nanacoと言ったら、セブンイレブンの電子マネー。

セブンイレブンばかり使っていると、他のコンビニの状況が分からないものですが、nanacoはファミリーマートやローソンでも使えるのでしょうか。

他にも、日本全国には様々なコンビニがあります。

今回は、セブンイレブンのコンビニ利用について、まとめていきたいと思います。

nanacoが使えるコンビニは?セブンイレブンだけじゃない?

残念ながら、nanacoはセブンイレブンでしか使えません。

楽天EdyやSuicaなど、他の電子マネーは、コンビニの種類を超えて、多くの店舗で使えますが、nanacoはコンビニで言うとセブンイレブン専用といったところです。

その分、キャンペーン開催時期には、発行手数料分のポイントがもらえたり、セブンイレブンでのお買い物でボーナスポイントがもらえたりと、様々な特典があります。

通常300円かかる発行手数料も、キャンペーン期間ならポイント還元される事があるので、店内のチラシやのぼりをよくチェックして下さい。

セブンイレブンでのnanacoの使い方

お札を選んだり、小銭をジャラジャラする必要がないので、nanacoの利用はお会計をとてもスムーズにしてくれます。

ここでは、支払いとチャージ方法を、簡単3ステップでご説明します。

支払い方法

  1. 支払い時に「nanacoで払います」とレジ店員に伝える
  2. レジ横のICカード読み取り機器(光る場合もある)にnanacoをタッチ
  3. 決済音が鳴れば、支払い完了

チャージ方法

  1. レジ店員にチャージしたい旨を伝える
  2. チャージ金額を選び、店員にお金を渡す
  3. ICカード読み取り機器にnanacoをタッチすれば、チャージ完了

セブンイレブンでnanacoにチャージする場合は、1000円以上20000円までチャージできます。

1000円単位でチャージできるので、細かく設定できます。

nanacoで支払うとどんなポイントが貯まるの?

セブンイレブンで貯められるポイントは、2種類です。

nanacoポイント

対象地域 全国
ポイントレート 100円=1ポイント
還元率 1.0%

Sポイント

対象地域 関西限定
ポイントレート 200円=1ポイント
還元率 0.5%

セブンイレブンでnanaco支払いをすれば、必然的にnanacoポイントが貯まります。

Sポイントは関西の店舗限定で貯められますが、nanacoで支払った際は、Sポイントカードを提示してもダブルでポイントは貯められません。

nanacoで支払う時はnanacoのみのポインしか付与されないので、セブンイレブンではやはりnanacoポイントの方が貯めやすいという事になります。

セブンイレブンには、nanacoで購入できない商品があった!

nanacoではセブンイレブンのほとんどの商品を購入できます。

ただし、

  • nanaco発行手数料
  • nanacoギフトカード
  • 電子マネーへのチャージ

はnanacoでは支払えません。

ちなみに、電子マネーで普通は払えない切手やハガキ、プリペイドカード、地域指定ゴミ袋、公共料金等の支払いはnanacoでなら支払う事はできます。

これは、他の電子マネーではほとんど行っていないサービスなので、nanacoのメリットです。

しかし、これらの支払いでnanacoポイントはつきません。

公共料金は特に高額になりがちなので、どうしてもポイントをつけたいという場合は、nanacoへのチャージでポイントがもらえるクレジットカードを利用してみましょう。

まとめ

  • nanacoはコンビニの中でセブンイレブンでしか使えないが、相性は抜群
  • nanacoチャージは1000円単位でできる
  • 公共料金もnanacoで支払えるので便利

nanacoの使い道と言えばセブンイレブンなので、広く様々なコンビニで利用できないデメリットはあります。

しかしその分、セブンイレブンでの利用はお得がいっぱいです。

商品やキャンペーンによっては大量ポイントゲットのチャンスもあるので、公式サイトや店内のお知らせはよくチェックしましょう。

また、普通は現金でしか支払えないコンビニでの払込用紙による支払いも、nanacoなら支払えます。

支払いポイントはもらえなくても、タッチで払えてスムーズに時短できますし、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使えば、ただ現金で払うよりお得になります。

セブンイレブンだけでしか使えないから不要と思っていたかもしれないnanacoですが、セブンイレブン利用率が高ければ、1枚もっておいて良い電子マネーです。