おすすめ高還元率クレジットカード!年会費無料のカードも紹介

クレジットカードは支払いがスマートにできるとともに、ポイントをゲットできることが大きな利点です。コンビニをはじめ、水道光熱費や携帯など公共料金などいつもの生活のお金をカード払いにすることで、自然とポイントがたまります。しかし、たまるのであれば、高還元率をうたうカードを選択したほうがずっとおトクです。

ポイントがたまりやすいクレジットカード

クレジットカードの標準的なポイント還元率は、0.5%といわれています。
1万円の利用なら、50円分のポイントが得られるというわけです。
ある調査ではクレジットカードを使う理由、選ぶ理由の1位がポイントをためやすいことでした。

それでは、ポイントがたまりやすいクレジットカードとは、いったいどういったものなのでしょうか。

ポイントがたまりやすい・使いやすい条件

  • ポイントの基本的な還元率が1%以上
  • Tポイントや楽天ポイントなど、多くのショップで使えるポイントに交換できる
  • コンビニやファストフードなど、よく使うお店で特典ポイントがある

一般的にポイントが高還元率といわれるクレジットカードの還元率は1%以上といわれています。
それに加えて、ためたポイントが使いやすいこともあげられるでしょう。
以前は、たまったポイントは商品や現金に近いものとして商品券がほとんどでしたが、現在ではためたポイントは日常生活で使いやすいTポイントや楽天ポイントなどにかんたんに交換できるようになりました。
また、特定の加盟店での利用(例えば楽天カードなら楽天市場など)なら、1%を超えるポイントをゲットすることも可能になってきています。

ポイント還元率の高いカードでも年会費が無料のものも多く登場しているので、それを選択すればさらにおトクです。
年会費が有料だと年会費分を上回るだけの利用をしないと、元が取れないこともあります。

年会費無料の高還元率のクレジットカード6選

例えば、年会費が1000円のクレジットカードで還元率が1%の場合、年間10万円以上の利用がないと差額の年会費分を支払うことになります。

還元率が1%で、年会費が無料の場合と1000円の場合を考えてみましょう。

〜年間の利用が5万円の場合〜

(無料)ポイント500円分
(有料)ポイント500円分-年会費1000円=実質マイナス500円

〜年間の利用が10万円の場合〜

(無料)ポイント1000円分
(有料)ポイント1000円分-年会費1000円=プラスマイナスゼロ

〜年額30万円利用の場合〜

(無料)ポイント3000円分
(有料)ポイント3000円分-年会費1000円=実質プラス2000円

年会費1000円で1%の還元率の場合、年額利用10万円が損益分岐点になります。
だったら、10万円以上使えばいいと思いますが、10万円の利用で無料のクレジットカードならすでに1000円おトクになっているのです。
年間利用が100万円以上ならその差は縮まってきますが、年間50万円ぐらいの利用であるのなら、断然年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

ここからは年会費無料で高還元率のカード6種を紹介します。

今回は以下のようなシチュエーションを想定し、それぞれのカードでシミュレーションしてみました。
ぜひカード選びの参考にしてみてください。

<毎月の利用>

コンビニなどで5万円
ネットショッピングで1万円
家族や友人との外食1万円
公共料金2万円(うち1万円が携帯電話)

月合計:9万円

<毎年の利用>

年2回の家族旅行(1回あたり15万円)
大型消費年額20万円

年間利用額:158万円

いつでもどこでもポイントがたまり、ネットショッピングならさらにおトク「JCB CARD W」

JCB CARD Wは、いつでも1%の高還元率が得られるクレジットカードです。
それに加え、スターバックスコーヒーやセブン―イレブン、Amazonなどの特定加盟店で利用するとさらに還元率アップ。
セブン―イレブンやAmazonでは通常は1000円で2ポイント(1ポイントは5円相当)のところ2倍の4ポイント、スターバックスコーヒーなら1000円の利用でなんと11ポイントもたまります。これは還元率でいうと、5.5%にもなるのです。
毎日の生活をセブン―イレブンやAmazonでまかなっている人には、まさに最適のカードといえるでしょう。

また、年会費無料ながら、海外旅行傷害保険やショッピング保険も付帯しています。

※シミュレーション(カッコ内は相当金額)

<毎月>

コンビニ(セブン―イレブン利用)5万円200ポイント(1000円)
ネット通販(Amazonを利用)1万円40ポイント(200円)
外食(4000円をスタバ、6000円はその他)1万円56ポイント(280円)
公共料金2万円40ポイント(200円)
月合計336ポイント(1680円)

<年>
旅行費用30万円1200ポイント(6000円)
大型消費(Amazonを利用)20万円800ポイント(4000円)

年間獲得ポイント6032ポイント(30160円)
(合計利用額=158万円なので平均還元率は、1.9%)

日常生活のあらゆるシーンで活用できる「Orico Card THE POINT」

還元率は1%以上で、100円の利用で1オリコポイントがたまります。
たまったオリコポイントは、Amazonギフト券などギフト券やTポイントなどの各種ポイントに交換できます。
また、入会後半年間はポイント還元率が2.0%にアップし、オリコモールを経由してネットショッピングをすると1.5%の還元率になります。
オリコモールにはAmazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどがあります(1万円の利用で、50オリコポイントを獲得)。

Orico Card THE POINTは、電子マネーとしてiDとQUICPayの両方を搭載しているので、コンビニやドラッグストア、ファストフード店などで便利に使うことも可能。
日常の生活費のほとんどをカード決済すれば、ポイントがたまりやすくなります。

※シミュレーション(カッコ内は相当金額)

<毎月>

コンビニ5万円500ポイント(500円)
ネット通販(オリコモールを経由)1万円150ポイント(150円)
外食1万円100ポイント(100円)
公共料金2万円200ポイント(200円)
月合計950ポイント(950円)

<年>

旅行費用(2回。オリコモールを経由)30万円3400ポイント(3400円)
大型消費(オリコモールを経由)20万円2050ポイント(2050円)

年間獲得ポイント16850ポイント(16850円)
(合計利用額=158万円なので平均還元率は、1.1%)

楽天ポイントが街中でもネットでもたまりやすい「楽天カード」

楽天カードは基本還元率が1%で高いのに加え、楽天市場などの楽天サービスや特定の加盟店での利用で、ポイント還元率がアップします。
もらえるポイントは楽天ポイントで、100円の利用で1ポイントたまります。
楽天ポイントは1ポイント1円相当なのでわかりやすく、加えて楽天のサービスやマクドナルドなどの楽天ポイントカード加盟店、楽天ペイの加盟店で使えることができるのもポイントです。
ポイントが使いやすいのは、大きなアドバンテージといえます。

楽天関連のサービスではポイント還元率がアップし、楽天市場や楽天ブックスなら最大3倍、マクドナルドなど楽天ポイントカードが使えるお店なら提示でもポイントがもらえます。

また、楽天Edyへのチャージでもポイントがたまるので、ポイントの二重取りも可能になります。

※シミュレーション(カッコ内は相当金額)

<毎月>

コンビニ5万円500ポイント(500円)
ネット通販(楽天を利用。最大)1万円300ポイント(300円)
外食(2000円をマック、8000円はその他)1万円120ポイント(120円)
公共料金2万円200ポイント(200円)
月合計1120ポイント(1120円)

<年>

旅行費用(楽天トラベルを利用)30万円6000ポイント(6000円)
大型消費(楽天を利用)20万円6000ポイント(6000円)

年間獲得ポイント25440ポイント(25440円)
(合計利用額=158万円なので平均還元率は、1.6%)

ドコモユーザーなら持っていたいカード「dカード(レギュラー)」

基本還元率は1%で、dポイントがゲットできます。
dポイントはドコモユーザーでなくても利用可能で、ファミリーマートやローソンで使うことができます。そのほか、Amazonやノジマオンラインなどのネットでも使うことが可能です。なお、1ポイント1円相当です。

やはりドコモが出しているカードなので、ドコモユーザーはおトクになります。
ドコモの料金をdカードで支払うと、1000円ごとに10ポイントがたまります。
たまったdポイントは、携帯料金の支払いにも充当可能です。

また、dカードケータイ補償では購入から1年間、最大1万円の補償が受けられます。加えて、カードで支払った商品を補償するショッピング保険も付帯しています。

※シミュレーション(カッコ内は相当金額)

<毎月>

コンビニ5万円500ポイント(500円)
ネット通販(Amazonや楽天を利用)1万円150ポイント(150円)
外食1万円100ポイント(100円)
公共料金(携帯料金・ドコモ8000円)2万円280ポイント(280円)
月合計1030ポイント(1030円)

<年>

旅行費用(JALパックなどを利用)30万円4500ポイント(4500円)
大型消費(Amazonや楽天を利用)20万円3000ポイント(3000円)

年間獲得ポイント19860ポイント(19860円)
(合計利用額=158万円なので平均還元率は、1.3%)

年1回のキャッシュバックが楽しみになる「VIASOカード」

viasoカード

基本還元率は0.5%と高還元率ではありませんが、年1回1年分のポイントを現金でキャッシュバックしてくれる珍しいカードです。1000円の利用で5ポイント(5円相当)をもらえます。
しかも、手続きは不要で、クレジットカードの引き落とし口座に振り込まれます。

基本還元率は標準的ですが、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの利用料金、ETC利用の高速道路料金などは2倍の還元率で、1000円で10ポイント(10円相当)。
また、VIASO eショップを経由してネットショッピングをすると、10000円の利用で最大1000ポイント、つまり10%の還元率になることもあります。

年会費が無料のカードですが保険関係も充実していて、最高2000万円の海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯しています。

※シミュレーション(カッコ内は相当金額)

<毎月>

コンビニ5万円250ポイント(250円)
ネット通販(VIASO eショップ経由)1万円100ポイント(100円)
外食1万円100ポイント(100円)
公共料金(携帯料金・ドコモ8000円)2万円200ポイント(200円)
月合計1030ポイント(650円)

<年>

旅行費用(VIASO eショップ経由)30万円4000ポイント(4000円)
大型消費(VIASO eショップ経由)20万円2000ポイント(2000円)

年間獲得ポイント13800ポイント(13800円)
(合計利用額=158万円なので平均還元率は、0.9%)

ポイントがたまりやすい期間がおトク!「ライフカード」

ポイント還元率は0.5%で標準的ですが、誕生月は3倍になるなど、楽しみがあるカードともいえます。

また、年間50万円のカード利用があった場合は、300ポイントプレゼントと1年間の利用金額に応じて翌年度のポイントが最大2倍になります。
使えば使うほど還元率がアップするというわけです。

国際ブランドはVISA、マスターカード、JCBの3種類から選ぶことができます。

※シミュレーション(カッコ内は相当金額)

<毎月>

コンビニ5万円250ポイント(250円)
ネット通販1万円50ポイント(50円)
外食1万円50ポイント(50円)
公共料金2万円100ポイント(100円)
月合計450ポイント(450円)

<年>

誕生月付加900ポイント(900円)
旅行費用(1回15万円を誕生月に利用)30万円3000ポイント(3000円)
大型消費(誕生月に利用)20万円3000ポイント(3000円)

年間獲得ポイント12300ポイント(12300円)
(合計利用額=158万円なので平均還元率は、0.8%)

年会費を払っても使いたい!高還元率のクレジットカード

年間の利用金額が多いのであれば、年会費を払ってもおトクになるカードがあります。
また、年会費があるカードは基本サービスや特典が充実していることもあり、ポイント還元率が高ければ、年会費を払ってもおトクになる場合があるのです。

ここでは基本機能が充実し、ステータス性もあるゴールドカードの中からおトクにポイントをゲットできる4つのカードを紹介します。

ポイントの有効期限がないので余裕を持ってためられる「エポスゴールドカード」

エポスの一般カードのポイントの有効期限は2年ですが、ゴールドカードならポイントの期限はありません
基本的な還元率は1%で高還元率の部類に入り、これに加えて選べるポイントアップショップでよく使うコンビニやドラッグストアなどを登録しておくと、ここでカード決済することでポイントが3倍になります。

年間の利用金額に対してもポイントが付与され、年間50万円の利用で2500ポイント、100万円の利用で1万ポイントとなります。

年会費は5500円ですが、プラチナ・ゴールド会員のご家族からの紹介で入会した場合、エポスカードから招待(インビテーション)があった場合と年額50万円以上の利用で、年会費が無料となります。この場合の50万円は1度でもこの額を超えれば、それ以降の年会費は無料です。
つまり、ハードルはかなり低いといえます。

招待以外で発効した場合は初年度に5500円の年会費が発生しますが、その年に50万円以上を利用すればボーナスポイントと合わせて5000ポイント以上を獲得できるので、50万円以上の利用が見込まれるのなら、実質年会費無料です。
上述したように1度でも50万円を超えれば年会費が無料となるので、初年度でもかなりおトクなカードといえるでしょう。

ゴールドカードとしての機能も充実していることもポイントです。
空港のカードラウンジが利用できたり、海外サポートデスクで海外旅行の手助けが受けられたり、海外旅行傷害保険も最高2000万円が補償されます。

また、エポトクプラザを経由してショッピングをするとポイントがアップしたり、全国のお店でさまざまな優待が受けられるなど、サービス満点のカードです。

年会費2200円でもてるゴールドカードの入門版「楽天ゴールドカード」

年会費無料の楽天カードでもポイントがたまりやすいのですが、ゴールドカードなら楽天市場の利用でポイントが最大5倍となります(一般カードは最大3倍)。

ポイントは一般カードと同じで楽天ポイントがたまるので、街のお店などでの使い勝手も抜群。
ゴールドカードとしての機能も入門版としては充実していて、年2回、空港などにあるカードラウンジが利用できたり、海外旅行傷害保険も最大2000万円までの補償です。

そのほか、トラベルデスクもあり、海外旅行でのサポートも受けられます。

ドコモユーザーなら年会費を払ってもそれ以上におトク「dカードゴールド」

ドコモ利用者なら大きなメリットがあるゴールドカードです。
カードの年会費は一般的なゴールドカードの1万円ですが、ドコモ利用金額の10%がポイントとして返ってくるので、実質年会費は無料といっていいかもしれません。
基本的な還元率は1%で、dポイントがたまります。
dポイントはいつもなにかしらのキャンペーンを行っているので、これに乗れば、多くのdポイントをゲットすることも可能です。

もちろん、空港のラウンジが利用できるなどのゴールドカードとしてのメリットは十分。
ラウンジ利用のほか、ETCカードの年会費無料に加え、海外傷害保険も付帯されます。また、ショッピング保険も付いています。

ドコモのユーザーにとってうれしいのは、携帯電話購入から3年間、紛失や修理不能 (水ぬれ・全損)の故障でも最大10万円分補償がされることでしょう。

海外旅行によく出掛けるのなら安心の「アメリカン・エキスプレスカード」

券面こそグリーンで一般カードのようですが、カードのサービスとしては他のカード会社のゴールドにあたるといってもいいアメリカン・エキスプレスカード。
年会費も一般的なゴールドカード並みです。

ポイントの還元率は0.3~0.5%と高くはないのですが、メンバーシップ・リワード・プラス(年額3300円)に加入すると、ポイントの有効期限が無期限になることに加え、たまったポイントを提携各社のマイルやポイント移行するとき、ポイント換算レートがアップします。
つまり、ポイント還元率が上がるのです。

しかしなんといってもアメリカン・エキスプレスの特徴は、旅行や食事などいわゆるT&E(トラベル&エンタテインメント)で利用できる特典が多いこと。
空港のカードラウンジは同伴者1人まで利用可能なのに加え、都度利用は有料となりますが、1ランク上のラウンジが使えるプライオリティ・パスを発行することもできます。
旅行が多い人にとっては、年会費以上のサービスやサポートを受けることができます。

旅行傷害保険は国内外とも最大5000万円、ショッピング保険も国内外ともに最大500万円が補償されます。

まとめ

年額の利用額が50万円程度なら、年会費が無料で高還元率のカードがおトク。
しかし、100万円以上をカード決済するのなら、ゴールドカードも視野に入ってきます。

最近はコンビニなどでも気軽にカード決済ができるので、積極的にキャッシュレスを活用して、ポイントをためましょう。

関連記事

時間アイコン21.05.09

年会費無料のクレジットカードを保険やETCカードで比較!おすすめはこれ!

時間アイコン21.05.09

学生でもクレジットカードがもてる?おすすめの学生用カードを紹介!

時間アイコン21.05.09

還元率の高いおすすめクレジットカードを紹介! お得なポイントを徹底比較! 

時間アイコン21.05.09

女性に人気のクレジットカードのランキングとおトクなカードを紹介!

時間アイコン21.05.09

d払いにおすすめのクレジットカード|dポイントのため方・活用法も

TOP