クレジットカードは無職でも作れる?作りやすいクレジットカード

専業主婦・主夫となり、クレジットカードは夫(妻)の家族会員として使っている方も多いことでしょう。でも、パートナーのクレジットカードだと大きな買い物や趣味の買い物では気が引けるし、いろいろ詮索されるのはいやなもの。ましてや、パートナーへのプレゼントなど買えるわけがない! 

そこで、主婦・主夫など定職を持たない人でもカードが持てるかどうかを知りたい方に向けて、無職でも作れるクレジットカードをご紹介します。

無職でもクレジットカードが作れるパターンとその理由

クレジットカードはその人の経済的な信用を元に発行されるものなので、定期的な収入がない人には発行されません。莫大な資産を持っていたとしても、収入がなければ入会できないこともあります。

ただし、無職であっても次の3つはクレジットカードが本人に対して発行されるケースがあります。

  • 夫や妻の扶養家族であり、夫や妻に定職や定期的な収入がある
  • 親の扶養者である学生(高校生をのぞく)
  • 資産を運用するなど、定期的な事業収入がある(個人事業者に近いかたち)

1番目と2番目は、扶養されていることがポイントです。
特に夫や妻の収入がそのクレジットカードの発行基準を満たしていなければ、当然のようにパートナーにクレジットカードが発行されることはありません。

3番目については確定申告書など、収入や事業をしている証明があることが必要になることがあります。

無職の人でも作りやすいクレジットカード

夫や妻の扶養家族である場合、本人カードを作るために注目するべきところがあります。

働いているころは気にかけなかったかもしれませんが、扶養家族でも発行できるクレジットカードの申し込み条件には「年収」がないことがほとんどです。

例えば、楽天カードの申し込み条件は「18歳以上の方(高校生の方は除く)であればどなたでもお申し込みいただけます」とあります。
つまり、主婦・主夫でも発行できるとも読み取れるのです。

ここからは、主婦・主婦でも発行可能でおトクなカード5つを紹介します。

年会費無料で、ポイント還元率が高い!「リクルートカード」

リクルートカード の申し込み条件は「高校生を除く18歳以上」となっています。
申し込みのハードルはかなり低く設定されているので、無職や主婦・主夫でも発行される可能性はあるでしょう。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%で、かなり高い部類に入ります。
また、年会費が無料であるのに、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険なども付帯しています。

リクルートカードで獲得したポイントはローソンなどで使えるPontaに交換でき、1リクルートポイントは1Pontaとして即座に使えるようになります。
Pontaはローソンなどで簡単に利用できるので、ポイント獲得の高還元率と相まって、利用しやすいのが特徴です。

18歳以上なら発行可能で、楽天市場などでおトクに使える「楽天カード」

楽天カードの申し込み条件は、「18歳以上の方(高校生の方は除く)であればどなたでもお申し込みいただけます」となっていて、年収などの収入の条件は、表面上はありません。
したがって、主婦・主夫でも申し込みが可能と考えられます。

楽天カードは基本還元率が1%で高いのに加え、楽天市場などの楽天サービスや特定の加盟店での利用で、ポイント還元率がアップするのが特徴です。

もらえるポイントは楽天ポイントで、100円の利用で1ポイント=1円相当なのでわかりやすく、楽天のサービスやマクドナルドなどの楽天ポイントカード加盟店、楽天ペイの加盟店で使えることができます。
高還元率でかつ、ポイントが使いやすいのはカードを選ぶうえでの重要な要素です。

また、マクドナルドなど楽天ポイントカードが使えるお店なら提示でもポイントがもらえるので、カード利用のポイントと二重取りも可能なのもうれしいところ。
楽天Edyへのチャージでもポイントがたまるので、ここでもポイントの二重取りも可能になります。

Amazonをよく利用するならポイントがおトクな「Amazon MasterCard クラシック」

Amazon MasterCard クラシックの発行会社は三井住友カードで、いわゆる「銀行系」のクレジットカード会社です。そのため、審査はやや厳しめといわれています。

しかし、ネットなどでAmazon MasterCard クラシックは無職でも発行できたという書き込みが多く、また、発行条件もAmazonでの利用を促進するためか低めに設定されているという感じです。
申し込み条件も「18歳以上(高校生を除く)」とあるだけです。

Amazon MasterCard クラシックの一番の特徴は、やはりAmazonでの買い物でポイントがたまりやすいということでしょう。
もらえるポイントはAmazonポイントで、Amazonでの買い物でしか利用できませんが、還元率は1.5%と高めです。Amazon以外での買い物などでも1%のAmazonポイントが獲得できます。
なお、プライム会員は、還元率は2%にアップします。

Amazonポイントは自動的にアカウントに加算されるので、交換忘れで失効なども防ぐことができます。

Amazon MasterCard クラシックには、Webでできる即時審査サービスがあり、その審査に通ればテンポラリーカード(電子カード)が発行され、即時にAmazonでの買い物に利用できることもポイント。このときの利用限度額は3万円となります。

年会費は初年度無料で、次年度より1,375円(税込)かかりますが、年に一度の利用で年会費が免除されます。実質、年会費無料のカードといってもいいでしょう。

利用者コメント(20代後半・女性)
ネット通販はほとんどAmazonを使うので作ってみました。夫はゴールドカードで、プライムの料金が無料になっていますが、私もプライムが使えるのでクラシックに。夫に内緒の買い物や夫へのプレゼントなどに実店舗でも使っています。カードは段ボールみたいな感じでかわいいと思います。

近くのセゾンカウンターで即日カード受取も可能「セゾンカードインターナショナル」

セゾンカードインターナショナルを発行するクレディセゾンのWEBページには「専業主婦でも学生でもお申し込み可能。18歳以上(高校生は除く)でご連絡が可能な方で、当社の提携する金融機関に決済口座をお持ちの方に限りお申し込みいただけます」とあります。
主婦・主夫でも発行可能だと、明示されているのです。

セゾンカードインターナショナルは永年年会費無料で、たまるポイントは永久不滅ポイント。
ポイント還元率は0.5%で標準的ですが、その名のとおり、ポイントに有効期限がありません。期限を気にせず、ゆっくり時間をかけてポイントをためることができるのです。
基本還元率は低めですが、セゾンポイントモールを経由したネットショッピングでポイント最大30倍になります。

楽天市場やAmazonなどとも提携しているので、買い物をするときはセゾンポイントモールを経由すると有利です。

セゾンカードインターナショナルは、即日発行できる場合があるのも大きなポイント。
ネットでの申し込みなら、最短当日に全国のセゾンカウンターでクレジットカードを受け取ることができます。

また、デジタル発行を利用すれば、最短5分でカードが使えるようになります。
プラスチックカードは後日郵送などされますが、カード番号などが先に発行され、それを利用してネットショッピングなどができるようになるのです。
また、Apple Payなどの電子決済が利用できます。

ダイエーとイオンで毎日ポイント3倍!「セディナカード Jiyu!da!」

申し込み対象は「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」とあります。
したがって、主婦・主夫でも発行可能です。

このカードの特徴は、毎月の支払額、支払方法を自由に決められること。
といっても、利用があるのに支払わない月を設けるのではなく、入会時に支払いコースの金額を指定し、毎月27日に支払うというもの。

ショッピングの支払いコースはカード利用額の範囲内で、5000円以上から自由に変更ができるのです。

また、余裕がある場合には、月々の支払いにプラスして、インターネットや銀行ATMなどで払うことも可能です。

たまるポイントはわくわくポイントで、カード利用200円につき1ポイントたまります。1ポイントは1円相当なので、還元率は0.5%と標準的。
ただし、イオン、ダイエーやセブン―イレブンなどでの利用はポイントが3倍になるので、これらのショップをよく使う人ならおトクにポイントを獲得できます。

申し込みで注意することとは

主婦・主夫など無職の方が申し込みで注意することは以下の点です。

  • 審査の厳しいカードには申し込まない
  • 一度に複数のカードに申し込まない
  • 審査に落ちた場合は、次の申し込みまで6か月以上あいだをあける
  • キャッシング枠をゼロにする

審査の厳しいカードとは、ゴールドカードなどのステータスカードや、三井住友カードなど銀行が母体のクレジットカード会社が発行するクレジットカードです。

Amazon MasterCard クラシックのように発行が三井住友カードでも提携カードの場合は、若干事情が異なりますが、まずは、上で紹介した「リクルートカード」や「楽天カード」「Amazon MasterCard クラシック」「セゾンカードインターナショナル」「セディナカードJiyu!da!」などを申し込むといいでしょう。
これらは、主婦・主夫でも発行できるとWEBページにも記載があるので、安心です。

また、複数のカードの申し込むのも避けたほうがいいでしょう。
クレジットカードの申し込み履歴は信用調査機関に登録されますので、一度に複数の申し込みをした事実はカード会社に筒抜けです。
一度に多くのクレジットカードを申し込むのは、お金に困っているのではと判断されがちだからです。

6か月以上あけるというのは、申し込みの事実が信用調査機関に6か月登録されるから。
審査に落ちたという情報は登録されないのですが、クレジットカードを申し込んだ情報があるのに、そのカードの新規発行記録がないということで審査に落ちたことがカード会社にはわかります。

審査に落ちたという事実がカード会社にわかると、なんらかの問題があるのではとカード会社も考えがちです。
そのため、審査に落ちた場合は6か月以上あいだをあけるのが賢明といえるでしょう。

最後のキャッシング枠をゼロにするというのは、無職の人だけでなく、クレジットカードの審査に不安のある方はしたほうがいいでしょう。
キャッシング枠を作るのには、貸金業法で定められたショッピング枠とは違った審査をする必要があります。

そのため、審査項目が多くなり、結果として厳しい審査となるのです。
特にはじめてクレジットカードを申し込む場合は、キャッシング枠はゼロにするのがおすすめです。

なお、無職(学生を含む)や主婦・主夫で作ったカードは基本的に誰かが債務の保証をすることになります。
学生の場合は両親、主婦・主夫の場合は夫・妻など、扶養者がその債務を返済する義務がありますので、支払いに遅れて迷惑をかけないように注意することも大切ですね。

在職中に作ったクレジットカードは使えるの?

結婚して主婦・主夫になった場合、在職中に作ったカードはそのまま使えるのでしょうか。
これは若干グレーですが、使い続けることもできます。

ただし、本来は住所変更や勤務先の変更は、すみやかにカード会社に伝える必要があります。
そのため、会社を辞めるなどで無職になった場合も、カード会社に知らせなければいけません。
ただし、転職などが決まっている場合は、失業期間があったとしても、転職が決まってからカード会社に連絡することが一般的です。
もちろん、失業期間が長くなる場合は、カード会社に連絡して、相談することも必要となります。

無職になった場合、カード会社は即座にカードの利用を止めるかといえば、それはケースバイケースです。

結婚の場合は、基本的に扶養家族となっているので止められることは少ないと考えられますが、無職になった場合は、利用限度額が下がったり、再就職が決まるまで一時利用停止となることもあります。

いずれにしても、住所変更や勤務先変更などを行わないことは信用に関わることなので、なるべく早く届け出ることが重要です。
支払い遅延などが合った場合は会社に連絡がいったりすることもあるので、支払いをきちんとしておくことも重要です。

まとめ

クレジットカードはその人の将来の経済の状態を考えて発行するものなので、基本的に無職の人には発行されることは少ないといえます。

ただし、例外があって、それは学生や専業主婦など誰かの扶養者となっている場合です。
また、クレジットヒストリーに傷がなければ、アルバイトなどでも発行される場合もあります。

いずれにしても、無職の場合はカードの入会基準がゆるい(年齢だけのみ書かれているなど)ものを選ぶことが肝心です。
基準の高いカードを申し込んでしまい、審査に通らないと、その結果は6か月間記録されます。
そうなると、さらにカードが作りにくくなってしまいます。

関連記事

時間アイコン21.04.19

空と陸でマイルをためておトクに旅ができるおすすめクレジットカード

時間アイコン21.04.19

SuicaとモバイルSuicaにおすすめのお得で便利なクレジットカードはこれ!

時間アイコン20.12.31

おすすめのプラチナカードを見つけたい!比較方法を徹底解説します

時間アイコン20.12.31

QUICPayをおトクに使うには?おすすめの高還元率カードを紹介!

時間アイコン20.12.30

初めてのクレジットカードの疑問に答えます!カードの紹介と注意点

TOP