設定したのにPiTaPaのオートチャージされない場合の原因と対処法

PiTaPaが持つ魅力の機能といえば「オートチャージ」です。 自動的にお金がチャージしてもらえるこのシステムは、他のカードにはない特別な機能となっています。 オートチャージはわざわざ券売機に行く必要がなく、改札を通すだけでワンタッチでチャージが完了します。 チャージされたお金は後日口座から引き落としてもらえますので手持ちのお金がなくても電車やバスに乗ることができるのです。 このようにたいへん便利なPiTaPaのオートチャージですが、オートチャージが実行されないという困ったケースがあります。 きちんとチャージされていると思っていたのに、「残高ゼロ!?」・・・なんてことは避けたいですよね。 では、PiTaPaのオートチャージがされないときとは、いったいどんなときなんでしょうか。 今回はその理由について迫っていきます。

PiTaPaでオートチャージされないのはなぜ?何が原因?

「あれっ?チャージされていない?」と気がついたら、まずは「最後に利用した駅」を振り返ってみてください。 PiTaPaは通常、残高が1,000円になった時点で2,000円がオートチャージされますから、常に2,000円以上3,000円未満が入金されていることになりますよね。 その3,000円近いはずのチャージが、いつの間にか数百円になっている・・・。 この状態がまさに「オートチャージされていない状態」です! このような「オートチャージされていない状態」には以下のような原因が考えられます。
  • PiTaPaをエリア外で利用している
  • PiTaPaをIC定期にしている
  • そもそもオートチャージに申し込んでいない
それでは1つずつ、具体的に確認していきましょう。

PiTaPaエリア外で使用している

突然ですが、あなたは最近PiTaPaを「どの路線」で利用しましたか? PiTaPaのオートチャージが利用できるのはPiTaPaが使える、いわゆる「PiTaPaエリア内」に限られています。 全国の広いエリアで利用できるPiTaPaですが、実はそのウラには2種類のエリアが存在しています。
  • PiTaPa交通利用エリア
  • 全国相互利用サービス対象エリア
この2つのエリアは、どちらも「残額あり」の状態であれば通常どおり改札を通過できます。 さらにその改札口がPiTaPa交通利用エリア内のものなら、残高が1,000円になれば即座にオートチャージが実行されます。 しかし、全国相互利用サービス対象エリアでは、残高が1,000円のPiTaPaをタッチしてもオートチャージは実行されません。 この現象がもっとも起きやすいのは「ICOCA」を利用するJR線です。 そもそもJRには「オートチャージ」がありません。「ICOCA」は事前チャージが必要なICカードなためPiTaPaとは完全に種類が異なります。 そのため「PiTaPa」でJRの改札口を通ってもお金を精算されるだけでチャージはされないまま通過してしまうのです。 つまり、JRを通ったときは残高が1,000円になってもチャージされませんから、残高1,000円の状態で片道510円のJRに乗った場合は、復路で間違いなく「残高不足」で足止めを喰らうでしょう。 「あれ?オートチャージされていない?」と思ったら、このように「最終に使ったのがPiTaPaエリア外だったのではないか?」と考えることができます。 ちなみに、「PiTaPaエリア外(全国相互利用サービス路線)」とは次の路線が該当します。

PiTaPaがオートチャージされない!全国相互利用サービス路線

PitaPaは全国相互利用サービス路線を運行する列車でも利用できますが、オートチャージは実行されません。 オートチャージが実行されないということは「事前チャージ」が必要ということですから、以下の路線に乗車するときは券売機などで事前チャージを済ませておきましょう。
pitapaオートチャージ不可の路線
ICOCAエリア・Kitacaエリア・PASMOエリア・Suicaエリア・manacaエリア・TOICAエリア・はやかけんエリア・nimocaエリア・SUGOCAエリア・ICOCAエリアなど
この表で各種エリアの名称を見れば、なんとなく「PiTaPaでオートチャージできない路線」のイメージが湧いてきますよね! それでも不安な人のために、オートチャージ可能な路線を一覧にしました。
PiTaPaオートチャージ可能の路線
Osaka Metro(元大阪市営地下鉄)・大阪モノレール・、北大阪急行・京都市営地下鉄・近畿日本鉄道・京阪電車・神戸高速・神戸市営地下鉄・神戸新交通(ポートライナー・六甲ライナー)・神戸電鉄・山陽電車・泉北高速鉄道・南海電鉄・能勢電鉄・阪堺電車・阪急電鉄・阪神電車・北神急行電鉄・水間鉄道・嵐電(京福電車)・静岡鉄道・叡山電車・岡山電気軌道
この路線はオートチャージ可能ですので、基本的には残ゼロ円でも列車に乗ることができるはずです。 それでもチャージされていない!というなら、別の原因が考えられます。

PiTaPaをIC定期にしている

利用している路線に問題はないはずなのに、なぜかオートチャージがされないなら・・・。 もしかして「PiTaPa」をIC定期券として使っていませんか? PiTaPaをIC定期券として使っている場合、定期券区間ではオートチャージは実行されません。 PiTaPaカードはIC定期券としても利用することができます。 PiTaPaのIC定期券は定期利用区間がウラ面に印刷されます。その区間については磁器の定期同様「定期料金が適用」されるため、チャージ分の利用(オートチャージ)の対象にはなりません。 つまり、定期区間内ならどれだけ電車に乗ったとしてもオートチャージが実行されることはほぼありません。 この状態で唯一オートチャージが実行されるのは、IC定期区間外を利用したときです。   上の図では、赤枠内のように券面区間外はPiTaPaを使い、区間内はすべてIC定期の範囲になっていますよね。 つまりIC定期券で区間内を利用しているのなら、永遠にオートチャージされることはないのです。 PiTaPaカードと一体化になったIC定期券の場合は余計に切り分けて考えにくいですが、オートチャージが実行されていない場合は定期区間を確認してみましょう。

オートチャージされない時の解決策と対処法について

PiTaPaエリア内の改札を通ってみる

「オートチャージされないな・・・」と思ったときの一番簡単な確認方法は、PiTaPaエリア内の改札口でタッチしてみることです。 最近JRばっかり乗っていたのなら、この時点でオートチャージされる可能性があります。 もし、ここでもオートチャージされないのなら、原因別に対処法を変える必要があります。 路線も間違っていないのにオートチャージされないのなら、次の2つの原因を考えてみましょう。
  1. PiTaPaカードにIC定期券機能をつけていて、オートチャージ機能を「なし」に設定している
  2. そもそも加入時にオートチャージに申し込んでいない
1の「PiTaPaカードにIC定期券機能をつけていて・・・」については、案外知られているようで知らない人が多いトラブルです。 いざというときのために、詳細と対応方法を頭に入れておきましょう。

IC定期券利用なら設定を確認・変更する

IC定期券は、決まった区間内を定期料金で利用できるサービスです。 しかし、ときには別区間の電車に乗りたいこともありますよね。そんなとき、区間外の運賃をどのように支払うかを選択することができます。 たとえば、いつでも安心して電車にのりたいなら「IC定期券+オートチャージあり」のPiTaPaに設定することができます。 ふだんの会社への通勤は定期で乗車し、得意先周りをPiTaPaを使うという人にはオートチャージあり、の方が便利ですよね。 しかし別の視点では「定期券が切れていることに気づきにくい」ことから、「IC定期券+オートチャージなし」のPiTaPaが求められるケースもあるでしょう。

お子さまの「もしも」のためにそなえた「IC定期の予備」としてPiTaPaに決まった額だけをチャージしておきたいという人は、オートチャージなしに設定しておくほうが安心です。

もし、IC定期を使っていてオートチャージされないと困っているなら、もしかすると「オートチャージなし」の状態になっているかもしれません。 設定の確認や変更をしたい場合は、PiTaPa利用エリア内の主要駅の窓口へ行きましょう。 設定は各カードごとで行いますので、現在使用しているPiTaPaカードと本人確認書類(運転免許証・健康保険証・学生証)を持って窓口へ行ってくださいね!

もしかして・・・申込み自体がができていないのかも?

ところで、オートチャージの申込みってできていますか? オートチャージの最初の申込みのチャンスは、PiTaPaカードの入会時です。PiTaPaの申込みのとき、オートチャージに申し込んでいなければどれだけエリア内でタッチしてもチャージされることはありません。 インターネットで申し込んだときにこのような確認画面が表示されますが、もしかするとここをスルーしているかもしれません! 自信がないなあ、という人は今すぐ登録内容を確認してみましょう。 申込みができていなければ、窓口での変更手続きが必要です。現在使用しているPiTaPaカードと本人確認書類(運転免許証・健康保険証・学生証)を持って窓口で手続きを行ってください(インターネットでは変更登録できません)。

最後に

オートチャージはPiTaPaカードの看板的機能です。 筆者もPiTaPaカードを利用していますが、オートチャージされていることにまったく気づいていませんでした(汗)。 なんでいつも使えるんだろう・・・と思っていた時期さえありました。(ちなみに恥ずかしながらオートチャージの申込みをした記憶がありません。) 筆者の場合は知らないうちに申込み完了になっていたために何の心配もなく電車に乗ってこれましたが、逆のケースならきっと「PiTaPaって不便だな。」と諦めていたかもしれません。 「PiTaPaって、使いづらい!」と感じている人は、1度設定内容を確認してみてはいかがでしょうか。

関連記事

時間アイコン20.12.22

便利なPASMOオートチャージができるクレジットカード7選

時間アイコン18.12.10

ペイペイはヤフーカードじゃないとチャージできない?クレジットカード登録する方法とメリット

時間アイコン18.12.08

PayPayはビックカメラ・ヤマダ電機・Joshinなど家電量販店で使おう!!Apple製品も20%OFF!!

時間アイコン18.12.08

PayPayどうやって使うの?使い方とチャージする方法と手順まとめ

時間アイコン18.12.08

PayPayはコンビニで使える?ファミマとミニストップとポプラのみ対応!!今後の導入予定は?

TOP