【事例あり】ドコモdカードGOLDにだまされた?口コミの原因と解決策

ネットでdカードGOLDを検索すると、検索ワードに“だまされた”という言葉が追加されて、ヒットすることがあります。
ドコモ携帯料金の10%還元など、dカードGOLDのほかにないメリットはよく知られていますが、誰が、どのような点にだまされたと感じるのでしょうか。
dカードGOLDのメリットと勘違いしやすいポイントなどを整理して、どのような方におすすめするか紹介します。

1. dカードGOLDにだまされた?ユーザーアンケートに見る事実とは

本当に“dカードGOLDにだまされた”と感じている人はたくさんいるのでしょうか。

ここでは、ユーザーに「だまされた」と感じた経験があるかどうか、リサーチしてみました。

結果は、“だまされた”と答えた人はほんのわずかとなりました。
少数のだまされたと回答した人は、dカードGOLDの特典やサービスの内容をミスリードして、自分の考えていたものと違うと感じたようです。

詳しく見てみましょう。

1.dカードGOLDにだまされたと思う間違いやすいポイントとは?

だまされたと感じた人は、dカードGOLDのどのようなところを勘違いしたのでしょうか。
だまされたと感じやすいポイントをまとめてみると、以下の5点になります。

  1. dポイントクラブの10%ポイント還元に、携帯本体の分割代金・その割引分・消費税は対象外だった
  2. 10%ポイント還元は、1,000円未満は切り捨て
  3. 家族カード会員の携帯利用料金は10%還元の対象になるが、家族カード会員でない家族の利用料金分は対象にならない
  4. dポイントクラブは、dカード GOLDの利用携帯電話として番号を登録しなければならない
  5. dポイントクラブのステージ判定対象にドコモ利用料は含まれない

dポイントクラブですべてが10%還元ならない部分のインパクトが大きいようです。
通常クレジットカードは、1%でも高めのポイント還元といわれ、dポイントクラブの10%は常識破りの高還元率といえるでしょう。
そのため多くの人は10%還元に魅力を感じて加入するのですが、10%還元の特典を受けるにはいくつか制約や、ポイント還元の対象にならないケースがあるのです。

その制約や対象外のケースに該当してしまった人が、当初の予想と違うので、だまされたと感じることとなったのかもしれません。
いくつか実際にあった事例を下に、解説しましょう。

【だまされた事例1】dポイントクラブの10%ポイント還元に、携帯本体の分割代金・その割引分・消費税は対象外だった

一番多い事例は、例えば“ドコモの利用料金が10,000円だったのに、ポイントは1,000ポイントでなく700ポイントしかなかった“などというものです。
これは、ドコモから請求される料金のすべてが10%還元だと思っていたことが原因だと考えられます。

公式サイトにも記載されていますが、10%還元の対象になるのは、利用料金のうち基本使用料や通話・通信料、ドコモ光使用料、付加価値機能使用料などです。
端末の購入代金の分割払い分やdマガジンなどコンテンツの利用料など対象になりません。
また、税抜金額に対してですので、消費税分を除した金額で考えます。

それを知らずに、ドコモから請求される総額に対して、ポイントの還元率があると勘違いしてしまったのでしょう。

利用者コメント
20代男性
「勘違いになりますが、毎月20,000円ほどドコモに支払っていたので、利用料金の10%還元はかなりお得だと思っていました。分割の機種代は含まれないということをあとで知りました」

【だまされた事例2】dカードGOLDの10%ポイント還元は、1,000円未満は切り捨て

ポイントの付与単位も、不満のある点でしょう。
dカードGOLDの通常のポイントは他の一般的なクレジットカードと同様に、100円で1ポイント(1円相当)が付与されます。

それに対して、dポイントクラブの10%ポイント還元は、付与単位が1,000円です。
つまり、1,000円未満の金額に対してはポイントが付与されないことになります
多くの人が、例えば利用料金が5,900円ならその1割の590ポイントが付与されると勘違いしているのです。
なお、ahamoを契約している場合、付与単位が100円になりますが、月額の最大獲得ポイント数が300までに限定されます。

さらに1つの要因もあるでしょう。
それは、ドコモの携帯電話料金が年々安くなり、年会費をまかなえるほどのポイントがたまりにくくなったということです。
携帯料金が下がるのはいいことなのですが、その分、獲得できるポイントが下がるので、痛しかゆしですね。

ahamoなどの格安プランに切り替えたら、電話料金が安くなった分、ポイントがたまらなくなり、年会費分のポイント獲得が難しくなったという例です。

利用者コメント
20代女性
「以前はドコモ利用料が毎月8,000円くらいで、ポイント還元でほぼ年会費分を獲得していました。でも、最近、携帯電話代が以前よりも3割くらい下がったので、ポイント還元だけで年会費をまかなえなくなりました」

【だまされた事例3】dカードGOLD家族カード会員の携帯利用料金は10%還元の対象になるが、家族カード会員でない家族の利用料金分は対象にならない

これも勘違いが多いポイントですね。
家族の利用料金をまとめて支払っていても適用されないことも注意すべき点といえるでしょう。

最大10%ポイント還元は、dカード GOLD1枚につき、ご利用携帯電話番号に“登録された1回線”にのみ適用されるのです。
なお、家族カードを発行して、家族の携帯をそのカードにひも付ければ10%還元が適用されます。
一括請求をやめて、家族カード払いにする手間はありますが、請求されるのは代表者カードなので、家族カードを発行した場合は手続きを怠らないようにしましょう。

利用者コメント
40代男性 会社員
「家族の回線も私名義でdカードGOLDで支払っていました。さぞかしポイントが還元されると思ったら、還元対象となるのは代表回線だけ。HPを詳しく見たら書いてありましたが、少しだまされたような感じです」

【だまされた事例4】dポイントクラブは、dカードGOLDの利用携帯電話として番号を登録しなければならない

この1手間を忘れると、10%の還元が受けられないので、注意しましょう。
事例3でも述べましたが、2回線以上ドコモと契約していて家族カードを発行している場合は、家族カードに回線をひも付けないと1回線分しか適用されないのも忘れずに。

dカードGOLDと携帯回線のひも付けは、dカードの会員情報ページにある[dポイント利用者情報/ご利用携帯電話番号の登録・変更]で手続きします。

利用者コメント
30代男性 会社員
「dアカウントとか取得しているので、自動的に番号が登録されるかと思っていたら、そうではないのですね。登録の方法は案内されていますが、ちょっとめんどうでした」

【だまされた事例5】dポイントクラブのステージ判定対象にドコモ利用料は含まれない

ドコモには5段階のステージ制による優待制度があります。
最上位のプラチナステージや4thステージだとおトクなクーポンが発行されたり、商品券に応募できるようになるのです。

ステージはドコモの継続利用期間や直近6か月のdポイント獲得数によって決まります。
そのステージ判定には、ドコモの回線利用も含まれますが、dカードGOLD特典分の進呈ポイントはステージ判定対象外です。
複雑ですが、少しだまされた感じになるのも否めませんね。

利用者コメント
40代男性 会社員
「ドコモは10年以上利用していますのですでに4thステージですが、プラチナステージの懸賞が魅力的だったので、少しがんばってdカードGOLDを利用しました。10%の還元もあるので、楽勝かと思っていたのですが、これは対象外だったのですね。がっかりです」

2.もちろんdカードGOLD 満足している声もたくさんある

では、実際にユーザーは、dカードGOLDに満足しているのでしょうか。
こちらもリサーチしてみました。

結果は、多くの方がdカードGOLDについて満足しているという回答でした。
その中から、どういった点に満足しているのか、事例を紹介しましょう。

1.とにかくポイント還元率が高い

紹介したように、だまされたという誤解もありましたが、やはり10%還元はユーザーから圧倒的に支持されています。
満足しているという声が多数寄せられました。

利用者コメント
30代男性
「携帯料金に対する還元率が10%というのはおトクすぎます。ドコモユーザーであれば、持たない理由はありません。年会費が11,000円かかりますが、十分に回収可能ですし、ゴールドカードの特典も利用できるのですから」
利用者コメント
30代女性
「普段の携帯料金の支払いをカードにすると、 年会費が実質0円になって、すごくお得になります。 普段の買い物だけでもポイントがたまっていく上に、1年の合計利用金額に応じて特典もあるので、とても満足しています」
利用者コメント
40代女性
「毎月数1,000ポイントがたまるので、そのポイントを利用して生活用品を購入したり、外食をしたりしています。ドコモポイントを使えるお店も増えているのも、使いやすい要因の1つです。やはり還元率が高いのが、一番のポイントですね」

2.dポイントやd払いとの互換性が高い

d払いは、スマホの画面上のバーコードやQRコードを見せることで、支払いをするキャッシュレス決済サービスです。
ドコモのスマホ利用者でしたら、月々の携帯利用料金とd払いの支払いがいっしょにできるので、ポイントの二重取りが可能になります。

「還元率が高くポイントがたまりやすいし、d払いとの互換性が高いのが、dカードGOLDのメリットですね。dポイントは使い道や使える場所が多く、ポイント交換もできるのも魅力です」

3.空港にあるカードラウンジも無料で利用できる

dカードGOLDと利用する航空機のチケットなど搭乗を証明するもの提示すれば、全国の主要空港やハワイの空港のカードラウンジが無料で利用できます。
カードラウンジとは、クレジットカード会社などが共同で運営しているラウンジのことです。

そのため、旅行好きにも評価が高いのがdカードGOLDといえるでしょう。

「海外出張が多いのですが、dカードGOLDはその時に役立つサービスが充実しています。空港ラウンジを無料で利用できるのは最高です」

4.ケータイ補償も優秀

10%還元とともに評価が高いのが、購入してから3年以内に購入したドコモの携帯に対する補償制度・dカードケータイ保証です。
これは、故障や盗難、紛失などほとんどの損害に最高10万円まで補償されます。
ドコモユーザーには願ってもないサービスですね。

「dカードGOLDは還元率が高く、 携帯料金の支払いだけで年会費がペイできます。また、破損や盗難にも安心のケータイ補償もうれしいサービスです。家族カードが1枚無料なのもうれしいですね」

3.dカードGOLD はこんな人にぴったりのカード

dカードGOLDをおすすめしたいのは、まず何といってもドコモユーザーです。
ドコモのユーザーでしたら、毎月の携帯使用料が10,000円くらいなら、dカードGOLDの年会費11,000円をポイントでクリアすることは、さほどむずかしいことではありません。

一方、ドコモ以外のキャリアのユーザーでも、高還元率はもちろん、年間100万円以上のカード利用で、11,000円相当の特典クーポンがもらえるので、検討してみる価値は十分あります。

1.dカードGOLDの特徴をまとめてみよう

最後にdカードGOLDの特徴をまとめてみました。

  1. 年会費
    dカードGOLDの年会費は11,000円です。
    ドコモユーザーなら、利用料金で獲得できるポイントで、限りなく無料にできます。
  2. dポイントクラブ
    ドコモの携帯や「ドコモ光」の利用料金をdカードGOLD支払いにした場合、ポイント10%が還元される優待サービスです。
    毎月10,000円ほどのドコモの利用料なら、年会費以上のポイントがゲットできます。
  3. dカードケータイ補償
    購入してから3年以内のドコモの携帯の故障や紛失、盗難などした場合に、同じ機種で同一カラーの携帯の再購入金額または頭金、事務手数料などに、最大10万円まで補償があります。
  4. 海外旅行保険の付帯
    dカードGOLDには最大1億円の海外旅行保険が付いています。
    これはカードで旅行代金を決済しなくても付帯する、自動付帯です。
    なお、国内旅行傷害保険も付帯しますが、こちらは旅行料金をカードで決済することで適用されます。
    国内旅行傷害保険の最高補償額は、5,000万円です。
  5. 空港ラウンジの使用
    国内の主要空港およびハワイの空港のラウンジに無料で入場できます。
    家族カードの保有者も利用可能です。
  6. お買い物あんしん保険
    カードで購入した商品の盗難、破損に対して、年間300万円まで補償があります。
  7. dカード年間利用特典
    dカードGOLDを年間累計が税込み100万円以上、200万円以上の利用で、それぞれ11,000円、22,000円相当の特典クーポンがもらえます。

まとめ

いかがでしょうか。
ドコモユーザーにはもちろんのこと、そうでない人にも魅力いっぱいのdカードGOLD。
さまざまなシーンで活用できる1枚です。

ただ、内容を確認しないで、思ったほどポイントがつかないなどとだまされたと思う人もいます。
確かにドコモ利用料に対するポイント付与は勘違いしやすいところですが、そのほかの特典やおトクな制度も充実しています。

これを機会にぜひとも、dカードGOLDの入会を検討してみてください。

関連記事

時間アイコン21.06.13

dカードGOLDはドコモ以外のユーザーのもメリットがあるのか検証した

時間アイコン21.06.13

dカードGOLDの損益分岐点を解説|分岐点を簡単に超える使い方も

時間アイコン21.06.13

dカードGOLDとAmazonの組み合わせでポイントが最大5倍たまる裏技

時間アイコン21.06.13

【キャプチャ付き】dカードGOLDの作り方を解説|家族カードの作り方も

時間アイコン21.06.12

dカードGOLDは学生でも手に入れることはできる?その方法は?

TOP