キャッシュバックがお得なクレジットカード!節約上手な人のためのおすすめ4選

日ごろの電気をまめに消す、銀行の手数料はなるべく発生させないなど、節約に心掛けている人にぴったりなのが、「キャッシュバック」が受けられるクレジットカードです。キャッシュバックなら、ポイントを得るためにムダな買い物をしたり、ポイントだからといってムダ遣いをしてしまうことも防げます。

カードで支払うと現金が戻ってくるクレジットカード

クレジットカードの記事を見ると必ずといっていいほど、ポイントの還元率の話が出てきます。ポイントとクレジットカードは、切っても切れない縁があるといってもいいでしょう。

しかし、「ポイントをためるのはめんどくさい」「有効期限までにためられて、交換できるか不安」などの声があるのも事実。そんな人にぴったりなのがポイントが還元されるのではなく、利用実績に応じて現金が戻ってくる「キャッシュバック」のあるクレジットカードです。

ポイントとキャッシュバックはどこが違う

クレジットカードのポイントは利用金額、例えば1000円で1ポイントのようにクレジットカードのポイントシステムに付与されるものです。付与されたポイントは100ポイントで3000円分のギフトカードとか、5000円分Tポイント…などに交換できます。

一方、キャッシュバックは利用金額の0.5%や1%で、現金が戻ってきたり(口座に振り込まれることもあります)、利用金額から請求時に割り引かれるものをいいます。
例えば、ある月に10000円の買い物と5000円の電気料金の支払いをクレジットカードでするとします。1%のキャッシュバックがあるクレジットカードなら、合計15000円の利用金額の1%、つまり利用金額から減額されたりするかたちで150円が戻ってくるのです。

ポイントとキャッシュバックはどちらがおトク?

結論からいうと、現金が直接返ってくる感覚のキャッシュバックよりもポイント交換のほうがおトクです。
それは、ポイント交換で例えばギフトカードにした場合、そのギフトカードを使ってくれる前提がある、つまりギフトカードのなかにも使ってくれる販売店の将来の利益があると考えられるからです。

その点、キャッシュバックは現金ですから、貯金しても、その他のローンの支払いに充ててもいいわけで、販売店などの利益とはなりません。そういった理由からキャッシュバックはポイントよりも低い還元率となるのです。
例えば、アメリカン・エキスプレスのポイントは利用額に充当することができます。つまり、支払う金額が減るので、現金を用意する金額が少なくて済むことになり、これもキャッシュバックの1つと考えられます。
アメリカン・エキスプレスのポイントは1ポイントで0.5円から1円でそのほかのポイントや商品に交換できますが、利用額に充当する場合は1ポイント0.3円と目減りします。

とはいえ、ポイントなどと違って使い道が自由なこと、ポイント交換の手間がないことなどから、キャッシュバックを選ぶユーザーも多数います。

キャッシュバックが受けられるおトクなカード

VIASOカード 楽天カード P-oneカード 学生専用ライフカード
年会費 無料 無料 無料 無料
国際ブランド VISA VISA, マスターカード, JCB VISA, マスターカード, JCB, アメリカン・エキスプレス VISA, マスターカード, JCB
還元率 0.5%〜
(コース選択で1%に。ただし、別途料金が必要)
1.0%〜
(コース選択で1%に。ただし、別途料金が必要)
1.0%〜 1%(海外利用は5%)
キャッシュバックの方法 1年間の累積金額を年1回振り込み 利用金額から1%OFF 楽天ポイントを支払額に充当 海外利用のみ5%の割引

アメリカン・エキスプレスもポイントをキャッシュバックとして利用できますが、ここではキャッシュバックを主な目的としたカードから紹介していきましょう。

せっかくキャッシュバックを受けるのですから、年会費がかかってしまっては節約にならないので、ここでは年会費が無料(実質無料を含み)のクレジットカードをセレクトしています。

カードを使うのも貯金感覚!? VIASOカード

viasoカード

「VIASO(ビアソ)カード」は、三菱UFJニコス(NICOS)株式会社が発行しているクレジットカードです。もちろん年会費は永年無料で、次年度以降も年に1回以上カードを利用する、○円以上使わないと無料にならないということはありません。

VIASOカードには、利用金額に応じて現金を「オートキャッシュバック」してくれる機能が付いています。「自動的に(オート)」「現金で振り込まれる(キャッシュバック)」ということです。

VIASOカードを通常利用したときに戻ってくるのは、1000円で5円です。ポイント還元率でいうと、ほとんどのクレジットカードが採用する一般的な0.5%ということになります。しかし、ETCや携帯電話・インターネットプロバイダーなど、「特定加盟店」の利用料金はポイントが通常の2倍になります。
特定加盟店は、

  • ETCを利用した全国の高速道路、一般有料道路の通行料金(ETCカードの発行には手数料がかかります)
  • 携帯電話の利用料金(NTTドコモ、au、ソフトバンクなど)
  • インターネットプロバイダーの利用料金(Yahoo! BB、OCNなど)
逆にSuicaへのチャージなどはキャッシュバックの対象とはなりません。

キャッシュバックは毎月行われるのではなく、1年に1度です。つまり、キャッシュバック分は1年間ためられるということです。まさに貯金感覚のキャッシュバックですね。
月々のキャッシュバック金額が少なくても、1年ならまとまった金額になるでしょう。そんな楽しみがあるクレジットカードです。

なお、そのほかのサービスも充実していて、年会費無料であるものの海外旅行傷害保険や購入したものが破損したり盗難に遭ったときに使えるショッピング保険が付帯しています(ただし、カードでの支払いが条件)。

1つ注意しておかなければならないのはオートキャッシュバックは、1年間で1000円以上たまっていないと行われないということ。通常の0.5%のキャッシュバック率だと年額200000円の利用が必要です。1月あたりだと約17000円。
日常的に使っていればクリアできる金額ですね。

利用者コメント
年に1回の現金振込はうれしいのですが、このカードはポイント有効期限が1年間なので、年20万円使えないとポイントが失効するので注意しましょう。珍しいキャッシュバック対応のカードですが、日常的に使わないのであれば、恩恵が受けられないこともありますね。

楽天ポイントを支払額に利用できる楽天カード

誰が申し込んでも後悔しない優れた節約カード!

年会費無料 家族カード ETCカード 100円=1P 0.5マイル
VISA Master JCB 楽天市場5%還元  電子マネー Edy
 ANAマイルに 交換できる 不正利用保証 顧客満足度 No.1

日本で一番使われているといわれている楽天カードでもキャッシュバックが受けられます。
といっても、VIASOカードやP-oneカードと違って一手間かかります。

楽天市場での買い物や楽天カードを使ったりしたときに、たまるのが楽天ポイントですね。買い物だけでなく、アンケートに答えたり、ポイントサイトや他のポイントから交換するなど、たまりやすいポイントです。

実は、この楽天ポイントを楽天カードの支払いに充当することができるのです。
ちょっとだけ手続きが必要ですが、楽天ポイントをキャッシュバック代わりに使えて、便利です。これは楽天カードで獲得した楽天ポイント以外のポイントでも使えます。

楽天カードは基本還元率1%で、楽天市場での購入には3%、そのほかキャンペーンなどで1%以上のポイントがたまるのが特徴。こう考えると、手間はあるもののキャッシュバック率は1%を超えます

楽天ポイントを楽天カードの支払いに利用するには、楽天e-NAVIで手続きします。1ポイント1円で、50ポイント以上最大500000ポイントまで1ポイント単位で利用可能です。

利用金額の1%をキャッシュバック! P-oneカード

P-oneカードは、ポケットカードが発行するクレジットカードです。
こちらも年会費が無料で、1%のキャッシュバックが受けられます。1%はクレジットカードのポイント還元率のなかでも高い部類に属すので、おトクなカードといえるでしょう。

P-oneカードのキャッシュバックの方法は、利用金額から1%を割り引くかたちです。
つまり、10000円をクレジットカードで決済した場合、1%である100円が割り引かれ、9900円が請求されることになります。

これはいつものショッピングはもちろん、電気料金や携帯電話の料金、カードで支払った税金にも適用されます。つまり、P-oneカードを利用すれば、いつも1%引きで買い物などができるということになります。
1%というと少ないと思いがちですが、月々100000円を食費などの生活費などに使うのであれば、これをP-oneカードで決済すれば年額12000円のおトクになるということです。

なお、ETCの利用でももちろんキャッシュバックが受けられますが、ETCカードの発行時に1100円、それ以降年額会費1100円がかかります。

利用者コメント
以前は積極的にポイントをためていたのですが、有効期限をうっかり忘れたため10000円ぐらいのポイントをムダにしてしまいました。それからポイントに興味がうせていたのですが…。このカードは自動的に割り引いてくれるので、手間もかからず、カードを使うと得をするという感覚が気に入っています。

学生生活をサポートする学生専用ライフカード

大学や専門学校に通う人なら、学生専用のライフカードを検討してみてはいかがでしょうか。高校生を除く満18歳以上25歳以下で、大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中であれば申し込みができます。

学生専用ライフカードは、年会費が無料なだけなく、海外でのショッピングは5%ものキャッシュバックを受けられるのが大きな特徴です。卒業旅行前とか留学を予定している場合に入会を考えてみましょう。

ただし、国内での利用にはキャッシュバックはありませんが、「LIFEサンクスプレゼント」というポイントプログラムで還元されます。
「LIFEサンクスプレゼント」は1%の還元率なので高い部類に入り、有効期間も5年と長いのがうれしいところ。入会時は1.5倍、誕生月は3倍など、ポイントを有利にためられる期間もあります。

学生専用カードということもあって、キャンパスライフを充実されるサポートも用意されています。
海外旅行傷害保険をはじめ、ライフカードに関する学生専用の窓口も設けています。

なお、卒業後も続けてカードは利用できますが、「海外旅行傷害保険」の自動付帯、「キャッシュバックサービス」などは、入会申込書にご記入した卒業予定年の3月末日で終了となるので注意しましょう。

入会時は「キャッシュバック」などの特典が多い!

ここまでカード利用時のキャッシュバックを見てきましたが、カード入会時にはさまざまなキャッシュバックが用意されています。楽天カードのCMなどでいま入会すれば○○ポイントがもらえる!などといったのがそれにあたります。

クレナビでは入会時のキャッシュバックについて特集しています。
ぜひとも、そちらの記事もご覧ください。

【最新】クレジットカード厳選5枚|キャンペーン&キャッシュバックまとめ

まとめ

手間なく現金が戻ったり、利用金額から割引されるキャッシュバックカード。毎日、コツコツと節約を心掛けている人にはぴったりでしょう。買い物をしているのに節約できているのですから。

クレジットカードを上手に利用すれば、節約生活が実現できます。

関連記事

時間アイコン21.04.19

空と陸でマイルをためておトクに旅ができるおすすめクレジットカード

時間アイコン21.04.19

SuicaとモバイルSuicaにおすすめのお得で便利なクレジットカードはこれ!

時間アイコン20.12.31

クレジットカードは無職でも作れる?作りやすいクレジットカード

時間アイコン20.12.31

おすすめのプラチナカードを見つけたい!比較方法を徹底解説します

時間アイコン20.12.31

QUICPayをおトクに使うには?おすすめの高還元率カードを紹介!

TOP