三井住友カード デビュープラスのメリットデメリットまとめ

三井住友カード デビュープラス
昔は「学生がクレジットカードを持つのは危ない!」というような風潮がありましたが、現在では「クレジットカードを持ってないのは珍しい!」というような社会になってますよね。 世の中の変化と共に「お金をジャラジャラ持つより、クレジットカードの方が断然効率的だ!」ということが浸透してきているように思います。 ですが、学生向けのクレジットカードは現状ではまだ少なく、クレジットカードを持ったことがない、初めての人にとってはややこしく、分かりにくいものでしょう。 「ややこしいからまた今度でいいや…」と先延ばししてしまい、クレジットカードの知識がないまま社会人になってしまうのも、それはそれでデメリットが多いです。 これからクレジットカードや電子マネーの社会は普及していくことは確実なので、是非学生の内からクレジットカードの知識を付けて、慣れておきましょう! クレジットカードは色んな機能やキャンペーンなどがあり、ややこしいのは事実ですが、基本的な部分だけ抑えておけばOKです! 特に三井住友カード デビュープラスは学生向けということで使用用途が絞られているので分かりやすい親切設計のカードです!

1.三井住友カード デビュープラスの特徴スペック一覧表

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス
提携ブランド Visa
支払日 月末締め翌月26日払い
年会費 初年度年会費無料 2年目以降1,375円(税込) ※年1回の利用で翌年度無料
ポイント名称 ワールドプレゼント
ポイント還元率 1%  (1ポイント=5円)
ポイント有効期限 2年間
ポイント優遇対象サービス 「ポイントUPモール」経由での提携ネットショッピング 「ココイイ!」エントリーで提携リアル店舗でのショッピング ※詳しくは会員サイトに記載
ポイントの提携 電子マネー WAON、nanaco、楽天Edy、suica、PiTaPa、カトクエ、タリーズ、スタバ 通販 ベルメゾン、楽天、プレミアムバンダイ 携帯 dポイントクラブ、au 家電 ビックカメラ、ジョーシン、ヨドバシカメラ ポイントサービス Tポイント、Ponta、Gポイント、Pexポイント その他 中部電力、JAF
利用可能最低ポイント数 200ポイント
ボーナスポイント 利用額ボーナス 前年度利用額50万円以上:(名称:V1メンバー) 50万円利用で+50P、以降10万円毎に+10P 前年度利用額100万円以上:(名称:V2メンバー) 50万円利用で+75P、以降10万円毎に+15P 前年度利用額300万円以上:(名称:V3メンバー) 50万円利用で+150P、以降10万円毎に+30P 入会から3ヶ月間 ポイント5倍
電子マネー付帯 iD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave
チャージできる電子マネー nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA・WAON
家族カード 発行枚数制限無し
ETCカード 年会費550円(税込) ※初年度年会費無料 年一回以上のETC利用で翌年度年会費無料
国内・海外旅行保険 無し
ショッピング保険 有り:最高100万円/90日間 (自己負担額3,000円 海外での利用・リボ払い・分割払いが対象)
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 3% (100ポイント=300マイル)
即日発行 無し ※最短3営業日内の発行

2.三井住友カード デビュープラスのメリットについて

メリット1:若者向けに作られている分お得感がスゴい!

三井住友カード デビュープラスは18歳〜25歳向けのカードです。 学生は社会人とは違い『固定収入』がないため、クレジットカードの申し込みをためらってしまいますよね。クレジットカードを利用したことがない人は「クレジットカードって『お金』が絡んでくるから何か大変そう…」というイメージを持ってしまいがちです。 もちろん計画的な使用は必要ですが、使用に関して自分のライフスタイルに必要なポイントだけを抑えておくことで、クレジットカードは心強い味方になってくれます! まず始めに抑えておくべきクレジットカードの注意点は「クレジットカードを持っておくだけでお金はかかるか?」です。 三井住友カード デビュープラスの諸手数料は以下の通りです。

作る、持っておくだけでお金はかかるの?

諸手続き 諸手数料
入会金 無料
カード発行費 無料
事務手数料 無料
年会費 1年目無料 年一回のカード利用で翌年度無料
解約手数料 無料
つまり、2年目以降の年会費のみ、気をつけておけば、持っておくだけでは無駄なお金は発生しないということです。

2年目以降の年会費は無料にならないの?

1年目は無料でも2年目から年会費がかかるクレジットカードは多数あります。三井住友カード デビュープラスも同様に2年目から1,375円(税込)の年会費がかかります。 それでも月額にすると 112.5円/月額と小額ですが、無料であった方がいいですよね! 三井住友カード デビュープラスでは年一回の利用で年会費が無料になります。
三井住友 カードの種類 年会費
エグゼクティブカード以上 リボ払い利用=割引 クレジットカード利用=割引 リボ払い利用+クレジットカード利用=割引
その他の三井住友カード リボ払い利用=無料 クレジットカード利用=割引 リボ払い利用+クレジットカード利用=無料
三井住友カード デビュープラス 年一回のクレジットカード利用=無料

メリット2:ブランド力の絶大な安心感!

クレジットカードはお金を扱うものです。よく「ポイントが獲得できるので、カードを作りませんか!?」と勧誘してくるデパートもあります。 でもクレジットカードは、その会社がお金を貸すもの。「クレジットカード作りませんか!?」=「お金貸してあげますよ!?」と言っているようなものです。そこらへんの無名のデパートから「お金貸してあげますよ!?」といわれても「怪しい…」と思ってしまいますよね。 実際に、入会させておいて年会費や諸手数料が引かれたり、入会したらメールでしつこくお店の情報を送ってくる会社も多数あります。

三井住友ブランドの実績

三井住友カードは創業50周年を迎えている老舗です。しかも世界で最も利用されているVisaカードを日本で初めて発行したのも三井住友カードです。

金融業界初のPマーク取得!

Pマーク(プライバシーマーク)とは日本工業規格(JIS)が認める個人情報保護体制の基準を満たしているマーク。 基準って何?という疑問があると思いますが、要約すると「法律に規定されているJIS Q 15001の個人情報保護レベルを、第三者が満たしていると認めた」ということです。 いわば国に安全性を認められているってことです!

三井フィナンシャルグループという大御所の強み

クレジットカード業界での実績もそうですが、三井住友カードは三井フィナンシャルグループの一員です。そのブランドは各方面からの信頼感を集めており、有名店舗との提携により、ポイントやID決済に対応してくれる店舗が多数あります! しかも、三井フィナンシャルグループの一員であることから、ブランドの安心感は国内一といっても過言ではないでしょう。

メリット3:審査が通りやすい!

三井住友カード デビュープラスは元々18歳〜25歳の学生向けに作られたカードです。ですので学生でも容易にクレジットカードの審査が通ります。 むしろ三井住友カード デビュープラスは25歳を超えている方は作ることができません。ですが、満18歳〜25歳であれば、学生、社会人、自営業、公務員だれでも作ることが可能です。
対象者 発行の可否 対象者 発行の可否
正社員 派遣社員
公務員 団体職員
中小企業経営者 会社役員
個人事業主 自由業(フリーター)
士業 年金生活者
契約社員 大学生
アルバイト 大学院生
パート 専業主婦
高校生 × 無職 ×
通常のカードだと「年収はいくらですか?」「これまでにキャッシングを利用したことはありますか?」「仕事の勤続年数は何年ですか?」など様々な質問がありますが、三井住友カード デビュープラスでは「学生でも作れますよ!」と謳っているカードなので、申請するとほぼ間違いなく審査を通過します。

未成年は親の承認が必要?

18歳〜19歳の場合は親の承認が必要です。 しかし、他の学生カード、例えばエポスカードでは「電話での確認」などが必要ですが、三井住友カードの場合は「承認書類の提出」です。 電話での承認に比べるとハードルが低いですね。

メリット4:業界最高水準のポイント還元率!

三井住友カード デビュープラスではショッピングで貯まるポイント倍率が業界内で最高水準にあります。しかもこれは三井住友カードの中でも三井住友カード デビュープラス限定の得点です。 他の三井住友カードを使用するとポイント1倍(等倍)のところが、三井住友カード デビュープラスだと常に2倍になります。 一回の使用だとそんなに大差はありませんが、積み重なると雲泥の差があります。

入会から3ヶ月間はなんとポイント5倍※業界最高水準

一般的なクレジットカードのポイントは利用金額に対して0.5%~1%(還元率といいます)のポイントが付くのが一般的です。 三井住友VIAAカードでは1000円につき1ポイント貯まるので、ポイント還元率だけで言うと0.1%となります。 しかし、1ポイント5円の価値で交換できるため、還元率は0.5%となります。 学生専用の三井住友カード デビュープラスでは入会から3ヶ月間はポイントが通常の5倍! 三井住友 カードの還元率が0.5%なので、5倍の場合は2.5%となります。 (1000円で5ポイント貯まり、交換すると25円分の価値になる計算となります) 小額で見ると少なく感じますが、還元率2.5%はクレジットカード業界ではかなり高い還元率です! 例えば
  • 新生活の引越しや家具の購入で出費が多くなる時期
  • 夏休み冬休みなどの旅行、イベントの時期
  • 年末年始などのショッピングが増える時期
などに合わせて発行し、3ヶ月間で20万円分利用すると1000ポイント貯まる計算となります。 「え?!20万円も利用してるのに1000ポイントしか貯まらないのか?」と、全然ポイント貯まってないように見えますが、1ポイント5円分の価値なので、1000ポイントで5000円分の価値となります。 この貯まった1000ポイントを商品に交換してもいいのですが、私がオススメしているポイント活用法は、他のポイントに移行して使うことです。 1000ポイントを他のポイントに交換すると…
  • 楽天ポイント=5000ポイント
  • Tポイント=4500ポイント
  • ヨドバシカメラ=5000ポイント
  • dポイント=5000ポイント
  • nanacoポイント=3000ポイント
  • スタバ=4000円分
  • 楽天Edy=3000ポイント
  • Amazonギフト=5000円
1ポイント3円~5円の価値があるので、1000ポイントを交換すれば最大5000円以上の価値が生まれます。しかも大学生にとって嬉しい交換先ばかりです。
  • 友達とスタバに行く機会が多い ⇒ ポイント使ってスタバの飲み物を無料に
  • 楽天ポイントやAmazonギフトに交換 ⇒ ネットでの買い物を実質無料に
  • ファミマやTSUTAYAをよく利用する ⇒ Tポイントに交換して実質無料に
こんなことができてしまうんです。現金払いでは絶対にできないことですし、三井住友カード デビュープラスだからこそできるワザです。 三井住友カード デビュープラスを発行して3か月間で合計10万円の買い物をするだけで、約5000円相当のポイントにして使えます。 さらに、3ヶ月の5倍期間が終了しても、学生カードならいつでもポイント2倍の還元率1%がずーっと適用されます。(満25歳まで) 年間100万円利用すると2000ポイント貯まります。1ポイント5円の価値があるので、最大10000円分のものと交換ができる計算になります。 2000ポイントを他のポイントに交換すると…
  • 楽天ポイント=10000ポイント
  • Tポイント=9000ポイント
  • ヨドバシカメラ=10000ポイント
  • dポイント=10000ポイント
  • nanacoポイント=6000ポイント
  • スタバ=8000円分
  • 楽天Edy=6000ポイント
  • Amazonギフト=10000円
もちろん、ポイント交換数は指定できるので、細かく振り分けすることも可能です。 5000ポイントを振り分けて使うと…
  • 楽天ポイントに1000ポイント ⇒ 5000ポイントも楽天市場で買い物できる
  • スタバに2000ポイント ⇒ 8000円分チャージされたスタバカード発行
  • amazonギフトに2000ポイント ⇒ 1万円分もamazonで買い物できる
こんな使い方もできます。毎年50万円分のカード利用をするだけで、毎年これだけのポイントを貯めることができるんです。
Gポイントを経由するともっと賢くポイントを活用できる!
ここで知ってほしいのがGポイント。知らない人も多いかと思いますので、今回はぜひここでGポイントを覚えておいてほしいです。 ワールドプレゼントポイントは、1P=5Pで、Gポイントに移行することができます。 Gポイントは店舗で利用できるものではなく、各種ポイントの仲介できるポータルの役割を果たしています。 ワールドプレゼントポイントからGポイントに移行して、さらにGポイントから以下のポイントに移行することができます。
交換先 1000P交換した場合 ワールドプレゼント ポイント Gポイント経由
Tポイント 4500P 5000P
nanacoポイント 3000P 5000P
楽天ポイント 5000P -
dポイント 5000P 5000P
ヨドバシポイント 5000P -
Amazon 5000P 5000P
スタバカード 4000円分 5000円分
楽天Edy 3000円分 5000円分
LINEポイント - 5000P
Pontaポイント - 5000P
WAONポイント - 5000P
リクルートポイント - 5000P
ジョーシンポイント - 5000P
ビックカメラポイント - 5000P
WebMoney - 5000P
電子マネーiD 5000円分 5000円分
Vプリカ - 5000円分
現金に交換 3000円 5000円
ANAマイル 1000マイル 1666マイル
JALマイル - 1666マイル
※赤字はGポイントに移行するとお得になるもの Gポイントを経由することで、直接交換よりも多くのポイント移行ができるようになります。間違いなくお得です。 しかも、LINEポイントやWAONポイントなど、直接交換ではできなかったポイント先にも、Gポイント経由すれば交換できるようになります。 ポイント交換できる幅が広がり、より多くの場所でポイントを効率よく使いこなすことができます。 1人暮らしをしている学生さんなら、お米やインスタント食品などの食品を楽天市場で購入すれば節約にもなりますし、食材の買い出しをイオンで買うならWAONポイント使ったり、授業で使う道具をAmazonで購入したり、スタバでレポート作成したり、リクルートポイントに交換すればじゃらんで使えるようになるので一人旅も無料でできたり。 自分のライフスタイルにあわせてポイントを交換すると非常にオトクです。 Gポイントの存在を知るだけで、三井住友カード デビュープラスをよりお得に賢く使いこなせます。 ⇒ Gポイントの公式サイトはこちら

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

ポイントはどこで貯められるの?

ポイント○○倍!!だからといって、誰も知らないような店舗でしかポイントがつかないクレジットカードやポイントカードって多いですよね。 特にデパート系のクレジットカードはその系列のデパートでしか貯まらなかったりします。 ですが、三井住友カードはその実績から各有名店舗の信頼を獲得し、提携店舗は誰でも聞いたことがある店舗ぞろいです。 ポイントの貯め方は大まかに分けて2種類。
  • ネットショップで貯める
  • リアル店舗(街)で貯める
それぞれの提携店舗を紹介します。
ネットショップなら「ポイントUPモール」
「ポイントUPモール」は三井住友カードの会員サイト経由で、各ネットショップにアクセスするとこでポイントが獲得できるサービスです。
 ジャンル  店舗名  ポイント倍率
   総合  Amazon 楽天市場 LOHACO Yahoo!ショッピング ポンパレモール ベルメゾンネット  2倍
 DeNAショッピング ニッセン ヤマダモール  3倍
 セブンネットショッピング  4倍
スーパー等 楽天ネットスーパー DHCオンラインショップ SEIYUドットコム その他  2~5倍
 家電 ビックカメラ.com ヤマダ電機 WEB.COM Apple Store その他  2~3倍
 本・音楽 BookLive! TSUTAYA オンライン その他  2~11倍
 旅行 エクスペディア 楽天トラベル じゃらん H.I.S. その他  2~6倍
 クーポン グルーポン ポンパレ 楽天RaCoupon その他  2~5倍
 ファッション ジーユー オンラインストア マルイウェブチャネル JINS ABC-MART.net i LUMINE(アイルミネ)  2~6倍
三井住友カード デビュープラスは元々ポイント2倍なので、上記の表の倍率からさらに上乗せされます!上記のサイト以外にも提携店はまだまだあるので、ネットショップを利用する方は確実にお得です!
リアル店舗(街)での買い物なら「ココイコ!」
「ココイコ!」とは三井住友カードの会員サイトで登録できるサービスで、エントリー画面で
  • ポイントUP
  • キャッシュバック
のどちらかが選択できます。 エントリー後、街でその店舗でカード利用すると選んだ方のサービスが適用されます。 提携店舗の代表的な例は以下の通りです。
加盟店 ポイント倍率 キャッシュバック倍率
東急百貨店 小田急百貨店 大丸 渋谷ヒカリエ ビックエコー カラオケの鉄人 東急ハンズ コナカ 紳士服のはるやま その他多数 2~18倍 0.5~8.5%
上記の表に三井住友カード デビュープラスの元々の倍率を上乗せすることになります。

なんでこんなに倍率が高いの?

学生向けであるのに、なぜこんなに倍率が高いのか?と疑問を持たれる人もいるかと思います。通常の三井住友カードに比べて利便性が良すぎます。 その理由は「学生向けであるから」という点にあります。 学生は社会人とは違い、固定収入がないため、利用できるお金の料も社会人に比べて当然低くなります。そのため、ショッピングの利用得点に特化して、クレジットカードの利用機会を増やそうということですね。 例えば「マイルが貯まります!」と言うサービスに力を入れられても、出張や海外勤務がない学生にはあまり関係ありませんよね。 つまり、三井住友カード デビュープラスは学生や若い人のライフスタイルに合わせて設計されているカードといえます。

メリット5:審査が通りにくいゴールドカードへ自動昇格!

18歳〜25歳向けのカードと聞くと、必然的に「25歳を過ぎたらどうなるの?」という疑問が湧いてくると思います。 三井住友カード デビュープラスでは25歳を過ぎると、自動的に三井住友カード プライムゴールドへ昇格されます。 三井住友カード プライムゴールドはクレジットカードの利用経験が少ない人にはあまり馴染みがないと思いますが、審査基準が厳しいカードです。特に自営業やフリーターでは取得するのが難しいカードです。

三井住友カード プライムゴールドは何がちがうの?

プライムゴールドカード デビュープラスカード
年会費 年間5000円 条件クリアで最低1500円 初年度無料 条件クリアで無料
利用限度額 最高200万円 最高30万円
海外旅行傷害保証 最大5000万円保証 無し
ショッピング保証 最大300万円 最大100万円
空港ラウンジの使用 無料 無し
完全に別物と考えた方が良いですね。 満26歳になったら自動的に昇格することができ、社会人になって金銭的に余裕が出てくる時期にゴールドカードが持てるのはかなりのメリットです。 飲み物や食べ物が無料で提供され、くつろげる空港のラウンジを利用できるのは1つの憧れであり、ステータスですよね。

ゴールドカードは強制的なの?

満26歳で自動的に昇格しますが、「絶対に持たなければいけない!」というワケではありません。 利便性は下がりますが、三井住友カードが提供している「三井住友カード」または「三井住友カードA」という一般的に幅広く利用されているクレジットカードに切り替えることも可能です。 また、「三井住友カード デビュープラスのメリットがなくなるならいらない!」という方は無料で解約することもできます。 つまり
  • プライムゴールドカードへ昇格
  • 一般的なカードへ切り替え
  • カード利用の解約
の中から好きに選べるということです。 カードの解約は電話で出来るので、簡単に行なえます。無条件でゴールドカードに昇格でき、不要であれば解約できる。最強のカードです!

3.三井住友カード デビュープラスのいまいちポイントについて

三井住友カード デビュープラスの唯一のデメリットは「海外旅行傷害保険がない」という点です。

海外旅行傷害保険ってなに?

海外旅行傷害保険とは海外旅行中に事故やケガ、盗難に遭った場合、その金額の全部もしくは一部をカード会社が保証してくれるというサービスです。 海外に頻繁に行く学生や、卒業旅行に行く人にとってはデメリットになる点ですね。 なぜ、海外旅行傷害保険が付いてないのか?というと、三井住友カード デビュープラスが学生向けに作られていて、海外出張や旅行に頻繁に行く人向けに設計されていないという理由があります。 その分、学生に向けたメリットは多くなってます。

海外にいく人はどうすればいい?

じゃあ海外によく行く学生や、留学に行く学生はどうすれば良いのか?ですが、この解決方法が簡単で、『カードの複数持ち』です。 元々クレジットカードはカードごとに特徴が違うので複数持つことは珍しくありません。「国内ショッピング用」「海外用」「生活費用」「緊急用」という感じで、複数のカードを持ち歩いている社会人がほとんどです。 18歳〜25歳ではそんなに多くのカードは必要ないと思うので、「海外用」「国内用」の2枚を持っておくだけでかなり快適に日常を送ることができるでしょう。

海外用のクレジットカードは何が良いの?

実は海外用のクレジットカードもVISAカードが最強です。全国200カ国で使用されている、世界のどこでも使えるのがVISAカードです。 三井住友カードでは「三井住友カード」から海外旅行傷害保険が最大2000万円で付いているので、三井住友カード デビュープラスを持つのであれば、同じ系列、同じサイトで利用状況を確認できる「三井住友カード」を取得するのがベストです。

4.三井住友カード デビュープラスの最大の特徴!こんな人におすすめしたい!

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス 最大の特徴はやはり「学生向け」「若年齢層向け」ということでしょう。 クレジットカードの歴史からいうと、若者がカードを持つ文化ができたのは最近です。ですので、学生向けや若者向けに作られているカードは多くありません! 一例を上げると「楽天カード」「オリコカード」「イオンカード」など、学生でも取得できるカードは沢山あるものの、学生に”特化した”カードは多くありません。 クレジットカードを持つのであれば、平凡なカードを闇雲に複数毎持つよりも、何かに特化したカードを2〜3枚持つことがベストです。 その中でも三井住友カード デビュープラスはネットショッピングや街での買い物をする学生に特化したカードだと言えます。
  • 初心者でカードを使うのが初めてでちょっと怖い!
  • 持っていてダサくないカードがいい!
  • キャッシング枠は多くなくて良いから安心できるカードがいい!
  • ちょっとした買い物に使いたいだけ!
という人は三井住友カード デビュープラスを1枚持っておけば間違いありません。 三井住友カード デビュープラスは各サイトで好評価を得ていて、クレジットカード業界では「最初にクレジットカードを持つなら『三井住友カード デビュープラス』でしょ」というくらいのスタンダードなものになっています。   多くのクレジットカード比較サイトでも、三井住友カード デビュープラスを強く推奨しています。

学生に多機能すぎるカードは危険!

クレジットカードはあくまでも「お金を借りる」というカードです。 他の会社では多機能を謳っていますが、固定収入のない学生にとって多機能はむしろマイナス要素です。
  • 「海外でもお得です!」
  • 「国内でもお得です!」
  • 「キャッシング枠は100万円以上です!」
  • 「○○と併用するとさらにお得です!」
という得点があったとしても使いすぎてしまいます。 その点では三井住友カード デビュープラスは
  • 「買い物時のポイントが業界最高水準です!」
  • 「キャッシング枠の上限は30万円までです!」
という感じで、メリハリのついた非常に信頼のおけるカードです。

5.三井住友カード デビュープラスはどういう使い方が最もお得になるのか?

三井住友カード デビュープラスは先述の通り、学生のショッピングに最適化されています。 入会から3ヶ月間はポイント5倍、通常時はポイント2倍なので、そこを上手く活用するとお得感が増します。

Step1.イベント時期に合わせて申し込み!

  • 入学時期
  • 引越し時期
  • 長期休み時期
など、ショッピングの機会が増える時期にカードを取得します。 入会から3ヶ月間はポイントが5倍なので、家具や服を買うと、他のクレジットカードでは有り得ないほどのかなりの倍率でポイントが付与されます!

Step2.ネットショッピングは「ポイントUPモール」から!

三井住友カードの会員サイトから「ポイントUPモール」経由で買い物をすることで通常のポイント倍率に三井住友カード デビュープラスの2倍の倍率を上乗せして獲得できます。 Amazonや楽天市場など、誰もが利用するネットショップは網羅されているので利用する際は必ず「ポイントUPモール」を経由しましょう。

Step3.街での買い物の前は「ココイコ!」にエントリー!

会員サイトから「ココイコ!」にアクセスし、よく利用するお店にエントリーしておきましょう。エントリーは無料ででき、お店でカードを利用すると自動的にポイントやキャッシュバックがあるので、必ず事前に登録しておきましょう。

Step4.クレジットカードを使う機会が無い時は!?

2年目以降は年会費が1250円かかります。ですので、年会費が無料になる条件である「年一回のクレジットカードの利用」を満たしましょう! 極端な話ですが、コンビニで10円のガムを買っても「年一回のクレジットカードの利用」の条件クリアで1250円の年会費は無料になります。 友達とのカフェや、ちょっとした飲み物を買うときなどはクレジットカードで払い、それ以外は使用しなくても持っておくだけでOKです。

Step5.26歳でゴールドカードへ!!

満26歳で三井住友カード プライムゴールドへ自動昇格です。 学生や20代には馴染みのない「ゴールドカード」ですが、自動昇格することを前提に三井住友カード デビュープラスを利用する人は沢山います。 他の学生向けのカードは年齢制限に達すると、一般カードに切り替わったり、そのまま解約になったりするのでメリットがあまりありません。 ゴールドカードは社会的にもステータスになり、あなたのクレジットヒストリーに残ります。 クレジットヒストリーとは、クレジットカード利用者の『信用レベル』なので、「○○さんはゴールドカードを持てるほど信頼感のある人だ!」と認識され、他のカードの申請も通りやすくなります。 この一連のStepは三井住友カード デビュープラスでしか踏むことはできません。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラス

まとめ

これからは、小銭をジャラジャラして、レジでモタモタするような文化が減少していき、クレジットカードや電子マネーでスムーズに買い物をするのが主流の社会になってきます。 若いうちからクレジットカードに触れておきたいですね! まとめると
  • 18歳〜25歳であれば誰でも審査が通りやすい 
  • 発行に掛かる諸手数料は無料
  • 初年度維持費は無料
  • 10円でも使えば1,375円(税込)の翌年度年会費は無料
  • 使用せずに持っておくだけでもゴールドカードが手に入る
  • ポイント倍率は業界最高レベル です。
クレジットカードを発行したことがない人にとっては「クレジットカードは何か怖い…」という印象だと思いますが、中身を詳しく知ってしまえばメリットが多いことが分かります。 例えばAmazonなどのネットショップではクレジットカードでしか買えない物があったり、代引きでは手数料がかかりますね。 そう考えると金銭的にも時間的にもクレジットカードを持っておいた方がお得です! 申し込みは10分程度も済み、迷っているのであれば申請して、不要と感じれば簡単に解約できるので、利用者には何のデメリットもありません。 学生であれば持っておいて損のない1枚です!

関連記事

時間アイコン19.01.22

三井住友VISAプラチナカードのインビテーション条件と審査条件を確認しておこう

時間アイコン19.01.20

三井住友VISAプラチナカードに切り替えるメリットあるのか?検証してみた

時間アイコン19.01.20

三井住友VISAカード申し込み時のキャッシング枠とリボ払いの設定について

時間アイコン19.01.20

三井住友VISAカードの賢い使い方!!年間100万円利用で何ポイント貯まるか計算してみた

時間アイコン19.01.16

三井住友カードおすすめ7枚を比較!失敗しないための知識まとめ

TOP