マスターカードおすすめのポイントとは?海外旅行や2枚目にも

海外旅行にいくのでマスターカードを作っておきたい、またはVISAカードは持っているのだけどマスターカードも必要…など、マスターカードの存在は知っているもののあまり必要性を感じず、VISAやJCBなどのカードを利用してきたという人は多いはず。

ここでは、マスターカードの特徴やメリットについて、徹底解説します。マスターカードをカードラインアップに加えて、カードライフを充実させましょう。

マスターカードのメリットを紹介

マスターカードはVISAカードと双璧をなす国際ブランドです。

国際ブランド名 世界の加盟店数 特徴
MasterCard(マスターカード) 3850万店 世界2位の国際ブランド。VISAと共に加盟店が多いため、初めてカードを作る方におすすめです。
VISA(ビザ) 3850万店 世界で最も多くのカード会員と加盟店を誇るブランド。取扱店舗が多いため初めてカードを作る方におすすめです。

加盟店数はほぼ変わりませんが、会員数がVISAのほうが多いといわれています。

海外旅行ではマスターカードは必須!海外で使える店が多い

VISAカードも同様ですが、マスターカードも海外での加盟店が多いカードです。
日本国内だけならJCBカードでも事足りますが、JCBカードは海外での加盟店が少なく、使えない場合もあります。

そんなとき、マスターカードやVISAなら安心。
カードが使えるお店ならほとんど、マスターカードやVISAが使えます。

ただし、海外の場合、場合によっては、例えばその店主の趣味など…、マスターカードまたは、VISAカードのみしか使えない店舗もあります。

マスターカードはVISAに比べて、ヨーロッパ圏では強いといわれています。
マスターカードは早くからヨーロッパで普及してきたユーロカードと提携。
提携の影響が残る一部の地域では、いまもマスターカードが使いやすいといわれています。
そのため、ヨーロッパ旅行をするのならマスターカードを持っていたほうが安心といえます。

マスターカードの独自の優待サービス

その他の国際ブランドにもありますが、マスターカードにも独自の特典や優待サービスがあります。

マスターカードはCMなどでおなじみの「プライスレス」をかかげ、お金では買えないさまざまなキャンペーンなどを企画しています。

そのなかで、プライスレス・シティはマスターカード会員だけが特別に利用できる特典プログラム。
珍しいイベントや地元の隠れた名所などを特別に体験することができます。
日本国内にはプライスレス・ジャパンがあり、ショッピング、旅行、飲食、エンターテインメントの4分野で日本人の嗜好に合った体験や優待といった特典が用意されています。

また、ラグビーワールドカップやUEFAチャンピオンズリーグ、などのオフィシャルパートナーでもあるので、大会が開催される頃にはキャンペーンが行われることが多いです。
ただし、FIFAワールドカップのスポンサーは、2007年にVISAに取って代わられました。

日本のコストコで使えるのはマスターカードだけ

マスターカードしか使えない国内の特徴的な店舗が、コストコです。
アメリカから来た大型スーパー・コストコは安価な設定で、女性を中心に人気です。
ここは廉価販売ということもあって、どのクレジットカードでも使えるわけではありません。
唯一使えるのが、マスターカードなのです。

コストコをよく利用する人やこれから利用しようと思っている人には必携のカードといえるでしょう。

コストコで使えるクレジットカードについてはこちら
コストコで使えるおすすめクレジットカード6選

マスターカードのデメリット

会員数こそやや少ないものの、VISAと遜色のない店舗数を誇るマスターカード。
デメリットはあるのでしょうか?

日本国内ではVISAより決済能力で劣る?

日本国内ではマスターカードは使いにくいと思っている人がいます。
年齢層が高い人に多いのですが、これは日本のクレジットカードの歴史に関係があります。

現在は、店舗開発(店舗にクレジットカードを使えるようにしてもらう)をしているカード会社のほとんどがマスターカードとVISAの両方を発行しています。

したがって、一部の特徴的な店舗をのぞき、VISAが使えてマスターカードが使えないということはありません

1980年代頃まで日本国内でマスターカードと提携したカードを発行していたのはDCカード(現三菱UFJニコス)、UCカード、MCカード(現三菱UFJニコス)でした。

しかし、この3社はお互いに利用店舗を開放していなかったため、マスターカードのマークがあっても、DCカードはDCのマークのある店だけ、UCカードも…という感じで、マスターカードのマークがあっても異なるブランドでは使えないことがあったのです。

その後、マスターカードとVISAカードの両方を発行するカード会社が増え、それに伴い、マスターカードの店舗も国内発行のマスターカードのマークのあるカードでも使えるように開放されたのです。

他にデメリットはない?

国内ではほとんどデメリットはないといえますが、海外では一部の国や地域でVISAしか使えないというケースもあります。

そういう場合は現金決済にするか、念のためにVISAカードを作っておくといいでしょう。

ただし、アメリカン・エキスプレスまたはダイナースクラブしか使えない店舗は一定数存在します。

自分にぴったりのマスターカードを選ぼう

ここまでマスターカードの特徴をお伝えしてきましたが、ここからはおトクなマスターカードを紹介していきます。

ポイント還元がおトクなマスターカード

あまり国際ブランドとは関係がありませんが、おトクにポイントがたまるマスターカードがあります。

還元率重視!おトクにポイントをためるのなら「楽天カード」

楽天カードの発行する楽天カードは、マスターカードをはじめ、VISA、JCB、アメリカン・エクスプレスの4大国際ブランドから選んで発行できます

マスターカードを選択すると、ニューヨークやロンドン、パリ、シンガポール、香港など世界中の主要都市でお得に使える、優待や特典のプログラムプライスレスシティが付いてきます。

楽天カードの特徴はなんといってもポイントがたまりやすいところ。
基本還元率が1%で高いのに加え、楽天市場などの楽天サービスや特定の加盟店での利用で、ポイント還元率がアップします。

もらえるポイントは楽天ポイントで、100円の利用で1ポイントたまります。
楽天ポイントは1ポイント1円相当なのでわかりやすく、加えて楽天のサービスやマクドナルドなどの楽天ポイントカード加盟店、楽天ペイの加盟店で使えることができるのもポイントです。

オリコモールを利用すればボーナスポイントも「Orico Card THE POINT」

こちらは、マスターカードかJCBが選べますが、海外での利用を考えるのならマスターカードを選んだほうが利便性が高いでしょう。

Orico Card THE POINTも楽天カード同様にポイントの還元率が高いカードです。
還元率は通常利用でも1%と高めで、オンラインショッピングサイト「オリコモール」を経由して買い物をすれば、オリコモール特別加算(0.5%)と利用ショップごとの加算ポイント(0.5%~)で最低でもプラス1%、つまり合計2%のポイント還元です。

入会6か月間は、新規入会特典として、ポイントの還元率が2倍にアップしまので、入会特典を存分に利用しましょう。

海外旅行に持っていくマスターカード

海外旅行に持っていくのなら、海外旅行傷害保険が充実したものを選びましょう。
また、航空会社系のマスターカードにも注目です。

カードの利用で自動的にマイルがたまる「JALカード 普通カード」

年会費は2200円かかりますが、入会搭乗ボーナス1000マイル、毎年初回搭乗ボーナスマイル1000マイル、搭乗ごとのボーナスフライトマイルが10%プラスされるのがJALカードです。
JALをよく利用するのならぜひとも持っていたいカードでもあります。

たまるポイントはすべてマイルに交換され、200円の利用ごとに1マイルが獲得できます。
また、ファミリーマートなどJALの特約店での利用なら100円ごとに1マイルとなります。
1マイルの価値は1.5円から3円以上といわれているので、マイルを使って特典航空券を利用するのなら、還元率はかなり高くなるといえるでしょう。

また、国内外とも旅行傷害保険が最高1000万円まで付帯します。

ANAのマイルがたまりやすく、毎年1000マイルのボーナスも「ANAカード」

マスターカードは200円ごとに1マイルがたまります。

マスターカードは年額6600円のコース手数料を支払うことで、200円で2マイルたまる2倍コースになり、カードの決済金額が多いのなら、こちらを選んだほうがおトクです。

初年度の年会費は無料で、次年度以降年会費は2200円ですが、入会時に1000マイル、その後1年ごとに1000マイルずつ付与されます。
また、利用明細をWEBにするなどで、年会費が割引となります。
JALと違うのは、ANAに搭乗しなくても年度ごとのマイルがもらえる点です。

国内外とも旅行傷害保険が最高1000万円まで付帯します。

デュアル発行できるマスターカード

マスターカードとVISAの2種類のカードを発行できるカード会社もあります。

カード会社の特典は1つ(例えば旅行傷害保険が倍増となることはない)なので、特典に対するメリットはあまりありませんが、請求をまとめられたり、年会費がそれぞれ発行するよりも安くなる特典があります。

基本中のきほんのカード「三井住友カード」

三井住友カードといえばVISAカードの印象ですが、マスターカードも発行しています。
三井住友カードでは、VISAカードとマスターカードの2種類を同時に所有することができます。
入会申込時や入会後に手続きが可能です。

シングルの発行だと年会費は1375円ですがデュアルで2枚発行しても、1650円とおトクです。
なお、初年度の年会費は無料で、次年度以降もWEB明細などを利用することで年会費が割り引かれます。

まとめ

すでにVISAカードなどのクレジットカードを持っているのであれば、海外や国内での利用店舗を増やすためにマスターカードを持つことは得策でしょう。

また、マスターカード独自のサービスもあるので、そちらにも注目です。

関連記事

時間アイコン21.05.09

年会費無料のクレジットカードを保険やETCカードで比較!おすすめはこれ!

時間アイコン21.05.09

学生でもクレジットカードがもてる?おすすめの学生用カードを紹介!

時間アイコン21.05.09

還元率の高いおすすめクレジットカードを紹介! お得なポイントを徹底比較! 

時間アイコン21.05.09

女性に人気のクレジットカードのランキングとおトクなカードを紹介!

時間アイコン21.05.09

d払いにおすすめのクレジットカード|dポイントのため方・活用法も

TOP