JALプラチナカードとCLUB-Aゴールドカードのメリットデメリットを徹底比較

> JALカードの公式サイトへ

JAL普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカードについて比較してきました。 ▶JALカード徹底比較 ▶CLUB-Aカード徹底比較 さて、今回はJALの中でも最上位ランクに位置するJALプラチナカードも交え、主にそのステイタスの魅力や機能・特典の差について徹底比較してみたいと思います。それでは行ってみましょう。

【JALカード】

年会費
初年度無料
2年目
2000円+税
JALマイル
貯まる
先得で
早めに予約
還元率
0.5%
JALマイル
⇒WAON
VISA JCB
Master
JALマイル
貯めるなら
必須カード
女性に人気
JAL CLUB-Aカードの特徴
【JAL CLUB-Aカード】
年会費
10,000円+税
JALマイル
貯まる
還元率
0.5%
先得利用で
安く早めに
予約できる
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
VISA JCB
Master
海外保険充実 飛行機利用
しない人向け
JAL CLUB-Aゴールドカードの特徴
【JAL CLUB-A ゴールドカード】
年会費
17,280円+税
JALマイル
貯まる
マイル還元率
1%
先得利用で
安く早めに
予約できる
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
VISA JCB
Master
AMEX
Diners
空港ラウンジ
使える
飛行機利用
する人向け
JALプラチナの特徴
【JAL プラチナ】
年会費
31,000円+税
JALマイル
貯まる
マイル還元率
1%
プライオリティパス
使用可能
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
JCB AMEX 海外保険充実
最大1億円
JAL便で海外行く人向け
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大10600マイルもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

選べるブランドの差

CLUB-Aゴールドカードは、JCB、VISA/MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5つの中から提携ブランドを選択することができ、加盟店のカバー率など、幅広いニーズに応えることができます。 一方のプラチナカードは、JCB or アメリカン・エキスプレスの2つから選択することとなります。 JCBカードの使い勝手は、何と言っても国内の加盟店舗数No.1であることでしょう。 近年は、アジア諸国でのJCBカードの現地発行も拡大しており、また主要欧米国での利用もカバー率が高くなってきています。 ただし、一部のマイナーな国へ行かれることが多い方にとっては、「決済できない」という場面に遭遇する可能性があるため、注意が必要です。 一方のアメリカンエキスプレスは、日本での加盟店数はあまり多くありません。 しかし、実際はJCBと加盟店開放の契約を取り交わしており、かなりの店舗で使うことができます。店員さんが「使えるかわからない…」という状況でも、とりあえず切ってみてもらうとほとんどの場合で使えます(100%のJCB加盟店で利用できる訳では無いためご注意ください)。 またアメリカンエキスプレスは特に海外で、JCBやDiners Clubよりもメジャーであり、使用できる機会が多い印象があります。 また、アメリカンエキスプレスのJALプラチナカードは、ライセンスを持った三菱UFJニコスがJALカードと提携して発行するカードのため、プロパーのアメリカンエキスプレスは審査などに全く関与しない、という点も覚えておいてください。

> JALカードの公式サイトへ

カードフェイスについて

CLUB-Aゴールドカードは濃いゴールド色をベースにしているのに対し、プラチナカードは「プラチナ」の名にふさわしいブラックとシルバーを基調にしたデザインで、非常に高級感があります。 これはさすがプラチナカードといったところでしょうか。 またJAL JCBカードの場合、ブランドロゴがシルバー箔素材のエンブレムとなっており、高級カードの証としてその存在感を放っています。ゴールドカードと比較すると、プラチナカードのラグジュアリー感は圧倒的ですね。

年会費の差

JALプラチナカードの本会員の年会費は、JCBもアメリカンエキスプレスも3万4,100円(税込)/年、家族会員はいずれも1万7,050円(税込)/年がかかります。CLUB-Aゴールドカードと比較すると1万3,200円(税込)ー12,960円のアップとなり、割高感があります。 しかしそれを取っても有り余る特典が、プラチナグレードには付与されています。実際、年会費とサービスを見比べるだけであれば、プラチナカードは非常にコストパフォーマンスに優れた一枚となります。

マイル付与率はどうなの?

JAL CLUB-Aゴールドカード、プラチナカード共に、ショッピングによるマイル付与率は変わらず、特約店でなければ100円で1マイルとなります。 これは両カード共に、年間3,300円(税込)の「ショッピングマイルプレミアム」サービスが自動付帯となっているためです。 フライトによるボーナスマイル付与率も変化はなく、入会搭乗ボーナス5000マイル、フライト区間マイル25%プラスなど、比率は変わりません。 なんだ全然変わらないのか、と仰る方もいると思いますが、プラチナカードにはさらに「アドオンマイル」という特別なサービスがあります。これはJALグループの航空券や機内販売、通信販売などを利用した際に、特約店ボーナスの100円=2マイルに加えて、さらに2マイルの「アドオンマイル」がプラスされるというものです。 JAL航空券を頻繁に利用する方にとっては大きな魅力となりますが、普段のショッピングにおいてはゴールドもプラチナもさして変わらない、といったところでしょうか。 ゴールドカードとプラチナカードの年会費差はどちらかというと、マイルの取得率によるものではなく、付帯するプレミアムなサービスに起因するものだと捉えると良いと思います。

> JALカードの公式サイトへ

プラチナカード会員だけのプレミアムなサービス!

1.充実のコンシェルジュサービス

JALのプラチナカードにはJCB、アメリカンエキスプレスともに、コンシェルジュサービスが特典として付いています。 JCBはJCB THE CLASSと同等、またアメリカンエキスプレスは三菱UFJニコスのプラチナカードと同じコンシェルジュサービスとなります。 海外コンサートのチケット手配や国内外のホテル、レストランの予約、緊急時のヘルプデスクまで、まるで秘書が付き添っているようなプレミアムサービスとなります。 しかもこのサービスは24時間365日、日本語で対応可能です。調べてみると、そんなことまでしてくれるのかというレベルのものまで対応してくれることがあります。 ホテルのグレードによっては、部屋に空きが無いときでもプラチナ会員用に枠を確保している場合もあるようですので、困った時は一度相談してみるのも良いかもしれません。 高額な年会費に見合ったサービスのひとつと言えるでしょう。

2.プライオリティ・パスのプレステージ会員特典

ご存知の方も多いと思いますが、プライオリティ・パスは世界の120ヶ国400以上の都市、900ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となるものです。 このサービス、プラチナ会員であれば無料付帯です。搭乗する航空会社やクラスに関係なくラウンジを利用できますので、いつでもどこでも、空港VIPラウンジが無料で使えると思っていただいてかまいません。 ゴールドカードで使用できる空港ラウンジは利用者が多いことも多々あるのですが、このサービスであれば待ち時間はストレスフリーなものになります。 VIPラウンジは食べ物や飲み物だけでなく、インターネットやシャワー室まで完備されていますので、まさに快適空間ですよね。 このプライオリティ・パス、実は通常であれば$399のプレステージ年会費がかかるのですが、プラチナカード会員であれば年会費は必要ありません。 単純に考えて日本円換算で4万円以上のサービスですので、これだけでもプラチナカードの年会費がペイできている計算になります。非常にお得ですね。 またアメリカンエキスプレスのプラチナ会員であれば、家族会員もプレステージ会員無料となりますので、ご家族でVIPラウンジの使用が可能です。 JCBプラチナは、プレステージ会員無料は本人のみのサービスになるため注意して下さい。

3.手荷物無料宅配

JALカード プラチナには、出発と帰国の往復手荷物無料宅配サービスが付帯しています。 往復のうちどちらかだけというカードも多いのですが、JALのプラチナカードはどちらも無料で宅配可能です。 遠方への長期滞在ですと、重い荷物を空港へ運んで…と非常に煩わしい思いをすることも多いですが、そんなストレスから解放してくれるのがこのサービスです。 通常であればスーツケースの宅配料金は安くても数千円はかかります。しかも往復で考えればその倍になりますので、それが無料になり、しかも身軽に移動できるとあれば、非常に魅力的なサービスということがわかります。

4.コース料理1名分無料

JALのプラチナカードには、国内の高級レストランの所定コースメニューを2名以上で注文した場合、1名分が無料になる特典が付いています。 アメリカンエキスプレスは「プラチナ・グルメセレクション」、またJCBは「グルメベネフィット」という名前で提供されています。少し考えるとわかりますが、これは非常にお得なサービスです。 例えば1万円のコース×2を注文した場合、1万円分がそのまま無料になるんですね。 また一部の店舗では、コース料理をさらに大人数で注文した場合2名分が無料になったり、次回以降の来店時に優待特典が付いてくるなどのサービスもあるようです。

> JALカードの公式サイトへ

5.JAL JCBプラチナカードのみの特典

JCBプレミアムステイプラン/海外ラグジュアリーホテルプラン

日本、または海外の高級ホテルなどを優待価格で宿泊することが可能になるサービスです。 またレイトチェックアウト、朝食サービス、部屋のアップグレードなど、プラチナならではの上質なサービスを受けることができます。 またJCBはディズニー関連のサービスも充実しており、「ディズニーホテルのスイートルームご優待プラン」、「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージプラン」なども用意されています。 ホテルと2つのパークに自由に入場できたり、ファストパスがパッケージされたプラチナ会員向けの特別なプランとなります。

ダイニング30(サーティー)

JAL・JCB プラチナでレストラン料金を支払うと、レストランでの合計代金やコース料金が30%引きになります(予約時にダイニング30を利用することを忘れないでくださいね)。 2、3名でレストランで利用する際には、先述のコース料理が1名分無料になるグルメ・ベネフィットの方がお得ですが、4名以上であればこちらのサービスを利用した方がお得です。

USJのJCBラウンジが利用可

USJのジュラシック・パークのアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」の施設内にあるJCBラウンジを 無料で使用することができます。 このラウンジではドリンクサービスや優先搭乗などの特典を受けられます。

JCB ラウンジ 京都が利用可

JAL JCBプラチナカード会員であれば、JR京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用できます。 このラウンジは無料Wifiやドリンク、新聞雑誌などのサービスが利用可能で、新幹線などの待ち時間を優雅に過ごすことができます。

6.JAL アメリカンエキスプレスプラチナのみの特典

手ぶらチェックインサービス

このサービスは、自宅から海外の到着空港までスーツケース1個を郵送してくれるサービスです。 自宅からの荷物を日本の出発空港は飛ばして、海外の到着空港で受け取れるため、非常に便利なサービスです。手荷物保安検査も事前代行で通過できるため、チェックインにかかる時間も大幅に短縮できます。 ただし対象便はJAL国際線のみで、他社とのコードシェア便や米国経由便は対象外ですので注意して下さい。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

国内外の多くの地域で、旅行、食事、レジャーやショッピングなどの優待特典や割引特典があります。 これはアメリカンエキスプレスほとんどのカードに付帯する特典で、JALカードのみというわけではないですが、様々なサービスに5~15%ほどの優待割引が付帯します。

スーペリアエキスペリエンス

このサービスは、ホテル、ダイニング、スパ・エステなどの利用に際し、特別優待料金で施設利用が可能になるものです。 また朝食のサービスや、アーリーチェックイン/レイトチェックアウトなどの優待サービスも付帯しています。ダイニングではプラチナ会員向け特別コースメニュー、ウェルカムドリンクサービスなどがあります。 対象ホテルとしてはアメリカン・エキスプレス・セレクトにてピックアップされた格式あるホテルが中心で、ラグジュアリー感の高い宿泊施設が数多く加盟しています。

コート(防寒具)預かりサービス

気温差の大きい国外へ旅行する際、衣類を余分に持って行ったり、いちいち持ち歩いたりしなければならないことがあると思います。 そんな時、海外で必要のない衣類を空港のサービスカウンターで無料で預けることができます。遠方への旅行時は非常に便利なサービスですね。

> JALカードの公式サイトへ

ショッピング保険、海外旅行傷害保険を比較

ショッピング保険についてですが、JAL JCBカード プラチナは、年500万円までの購入品の損害補償が付帯します。 一方のJALアメックス プラチナは年300万円ですので、若干JCBの方が手厚い内容と言えます。しかしショッピングで実質300万円の補償があればほぼ全てカバーされうると考えられますので、あまり大きな差は無いと言えるでしょう。 特筆すべきは、プラチナカードのショッピング保険はCLUB-Aゴールドカードと同一水準ということです。 また海外旅行傷害保険は、JCBとアメックスで大きな違いがあります。死亡・後遺障害保障はどちらも1億円の補償ですが、一番重要視される傷害疾病治療費がアメックスプラチナでは上限200万円、JCBプラチナでは上限1000万円となります。 特にJCBプラチナの傷害疾病治療費は業界屈指の高水準で、年会費54,000円の三井住友VISAプラチナカードの2倍の補償額となります。 保険の内容に関しては、JCBが圧勝といって良いでしょう。

> JALカードの公式サイトへ

JALプラチナカードについてまとめると・・・

JAL JCBプラチナカードは、サービス内容や付帯保険を比較すると、JCBプラチナカードの年会費32,400円にJAL CLUB-Aのゴールド+アドオンマイルが追加されたカードと捉えるとわかりやすいです。 JAL・JCBプラチナカードの年会費は3万4,100円(税込)/年ですから、JCBプラチナカードの年会費32,400円に1,000円を追加するだけでJALゴールドの特典が得られることになり、満足感は高いですね。 ではJAL アメリカンエキスプレス プラチナカードはどうかというと、基盤となるMUFJカード プラチナ アメリカンエキスプレスカードの年会費は2万2,000円(税込)。 これに1万2,100円(税込)を追加してJALCLUB-Aゴールドのサービスを追加していると考えると、JCB プラチナのほうが遥かにお得だということがわかります。 ただし他にも違いはあって、JAL アメリカンエキスプレス プラチナカードは家族会員もプライオリティ・パスに無料入会できたり、手荷物無料宅配サービスがあったりと、単純に値段だけで比較できないサービスも多いため、一概にどちらが良いとは言えません。 付帯保険の補償内容においては、JAL JCBカードプラチナの方が圧倒的に優れています。プラチナカードは年会費が高いデメリットはありますが、両者ともコストパフォーマンスは非常に優れているため、自分にあった使い方から最適な提携ブランドを選ぶようにして下さい。

【JALカード】

年会費
初年度無料
2年目
2000円+税
JALマイル
貯まる
先得で
早めに予約
還元率
0.5%
JALマイル
⇒WAON
VISA JCB
Master
JALマイル
貯めるなら
必須カード
女性に人気
JAL CLUB-Aカードの特徴
【JAL CLUB-Aカード】
年会費
10,000円+税
JALマイル
貯まる
還元率
0.5%
先得利用で
安く早めに
予約できる
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
VISA JCB
Master
海外保険充実 飛行機利用
しない人向け
JAL CLUB-Aゴールドカードの特徴
【JAL CLUB-A ゴールドカード】
年会費
17,280円+税
JALマイル
貯まる
マイル還元率
1%
先得利用で
安く早めに
予約できる
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
VISA JCB
Master
AMEX
Diners
空港ラウンジ
使える
飛行機利用
する人向け
JALプラチナの特徴
【JAL プラチナ】
年会費
31,000円+税
JALマイル
貯まる
マイル還元率
1%
プライオリティパス
使用可能
カード発行後
初搭乗で
5000マイル
ビジネスクラス
チェックインカウンター
使える
JCB AMEX 海外保険充実
最大1億円
JAL便で海外行く人向け
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大10600マイルもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

▶JALカード徹底比較 ▶CLUB-Aカード徹底比較  

関連記事

時間アイコン18.10.29

JALカードのリボ払いの金利手数料は何%?支払総額を計算してみた

時間アイコン18.08.25

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードのメリットデメリットまとめ

時間アイコン18.07.09

JALカードの審査に落ちたらすぐ再審査OK?絶対やっちゃいけないこと

時間アイコン18.06.19

JALカードのおすすめブランドどれ?VISA/Master/JCBを比較した結果

時間アイコン18.06.18

JALカード発行するならおすすめしたい一番得するカードの選び方

TOP