オリコカードザポイントを作るならVISA?JCB?おすすめのブランドについて

年会費無料、ポイント還元率1.0%、入会から半年間はポイント還元率2.0%というかなりベネフィットが高いオリコカードザポイントですが、発行するときにまず迷うのが「どのカードブランドがお得なの?」ということでしょう。 記事ないで具体的にご紹介しますが、オリコカードではJCBブランドとMasterCardブランドを選択することができます。 ここで注意してほしいのが、カードブランドは一度選んで発行すると変更することができないということです。なので、後悔するよりも、一度カードブランドについて詳しく理解した上でカードを発行しましょう。 オリコカードではMasterCardブランドを選ぶとお得なのですが、その理由についてもご紹介していきます。

1.オリコカードザポイントで選べる国際ブランドの種類について

1-1.オリコカードザポイントで選べるカードブランドは2種類!

オリコカードザポイントで選べるカードブランドはJCB、MasterCardの2種類です。 ※ちなみにオリコカードの最上位カードであるプラチナカードではMasterCardブランドのみになっています。 さて、じゃあJCB、MasterCardブランドの2種類はどちらが良いのか?どちらを発行すれば良いのか?という話になってきますよね。 まずはクレジットカードのカードブランドごとの市場シェア率を見て行きましょう。 カードブランドの中でも日本国内だけでなく海外でも利用できるカードブランドのことを『国際ブランド』と言います。 今どき国際ブランドではないカードを見つける方が難しいので、どのクレジットカードを発行しても国際ブランドを選ぶことになるでしょう。 国際ブランドの中でも全世界的に有名であり、市場シェア率が高い国際ブランドを『5大国際ブランド』と言います。クレジットカード界の5大企業みたいのものですね。 この5大国際ブランドそれぞれの市場シェア率をランキングにすると下記の通りになります。
順位 カードブランド シェア率
1位 VISA 58%
2位 MasterCard 26%
3位 American Express 3%
4位 Diners Club 1%
5位 JCB 1%
まず圧倒的に市場シェア率が高いのがVISAブランドで、その次がMasterCardブランドです。そして5大国際ブランドの中でも最下位なのがJCBブランドとなっています。

1-1-1.JCBブランドの特徴とは?

JCBブランドは世界約190か国、約2,850万以上の加盟店を誇るカードブランドで、5大ブランドの中でも市場シェア率は最低なものの日本国内で使っている分には問題なく利用できるカードブランドです。 「日本国内ではってどういうこと?」というと、実はJCBブランドは5大国際ブランドの中でも日本発祥のカードブランドであり、日本国内で利用できない店舗はほぼありません。 JCBブランドは日本を拠点として、近隣国である韓国や台湾などのアジア圏内で加盟店を増やしていくという戦略をとっているため、海外でもアジアであればほとんどの国でJCBブランドを利用することができます。 また、JCB会員は海外の主要都市にあるJCBプラザ・JCBプラザラウンジというサポートデスクを利用できます。
  • 現地の観光情報
  • WIFI無料サービス
  • JCBカードの紛失・盗難時のサポート
  • 現地のホテル・レストランの予約、各種チケットの手配
など海外旅行中に困ったことがあった場合、JCBプラザ・JCBプラザラウンジに尋ねることで安心して旅行を楽しむことができます。 簡単に特徴をまとめると下記の通りになります。
  • 5大国際ブランドの中では最下位
  • 国際ブランドの中では唯一日本発祥のブランド
  • 日本国内、アジア圏内では加盟店が多いので困らない
  • JCBプラザ・JCBプラザラウンジを利用可能

1-1-2.MasterCardブランドの特徴

じゃあ一方でMasterCardブランドはどうなのか?というと、MasterCardブランドは世界約210を超える地域と、約3,800万以上の店舗が加盟店となっているカードブランドで、VISAブランドと並んで世界のどこでも利用しやすいカードブランドです。 「JCBブランドは日本のどこでも使える!」とご紹介しましたが、MasterCardブランドはやっぱり規模が違います。 日本国内ではもちろん、世界中のどこでも利用することができます。もともとヨーロッパが発祥のカードブランドだったので「ヨーロッパに旅行に行くならMasterCard!」と言われていましたが、現在では世界中のどこでも利用できるくらいの市場シェア率に拡大されています。 さらに! MasterCardブランドを選ぶと、MasterCardが提供する共通特典を利用することができるようになります。オリコカードザポイントでは全国約600店舗でMasterCard会員限定プランが利用できたり、ウェルカムドリンクやデザートの特典、割引特典などのメリットがあります。 「え!特別特典があるならMasterCardブランドの方が良いじゃん!」と思うかもしれませんが、その通りです。特にオリコカードではMasterCardブランドで利用できる特典がカードランクがアップするごとにグレードアップしていくので、最初からMasterCardブランドを選んでおくことをオススメします。 MasterCardブランドの特徴をまとめると下記の通りになります。
  • 市場シェア率は世界2位
  • 世界のどこでも利用できるカードブランド
  • MasterCardが提供する特別特典が利用可能

1-2.カードブランドの切り替えはできる?

カードブランドは一度選ぶと変更することはできません。 参照:オリコカード公式サイト『よくある質問』より もしJCBブランドを発行した後にMasterCardブランドに変更したい場合は、もう一枚カードを発行するしかありません。

2.どのブランドにすべきか迷う…ブランドごとにどのような違いがあるのか?どんな人におすすめなのか?

2-1.カードブランドごとの違いまとめ

項目 JCB MasterCard
市場シェア率 5位 2位
加盟店数 世界約190カ国、約2,850万以上 世界約210カ国、約3,800万以上
主な利用可能地域 アジア圏内 世界中、特にヨーロッパ
特典
  • JCBプラザ・JCBプラザラウンジ
  • MasterCardが提供する特別特典
これを見るとそんなに違いはないと感じるかもしれません。
  • 日本でしか利用しない →JCBブランドでOK
  • 世界中で利用する可能性がある →MasterCardブランドでOK
とザックリ分けることができますが、オリコカードを長期的に利用するというのであればMasterCardブランドを選択することをオススメします! MasterCardブランドではカードランクごとに利用できる特典が異なります。

2-2.オリコカードではMasterCardブランドを選ぶべき!

カードランク ザポイント プレミアムゴールド ワールド プラチナ
年会費(税込) 無料 1,950円 9,800円 20,000円
カードブランド Mastercard、JCB Mastercard、JCB Mastercard Mastercard
MasterCard特典 一般特典 ゴールド特典 ゴールド特典 Taste of Premium
上記のように、オリコカードではカードランクがアップすると結局MasterCardブランドしか発行できなくなります。 またカードランクが上がるごとにMasterCardブランドが提供する特別特典の内容もアップグレードされていきます。 例えばオリコカードザポイントからオリコカードザポイント・プレミアムゴールドもしくはオリコカードザワールドにアップグレードするとMasterCardブランドが提供するゴールドカード特典が利用できるようになります。
ジャンル 優待内容
国内高級ホテル・高級旅館 全国のハイクオリティーなラグジュアリーホテル、高級旅館約900施設
国内ゴルフ 全国約1900コースのゴルフ場手配ができます 約150コースの優待価格ゴルフ場(500円~1,000円OFF)
海外ホテル・航空券 海外ホテル「10%OFF」 ホテル+航空券「2,500円OFF」
空港クローク優待サービス 1着につき10%割引
海外用携帯電話・WIFIレンタルサービス 海外WiFiルーター:通信料15%OFF 海外携帯電話:通信料15%OFF レンタル料金50%OFF
国際線手荷物宅配優待サービス 帰国時のお手荷物を優待価格500円で宅配
ホテルスパ 極上トリートメントで至福の厳選ホテルスパプラン
最上級のプラチナカードになると『Taste of Premium(テイストオブプレミアム)』という最上級クラスの特典を利用することができるようになります。
ジャンル 優待内容
TASTE OF PREMIUM ダイニング BY 招待日和 全国約200店の有名レストランにて2名以上の利用で1名が無料
TASTE OF PREMIUM 国際線手荷物無料宅配 出発・帰国時の手荷物を無料宅配(2個)
TASTE OF PREMIUM 会員制ゴルフ 通常はビジターだけでは利用ができないメンバー限定のコースを利用可能
TASTE OF PREMIUM ヘリクルーズ マスターカードオリジナルプログラムで東京上空からロマンティックな夜景
TASTE OF PREMIUM 歌舞伎・能 歌舞伎・能のチケットを手配
TASTE OF PREMIUM カーシェアリング 通常1,550円必要なカード発行手数料が無料、月額基本料金が3ヶ月無料(2019年3月31日まで)
TASTE OF PREMIUM スポニチゴルファーズ倶楽部 年会費が永年4,400円(税込)OFF、15,000円分のラウンド割引券(2019年3月31日まで)
TASTE OF PREMIUM ザ・カハラ・ホテル&リゾート 朝食ブッフェ2名分無料、3連泊ごとに100米ドル相当のリゾートクレジットなど(2019年3月31日予約まで)
TASTE OF PREMIUM ホテルスパ 厳選ホテルスパプラン
TASTE OF PREMIUM 国内高級ホテル・高級旅館 全国のハイクオリティーなラグジュアリーホテル、高級旅館約900施設を利用可能
TASTE OF PREMIUM 国内ゴルフ 全国約1900コースのゴルフ場手配、約150コースの優待価格ゴルフ場の案内
TASTE OF PREMIUM 海外ホテル・航空券 Expediaで海外ホテル「10%OFF」 ホテル+航空券「2,500円OFF」
TASTE OF PREMIUM 空港クローク優待サービス 1着につき10%割引
TASTE OF PREMIUM 海外用携帯電話・WIFIレンタルサービス 海外WiFiルーター:通信料15%OFF 海外携帯電話:通信料15%OFF レンタル料金50%OFF
特に『TASTE OF PREMIUM ダイニング BY 招待日和』は超強烈な特典で、日本全国にある200店舗以上の高級レストランで1万円〜2万円程度のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になるという特典を利用することができます。 つまり最終的にはMasterCardブランドを使うことになるので、特にこだわりがないのであれば最初からMasterCardブランドを発行しておいた方が良いでしょう。

3.最後に

極論を言えばJCBブランドでもMasterCardブランドでもどちらでも良いのですが、ご紹介した通りオリコカードは完全にMasterCardブランドと繋がりの深いクレジットカードです。 もしJCBと繋がりが深いのであればプラチナカードにJCBブランドがあるはずです。 クレジットカードは通常2枚〜3枚持つのが普通なので、「このカードではJCBブランド」「このカードではMasterCardブランド」「このカードではVISAブランド」という風にカードごとにカードブランドをバラけさせるのが良いでしょう。 つまり、オリコカードザポイントではMasterCardブランドのカードとして持ち、JCBブランドが欲しければ他のJCBブランドを選ぶとお得なカードを発行することをオススメします。

関連記事

時間アイコン21.04.19

空と陸でマイルをためておトクに旅ができるおすすめクレジットカード

時間アイコン21.04.19

SuicaとモバイルSuicaにおすすめのお得で便利なクレジットカードはこれ!

時間アイコン20.12.31

クレジットカードは無職でも作れる?作りやすいクレジットカード

時間アイコン20.12.31

おすすめのプラチナカードを見つけたい!比較方法を徹底解説します

時間アイコン20.12.31

QUICPayをおトクに使うには?おすすめの高還元率カードを紹介!

TOP