nimocaは、九州の西鉄バスを中心に使えます。

利用エリアは西鉄バスや九州の高速バス、西鉄電車が基本にはなっていますが、Suicaなどの交通系ICカードの全国相互利用によって、nimocaでも全国の電車やバスに乗車する事ができます。

券面のフェレットがポップで可愛いカードですが、オリジナルデザインのカードも作れる電子マネーには珍しいサービスもあり、プレゼントにも利用されています。

nimocaが九州で利用できる事は知られてきましたが、カード自体はどこで購入できるのでしょうか。

今回はnimocaの入手方法と、お得なnimocaの使い方にも触れていきましょう。

nimocaはどこで購入できる?ネットでも買えるの?

nimocaの種類

nimocaには種類があり、種類によって購入できる場所が違います。

まずはnimoca種類を簡単にまとめておきましょう。

nimoca 誰でも購入・使う事ができる
乗車のみポイント付与
スターnimoca 会員登録が必要
乗車とお買い物でポイント付与
再発行可能
小児用nimoca
障がい者用nimoca
小児運賃や割引運賃が適用される
購入時に公的証明書が必要

nimocaが購入できる場所

nimocaはバス車内やバス営業所(バスセンター)、西鉄電車の駅窓口で購入する事ができます。

バス中心の電子マネーなので、バスの営業所に行き、係員のいる窓口での購入が基本です。

普段利用しているバス車内でも購入できます。

また、西鉄電車の駅券売機でも可能です。

更に、nimoca対応店舗のローソンソラリアプラザでも購入できます。

ただし、nimocaの種類によっては、購入できない場合もありますが、会員登録のいらない普通のnimocaは、ほとんどの購入可能場所で入手する事ができます。

バスや電車の車内、券売機では、スターnimoca、小児用・障がい者用nimocaを購入する事はできません。

身分証明が必要になるため、係員のいる窓口で購入しましょう。

nimoca購入に必要なもの

1.購入費用 2000円

※カード返却時には返金されるデポジット=500円と、チャージ1500円分がかかります。

2.公的証明書(児用・障がい者用nimocaの発行時に健康保険証やパスポート、障碍者手帳などが必要)

nimocaは単体で持つと損なの?こんなデメリットが!

ポイントゲットのチャンスを失う

nimocaには、カード1枚にnimocaの機能のみのものと、クレジットカード機能がついたものがあります。

nimocaを使ってコツコツポイントを貯めるのには時間がかかります。

nimoca一体型クレジットカードなら、ポイントゲットのチャンスも様々な支払いの際に訪れますが、nimoca単体カードではその場面は限られてしまいます。

特に、スターnimocaならバスや電車の乗車に加えてお買い物でもnimocaポイントが貯まりますが、会員登録をしないnimocaでは、乗車でしかポイントがたまりません。

チャージが不便

nimocaの単体カードには、オートチャージ機能がありません。

そのため、いつでも残高がいくらあるのか気にしながら利用する必要があります。

数日nimocaを利用しないと、いくらチャージされているかなんて忘れてしまうものです。

また、残高確認をする方法が少なく、買い物や乗車の時まで残高が分からないという事もあります。

残高を気にしないで利用できるオートチャージは、nimoca単体カードでは利用できず、不便です。

サイフがかさばる

単純に、nimocaとクレジットカードを2枚持てば、1枚にくらべてかさばります。

サイフの中身はいつでもすっきりさせたいものです。

nimoca一体型クレジットカードなら、1枚に2つの機能が備わっているので、サイフもかさばりません。

また、nimocaにはクレジットカードだけでなくキャッシュカード機能付きの種類もあります。

利用スタイルに合わせて、nimoca+αに必要な機能を備えたカードを選びましょう。

nimoca一体型クレジットカードがお得な理由

オートチャージができる!

オートチャージとは、電子マネーの残高が一定額以下になると、自動的にクレジットカードからチャージされるシステムです。

Suicaや楽天Edy、WAONなど、身近な電子マネーで既にメジャーになってきているので、ご存知かもしれませんね。

オートチャージ設定をしておくと、選択したクレジットカードから自動的にチャージしたい金額が引き落とされます。

レジやチャージ機に行って、わざわざチャージする手間が省けます。

ネットで申込みできる

nimocaはバスの営業所やバス車内で購入できますが、外出必須なので少し面倒ですよね。

nimoca一体型クレジットカードは、自宅にいながらネットで発行申込みができます。

しかも、交通系ICカードにつきものの、デポジット500円もかからず、完全無料で発行する事もできます。

もちろん、年会費がかかるクレジットカードもありますが、年会費無料や条件付き年会費無料のカードを選べば、出費なしでカードを発行する事ができます。

ネットでポチって自宅に届くのを待つだけの、簡単な手続きでnimocaをゲットできるのです。

ポイントが貯まりやすく、nimocaへチャージも!

nimoca一体型クレジットカードなら、クレジットカードを利用して貯まるポイントに加えて、nimocaの利用でもポイントが貯まります。

  • クレジットカード支払い
  • nimocaでのバス・電車乗車
  • nimocaでショッピング

この3パターンでポイントが貯まり、更に貯まったポイントはnimocaにチャージできます。

使って貯めてチャージして、1枚のカードでnimocaへ還元できるのです。

ちなみにnimocaで支払いした場合、会員登録の不要な単体nimocaでは、店舗での利用ではポイントが貯まりまらないので、お得度倍増です。

必見!nimoca一体型クレジットカードを持つならこのカード!

nimoca一体型クレジットカードで一番のおすすめは、年会費無料のnimocaセゾンカードです。

国際ブランド VISA
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.3%
クレジット1000円利用につき3ポイント
オートチャージ
特典 西友・サニーで5%割引

nimocaを電子マネーとして利用しても、クレジット決済でカード利用しても、どちらもnimocaポイントが貯まるので、ポイントの種類が別々ではなく貯まりやすいのも利点です。

nimocaユーザーとしては、デポジットも年会費もかからない、しかもオートチャージ対応でチャージの手間も減る。

こんな便利なカードはありません!

まとめ

  • nimocaはバスの車内からネット申し込みまで幅広い入手方法がある
  • nimocaはセゾンカードとの一体型がお得
  • たまったnimocaポイントはnimocaにチャージして還元できる

九州で西鉄を利用するなら、必ず持っておきたいnimoca。

バスや電車に乗るだけで、ポイントも貯まりますが、更にポイントを貯めたいなら、nimoca一体型クレジットカードがおすすめです。

特に、年会費無料のnimocaセゾンカードなら、カードを使うにあたってかかる費用も0円。

チャージも最初からオートチャージ設定しておけば、チャージする手間もなく生活もスムーズになります。

1枚2役だと使いこなせないと思っているそこのあなた、クレジットカードは利用すればする程、メリットが多い事に気づき、あなたの相棒となってくれるでしょう。

是非一度発行を検討してみて下さい。