泊先

時間アイコン18.10.19

プライオリティパス使える日本国内の空港ラウンジまとめ!!国内線利用でも使える!!

時間アイコン18.10.15

プライオリティパスのラウンジを同伴者も無料にする方法

時間アイコン18.10.15

プライオリティパスを無料で利用できるクレジットカード一覧

時間アイコン18.10.08

メンバーシップリワードプラス登録のメリットと加入のタイミングについて

TOP