> 楽天カードの公式サイトへ

楽天ポイントの交換先を全て言えますか?

「いやいや、無理無理!」というのが普通ですよね。

楽天ポイントは楽天ポイントカードの他にクレジットカードの『楽天カード』でも貯められるカードなので、莫大な使い道があるように感じてしまうかもしれません。

極端に交換レートが悪いオリジナルグッズなどを除けば、実は楽天ポイントの使い道は

  • 楽天Edy
  • ANAマイル
  • 楽天グループでの利用

のたった3点に絞ることができます。

「え!?たった3つ!?」と驚かれた方もいるかもしれませんが、たった3つです。

たった3つなので、覚えるもの超簡単です。

ただし、ポイントの使い方のルールなどもあるので少し注意が必要です。

また、楽天ポイントを現金に変える合法的な裏技もご紹介するので、楽天ポイントの使い道は実質4点になります。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

1.まず確認!期間限定ポイントは交換ができない?期間限定ポイントはどう使えばいい?

1-1.期間限定ポイントってなに?

まず始めに楽天カード、楽天ポイントカードで貯まる2種類のポイントについてのご紹介をします。

クレジットカードではカードの利用によって貯まる通常ポイントと、キャンペーンなどによって貯まる期間限定ポイントなどがありますが、楽天カードもその例にもれず

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

の2種類があります。

どちらのポイントがどのくらい貯まっているのかは会員サイトで確認することができます。

期間限定ポイントの特徴としては下記のような特徴があります。

【期間限定ポイントの特徴】

  • 特定のキャンペーンなどで付与されます
  • それぞれ固有の「有効期限」が設定されていて、有効期限を過ぎると自動的に失効します
  • 複数の期間限定ポイントを保有している場合は、利用期限の近い期間限定ポイントから優先して消費されます
  • 期間限定ポイントは、提携サービスへのポイント交換には利用できません

通常ポイントと期間限定ポイントがあった場合、期間限定ポイントが先に消費されていくというルールと、複数の期間限定ポイントを持っていた場合、利用期限が近いポイントから優先して消費されていくというのがミソですね。

つまり例えば

  • ①通常ポイント
    =100ポイント
  • ②期間限定ポイント(有効期限5月末まで)
    =100ポイント
  • ③期間限定ポイント(有効期限6月末まで)
    =100ポイント

の3つがあったと仮定して、何かのサービスに150ポイントを利用したら、まず②のポイントから消費され、次に③、そして最後に①のポイントが消費されることになるので、結果的に残るのは

  • ①通常ポイント
    =100ポイント(-0pt)
  • ②期間限定ポイント(有効期限5月末まで)
    =0ポイント(-100pt)
  • ③期間限定ポイント(有効期限6月末まで)
    =50ポイント(-50pt)

ということとなります。

※通常ポイントは使われず、期間限定ポイントが優先的に消費される

要するに自動的に古いポイントから消費されていくので、自分で考える必要がないってことです。

もうひとつ注目したいのは、期間限定ポイントは利用用途が通常ポイントよりも制限されており、他のポイントに移行したりすることができないということです。

期間限定ポイントを”どう使うか?”よりも、期間限定ポイントは”どこで使えるか?”を知っておく方が遥かに大事です。

つまり期間限定ポイントは、「あ!有効期限切れそう!今は何も欲しいものがないから、電子マネーとかに変えちゃおう」ということが出来ないということで、期限内に何かを購入しなければムダになってしまうポイントなのです。

1-2.期間限定ポイントの交換先は何がある?

そうなると気になって来るのが「期間限定ポイントは何に使えるの??」という疑問です。

まずザッとご紹介すると、期間限定ポイントの使い道には下記のようなものがあります。

【期間限定ポイントの使い道】
※1ポイント1円として利用できます

  • ①楽天pay
  • ②楽天ブックス、楽天kobo
  • ③楽天市場
  • ④ラクマ
  • ⑤ふるさと納税
  • ⑥楽天デリバリー
  • ⑦楽天銀行手数料
  • ⑧楽天写真館
  • ⑨楽天市場以外のネットショップ
  • ⑩楽天クラッチ募金

上記のように、楽天ポイントの期間限定ポイントは、楽天グループでの利用に特化されたポイントになっています。

上記の項目を1つづつ簡単にご紹介していくので、気になる部分だけ参考にしてください。

①楽天pay(電子マネー)

「楽天ペイ」とはケータイアプリの名前で、このアプリを利用して街での買物やネットショッピングができるサービスです。

楽天ペイではクレジットカードを登録することで、おサイフケータイのようにケータイをかざすことで決済が可能になります。

普通のおサイフケータイと異なる点は決済の時に楽天ポイントを選択して支払に利用することが出来る点です。

つまり、街中やネットショッピングで楽天ペイを利用して、期間限定ポイントをガンガン使って行くことができるということですね。

この方法が一番便利に効率よく期間限定ポイントを利用して行く方法になります。

利用できる店舗の一例としては下記のようなものがあります。

【街での利用】

  • 自由空間
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • その他多数、60ジャンル以上

【ネットショッピングでの利用】

  • ドミノピザ
  • tohoシネマズ
  • 無印良品
  • BUYMA
  • ユナイテッドアローズオンラインショップ
  • ラクマ
  • オイシックス
  • DMM.com
  • その他多数、100サイト以上

店舗で利用しやすいのは2017年8月から利用できるようになったローソングループです。

コンビニという小額の支払が多いショッピングでは期間限定ポイントが利用しやすく、「このポイントは有効期限が切れそうだから、コンビニで使おう」という感じで微調整がしやすいのです。

期間限定ポイントを持っているなら楽天ペイのアプリは絶対にインストールしておきましょう。

②楽天ブックス、楽天kobo(本・電子書籍)

楽天ブックスは本、楽天koboは電子書籍が購入できるストアです。

楽天ブックスの特徴は注文金額に関わらず送料が一律無料な点で、楽天koboの特徴は楽天ブックスで購入できる紙媒体の本よりも値段が約10%安い点です。

特に電子書籍は定期的にセールを行なっているので期間限定ポイントを利用して好きな小説や漫画、実用書などを購入するのにピッタリでしょう。

③楽天市場(総合通販)

楽天市場は言わずもがなな楽天の有名なネットショップですよね。

期間限定ポイントも楽天市場で利用することができます。

もちろん通常ポイントも利用することができ、最初にご紹介した通りポイントを利用して買物をすると古いポイントから自動的に消費されていくので自分でいちいち考える必要がありません。

もちろん一部キャッシュ、一部ポイントという方法で商品を購入することもできるので、期限が切れそうなポイントだけを使うこともできます。

楽天市場の特徴は、楽天ポイントを使った分に対してもポイントが付与されるので、効率よくポイントを使い、貯めることが出来る点です。

④ラクマ(オークションサイト)

ラクマはメルカリやヤフオクのようなオークションアプリで、2014年からスタートしたサービスです。

メルカリやヤフオクと比べると出品数は少ないですが、最近では不要品の出品でC to C(顧客同士のやり取り)サービスが加速してきているのでもしかしたら不要品を安く手に入れれるかもしれません。

ヤフオクやメルカリには無いラクマだけのメリットとして、商品落札の際に手数料が無料であることや、楽天ポイントが利用できるといった特徴があります。

また他のオークションサービスに比べて不正やトラブルが起こった場合の補償も厚くなっていて、取引キャンセル時には利用したポイントも戻って来るので安心して取引を行なうことができます。

⑤ふるさと納税

楽天市場経由ではふるさと納税が出来るようになっており、そこで楽天ポイントを利用することができます。

先にご紹介したように楽天市場で楽天ポイントを利用するとポイント付与の対象になるので、

  • ふるさと納税ができる
  • 楽天ポイントが利用できる
  • 楽天ポイントが貯まる

というサービスになっています。

しかも楽天市場独自のゲットできるポイントが数倍にアップする「楽天のSPUプログラム」の対象ともなるので、楽天カードだと5%以上のポイントを獲得できます。

ふるさと納税できる自治体には下記のような自治体があり、それぞれの自治体ごとに名産品を貰うことができます。

楽天ポイントでふるさと納税ができる自治体一覧
エリア 自治体名
北海道・東北
  • 北海道愛別町(あいべつちょう)
  • 北海道鷹栖町(たかすちょう)
  • 北海道東川町(ひがしかわちょう)
  • 山形県河北町(かほくちょう)
  • 山形県寒河江市(さがえし)
  • 福島県会津美里町(あいづみさとまち)
関東
  • 茨城県古河市(こがし)
  • 栃木県高根沢町(たかねざわまち)
  • 栃木県益子町(ましこまち)
  • 群馬県富岡市(とみおかし)
  • 群馬県みなかみ町(みなかみまち)
  • 埼玉県三芳町(みよしまち)
  • 千葉県栄町(さかえまち)
  • 神奈川県小田原市(おだわらし)
中部
  • 石川県穴水町(あなみずまち)
  • 石川県金沢市(かなざわし)
  • 山梨県甲州市(こうしゅうし)
  • 長野県飯島町(いいじままち)
  • 長野県大鹿村(おおしかむら)
  • 長野県野沢温泉村(のざわおんせんむら)
  • 長野県宮田村(みやだむら)
  • 岐阜県海津市(かいづし)
  • 岐阜県神戸町(ごうどちょう)
  • 岐阜県白川町(しらかわちょう)
  • 岐阜県関市(せきし)
  • 岐阜県養老町(ようろうちょう)
  • 静岡県御殿場市(ごてんばし)
  • 静岡県清水町(しみずちょう)
  • 愛知県岩倉市(いわくらし)
  • 愛知県幸田町(こうたちょう)
近畿
  • 滋賀県大津市(おおつし)
  • 奈良県五條市(ごじょうし)
  • 奈良県吉野町(よしのちょう)
  • 和歌山県有田市(ありだし)
  • 和歌山県印南町(いなみちょう)
  • 和歌山県北山村(きたやまむら)
  • 和歌山県広川町(ひろがわちょう)
  • 和歌山県みなべ町(みなべちょう)
  • 和歌山県湯浅町(ゆあさちょう)
中国・四国
  • 広島県大竹市(おおたけし)
  • 徳島県佐那河内村(さなごうちそん)
  • 香川県琴平町(ことひらちょう)
  • 香川県多度津町(たどつちょう)
  • 香川県土庄町(とのしょうちょう)
  • 高知県芸西村(げいせいむら)
  • 高知県室戸市(むろとし)
九州・沖縄
  • 佐賀県有田町(ありたちょう)
  • 佐賀県小城市(おぎし)
  • 佐賀県みやき町(みやきちょう)
  • 長崎県松浦市(まつうらし)
  • 長崎県南島原市(みなみしまばらし)
  • 熊本県菊池市(きくちし)
  • 大分県国東市(くにさきし)
  • 宮崎県川南町(かわみなみちょう)
  • 宮崎県都農町(つのちょう)
  • 宮崎県都城市(みやこのじょうし)
  • 鹿児島県志布志市(しぶしし)
  • 鹿児島県長島町(ながしまちょう)

ふるさと納税は自分の住んでいる場所に限らず好きな自治体に寄付できるで、社会貢献もできてプレゼントも貰えるので気持ちよく楽天ポイントを使うことが出来るサービスです。

⑥楽天デリバリー(宅配サービス)

楽天デリバリーではピザや寿司、中華などの商品を自宅に宅配してくれるサービスで、楽天デリバリーでも期間限定の楽天ポイントを利用することができます。

利用できる加盟店には下記のような店舗があります。

  • ピザーラ
  • ドミノ・ピザ
  • ピザハット
  • カレーハウスCoCo壱番屋
  • ナポリの窯
  • なんでも酒やカクヤス
  • ケンタッキーフライドチキン
  • 宅配寿司茶月
  • 銀のさら
  • ガスト
  • 今半
  • PIZZA SALVATORE CUOMO
  • ビバパエリア
  • 釜寅
  • バーミヤン
  • ピザカリフォルニア

一部店舗では楽天ポイントが利用できない店舗もあるので、公式サイトから確認してポイントを利用していきましょう。

⑦楽天銀行(旧イーバンク銀行)手数料

次はちょっとピンポイントの利用例ですが、楽天銀行の振込手数料にも期間限定ポイントを利用することができます。

手数料は

  • 他の銀行への振込
    1回あたり3万円未満=165円(税込)
    1回あたり3万円以上=258円(税込)
  • ゆうちょ銀行の本人名義口座への振込のみ
    金額にかかわらず103円(税込)

という手数料になっています。

あまり実用的な利用例ではないですが、楽天銀行を利用している方には小額な分期間限定ポイントは利用しやすいサービスです。

⑧楽天写真館

写真のプリント・現像、フォトブック作成サービスである楽天写真館でも期間限定ポイントを利用することができます。

L判1枚12円という低価格なので、不要なポイントを利用して写真を現像するのも期間限定ポイントを利用するには良い使い道です。

最近ではスマホの普及で写真を現像することはあまりなくなったと思いますが、その分写真を現像してプレゼントされると特別な感じがして嬉しくなりますよね。

⑨楽天市場以外のネットショップ

ここまでは「楽天グループのサービスで期間限定ポイントを利用できますよ」という内容をご紹介してきましたが、実は楽天グループ以外のネットショップで期間限定ポイントを利用する方法があります。

それは既にご紹介している楽天ペイを利用した方法です。

楽天ペイはネットショッピングでも利用することができ、この機能を利用することで楽天市場や楽天グループ以外のネットショップでも間接的に期間限定の楽天ポイントを利用することが可能になります。

ただし一回の利用では最低50ポイント以上の利用が必要なので、保有している期間限定ポイントが50ポイント以下の場合は他のサービスに利用しましょう。

楽天の期間限定ポイントを消化できるオンラインサイトには下記のようなサイトがあります。

楽天ペイが利用できるオンラインストア一例
ジャンル 店名
ショッピング 無印良品ネットストア
サンプル百貨店
モラタメ.net
グルメ ドミノ・ピザ
大阪王将 公式通販
Oisix(おいしっくす)
映画 TOHOシネマズ
109シネマズ
ユナイテッド・シネマ
BUYMA
動画 NHKオンデマンド
日テレオンデマンド
フジテレビオンデマンド
ファッション UNITED ARROWSオンラインストア
ANAP オンラインショップ
三陽商会 オンラインショッピングサイト
資生堂公式オンラインショップ ワタシプラス
JINSオンラインショップ
スウォッチオンラインストア
音楽 タワーレコードオンライン
レコチョクMusicストア

もちろんクレジットカード払いとポイント払いを併用できます。

⑩楽天クラッチ募金(寄付・募金)

楽天クラッチ募金では日本を含め世界各地で起きた自然災害に対しての支援募金を呼びかけているサービスです。

例えば過去に行なわれた募金実績には下記のようなものがあります。

  • 2017年7月九州豪雨被害支援募金
  • ペルー洪水被害支援募金
  • 糸魚川市駅北大火被害支援募金
  • 鳥取県中部地震被害支援募金
  • 熊本地震被害支援募金
  • 広島大雨被害
  • 東日本大震災(災害義捐金)
  • 東日本大震災(こども支援)

「期間限定ポイントの期限が切れそうだけど、今は何も欲しいものがない!」という方が気持ちよく利用できるサービスです。

まとめ

上記のように基本的に期間限定ポイントを利用できるのは楽天グループで展開されているサービスで、細々としたものを含めれば色んなサービスがまだまだあります。

あまりごちゃごちゃ説明すると混乱してしまうと思うので、楽天ポイントの期間限定ポイントと通常ポイントの大きな違いをまとめると下記のようになります。

  • 期間限定ポイントは有効期限が短い
  • 楽天グループのサービスで利用できる
  • 楽天ペイに登録することで一部のネットショップで利用できる
  • 別のポイントには移行できない

ということになります。

「別のポイントには移行できない」というのが最も大きな違いで、要するに楽天側が言いたいことは「キャンペーンなどでゲットしたポイント(期間限定ポイント)は、楽天のサービスで利用してくださいね」ということです。

キャンペーンポイントなどのほとんどは無料で配布しているポイントが多数なので、別のサービスで利用されると完全に楽天側にメリットが無くなってしまうということですね。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

2.楽天ポイントを別のポイントや電子マネーに交換できる?

次にご紹介するのは楽天カード、楽天ポイントカードで100円ごとに1ポイントが貯まる通常ポイントについてです。

通常ポイントであれば期間限定ポイントとは違い別のポイントや電子マネーに交換することができます。

2-1.楽天ポイントの交換先とレートまとめ

早速ですが、楽天ポイントの交換先、楽天ポイントに交換できるポイントを一挙にご紹介していきます。

下記の表をみてもらえば分かると思いますが、期間限定ポイントとは違い、別のポイントに移行することができます。

楽天スーパーポイントの交換先まとめ
相互交換
提携サービス  交換対象  交換レート  必要ポイント  交換までの期間
Edy 1ポイント 1円分 10ポイント以上
1ポイント単位
最大2日
1円分 1ポイント 10円分以上
1円分単位
交換受付後すぐ
ANA 2イント 1マイル 50ポイント以上
2ポイント単位
約1週間後
10,000マイル 10,000ポイント お申し込みの7~10日後
 クレジットカード
Orico 1オリコポイント 1ポイント 1,000オリコポイント以上
1,000オリコポイント単位
1日から15日申請⇒同月25日頃
16日から末日申請⇒翌月10日頃
 JCB  Oki-Dokiポイント1ポイント 4ポイント 200ポイント以上
1ポイント単位
約1~2週間
 JACCS  1ポイント 1ポイント 1,000ポイント以上
500ポイント単位
受付後1~2週間
セディナ 1ポイント 5ポイント 100ポイント以上で交換 2~8週間程度
DC 1ポイント 4ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
約1~2週間
 NICOS 1ポイント 4ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
約1~2週間
 VJAグループ 1ポイント 5ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
約3日
 三菱UFJ銀行 1ポイント 4ポイント 200ポイント以上
100ポイント単位
約1~2週間
 りそなカード 1ポイント  5ポイント 200ポイントから交換可能 月末締め翌月15~20日に移行
ライフカード 1ポイント 5ポイント 300ポイント以上
100ポイント単位
最長で約5週間程度
みずほマイレージクラブ 200ポイント 1,000ポイント 200ポイント以上
200ポイント単位
3~8週間
山陰信販 500ポイント 500ポイント 500ポイント以上
500ポイント単位
1~2ヵ月
 AMEX 300ポイント 100ポイント 3,000ポイント以上
300ポイント単位
お申し込みから通常4日以内
SuMi TRUST CLUB リワードポイント 4,000ポイント 1,000ポイント 8,000ポイント以上
4,000ポイント単位
お申し込みから約1~2週間
ダイナースクラブ リワードポイント 2,500ポイント 1,000ポイント 5,000ポイント以上
2,500ポイント単位
お申し込みから約1~2週間
 KCカード 1ポイント 1ポイント 1,000ポイント以上
100ポイント単位
約3日
 九州日本信販 1ポイント 6ポイント 100ポイント以上
100ポイント単位
約1ヶ月
出光プラスポイント 1ポイント 1ポイント 1,000ポイント以上 通常1~4日
 公共系サービス
はぴe 1,000ポイント 800ポイント 1,000ポイント以上
1,000ポイント単位
約1ヵ月半
京成グループ 1ポイント 1ポイント 1,000ポイント以上
500ポイント単位
約2ヶ月
東京メトロ 500ポイント 500ポイント  – 1~2ヶ月程度
goo 2ポイント 1ポイント 200ポイント以上 月末締め翌月15~20日に移行
 東京ガス 500ポイント 500ポイント 500ポイント以上 お申し込みから2~3日
鳥取ガス 1ポイント 1ポイント 1ポイント以上 翌月10日
ほくでんエネモール 1ポイント 1ポイント 300ポイント以上
300ポイント単位
6日~20日までのお申し込み分は翌月5日、21日~翌月5日までのお申し込み分は、翌月20日
 銀行
 りそな銀行 1ポイント 1ポイント 1ポイント以上 月末締め翌月15~20日に移行
 埼玉りそな銀行 1ポイント 1ポイント 1ポイント以上 1~2ヵ月
 近畿大阪銀行 1ポイント 1ポイント 1ポイント以上 1~2ヶ月程度
 池田泉州銀行 100ポイント 100ポイント 100ポイント以上
10ポイント単位
1~2ヵ月
 大垣共立銀行 5ポイント 1ポイント 2,500ポイント以上
5ポイント単位
1~2ヵ月
 十六銀行 100ポイント 100ポイント 100ポイント以上
100ポイント単位
約1ヵ月半
 ネットサービス
 ライフマイル 5,000マイル 500ポイント 交換は5,000マイルから
5,000マイル単位
約3営業日
 キューモニター 100ポイント 100ポイント 100ポイント以上 約1ヵ月半
 MySurvey 10ポイント 1ポイント 5,000ポイント以上
5,000ポイント単位
1~2ヵ月
 その他の提供サービス
 マツモトキヨシ 500ポイント 350ポイント 500ポイント単位 最長で1ヶ月半程度
 歯科へ行こう!icou! 1ポイント 1ポイント 500ポイント以上
100ポイント単位
1~2日
 ブルーチップ 1枚 250ポイント ギフト券(ブック)は1枚(1冊)以上1枚(1冊)単位 約2~3週間
 クラブネッツ 500ポイント 250ポイント 500ポイント以上
500ポイント単位
約2~3日
 ヨシケイ 1,000ポイント 1ポイント 1,000ポイント以上
1,000ポイント単位
約2ヶ月
 -Point 1Wポイント 1ポイント 1,000ポイント以上
1,000ポイント単位
2~3日
 ランスタッド 1ポイント 1ポイント 2,000ポイント以上 約1日
 フォートラベル 1,000ポイント 100ポイント 1,000pt以上から
1,000pt単位
2ヶ月
 ベネポ 100ポイント 100ポイント 100ポイント以上100ポイント単位 約1~2日
 アップルワールド 1ポイント 1ポイント 50ポイント以上、1ポイント単位 約1~4日
 M2J 1.25ポイント 1ポイント 5,000M2Jポイント以上 お申し込みから約4日
 CMサイト 2ポイント 1ポイント 交換は2,000CMポイント⇒1,000楽天スーパーポイント(月1回) お申し込み月の翌月10日まで
 DyDo Smile STAND

2000pt
5800pt
9300pt
18000pt
100ポイント
300ポイント
500ポイント
1,000ポイント
アプリ対応※交換はSmile STANDポイント2000ポイントから 1週間程度
 ユナイテッド航空 1,000マイル 400ポイント 1,000マイル以上
1,000マイル単位
お申し込みから7-10営業日程度
 ぐるなび 1ポイント 1ポイント 500ポイントから
500ポイント単位
1ヶ月前後
 楽天グループ
楽天カード 1ポイント 1ポイント 1,000ポイント以上
100ポイント単位
約3日
 証券 1ポイント 1ポイント 1ポイント以上 約1~4日
 もらえるモール 1ポイント 1ポイント 1ポイント以上 約2日
 Kドリームス(デルカ) 1ポイント 1ポイント 50ポイント以上1ポイント単位 交換受付後すぐ

ここで「ん…?」と疑問に感じた方もいるかと思いますが、詳しくは次にご紹介します。

2-2.楽天ポイントは何に交換するとお得?

交換先の多さに驚いたと思いますが、表をみてもらうと分かる通り、相互交換に対応しているのは

  • 楽天Edy
  • ANAマイル

のみです。

つまり、他のポイントから楽天ポイントに交換する場合は莫大な種類のポイントがありますが、楽天ポイントを他のポイントに交換できるのはたった2種類です。

「え!?たった2種類!!?しかもその内一つはANAマイルって…」とガッカリした方もいるかもしれませんが、実際にはガッカリする必要はありません。

交換先でオススメは楽天Edyへの交換です。楽天Edyに交換すればほぼ「現金と交換できた!」と考えても良いくらい使い勝手が良いです。

楽天Edyは現在約40万店舗の加盟店があり、メチャクチャ使い勝手が良い電子マネーの一つになっています。

利用出来る店舗の一例としては下記のような系列店があります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • スリーエフ
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ
  • マクドナルド
  • ロイヤルホスト
  • ガスト
  • ロフト
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • エディオン
  • サンマルクカフェ
  • 上島珈琲店
  • 山内農場
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • QBハウス
  • ANA FESTA
  • ANA機内販売

上記の他にも楽天Edyのマークが提示されてる店舗で利用することができ、利用方法は他の電子マネー同様にピッと専用の機械にタッチするだけなので、クレジットカードを利用するよりも素早く決済を済ませることができます。

1ポイントあたり1円として利用できるので効率もよく、最低交換ポイントも10ポイントから楽天Edyに交換することができます。

しかも楽天Edyは付与された日から4年間が有効期限で、一度でも更新されればさらにそこから4年間の有効期限なので実質有効期限無期限と考えてOKなのも大きな特徴です。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

3.楽天ポイントを商品券に交換できるのか?

まず前提として、楽天ポイントを商品券に交換することはできません。

例えば他のクレジットカードであれば「○○ポイントでAmazonギフト券○○円分と交換」という風に交換することができますが、楽天ポイントはそれができないということです。

つまり、楽天カードや楽天ポイントは有名なのにも関わらず、意外とポイントの交換先が少ないということですね。

先にご紹介した別ポイントの交換先でもたった2種類の交換先だったように、楽天ポイントは別のものに交換することに特化されたポイントではありません。

3-1.楽天ポイントを商品券に交換する方法

「じゃあ楽天ポイントを商品券に交換する方法はないの?」というと、そういうワケでもありません。

楽天ポイントが他のポイントに交換できなかったり、商品券に交換できない理由というのもキチンとあり、その救済措置もキチンとあります。

他のポイントでは先にご紹介したとおり、楽天Edyという電子マネーに交換することでTポイントやPontaポイント、Suicaのような電子マネーどうようにコンビニやレストラン、ドラッグストアなどで利用できるという救済措置があります。

商品券に関しては、楽天市場を利用することで楽天ポイントを利用して商品券をゲットすることができます。

楽天市場内にある「商品券販売センター」という金券ショップで購入したい金券を選択し、支払画面でポイント利用を選択することで実質ポイントを商品券に交換することができます。

例えばJCBギフトカードを購入すると、2018年5月現在では1,000円分のギフト券を1,110円で購入することができます。

交換レートは1:0.9(90%)になるので、楽天ポイントを楽天Edyに交換する時(1:1)とは若干レートが落ちるのが玉に瑕ですね。

ただギフト券に交換するとプレゼントにも利用しやすくなるので、誰かのためにポイントを使いたい場合は有効な手段です。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

4.楽天ポイントを現金に交換ってできるのか?

ここまでは

  • 期間限定ポイントの使い道
  • 楽天ポイントの別ポイントの交換先
  • 楽天ポイントを商品券に交換する方法

の3つに関してご紹介してきました。

次は楽天ポイントを現金化する方法です。

「え?そんなことできるの!?」と驚かれる方がいるかもしれませんが、これはある種の裏技のような方法です。

4-1.楽天ポイントを現金として利用することはできない

楽天ポイントを現金化することは、通常であればできません。

そう聞くと「じゃあ、何が違法なことして交換するってこと…?」と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

完全に合法な方法で楽天ポイントを現金かする方法をシェアします。

4-2.楽天ポイントを現金化するマル秘テクニック

楽天ポイントを現金化する方法は、先にご紹介した商品券をりようすることがキーポイントになってきます。

ここまでいうと勘の良い方はもう気付いたかもしれませんが、つまり

  • 楽天ポイント
    →商品券
    →換金

というステップで現金を手に入れる方法です。

この方法を利用すると、商品券に交換する時と、商品券を現金に換金する時に手数料や送料が間引かれて1ポイントを1円として利用することができなくなってしまうので、楽天ポイントを普通に利用するよりはちょっと交換レート(還元率)が少なくなってしまいます。

でも、やっぱり一番使い勝手が良いのは現金ですよね。

電子マネーも使い勝手が良いですが、現金に勝るものはありません。どうしても現金が良い方は下記の方法を参考にしてください。

step1:「商品券販売センター」で交換レートの良い商品券を購入する

step2:購入画面でメール便などの送料が安い配達方法を選択する

step3:楽天ポイントを利用して購入する

step4:街にある金券ショップ(チケットショップ)で換金する

上記の方法を利用すると、最終的に約85~88%のレートで楽天ポイントを現金化することができます。

1,000ポイントで約850円〜880円程度になるってことですね。

一気に多くの商品券と交換すると送料が安くなったり、無料になったりするのでもっと交換レートを改善することができます。

「どうしても現金に変えたい!」とか「ポイントは要らない!無理に何か商品を購入したくない!」という方にはこの現金化ルートは是非オススメです。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

5.楽天ポイントをマイルに交換するのってどう?マイルに交換せず楽天トラベルで楽天ポイント使うほうがお得?

楽天ポイントを利用して旅行する方法には

  • ポイントをANAマイルに交換して航空券をゲットする
  • 楽天トラベルで対象サービスを購入する

という2パターンがあります。

「じゃあどっちがお得なの?」という疑問があると思いますが、その中身について詳しくご紹介していきます。

5-1.楽天ポイントをマイルに交換した場合

楽天ポイントの交換先の箇所でもご紹介しましたが、楽天ポイントが交換できるマイルはANAマイルのみです。

交換レートは下記の通りです。

基本的に楽天ポイント2ポイントに対して、ANAマイル1マイルと交換することができるので、1マイルの価値を2円とすると正当な交換レートと言えるでしょう。

ビジネスクラスやファーストクラスをマイルで利用すると1マイル5円〜20円の価値にもなるので実質的にはマイルに交換した方が良いケースもあります。

だたし、交換には下記のルールがある点に注意しましょう。

【ANAマイルとの交換ルール】

  • 交換可能なポイント数の上限は20,000ポイント/月になります。
  • 1回に交換可能なポイント数は1,000ポイント/回です。
  • ANAのマイルに交換できないポイントがあります。
    ①キャンペーンなどで獲得した期限付きポイント
    ②JCBカード、DCカード、Oricoカードなどの提携企業、 及び楽天証券等の楽天グループから交換したポイント

このようなルールはあるものの、最大のメリットとしてはANAマイルへの移行手数料が発生しない点にあります。

例えばアメックスカードなどはポイントをANAマイルに交換する際に別途手数料として移行手数料5,400円が発生したり、他のクレジットカードでは6,480円の移行手数料が発生したりする場合があります。

ですが、楽天ポイントをANAマイルに交換する場合は手数料は0円です。

もちろんマイル口座を持っていることが前提になりますが、手数料が発生しない分、楽天ポイントを利用してANAマイルをゲットするのはコスパがいい方法になります。

5-2.楽天ポイントを楽天トラベルで利用した場合

楽天トラベルは楽天グループが運営する旅行予約サイトです。

じゃあ一方で楽天ポイントを利用して楽天トラベルの商品を購入するとお得なのか?というと、購入する旅行商品にもよりますが、確実に言えることが一つあります。

それは、楽天トラベルを利用するなら楽天カードを発行するべき!という点です。

なぜなら楽天カード会員が楽天トラベルを利用するとポイントが2倍ゲットできるため、高額な旅行商品に対してバックされるポイントが大量になるためです。

通常、楽天トラベルを利用すると100円ごとに1ポイントの楽天ポイントがゲットできますが、楽天カード会員は別途でされに+1ポイントを貰うことができます。

なので、例えば5万円の旅行商品を購入すると

  • 楽天カード無しの場合
    =500ポイント
  • 楽天カード有りの場合
    =1,000ポイント

という風に貰えるポイントが倍になりポイントが貯まるペースが2倍になります。

旅行商品は高額になるケースが多いため、確実に楽天カードはゲットしておきましょう。

使ったお金に対して100円で2ポイントのバックが返ってくると考えるとお得なような気がすると思いますが、下記の商品に対しては楽天ポイントを利用することができないので注意が必要です。

【楽天ポイントが利用対象外の商品】

  • 電話予約センターでのご予約について(国内宿泊・ANA楽パック等)
  • 国内航空券予約 ・楽パック(海外航空券+宿泊予約)
  • 海外ホテル予約 ・海外レンタカー予約 ・英語サイト、中国語サイト(繁体字・簡体字)、 韓国語サイトでの予約
  • 旅行損害保険予約
  • 海外携帯電話レンタル
  • その他対象商品に記載されていないもの

一方で楽天ポイントを利用できる商品に関しては下記のような商品があります。

【楽天ポイントが利用対象の商品】

  • 国内宿泊予約(宿泊プラン含む)
  • 24時からの予約
  • 宿泊+レンタカー予約 
  • 携帯電話からの宿泊予約
  • 高速バス予約
  • 海外航空券予約

上記の対象商品に関して1ポイント1円で楽天ポイントを利用することができます。

肝心な「ANAマイルに交換した方がいいの?それとも楽天トラベルでポイントを利用した方が良いの?」という疑問については、利用する商品によって異なってくるでしょう。

例えば、楽天トラベルでは国内宿泊予約プランや海外旅行のチケットをゲットすることができますが、「国内旅行のチケットのみ」という利用方法はできません。

逆にANAマイルを利用できるのは国内・海外旅行航空券、ANAツアーなどで、高速バスの予約などには利用することができません。

まとめると下記のようになります。

交換先 ANAマイル 楽天トラベル
メリット ローシーズンのチケット、ビジネスクラス、ファーストクラスに利用すると1ポイントの価値が高くなる ・利用できる商品が多い
・割引などで安くなる時がある
・期間限定ポイントも使える
デメリット ・利用用途が少ない
・期間限定ポイントはマイルに交換できない
・航空券のみの購入ができない
・商品や時期によってはマイルを使うより割高になる

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

6.楽天トラベルで使える楽天ポイントの上限について

「自分で旅行手配するのはめんどくさいし、楽天トラベルを利用しよう」と考えている方は楽天トラベルで利用できるポイントの上限についてのルールにも注意してください。

  • 楽天トラベルでは、国内宿泊予約では最低100ポイントから、100ポイント単位でご利用になれます。高速バス、海外航空券では最低100ポイントから、1ポイント単位でご利用になれます。
  • 1回の予約に利用できるポイントは30,000ポイントまでとなります。
  • 1ヶ月間に利用できるポイントは、楽天トラベルや楽天市場などでの利用と合わせて100,000ポイントまでとなります。

上記の注意書きは楽天トラベルの公式サイトに掲載されている文章です。

楽天トラベルで利用できる1回のポイントの上限は30,000ポイント、1ヶ月間で利用できるポイントの上限は10万ポイントとなっています。

1ヶ月の上限はひとまずおいて置いて、特に注意して欲しいのは1回の利用で使えるポイントの上限が30,000ポイントという点です。

つまり、どんなに頑張ってポイントを貯めても、楽天トラベルで利用できるのは一度に3万円の商品のみになります。

例えば海外への航空券が5万円したとして、楽天ポイントを50,000ポイントもっていたとしても、利用できるのは30,000ポイントまでだということです。

7.楽天市場で使える楽天ポイントの上限について

一方で楽天市場で使えるポイントの上限についてのルールは下記の通りです。

  • 楽天市場(通常購入のみ)、楽天ブックス(kobo含む)、楽天マート、楽天ダウンロード、楽天海外販売、楽天ポイントカードでは、商品購入時に確定ポイント1ポイント以上よりご利用いただけます。
    楽天トラベル、楽天GORAでのご利用は100ポイント以上、その他「ポイント利用可能サービス」でのご利用は50ポイント以上となります。
  • 1回の購入時に利用できるのは最高30,000ポイント、楽天ポイントカード加盟店では5,000ポイントまでご利用いただけます。(一部加盟店により異なります)
  • 1ヶ月に利用できるポイントは、「ポイント利用可能サービス」での利用額を合算して、ダイヤモンドランクの会員様は500,000ポイントまで、それ以外のランクの会員様は100,000ポイントまでとなっています。

結論からいうと、楽天市場で一度に利用できるポイントの上限は30,000ポイントです。

楽天トラベルと同じですね。

また、1ヶ月間の間に利用できるポイントの上限は会員ランクによってことなり、ダイヤモンドランクの会員のみ50万ポイント、それ以外のランクの会員は10万ポイントとなります。

会員ランクの詳細は下記の通りです。

会員ランク 獲得条件
レギュラー ポイント対象の楽天サービスご利用で、ポイントを獲得
シルバー
過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールド
過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナ
過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイアモンド
過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

最上級ランクになるには半年で4,000ポイントの楽天ポイントをゲットすることと、楽天カードを保有していることが条件なので、楽天カードを発行して半年で40万円(月に約67,000円)のカード利用することがダイアモンド会員になる条件となります。

そんなにハードルが高いことではないですね。

ただし、楽天トラベルはダイアモンド会員だったとしても1ヶ月の間に利用できる楽天ポイントの上限は、楽天市場で利用したポイントと合わせて10万ポイント以内になるので注意しましょう。

例えば

  • ダイアモンド会員
  • 楽天ポイント50万ポイント保有

という方いたすると下記のようになります。

【楽天トラベルでのポイント利用上限】

  • 1回の利用で30,000ポイントまで
  • 1ヶ月に楽天市場などの楽天グループサービスでの利用合計10万ポイントまで

【楽天市場でのポイント利用上限】

  • 1回の利用で30,000ポイントまで
  • 1ヶ月の利用合計50万ポイントまで

ということになります。

つまり、楽天市場でガンガンポイントを使っていると、楽天トラベルでポイントを利用しようとした時に「今月は楽天市場で10万ポイントを利用しているので、楽天トラベルでポイントを利用することはできません。」というケースがあるということなので注意しましょう。

ただ10万ポイントを楽天カードの通常利用で貯めようと思うと1,000万円なので、かなり非現実的でそんなにポイントが貯まるケースも稀なのであまり気にしなくてOKというのが本音です。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

8.まとめ

この記事を簡潔にまとめると下記のようになります。

Q.期間限定ポイントの使い道は?
A.楽天グループのサービスで利用することができます。他のポイントへの移行などはできません。

Q.期間限定ポイントを楽天グループ以外のサービスで利用する方法は?
A.楽天ポイントを楽天ペイに移行すれば、他のネットショップや他のポイント同然に利用できたりします。

Q.楽天ポイントを他のポイントに移行したりできる?
A.楽天ポイントを相互移行できるのは楽天EdyとANAマイルのみです。

Q.楽天ポイントを商品券に交換できるの?
A.できません。ただし楽天市場の金券ショップ「商品券販売センター」でポイントを利用することができます。

Q.楽天ポイントを現金に交換ってできる?
A.ポイントを使って「商品券販売センター」で商品券購入→金券ショップで換金という流れで現金に交換することができます。

Q.楽天ポイントをマイルに交換するのと楽天トラベルで利用するのはどちらがお得?
A.利用用途や利用時期によって変動するので一概にどちらがお得とは言えません。

Q.楽天トラベルで利用できるポイントの上限は?
A.1回の利用で3万ポイントまで、1ヶ月間で利用できるのは他の楽天サービスと合わせて10万ポイントまでです。

Q.楽天市場で利用できるポイントの上限は?
A.1回の利用で3万ポイントまで、1ヶ月間で利用できるのは他の楽天サービスと合わせて10万ポイントまでです。ただし、ダイヤモンド会員は1ヶ月間に50万ポイントまで利用できます。

上記の内容を知っていれば楽天ポイントは攻略したも同然です。

交換出来るものが少ないのはデメリットに感じるかもしれませんが、裏を返せばシンプルで分かりやすく、利用用途に迷わないというメリットがあります。

もし内容を忘れてしまったら、またこの記事を参考にしてください。

楽天ポイントを使い勝手よく利用する方法を最後にご紹介すると

  • 期間限定ポイントは楽天ペイに交換
  • 楽天Edyに交換
  • 現金が欲しい場合は商品をポイントで購入して換金する

という方法が一番使い勝手よくポイントを使う方法です。

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /