ICOCAカードのオートチャージ設定方法まとめ!チャージでポイント貯める方法も

ICOCA(イコカ)は、JR西日本が展開する交通系ICカードの名称です。 電車などの乗り物に使えるほか、電子マネーとしてショッピングにも使えます。 ICOCAには利用する人に合わせて選べる3種類のカードがあります。 小さなお子さまでも使える「こどもICOCA」や、学生さんにも安心な通常の「ICOCA」、クレジットカードが持てる大人が使う「SMART ICOCA」。 特に近年はワンタッチでチャージができることで「SMART ICOCA」の利便性が注目を集めています。 今回は、「SMART ICOCA」のチャージに焦点をあててその利便性の高さや選ぶメリットについてご紹介したいと思います。

ICOCAのオートチャージ設定方法について

「オートチャージ」とは、一般的には自分でチャージしなくても自動的にチャージされる機能を表しています。 PiTaPaのように改札機にタッチするだけでチャージされるこの機能は、チャージ機に立ち寄る必要がないためとても便利ですよね。 しかしICOCAはオートチャージ機能はなく。自分でチャージ機の前に行き事前チャージを行う必要があります。

オートチャージならぬICOCAの「クイックチャージ」とは?

「なーんだ、ICOCAってぜんぜんイケてないじゃん・・・」と思う人もいるでしょう。 ICOCAにはオートチャージならぬ「クイックチャージ」というチャージ方法があります。 このクイックチャージでは、現金やクレジットカードがなくても希望金額分がチャージができるシステムです。 つまり、「前払い式なのに、実は後払い」というちょっと不思議なスタイルなんですね

ICOCAのオートチャージを設定するメリット

オートチャージならぬ「クイックチャージ」は、ノーマルな現金チャージの「面倒なところ」を割愛したサービスです。 みなさんはチャージのどんなところが面倒ですか? お金を用意して、券売機に並ぶところですよね?ときにはお金をキャッシュコーナーで下ろすことだってありますよね。 クイックチャージは、SMART ICOCAをチャージ機に挿入し、希望金額を選択するだけでチャージが終わります。

ICOCAのオートチャージってJRや地下鉄やバス、コンビニ利用などでもオートチャージされる?

ICOCAは地下鉄やバスではオートチャージできません。 そのため事前チャージを済ませてから地下鉄・バスに乗車しましょう。 ICOCAのチャージができるのは、おもに以下の場所です。
  • チャージ専用機
  • 自動券売機
  • のりこし精算機
ここでできるのは「オートチャージ」ではなく、「事前チャージ」であることはすでにみなさんもご存知ですよね。 PiTaPaとICOCAの大きな違いは、「コンビニでチャージできる」というところです。 しかもセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど全国規模で展開しているコンビニならほぼICOCAチャージの対応が可能です。

ICOCAはどのタイミングでオートチャージされるのか?

ICOCAはPiTaPaのように「残高が〇円になった時点で自動的にチャージ!」・・・はできません。 すべて自分で判断して、所定の場所に行ってチャージしなければなりません。 つまり、ICOCAにおいては「オート」と名のつくチャージは存在しないことになります。 まとめると、ICOCAのチャージのタイミングはすべて「自分次第」といったところになるでしょう。

ICOCAのチャージでポイント貯まる?どれぐらいポイント貯まるのか?

2018年秋、JR西日本はICOCAを使って貯める新しいポイントサービスが開始します。
ポイントサービスの利用登録がされたICOCAで自動改札機をご利用(入場・出場)された際のご利用状況を1カ月間(1日から末日まで)で集計し、ご利用の区間や回数など、当社で定めた条件に適合した場合、ご利用の内容に応じたポイントを付与するサービスです。付与されたポイントはチャージすることで、列車のご利用やお買い物にお使いいただけます。ポイントサービスの概要
どれくらいのポイントが貯まるのかについてはアナウンスされていませんが、利用するたびに自動的にポイントが貯まり、貯まったポイントはショッピングにも使えるなんて間違いなく嬉しいサービスですよね。 しかし、このサービスの対象はあくまで「ICOCAエリア限定」です。つまりPiTaPaエリアを含む別エリアの乗車分はポイント対象にはならないのです。 2018年秋に始まる「JR線でのPiTaPaの後払い導入」に合わせた、JRの対抗策だと言えるでしょう。 (メリットがなければ、みんなPiTaPaのままでJRに乗っちゃいますもんね・・・。)

SMART ICOCAで貯まるポイントとは?

「え、ICOCAは今までポイントサービスやってなかったの?」と思う人もいるでしょう。 現在は「SMART ICOCA」のみポイントを貯めることができます。 「SMART ICOCA」では、西日本エリアで利用すると月間の利用運賃200円ごとに1ポイント付与されます。 また、提携クレジットカード「J-WESTカード」を使って加盟店(ロフト、関西圏のイトーヨーカドーなど)でショッピングをすると、200円ごとに1ポイントが付与されます。もちろん、SMART ICOCAにチャージした場合も対象となります。 つまり、J-WESTカードでチャージしたSMART ICOCAを利用していくと、自動的に還元率1%のポイントが貯まっていくという仕組みです。 どちらもポイント還元率は0.5%。1,000ポイント以上貯まったらSMART ICOCAのチャージ代に充当することができます。 (クレジットカードは「J-WESTカード」だけに限られていませんので、より還元率の高いクレジットカードを使うのも賢い使い方です。)

ICOCAのチャージは口座から引き落とし?クレジットカード払い?

通常のICOCA

通常のICOCAは事前チャージ型のICカードですので、「口座からの引き落とす」という概念はありません 初めてICOCAを手にしたとき、まずすべきことは「チャージ」であり、チャージしてからでないとICOCAは使い物になりません。 事前チャージができるのは現金のみとなっていますので、チャージした時点で支払いは完結します。 ICOCAにチャージできるのは20,000円までですが、このお金はコンビニなどのショッピングにも利用できます。

SMART ICOCAはクレジットカードのみチャージ可能

SMART ICOCAはクレジットカード決済のみ対応しています引き落とし用のクレジットカード名義は本人のみなので、クレジットカードが持てない学生さんなどはSMART ICOCAは利用できません。 後払い式オートチャージのPiTaPaの場合は、使った分だけ(オートチャージした分も含めて)が翌月にクレジットカードに請求されますが、SMART ICOCAの場合は、事前にチャージした分がカード利用分として請求されます。 まさに「前払いの後払い」なんですね!

ICOCAのオートチャージの解除方法を知っておこう

ICOCA・SMART ICOCAは完全「前払い式」のICカードです。 そのため「オートチャージ」という「残高が減ったら自動的にチャージしてくれる」という機能はICOCAにはありません。 (ICOCAについて語られる場合の「オートチャージ」とは、おそらく指1本でチャージできる「クイックチャージ」を差していると思われます。) ちなみに、PiTaPaにおける「オートチャージ」は、オートチャージ機能を停止することができます。 あまり電車に乗らなくなったとか、紛失したときのことを考えると、オートチャージ機能ってちょっと怖いですよね。 となると、SMART ICOCAも「クイックチャージ機能」を止めたいと考える人がいてもおかしくありませんよね。

ICOCAのオートチャージには「暗証番号」がない!

ところでみなさんは、SMART ICOCAのチャージをしたことがありますか? 現金もクレジットカードもいらないSMART ICOCAのクイックチャージですが、実は「暗証番号」の確認も必要ありません。 カードを挿入して、金額を選んで、カードを抜き取ればチャージ完了。あれ?本当に「暗証番号」って必要ないのでしょうか?
紐付けされたクレジットカードを用意する必要は無く、暗証番号等の入力も不要。SMART ICOCAのチャージについて
このように、クレジットカードの暗証番号さえも必要がないSMART ICOCAですから、誰でもクレジット決済でチャージできてしまいます。 もし拾った人が悪用してしまったら、今残っているチャージ分どころかさらにチャージを繰り返されてしまうことも十分にありえます。 紛失した場合はただちに手続きをとり、クイックチャージ機能を停止させておきましょう。 紛失の届出は、SMART ICOCA紛失ダイヤル【078-382-8692】でできます。年中無休、24時間受付なので、いつでも手続きができます。 この手続きにより、
  • 新しいICOCAを再発行する
  • クイックチャージ機能のみを停止させる
このどちらかが選択でき、クイックチャージ機能のみの停止なら見つかり次第ふたたび利用できます。

最後に

キャッシュレス時代が進む日本では、ICOCAやPiTaPaなどの交通系ICカードが主流となりつつあります。 少し前まで関西地方に存在した「スルッとKANSAI」のカードも消え、ポイントが貯まるICカードが大活躍しています。 ICOCAはオートチャージができませんが、チャージ分をショッピングに利用できる強みがあります。 また、キャッシュレスの醍醐味は還元されるポイントといっても過言ではありません。 2018年秋に始まるあたらしいポイントサービスの内容にも注目が集りそうですね。

関連記事

時間アイコン20.12.22

便利なPASMOオートチャージができるクレジットカード7選

時間アイコン18.12.10

ペイペイはヤフーカードじゃないとチャージできない?クレジットカード登録する方法とメリット

時間アイコン18.12.08

PayPayはビックカメラ・ヤマダ電機・Joshinなど家電量販店で使おう!!Apple製品も20%OFF!!

時間アイコン18.12.08

PayPayどうやって使うの?使い方とチャージする方法と手順まとめ

時間アイコン18.12.08

PayPayはコンビニで使える?ファミマとミニストップとポプラのみ対応!!今後の導入予定は?

TOP