d払いにおすすめのクレジットカード|dポイントのため方・活用法も

街のお店やネットショッピングなどで、スマホを使ってキャッシュレス決済ができるのが「d払い」です。ドコモユーザーの人はご存じでしょうが、ほかのキャリアのスマホユーザーでも、d払いが利用できるって知ってますか?そんな、誰もがスマホで使える、かんたん・便利な決済サービスのd払いとd払いでおトクなクレジットカードを紹介します。

d払いとはなに?基本的なことを知っておこう!

「d払い」は、ネットショッピングや街のお店での支払いをドコモユーザーなら月々の携帯電話の料金と合算して支払える、かんたん・便利でお得な決済サービスです。
ドコモ以外のキャリアの人でも利用可能です。

ここでは、その概要やメリット、注意点などを見てみましょう。

d払いの概要とメリットはこれだ!

d払いは、ドコモユーザーなら面倒な申し込みの必要がなく、4ケタのパスワードのみで利用が可能なのが便利なところでしょう。
利用金額は携帯料金と合算して一緒に支払えます。
ドコモ以外のスマホユーザーの場合は、dアカウントを取得し、クレジットカードを登録して「d払いアプリ」をインストールすれば、街のお店でもネットでも利用可能です。

d払いに対応した街のお店なら利用金額200円につきdポイントが1ポイント(還元率0.5%)、d払い対応のネット通販サイトでの支払いでは100円につき1ポイント(還元率1%)がたまります。

さらにd払いアプリには「ウォレット」機能が搭載されていて、コンビニや銀行口座、セブン銀行ATMなどから必要な金額をチャージ(入金)することができ、支払いに使ったり、友だちに送金したりすることもできるのです。

d払いの注意点を覚えておこう

d払いの利用には注意点もあります。
その1つが、d払いに対応している店舗は増加中ではあるものの、利用できないお店もあるということ。
「私の家のまわりには使える店が少ない」という口コミもあるので、利用する際には事前にd払いの加盟店かどうかを確認しましょう。

また、「ドコモの電子マネー『iD』ならスマホをかざすだけで支払いが完了するのに、d払いはQRコードを読み取ってもらうのに手間がかかり、ちょっと面倒」という声もあります。

d払いとドコモ払いはなにが違うの?

「d払い」と名前が似ている「ドコモ払い」はどのような違いがあるのか、説明しましょう。

ドコモ払いは、ドコモ回線と契約のあるドコモユーザーだけがネットショッピングで利用可能なサービスです。
一方、d払いはドコモユーザーでなくても「dアカウント」があれば利用できるスマホ決済サービスのことをいいます。
d払いは、街のお店でもスマホに表示させたバーコードを読みとって決済(QRコード決済)ができるのが特徴です。

d払いはクレジットカード払いがおトク!

d払いの特徴は、ドコモユーザーならクレジットカードの登録なしでキャッシュレス決済ができることです。
もちろん、クレジットカードに登録して支払うことも可能ですが、ここではクレジットカードとひも付けて支払うことで得られるメリットと注意点を紹介します。

d払いをクレジットカードで支払うメリット

ⅾ払いでクレジットカード払いを利用する最大のメリットは、dポイントとクレジットカードのポイントの二重取りができることでしょう。
「ⅾ払いアプリ」をクレジットカードとひも付ければ、d払いによるポイントだけでなく、クレジットカード会社のポイントもためることができるのです。

しかも、ドコモが発行する「dカード」とひも付ければ、街のお店でd払いをするとdポイントが0.5ポイント、ネット通販では1ポイントが還元され、さらにカード払いによる1ポイントが上乗せされます。
キャンペーンの開催中にはポイント還元率がさらにアップし、大変おトクです。

また、dカード以外でも、Orico Card THE POINTとJCB CARD Wでは、それぞれのオリジナルのポイントがdポイントに交換可能です。
リクルートカードでも、たまる・使えるポイントとして今後、dポイントが選択できるようになる予定です。

d払いをクレジットカードで支払う際の注意点

もう一度確認しておきますが、ドコモユーザー以外でd払いを利用するには、dアカウントの取得とクレジットカードの登録が必要です。
その際、登録できるのは国際ブランドのVISAとマスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードのみという点にも要注意でしょう。

また、d払いは、ネット通販を安全に行うための追加認証サービス「本人認証サービス(3Dセキュア)」に対応しているクレジットカードだけが利用可能です。
クレジットカードを支払い方法に設定する際に、クレジットカード番号と有効期限のほかに「本人認証パスワード」の入力が求められます。
ドコモユーザーが本人名義のdカードで登録する場合には必要ありませんが、3Dセキュア非対応のクレジットカードもあるので、登録の際には所有しているカードが3Dセキュアに対応しているかどうかを確認しておきましょう。

クレジットカードとひも付ける場合も、ほかの支払い方法と同様に、d払いに対応していないお店があるので、利用の際には事前に確認する必要があります。
また、スマホをかざすだけで決済が完了するiDに比べ、バーコードを読み取ってもらうのに手間がかかるという不便さも少し気になりますね。

ポイント還元率がアップするキャンペーンでは、dカード以外のクレジットカードの登録者は対象外となることもあるのも注意しておきましょう。

利用者コメント
50代・女性 「dカードで登録していますが、キャンペーンが頻繁にされているのはいいけど、キャンペーンに気づかないこともあるし、毎回エントリーしなければならないのがちょっと面倒ですね」

d払いと相性の良いおすすめのクレジットカード

d払いをクレジットカードにひも付けるなら、NTTドコモが発行している「dカード」と「dカードGOLD」が断然お得です。
この2つのカードの所有者を対象とした、ポイント還元率がアップするさまざまなキャンペーンが常時、実施されています。

そこで、dポイントがザクザクたまる両カードの特徴などについて比較してみましょう。

年会費は無料でdポイントがたまりやすい「dカード」

年会費 永年無料
国際ブランド Visa、マスターカード
ポイント還元率 1%(100円につき1ポイント)
たまるポイント dポイント
海外旅行保険 なし

dカードは、ドコモユーザーでなくても買い物で利用するとポイント還元率は1%、dカード特約店ででは還元率1.5%以上など、高還元率のカードです。
さらに、「d払いの支払い方法にdカードを設定」で1%、「dポイントとd払い対応のお店でdポイントカードを提示」で1%、「d払い対応のお店でd払い」で0.5%が加算されて合計2.5%と、dポイントの三重取りも可能です。

特約店ごとのポイント加算や割引があり、例えば、マツモトキヨシでカードを利用するといつでも最大4%のポイントが還元されます。
さらに、ドコモユーザーなら、ドコモの利用料金や「ドコモ光」の料金をカード決済すると1000円ごとに1%が還元されます。

dカードは補償も充実していて、ドコモユーザーであれば携帯電話の紛失・盗難などの際、購入後1年間は最大1万円を補償する「dカードケータイ補償」が自動付帯しているのが特徴です。
dカードで購入した商品の盗難や破損などの損害時には、年間100万円まで保証する「お買い物あんしん保険」も付帯しています。

国内・海外旅行の傷害保険は付帯されていませんが、海外では現地の日本語スタッフによる情報提供などのサポートや、紛失・盗難時の暫定的なクレジットカード発行サービス、レンタカーの割引優待が受けられます。

利用者コメント
60代以上・男性 「特約店で日常的に買い物をしているので、知らないうちに毎月1万ポイントくらい還元されているのがうれしいですね」

ドコモユーザーなら必携の「dカードGOLD」

dカードゴールド
年会費 11,000円
国際ブランド Visa、マスターカード
ポイント還元率 1%(100円につき1ポイント)
たまるポイント dポイント
海外旅行保険 自動付帯

dカードGOLDはdカードと同様に、買い物での利用ではポイント還元率1%、dカード特約店での利用では還元率1.5%以上など、特約店ごとのポイント加算や割引があります。

さらに、ドコモユーザーなら、ドコモのケータイや「ドコモ光」の料金をカード決済すると1000円ごとに10%が還元されます。
そのため、月々の携帯料金の支払いに対するポイント還元率が高いので、それだけで年会費分を回収することが可能です。

また、ドコモユーザーであれば携帯電話の紛失・盗難などの際、購入後3年間は最大10万円を補償する「dカードケータイ補償」が自動付帯します。
また、dカードGOLDで購入した商品の盗難や破損などの損害時には、年間300万円まで保証する「お買い物あんしん保険」も付帯しています。

旅行保険も自動付帯され、海外旅行では最大1億円、国内旅行では最大5,000万円が補償されるのもうれしいところです。
日本国内とハワイの空港ラウンジが無料で利用できるほか、現地の日本語スタッフによる情報提供などのサポートや、紛失・盗難時の暫定的なクレジットカード発行サービス、レンタカーの割引優待が受けられます。

利用者コメント
40代・男性 「d払いとdカードGOLDを組み合わせるとポイント還元率がアップしたり、キャンペーンでもd払い版、dカード版と別々にあることが多いため、毎月かなりのポイントがたまります。年間に利用金額によってプレゼントもあるのが気に入ってます」

dポイントとは?

そもそもd払いでたまる「dポイント」とは、ドコモの携帯電話の利用料金やスマホの購入代金だけでなく、ファストフードやコンビニなど街のお店、ネット通販でもたまる・使えるポイントのことです。

dポイントの有効期限はポイントを獲得した月から48か月後の月末までとなっています。
その間ならdポイントに対応するお店(ネットを含む)サービスで利用可能です。
ただし、利用期限があり、一部で利用できないサービスがある「dポイント(期間・用途限定)」もあります。

dポイントの賢いため方をみてみよう!

dポイントは、街のお店での買い物やオンラインショッピングをはじめ、いろいろなサービスの支払いでためることができます。

街のお店でためる

dポイントは、dポイントの加盟店で商品を購入する際、「dポイントカード」を提示するとポイントをためることができます。
例えば、マクドナルドやマツモトキヨシでは100円につき1ポイント(還元率1%)、ファミリーマートでは200円につき1ポイント(還元率0.5%)がたまるのです。

また、d払いの加盟店で「d払いアプリ」で金額を支払うことでも、dポイントをためることにも注目しましょう。
つまり、dポイントとd払いに対応したお店でdポイントカードを提示し、d払いで支払えば、dポイントが二重取りできるということです。

ドコモサービスでためる

dポイントカードを持っているドコモユーザーなら、携帯電話やドコモ光の利用金額1,000円につき10ポイント(還元率1%)のdポイントがたまります。

また、「ドコモ光」を新規契約か転用・事業者変更をした場合、2年の定期契約でdポイント(期間・用途限定)が2万ポイント付与されます。
公式サイトからの申し込みの場合は、さらに2万円のキャッシュバックキャンペーンなどが開催されていることもあるので、これから光回線を契約しようと考えている人はチェックしてみてください。
しかも、ドコモ光の定期契約プランでは、更新するたびにdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントがプレゼントされるといううれしい特典もあります。

ドコモの携帯電話の契約年数によってポイントがもらえる「ずっとドコモ割プラス」というサービスもあります。
契約期間が長くなるほどステップアップするステージと、パケット通信料のプランに応じて、最大で36,000ポイントが進呈されるのです。
dポイントはドコモユーザーであればどんどんたまるポイントなのです。

dマーケットでためる

動画や音楽、電子書籍、日用品、ファッション、旅行、デリバリーサービスなどを提供するドコモの総合エンタメポータルサイト「dマーケット」の利用でもdポイントがたまります。
特に毎月20日の「dショッピングデー」で利用すると、ポイントが20倍になります。
また、「dカード ポイントUPモール」経由でネットショッピングし、dカードで支払いをすると10%を超えるポイントの獲得も可能です。

キャンペーンでためる

dポイントのポイントプログラム「dポイントクラブ」では「毎週土曜日ポイント3倍デー」など、常時、ポイント還元率アップのキャンペーンを開催しています。
エントリーが必要なキャンペーンが多いので、以下のサイトから気になるものに参加して、ポイントをたくさんゲットしましょう。
https://dpoint.jp/campaign/index.html

dポイントのお得な使い方

dポイントは毎日の暮らしのさまざまな場面で使うことができます。

街のお店で使う

dポイントは1ポイント=1円として使うことができます。
コンビニやファストフード店、家電量販店、百貨店などのdポイント加盟店での支払いで利用可能です。

他社のプリペイドカードのチャージやマイル、自治体ポイントに交換

dポイントは買い物以外でも利用することができます。
例えば、dカードを持っていれば、スターバックスやドトールのプリペイドカードにdポイントでチャージすることも可能です。
また、JALのマイルともdポイント5,000ポイント=2,500マイルとして交換できます。

dポイントは、全国の商店やオンラインショップから特産品などを購入できる「自治体ポイント」とも、1自治体ポイント=1円として交換可能です。

ドコモ携帯料金の支払いに使う

ドコモユーザーは、毎月の携帯電話料金の支払いに1ポイント単位でdポイントが使えます。
Xi(4G)とFOMA(3G)データ通信の基本使用料や国内通話通信料、パケット定額料、留守番電話サービスやキャッチホンなどの付加機能使用料(一部除く)に利用可能です。

ネットショッピングで使う

dポイントは、Amazonや無印良品ネットストア、メルカリ、ラクマなどのd払いに対応したサービスのオンラインショッピングでも利用することができます。

dマーケットで使う

多様な商品やサービスを提供しているドコモの総合サイト「dマーケット」でも、dポイントは利用可能です。
また、ドコモが運営する総合通販サイト「dショッピング」では、例えば「500ポイント以下」や「1000ポイント以下」などの手持ちのポイント残高から商品を探して購入し、支払いに使うこともできます。

d払いにクレジットカードを登録する方法は?

d払いは、クレジットカードを登録して利用するとdポイントの二重取りが可能です。
特にドコモユーザーであればdカードとひも付けると三重取りも可能となるので絶対にお得。

そこで、ここではd払いアプリにクレジットカードを登録する方法について説明します。

d払いでクレジットカードを登録して設定する方法

ドコモユーザー以外がd払いを利用するには、クレジットカードを登録し、支払い方法に設定する必要があります。
その手順は以下のとおりです。

  1. スマホで「dアカウント」サイトにアクセスして、画面の指示に従って「dアカウントID」と「パスワード」を発行
  2. 「d払いアプリ」をスマホにインストール
  3. d払いアプリを起動
  4. 「ご利用規約」をよく読み、問題がなければ「同意してログイン」をタップ
  5. 「dアカウント」を入力して「次へ」をタップ
  6. 「パスワード」と、メールで送られてきた「セキュリティコード」を入力してログイン
  7. 利用設定を行う
  8. dカードなどのクレジットカード情報を入力
  9. 指示に従って登録するクレジットカードの本人認証を行う
  10. 認証が確認されたら登録が完了

d払いアプリで支払い方法をクレジットカードに変更する手順

ドコモユーザーがd払いの支払い方法をクレジットカードに変更する場合は、以下の手順で「変更登録」を行う必要があります。

  1. d払いアプリを起動
  2. アプリのメニューの「設定」をタップ
  3. 「お支払い方法変更」の「クレジットカードの登録」をタップ
  4. クレジットカード情報を入力。dカード・dカードGOLDの所有者は自動的に表示されるのでそちらをタップ
  5. 指示に従って登録するクレジットカードの本人認証を行う(ドコモユーザーが本人名義のdカードで登録する場合は本人認証の必要なし)
  6. 認証が確認されたら変更が完了

まとめ

スマホでキャッシュレス決済ができるd払いを利用すると、街のお店やオンラインショップの買い物でdポイントがどんどんたまります。
なおかつ、d払いを「クレジットカード払い」に設定にすれば、ポイントの二重取り、三重取りだって可能です。

クレジットカードを登録するなら、ドコモが発行するdカードが一番のおすすめ。ドコモユーザー以外なら、イチオシは年会費無料のdカードです。
ドコモユーザーなら、高還元率のポイント付与で年会費の元がとれるdカードGOLDがお得なので、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

時間アイコン21.05.09

年会費無料のクレジットカードを保険やETCカードで比較!おすすめはこれ!

時間アイコン21.05.09

学生でもクレジットカードがもてる?おすすめの学生用カードを紹介!

時間アイコン21.05.09

還元率の高いおすすめクレジットカードを紹介! お得なポイントを徹底比較! 

時間アイコン21.05.09

女性に人気のクレジットカードのランキングとおトクなカードを紹介!

時間アイコン21.05.09

Visaは国際ブランドナンバー1シェア!おすすめクレジットカードを紹介

TOP