エポスカードとエポスゴールドカードの違いについて詳しく解説!

[epos] エポスカードには、通常のエポスカードとエポスゴールドカードの2種類があります。 しかし、その差がわかりにくいと思います。そこで、エポスカードとエポスゴールドカードの違いや、どちらの方が向いているか、などをご紹介します。

エポスカードとエポスゴールドカードはどんな違いがある?

年会費

エポスカードは年会費永年無料です。 エポスゴールドカードは年会費5,000円(税込)です。 年間利用金額が50万円以上で、翌年以降年会費が永年無料になります。

エポスポイントの有効期限

エポスカードでは、エポスポイントの有効期限は2年間です。 エポスゴールドカードでは、有効期限はなしです。

エポスポイントの貯まり方

エポスカードでは、200円につき1ポイント貯まります。 エポスゴールドカードでは、最大3倍の3ポイントが貯まります。   エポスゴールドカードのVisa加盟店での利用時
1回払い(ボーナス一括払い) リボ払い(分割払い3回以上)
200円につき1ポイント 200円につき2ポイント
  エポスゴールドカードのマルイ・モディでの利用時
1回払い(ボーナス一括払い) リボ払い(分割払い3回以上)
200円につき2ポイント 200円につき3ポイント

エポスゴールドカードのみのポイント優遇キャンペーン

エポスゴールドカードのみのポイント優遇キャンペーンが2つあります。 1つ目は、利用金額に応じたボーナスポイントプレゼントです。最大1万円相当のエポスポイントがプレゼントされます。
利用金額 年間50万円以上 年間100万円以上
プレゼント 2500ポイント (2500円相当) 10000ポイント (10000円相当)
  2つ目は、「選べるポイントアップショップ」登録でポイント最大3倍です。 これは、対象ショップの中からよく利用するショップを最大3つ登録すると、エポスゴールドカード利用時のポイントが最大3倍になります。

エポスゴールドカードの方が旅行時のオトク感がある

以下の国内・海外の空港ラウンジを無料で利用することができます。
羽田空港 成田国際空港 新千歳空港
函館空港 仙台空港 小松空港
中部国際空港 大阪国際(伊丹)空港 関西国際空港
神戸空港 広島空港 松山空港
福岡空港 北九州空港 長崎空港
熊本空港 大分空港 鹿児島空港
那覇空港 ホノルル空港 仁川空港
ホノルルラウンジ    
ラウンジ利用の際は、当日の航空チケットとエポスゴールドカードを提示します。 ICチェックインの場合は当日の搭乗便名、行き先、出発時刻を伝えれば大丈夫です。Eチケットの場合は「eチケットお客様控え」を提示します。 また、通常のエポスカードにも海外旅行傷害保険が自動付帯していますが、エポスゴールドカードではより手厚い保険になっています。
  エポスカード エポスゴールドカード
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1000万円
傷害治療費用 200万円 300万円
疾病治療費用 270万円 300万円
賠償責任(免責なし) 2000万円 2000万円
救援者費用 100万円 100万円
携行品損害(免責3000円) 20万円 20万円
  さらに、国際線・海外利用時の便利なサービスがあります。
国際線・海外利用時のオトクなサービス
○Visaゴールド国際線クローク(一時預かり) ―国際線を利用する際に、通常料金の15%オフで手荷物を一時預かりしてくれます。 ○Visaゴールド空港宅配 ―空港から自宅までの荷物の配送を優待価格で利用できます。 ○Visaゴールド海外Wi-fiレンタル ―海外モバイルWi-fiルーターを、海外のモバイル通信料20%オフで利用できます。 ○海外でのカード紛失時の緊急カード発行料無料 ―海外でのカード紛失・盗難時も無料で緊急カードを発行してくれます。
また、海外サポートデスクがあり、世界38都市の現地デスクで、観光に役立つ情報や緊急時の対応などをすべて日本語で案内してくれます。 さらに、カードの紛失・盗難時には、61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償してくれます。カード紛失・盗難の際には、下記の電話番号に連絡しましょう。
エポスカード紛失受付センター 03-5340-3333(24時間・年中無休・通話料無料)

エポスゴールドカード限定の特別なご優待がある

エポスカード会員向けの「エポトクプラザ」では、飲食店・施設の優待などの情報をチェックできます。 その中に、エポスゴールドカード限定の特別な優待があります。

エポスゴールドカードの年会費は高い?年会費を払ってまでゴールドカードにするメリットってある?

「選べるポイントアップショップ」登録をうまく利用して、日常の大きな支払いをエポスゴールドカードにすれば、年会費分の5,000円(税込)は元が取れるくらいポイントが貯まります 例えばこの図のように1ヶ月で960ポイント貯まるのであれば、1年で11520ポイント貯まります。 そうすれば、年会費5,000円(税込)分を差し引いても、年間6520円相当のポイントがつきます。 そのため、このように日常的に大きな支払いをするものを「選べるポイントアップショップ」登録しておけば、ゴールドカードにするメリットはあります。  

エポスカードに向いている人、エポスゴールドカードに向いている人

エポスカードに向いている人は、エポスカードをサブカードとして利用している人です。 年4回のマルイ・モディでの10%オフなどに魅力を感じていて、持っている人は多いでしょう。 年会費がかからないので、エポスカードを持っている分には負担はありません。しかし、エポスポイントの有効期限が2年間で、500ポイントからしか利用できないので、ちょっとしかエポスカードを使わないとポイントが貯め損になってしまいます。 そこで、あまりエポスカードをあまり使わない人はエポスVISAプリペイドカードを作っておいて、それにチャージしましょう。そうすれば、1ポイントから使えるので、無駄になりません 一方で、エポスゴールドカードに向いている人は、生活費の引き落としなどを行うメインカードとして利用している人です。 年間50万円以上利用すれば、翌年から年会費が永年無料です。そのため、1ヶ月で4.2万円利用すれば、翌年から年会費5,000円(税込)がかかりません。 そればかりか、ボーナスポイントとして2500エポスポイント(年間50万円以上利用時)がゲットできます。

エポスゴールドカードのインビテーションをもらうにはどうすればいい?どういう基準があると言われている?

エポスゴールドカードのインビテーションをもらえば、最初から年会費永年無料でカードを利用できます。 そのため、インビテーションをもらって、ゴールドカードを作りたいですよね。 その基準は、ホームページでは明らかにされていません。そうした中、実際に対象になった人の口コミなどから考えると、以下の3つが条件としてあるようです。
エポスゴールドカードのインビテーションの条件と考えられるもの
  • 延滞等がなく順調に支払いをしてきた実績
  • 入会後1年経過
  • 年間50万円以上の利用
下の2つについては、入会して1年経っていなかったり、年間50万円以上利用していなかったりするケースもありますが、だいたいはこうした条件をクリアしてきたようです。 インビテーションが届く時期も不確定なので、エポスカードを順調に利用して支払い実績をためていきましょう。

エポスカードとエポスゴールドカードの違いは結構ある!ゴールドカードに向いている人はメインカードとして使う人!

エポスカードとエポスゴールドカードの違いについてご紹介しました。 また、どちらのカードが向いているか、についてもご紹介しました。 エポスカードをサブカードとして利用している人は、そのままエポスカードにしておいた方がオトクになります。 一方で、エポスカードをメインカードとして利用していた人は、エポスゴールドカードに切り替えた方が、年会費分が元を取れる以上にポイントがオトクに貯まりますよ!

関連記事

時間アイコン19.01.21

エポスカードを紛失した時の対処法!!紛失後は再発行すべき??連絡先はこちら

時間アイコン17.08.12

エポスカードの審査時間はどれぐらい?審査状況と結果はどこで確認できる?

時間アイコン17.08.11

エポスゴールドカードのメリットデメリットまとめ

時間アイコン17.07.16

エポスカードで貯めたポイントのオトクな交換先と賢い使い方

時間アイコン17.06.24

エポスカードをWEBで申し込みする方法とメリット

TOP