日常的にゴールドカードを使っている人にとって、プラチナカードはいろいろな意味で1ランクステップアップする象徴でしょう。

ゴールドカードの次は、プラチナカードを使ってみたいと考えている方、ここではプラチナカードを選ぶ際のポイントについて、メリット・デメリットを踏まえながら徹底解説します。人気のプラチナカードを紹介しますので、ぴったりのプラチナカードを選んでみてください。

まずはプラチナカードの基礎知識をおさらい

プラチナカードといえば、ゴールドカードの1ランク上のカードで、クレジットカードの中でも最高峰に位置します。
ホテルや飲食店などでは提示するだけで羨望のまなざしに加え、一般のカードホルダー以上のおもてなしを受けたという話もちらほら。

そんなプラチナカードの特徴はいったいどういったものなのでしょうか。

プラチナカードのステータス性について

昨今では、年会費3000円程度のお手軽なゴールドカードも登場し、日本人がゴールドカードを保有することは一般的となってきました。
もちろん、ゴールドカードなので、一般カードよりも特典が多くステータス性も持っています。

しかし、プラチナカードはその上。
年会費も高いものも多いので、カードを維持するだけでコストがかかります。
また、一部のカードはカードの利用などを元にゴールドカード保有者などにインビテーション(招待)を送り、それがなければ発行できないというものもあります。
つまり、そうやすやすとはもてないクレジットカードなのです。

そのため、ステータス性が高く、カードを保持しているということは経済的に裕福であるとか、社会的な信頼性も高い人だともいえるでしょう。

そもそもプラチナカードとは?その特徴は

クレジットカードには「ブラックカード」を筆頭に、いくつかのランクがあります。
ただし、ブラックカードはどこのカード会社も発行しているわけではなく、プラチナが一般的には最上位のカードであるといっても過言ではありません。

また、ブラックカードはうわさレベル、都市伝説レベルのものもあり、カード会社が存在を認めていないものも多く存在します。
そもそも、ブラックカードはプラチナカードの一部だとの考え方もあるのです。
また、その区分もクレジットカード会社によって違いがあります。

プラチナカードの特徴は、そのステータス性はもちろん、

  • 利用限度額が大きい
  • 旅行傷害保険など保険関係が充実している
  • 付帯サービス(コンシェルジュ的なサービス)がある
  • ポイントがたまりやすかったり、期限などのしばりがない場合がある

などの特徴があります。

おすすめのプラチナカードを紹介!比較方法も解説

まずはプラチナカードにはどのようなものがあるかを見てみましょう。

カード名 国際ブランド 年会費 入会の方法 海外旅行
傷害保険
ポイント
還元率
発行制限
三井住友カード
プラチナ
VISA/
マスターカード
55000円 申し込み 最高1億円 0.5% 30歳以上
三井住友カード
プラチナプリファード
VISA 33000円 申し込み 最高5000万円 1.0% 20歳以上
MUFGカード・プラチナ
・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン
・エキスプレス
22000円 申し込み 最高1億円 0.2% 20歳以上
JCBプラチナ JCB 27500円 申し込み 最高1億円 0.5% 25歳以上
アメリカン・エキスプレス
・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス 143000円 申し込み 最高1億円 1.0% 20歳以上
ダイナースクラブ
プレミアムカード
ダイナースクラブ 143000円 インビテーション 最高1億円 0.4% 非公開
セゾンプラチナ・アメリカン
・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス 22000円 申し込み 最高1億円 0.75% 20歳以上
エポスプラチナ VISA 30000円 申し込み 最高1億円 0.5% 20歳以上
Orico Card
THE PLATINUM
マスターカード 20370円 申し込み 最高1億円 1.0% 20歳以上
ミライノ カード
PLATINUM
JCB 27500円 申し込み 最高1億円 1.2% 20歳以上

現在、国内で発行されている主なプラチナカードをあげましたが、カードによってかなりの差があることがわかります。
年会費だけ見ても、2万円程度から15万ぐらいまでと大きな開きがあります。

クレジットカードのT&Eを十分に楽しみ、より高いステータス性のカード

クレジットカードは決済機能だけでなく、旅行中のサポートや食事の手配など、コンシェルジュ的なサービスがあるのが特徴です。
これらはT&E(Travel&Entertainment)といわれるもので、カードのランクが上がるほど、そのサービスの量と質が充実していきます。

旅先でのトラブルはもちろん、最適な旅の手配やコンサートチケットの手配までも「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」

T&Eカードの代表格といえばアメリカン・エキスプレスです。
中でもプラチナカードに付帯するサービスや特典は、まさに秘書といってもいいくらいの価値があるといわれています。

以前は、ゴールドカードなどをよく利用している人に対してインビテーションが送られてきてやっと発行してもらえましたが、現在では招待がなくても発行できます
発行条件も20歳以上ならOKです。

特典の多くは、さすがT&Eカードといわれるだけあって、旅行やちょっと高級な食事など、非日常のシーンに見合うものです。
例えば、カード会員ならヒルトンやリッツカールトンなどのホテルで、そのホテルの常連が得られる特典を受けることができます。

また、2名以上でレストラン予約をすると1名分無料になる「2 for 1 ダイニング by 招待日和」もあります。ここのレストランはミシュランにも掲載されるような高級なところです。

そのほかプラチナ専用デスクがあり、会員のさまざまなリクエスト、例えば旅先で急にコンサートが見たくなった場合などチケットの手配などに応じてくれるのです。
まさに私設秘書といってもいいくらいのサービスを実感できます。

年会費は高額ですが、上手に利用すれば、ステータス性の高さと相まって、十分にその価値を得られるカードといっていいでしょう。

ダイナースクラブカードの上客にのみ招待が来る「ダイナースクラブ プレミアムカード」

表で紹介しているプラチナカードのうち、唯一インビテーションが必要なプラチナカードです。
そのため、入会条件は非公開となっています。

ダイナースクラブカードはアメリカン・エキスプレスカードと並ぶ、T&E色の強いカードで、24時間対応のコンシェルジュサービスなど、会員に上質のサービスを提供することで知られています。
コンシェルジュサービスは、レストランやゴルフ場の予約、旅行の手配、コンサート・演劇などのチケットの手配など、ありとあらゆる会員のニーズに応えてくれるといわれています。

また、マスターカード最上位のステータスを備えた「TRUST CLUB ワールドエリートカード」(通常年会費143000円)がコンパニオンカードとして年会費無料で発行できるのも特徴です。

ただし、最初に述べたようにインビテーションが必要ですので、まずはダイナースクラブカードを作って、実績を積むことが必要です。

年会費は手頃だが三井住友カードの最高峰「三井住友カード プラチナ」

アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブのプラチナカードに比べると年会費は安価ですが、VISAカードの最高峰です。マスターカードも選択可能で、または両方を一度に持つこともできます。

国際ブランドがVISA(マスターカード)ということもあって、汎用性は非常に高いといえます。
電子マネーにも対応しているので、日常使いもできるプラチナカードともいえるでしょう。

もちろん、プラチナカードなので、特典も満載です。
国内約100店舗のレストランで2人以上のコース料理を利用すると、会員1人分の料金が無料となる「プラチナグルメクーポン」や国内外約1200か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが付帯されています。

年会費を抑えて、プラチナカードを持ちたい人のために

アメリカン・エキスプレスプラチナカードなどのように10万円を超える年会費は払いたくないが、プラチナカードの特典を堪能したいという人には、年会費が3万円前後のプラチナカードがおすすめ。
年会費は抑え気味ですが、カード会社としては日常的にクレジットカードを使ってくれる上客ということで、プラチナカードならではの特典を多数用意しています。

アメリカン・エキスプレスのサービスを受けられるが年会費はお手頃「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」

クレディセゾンがアメリカン・エキスプレスと提携して発行しているプラチナカードです。
年会費は22000円と本家アメリカン・エキスプレスプラチナカードの約6分の1です。

年会費が手頃だといっても、24時間年中無休のコンシェルジュサービスやトラベルサービス、世界各地の空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスの発行など特典は多彩。
もちろん、セゾンカードの特徴である永久不滅ポイントも付きます。

三菱UFJ銀行系が発行する「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」

 

こちらもセゾンプラチナ・アメリカン・エクスプレスカード同様に、MUFGカードが発行するプラチナカードです。
年会費は、22000円でお手頃なプラチナカードといえるでしょう。

MUFGカードの基本的なサービスに加え、プラチナコンシェルジュサービスプライオリティ・パスの無料申し込みなどの特典があります。
また、国内各地のレストランでおすすめのコースメニューを2人以上で利用すると、1人分のコース料理が無料になるプラチナ・グルメセレクションも付帯します。

安価な年会費なのに最強のプラチナカードのサービスといわれる「エポスプラチナカード」

年会費は30000円ですが、招待を受けて入会すると20000円になります。

また、年間100万円以上の利用で20000円相当のポイント、また200万円の利用で30000円相当のポイントが付くので、利用額によっては実質年会費が無料となります。
通常のポイントも付くので、100万円の利用なら、ボーナスポイントとあわせて30000円相当のポイントがもらえることになります。

年会費が優遇されているカードであるものの、カードの特典はその他のプラチナカードに劣ることはありません。

最高1億円の旅行傷害保険はもちろん、海外でのトラブルなどに対応してくれる現地のサポートセンターがあります。こちらは、トラブル対応だけでなくレストラン、観劇、コンサート、スポーツ観戦などのご予約・手配も行ってくれるので、ぜひとも利用したみたいもの。

少し変わり種のプラチナカードが「三井住友プラチナプリファードカード」

最近登場したカードで、プラチナクラスであるものの特典はあまり充実していません。
その代わり、ポイントがかなり獲得しやすいカードなのです。
クレジットカードを作る動機の大きなウエートを占めるのがポイントです。

このカードはそんなクレジットカードユーザーの声を反映したプラチナカードなのです。
プラチナカードのステータス性を保持しつつもポイントはたくさんほしい、そんな方にぴったりのカードです。

基本のポイント還元率は1%ですが、特約店(プリファードストア)での利用ならポイント還元率は最大10倍となります。
年会費が33000円かかるので、ポイント還元率が高くても年間の利用額が大きくないとその恩恵は享受できませんが、毎日の出費を集約すれば、100万円の利用ごとに10000ポイントがプレゼントされるので、年会費以上のポイントを得ることも可能でしょう。

プラチナカードはメリットがたくさん

年会費は高額ですが、年会費を払ってでも得られる特典はたくさんあります。

コンシェルジュサービスはその最たるもので、プラチナカードを所有していれば出張を含めた旅行の手配の手助けをしてもらえます。
一般ではなかなか予約できない施設などもカード会社が独自に契約している場合があるので、プラチナカード所有者ならわりと簡単に利用することもできます。

ただし、やはり年会費が高いことはデメリットです。

ただ単にカードがかっこいいとか、ステータス性があるからといって高額の年会費を払い続けるのには無理があります。
プラチナカードのサービスと特典をよく検討して、本当にそのサービスを使うのか、また年会費分の価値があるかなど検討する必要があるでしょう。

プラチナカードに関するQ&A

Q.インビテーションはどうやったら来るの?

A.ダイナースクラブのプラチナカードをのぞき、インビテーションがなくてもカードの申し込みはできます
とはいえ、インビテーションがあれば、カード会社があなたはプラチナカードを所有するのにふさわしいと判断したということです。

インビテーションを受けるためには、日頃からゴールドや一般などランクの下のカードをよく使うことです。
よく使うといっても高額な決済をたまにするのではなく、むしろコンビニなどでの少額の決済を日常的にするほうがいいといわれています。金額よりも、件数が重視されるといったところでしょうか。

つまり、そのカードのファンになるということです。カード会社も日常的に使ってくれ、きちんと支払いをしているカード保有者を上客と捉えているので、インビテーションが気安くなります。

Q.インビテーションが来ないと作れないの?

A.上記の通り、一部のカードをのぞいてプラチナカードを発行するのにインビテーションは必要ありません
その場合は、プラチナカードの審査があります。

※インビテーションがあっても、一部カードをのぞき審査をするのは基本です。
したがって、インビテーションがあった場合よりも厳しい審査となるようです。

Q.プラチナカードの審査基準を知りたい

A.プラチナカードを含め、クレジットカードの審査は一切公開されていません
そのため、いままで発行された人の属性から類推することになります。

年収は500万円程度より上であれば、ほとんどのプラチナカードは発行されるようです。
インビテーションがあった場合には、さらに低くても発行されたケースもあります。

Q.ゴールドからプラチナに切り替えたとき、所有していたポイントは?

A.同一のカードブランドの上位カードに切り替えた場合は、一部のカードをのぞきポイントはそのまま引き継がれます
ちなみに、逆にプラチナからゴールドにランクダウンしたときも同様です。

ただし、同じカード会社であっても、例えばANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードから、アメリカン・エクスプレスプラチナカードにランクアップした場合は、ポイントは引き継がれません。
ただし、この場合などはランクアップしたというよりも、新たにプラチナカードを発行したことになりますので、いままでのゴールドカードも引き続き保有することができます。

まとめ

プラチナカードの魅力がおわかりになったでしょうか。
この中から自分のライフスタイルに合ったプラチナカードを選んで、申し込んでみてください。

プラチナカードを上手に利用すれば、年会費以上の価値を得ることができます。
また、プラチナカードのサービスは、お金を払ってもなかなか得られないコンシェルジュのようなサービスもあります。
まさにプライスレスなサービスで、それを受けることができるのは、年会費以上の価値があることではないでしょうか。