女性に人気のクレジットカードのランキングとおトクなカードを紹介!

クレジットカードの中には、特に女性向けの特典や保険が充実しているカードがあります。また、持っているだけで楽しくなるようなかわいいデザインのカードも、捨てがたい魅力です。
自分のライフスタイルに合わせて、ポイントがたまったり、サービスが受けられたりする、満足のいくクレジットカードを紹介しましょう。

【年代別】女性に人気のクレジットカードランキング

女性の間ではどのようなクレジットカードが人気なのでしょうか。
世代別に調査したランキングを紹介します。

20代
1位 楽天カード
2位 イオンカードセレクト
3位 JCB一般カード
4位 エポスカード

30代
1位 楽天カード
2位 イオンカードセレクト
3位 JCB一般カード
4位 エポスカード

40代
1位 楽天カード
2位 dカードGOLD
3位 イオンカードセレクト
4位 JCB一般カード

50代
1位 楽天カード
2位 イオンカードセレクト
3位 JCB一般カード
4位 イオンゴールドカード

すべての世代で1位と、圧倒的に女性に支持されているのが楽天カード!
やはりネット関連でのサービスが豊富なのが、人気の秘密だと思われます。

また、20代、30代、50代で楽天カードに次ぐ2位、40代でも3位のイオンカードセレクト、20代、30代、50代で3位、40代で4位のJCB一般カードも、全世代型の安定した強さを誇っています。

ほかにも20代、30代で4位にエポスカードが入るなど、全体的にショッピング系のカードに支持が集まっています。
日々の暮らしの中で使い勝手のいいカードが選ぶ傾向が見て取れます。

その中で特徴的なのが、40代で2位に入ったdカードGOLDと50代で4位のイオンゴールドカード。
年齢が上がって収入も安定していく中で、ワンランク上のカードによりメリットを感じる人が増えているようです。

女性に人気のクレジットカード紹介

それではランキング上位の人気カードをそれぞれ紹介していきましょう。
まず、その特徴を一覧表にまとめました。

カード名 特徴
楽天カード 年会費:無料
基本還元率:1.0%
たまるポイント:楽天ポイント
海外旅行傷害保険:利用付帯
イオンカードセレクト 年会費:無料
基本還元率:0.5%
たまるポイント:ときめきポイント、WAONポイント
海外旅行傷害保険:なし
JCB一般カード 年会費:初年度無料(次年度より1,375円)
基本還元率:0.5%
たまるポイント:OkiDokiポイント海外旅行傷害保険:利用付帯
エポスカード 年会費:無料
基本還元率:0.5%
たまるポイント:エポスポイント
海外旅行傷害保険:自動付帯
dカードGOLD 年会費:11,000円
基本還元率:1.0%
たまるポイント:dポイント
海外旅行傷害保険:自動付帯
イオンカードゴールドセレクト 年会費:無料
基本還元率:0.5%
たまるポイント:ときめきポイント、WAONポイント
海外旅行傷害保険:利用付帯

女性がうれしいデザインも選べる「楽天カード」

楽天カードは本人、家族カードともに永年年会費無料のカードです。
還元率は1.0%と高めで、インターネット通販の「楽天市場」で利用すると、ポイントが最大3.0%までアップします。
また、楽天モバイルの利用でもポイントアップができます。

日々のショッピング、インターネットでの通販、コンビニなどでの少額の買い物、スマホなど、あらゆるシーンで利用でき、それぞれでポイントをためることができるところに、女性からの熱い支持が集まっているようです。

そんな人気の楽天カードには、女性向けをうたっている「楽天PINKカード」があります。
名前の通り、ピンク色を基調にしたカードは、ディズニーキャラクターなどデザインは4種類です。

さらに楽天PINKカードは、楽天カードと同じ機能の上に、月額330円(税込、申し込み後2か月間無料)で女性向けのカスタマイズサービスが受けられます。
その内容は、「楽天グループ優待サービス」「ライフスタイル応援サービス」「女性のための保険」の3つです。
「優待サービス」は楽天市場での買い物500円オフや楽天トラベルでの国内宿泊予約が1000円オフといったグループ各社のクーポンを発行、「ライフスタイル応援」は飲食店や映画のチケット、英語学校のレッスン料などの割引、「保険」は女性特定疾病への補償が受けられます。

イオンでの優待が魅力の「イオンカードセレクト」

イオングループでの買い物に圧倒的に有利なのがイオンカードセレクト。
通常のカードショッピングの還元率は0.5%ですが、イオングループだと1.0%にアップします。
そのうえ、毎月10日の「ときめきWポイントデー」だとポイントが2倍、毎月20日と30日の「お客さま感謝デー」は買い物料金が5%オフなど、イオングループでたくさん買い物をする人には、特典がいっぱいです。

電子マネーのWAONも付いていて、WAONの支払いでもオートチャージでも、200円ごとに1電子マネーWAONポイントがもらえます。

イオン銀行の発行のカードなので、給与振込口座設定で毎月10WAONポイント、各種公共料金の支払いで毎月5WAONポイントがたまるのも、イオンカードセレクトならではのメリットです。

国内や日本人が訪れる観光地で威力を発揮「JCB一般カード」

JCB一般カードはオールラウンドプレーヤーともいえるクレジットカードです。
基本還元率は1000円で1ポイントですが、1ポイントで5円に相当するので、実質0.5%になります。

そのポイントのアップさせるチャンスが多いのがJCB一般カードの特徴です。
Amazon、セブン―イレブン、スターバックスなど、日常よく使う店が優待店になっていて、2倍から10倍までにポイントが急上昇します。
楽天市場、yahoo!ショッピングなどでのネット通販では最大20倍、海外での使用でも2倍になります。

年会費はインターネット入会で初年度無料です。
次年度より1,375円になりますが、ウェブ明細サービスのMyJチェックに登録の上、年間50万円以上の利用で年歌碑無料になります。

クレジットカードを日常よく使う人におすすめのカードです。

使えば使うほど便利になる「エポスカード」

エポスカードは即日発行可能で年会費無料です。
優待店舗が1万店もあるのが強みです。

さらにマルイやモディで年4回行われる「マルコとマルオの7日間」の期間、多くの商品が10%割引になります。

たまったポイントはJAL、ANA両方のマイルに交換することもできるので、旅行好きの女性にも向いています。

ワンランク上のエポスゴールドカードなら、初年度の年会費5000円ですが、50万円の利用で翌年からは年会費無料の上に、2500ポイントをプレゼントされます。
また、ETC還元率が3倍になるので、年間50万円以上を利用する人は、ゴールドカードがおトクですね。

ドコモユーザーなら実質年会費無料!?「dカードゴールド」

ドコモユーザーに絶対お得なのがdカードゴールド。
年会費は1万1000円ですが、毎月の携帯や「ドコモ光」の利用料金をdカードゴールド支払いにすれば還元率が10%にアップするので、例えば毎月のドコモ利用料金が1万円で年間1万2000ポイントをゲットできます。
ドコモユーザーは実質年会費無料といってもいいでしょう。

またd払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重にもらえたり、dカード ポイントUPモールを経由してのショッピングで最大10.5倍ものポイントが獲得可能になります。

ドコモのスマホなら、購入してから3年間は最大10万円の携帯補償が付くなど、ドコモユーザーに手厚い1枚です。

インビゲットで年会費無料のゴールドがもてる「イオンゴールドカードセレクト」

イオンカードセレクトの年間利用額が100万円を超えたら、イオンゴールドカードセレクト入会の案内(インビテーション)が届きます。

イオンゴールドカードセレクトは年会費無料で、イオンカードセレクトの特典をそのままバージョンアップしたもの。
海外・国内旅行保険が付いたり、ショッピング保険の補償限度額も大幅アップ、主要空港のラウンジや、全国のイオン店舗にあるイオンラウンジを無料で使用することができます。

イオンカードセレクトをメインカードとして使っている人には、チャンスがあればステップアップが狙えるのです。

女性におすすめのクレジットカードの選び方

クレジットカードを選ぶときは、やはり年会費とポイント還元率に目が行きがちになります。

どうしても年会費無料、高還元率をアピールするカードがお得なような気がしますが、それに加えて優待店や優遇サービスなどもチェックして、どのカードが自分のライフスタイルにあっているかを検討するのが賢い選択といえるでしょう。
例えば、携帯系のクレジットカードでは、自社の携帯利用料金の支払いをカードですると、かなりの高ポイントを獲得できるので、たとえ年会費が有料でも、貯(た)まったポイントで差し引きゼロにすることが可能です。

また、交通系のクレジットカードは、定期券の購入や乗車するだけでポイントがためることができます。

その逆に、auの携帯を使っているのにdカードを持っていたり、地下鉄で通勤にしているのにビュー・スイカカードに申し込んでも、あまりメリットは感じられないかもしれません。

旅行好きは海外旅行保険をチェック

旅行好きの人は、交通機関や宿泊料金の支払いや旅先のショッピングでクレジットカードを使う機会が多くなります。
そんな人には、ぜひ旅行保険が付帯しているクレジットカードを旅のお供にするのがよいでしょう。

旅行保険には、カードを持っているだけで誰でもが補償の対象となる自動付帯と、旅行代金の支払いなどでカードを使った人だけが対象になる利用付帯の2種類があります。
自分の持っているカードがどちらなのか、旅に出掛ける前にチェックしておきましょう。

また、航空会社のマイルを積極的にためている人は、カードのポイントとマイルの交換率も調べておきましょう。
さらに交換できるマイルが、JALなのかANAなのかも重要なチェックポイントです。

ショッピング好きは、よく利用する店舗での還元率をチェック

日頃から買い物にはクレジットカードを利用する人、多いですよね。
当然ながらイオンカードはイオングループに、エポスカードはマルイでの利用にお得になります。
また、楽天カードのように、ネット通販でポイントが稼げるカードもあります。

楽天EdyやSuicaなどの電子マネーが搭載できたり、Pay PayなどのQR決済とひも付けることで、ポイントがたまっていくカードも多くあります。

デパート、スーパー、ネット通販、コンビニと、自分がいつもどんなところで買い物をしてカードを使っているのか、それにあったカードを選択するといいでしょう。

デザインも大事?

これまでクレジットカードは、信頼感やステータスを醸し出す重厚なデザインがメインでした。

しかし、最近、特に女性向けと銘打って、かわいいデザインのカードも増えています。
また、ディズニーなどのキャラクターをプリントしたカードも登場して、ファンなら1枚は持っておきたくなります。

同じ機能を持っているなら、気に入ったデザインのカードなら気分が上がることは間違いなし。
デザインでカードを決めるのも、選択肢の1つといえるでしょう。

女性だからこそ持ちたいおすすめクレジットカード

女性に人気ランキング上位のカードは、年会費や還元率以外にも、旅行保険などの付帯保険、各種特典やサービスなどの点でも、やはり高い評価を得ています。

とはいえ、他にも女性にぜひおすすめしたいクレジットカードがあります。
ここではランキング外から、注目のカードを紹介していきます。

女性のためのサービスが満載の「JCB CARD W plus L」
年会費 無料(39歳以下)
基本還元率 1.00%
たまるポイント Oki Dokiポイント
海外旅行保険の有無 利用付帯

39歳以下を対象としたJCB CARD W の女性のためのカードがJCB CARD W plus Lです。
2017年に登場した新しいクレジットカードです。

JCB CARD W plus Lの魅力は何といっても、還元率がJCB一般カードの2倍の1%だということ。
そのうえAmazon、セブン―イレブン、スターバックスの優待店や、ポイント優待サイトが多く、月がわりの優待、プレゼント企画も用意されています。

女性をサポートする協賛企業による「JCB LINDAリーグ」とのコラボ企画もあり、グルメやコスメ、美容などさまざまなキャンペーンに参加できるところも見逃せないでしょう。
保険に関しても、海外旅行保険の付帯に加えて、手ごろな保険料で女性特有の疾病全般を対象にした「女性疾病保険」、月の掛け金30円から、乳がん、卵巣がんなどの特定の疾病や天災、犯罪被害の補償などを行う「選べる保険 お守リンダ」など、女性に手厚いサポートが特徴です。

カードのデザインは桜のイメージした、優しい感じとなっています。

女性特有の病気にも手厚い「ライフカード Stella」
年会費 初年度無料、次年度以降1,375円
基本還元率 1.00%
たまるポイント LIFEサンクスポイント
海外旅行保険の有無 自動付帯

ライフカードstellaは、海外旅行傷害保険が自動付帯で、最高2,000万円まで補償、海外でのショッピングで、利用総額の3%がキャッシュバック、ハワイ・ワイキキ島のトロリー電車が無料で乗れるなど、旅好き女子の心強い味方です。

誕生月はポイントが3倍、会員限定ショッピングモールL-MALLでの買い物で最大25倍になります。
次年度からの年会費も170ポイントで年会費無料コースに応募できます。

希望者には、子宮頸がん、乳がんの検診を受けられる無料クーポンをプレゼント。
とことん女子を応援するカードです。

安心もセットされたクレカの新しいかたち「三井住友ナンバーレスカード」
年会費 無料
基本還元率 0.50%
たまるポイント Vポイント
海外旅行保険の有無 利用付帯

これまであった女性向けの三井住友カードアミティエに代わって、2021年2月から登場した三井住友ナンバーレスカードは、最短5分で発行でき、しかも年会費は永年無料です。

セブン―イレブンやファミリーマート、ローソン、マクドナルドでVisaのタッチ決済を利用すると、ポイントがいつでも5倍になるのがうれしいところです。

対象店の中から、ポイントが2倍になる3店をチョイスしておけば、いつも利用するお店で有利にポイントがためられます。

最高2,000万円まで補償の海外旅行傷害保険も付帯し、日常生活から海外まで、幅広く使えるカードです。

女性のクレジットカードの審査について

審査なしで入会できるクレジットカードはありません。
また、その審査の基準は非公開です。
ただ、女性だからといって審査に有利不利はありません。

クレジットカードの審査は支払い能力と信用情報の2点が重視されます。
このうち支払い能力は、職業・勤務先や年収などとともに、雇用形態や勤続年数が重視されます。
雇用形態とは正規、非正規(パート、アルバイトなど)で、当然ですが収入が安定している正規雇用が評価は高くなります。
また、勤続年数も長い方が審査に通りやすくなります。
ただ、収入がない主婦でも、世帯全体の収入が審査対象になる場合もあるので、カードがつくれないということはありません。

もう1つが信用情報機関に登録されている情報です。
消費者金融からたくさん借り入れがあったり、過去に支払い遅延の記録があると審査に通りにくくなります。
また、携帯電話会社でスマホを分割で購入した記録も残ります。
そのため、携帯電話料金の遅延があるとそれも信用情報機関に記録され、審査に不利になることもあるようです。

初めてカードをつくる人が、いきなりゴールドカードをつくるのはややむずしいので、最初は一般カードを申し込んだほうが無難でしょう。
どうしてもゴールドと考えるのなら、20代なら若い向けのゴールドカードを選ぶといいでしょう。
30代以降でローンなどの支払い経験がなく、初めてカードを発行するのは、それ自体がむずかしいので、一般カードで信用を付けていくことが大切です。

まとめ

女性におすすめのカード、いかがでしたか。

いまやクレジットカードは、ショッピングの支払いだけでなく、ポイント還元の利用、電子マネーの搭載、旅行保険の付帯など、1枚でいろいろな利用法があります。女性だけに向けての特典やサービスもいろいろ出ています。
それらをよく知らないままに使うのは、ちょっともったいないなということに気付いてもらえたでしょうか。

自分に合うカードを選ぶコツは、まず自分の日々の生活で、どんな時に一番カードを利用しているかを知ることです。カードの特徴によっては、その人にとって使い勝手のいいものや得する1枚があるはずです。

関連記事

時間アイコン21.05.09

年会費無料のクレジットカードを保険やETCカードで比較!おすすめはこれ!

時間アイコン21.05.09

学生でもクレジットカードがもてる?おすすめの学生用カードを紹介!

時間アイコン21.05.09

還元率の高いおすすめクレジットカードを紹介! お得なポイントを徹底比較! 

時間アイコン21.05.09

d払いにおすすめのクレジットカード|dポイントのため方・活用法も

時間アイコン21.05.09

Visaは国際ブランドナンバー1シェア!おすすめクレジットカードを紹介

TOP