あしたから出張があるからとか、いま使っているカードの利用限度額がなくなったからなどの理由で、すぐにクレジットカードが必要になる時がありますね。
カードの発行には1週間から1か月程度が必要では…と思います。しかし、一部のカード会社ではクレジットカードの即日発行に対応しています。

ここではクレジットカードを即日発行する方法と注意点について解説します。

クレジットカードは即日発行が可能!

銀行のキャッシュカードでさえ手元に届くまでに数週間かかるのに、審査などがあるクレジットカードはすぐにはできないのではと思いがちでしょう。

しかし、カード会社によっては申し込んだその日にカードを受け取ることも可能です。
ここでは、クレジットカードの即日発行について見てみましょう。

即日発行のクレジットカードとは?

最近、クレジットカードの審査は人間の手を介さずにコンピューターによって審査する機械審査が多くなってきたので、クレジットカードが発行されるか否かの判定はほとんど瞬時に行われます。
WEBでカードの申し込みをしてほんの1分後に、審査の結果がメールで知らされることもあります。

しかし、審査は一瞬で終わるものの、カードが手元に届くまでは早くて数日、長ければ1か月程度の時間がかかります。

即日発行のクレジットカードは、WEBや店頭でカードの申し込みをして、審査に通ればすぐにカードが発行され、申し込んだその日から利用できるものです。

ただし一部のカードは仮カードを発行する場合があります。
これは、利用店舗や利用額が限定されるものですので、正確には即日発行のクレジットカードとはいえないかもしれません。

クレジットカードを即日発行する方法

クレジットカードを即日発行する方法は大きく分けて2つあります。

  • WEBで申し込んで、カード会社指定の場所で受け取る
  • 店頭で申し込んで、その場で受け取る

これに加えて最近では、クレジットカード本体はすぐには発行されないものの、カード番号だけ発行されて、ネットショッピングや電子マネーの決済が即座に使えるようなクレジットカードも登場しています。

即日発行するまでの流れは次のとおりです。

  1. WEBや店頭で申し込みをする
  2. 審査の結果を待つ
  3. 審査に通った連絡が来たら、指定場所でカードを受け取る

非常にシンプルですね。

即日発行のクレジットカードを申し込むときの必要なこと

即日発行は指定の店舗(クレジットカードのサービスカウンターなど)で受け取ることになるため、その店舗に行くことができるのか、営業時間に間に合うのかなどを確認しておく必要があります。

WEBでの申し込みでは、その日にカードを受け取れる申込時間のリミットが設けられていて、申し込んだ時間によっては翌日以降の受け取りとなります。
店頭申し込みの場合も、閉店ギリギリだとカードの作成などが間に合わない場合もあるでしょう。
時間に余裕をもって申し込みましょう。

なお、WEB、店頭ともにですが、本人確認書類が必要となります。
これは申込時とカード受取時にも必要になるので、運転免許証やパスポートなど用意しておきましょう。
また、銀行のキャッシュカードで、クレジットカード代金の口座振替の手続きが完了することもありますので、そちらも用意しておくと便利です。

必要な書類はWEBなどに書かれているので、確認も必要です。

即日発行のできるクレジットカード

ここでは、即日発行のできるクレジットカードを紹介します。

JCBカードや三菱UFJニコスのVIASOカードなどもカード会社の内部では即日発行しているかもしれませんが、郵送での受け取りとなるので数日の時間がかかります。
まずは、あくまでもその日にカードが手に入る(仮カードを含む)ものを紹介しています。
数日で発行されるカードについては、このあとに紹介します。

カード名称 三井住友デビュープラス セゾンカードインターナショナル エポスカード ルミネカード
国際ブランド VISA VISA/マスターカード/JCB VISA VISA/マスターカード/JCB
申し込み方法 WEB WEB WEB/店頭 WEB/店頭
発行時期 最短5分程度 申し込み当日 申し込み当日 申し込み当日
受取場所 デジタルカードはメールなどで、カード本体は郵送 全国のセゾンカウンターなど マルイなどにあるエポスカードセンター ルミネにあるルミネカードカウンター
即日発行される種類 デジタルカード 本カード 本カード 仮カード

デジタルカードを即時発行!ネットショッピングに加え街中でiDも利用できる「三井住友デビュープラス」

三井住友カード デビュープラス

三井住友カードが発行するクレジットカードは審査が早く、場合によって当日審査結果がわかります
また、郵送の手配も早いので、早ければ1週間程度でクレジットカードが受け取れました。

それらの迅速なサービスに加え、最近登場したのがデジタルカードの先行発行です。
審査に通過すればカード番号などが即時に発行され、それを使ってネットショッピングが可能になります。
また、同時に電子マネーのiDを発行すれば、ApplePayやGooglePayなどスマホ決済型の電子マネーとして街中のコンビニやファストフード店でも使えるようになります。

本カードは、1週間程度で別途送られてきます。

三井住友カードが発行するクレジットカードの中でも、おトクなのがこの三井住友デビュープラスです。
申し込みできるのは18歳から25歳までと限定されていますが、ポイント還元率が通常の三井住友カードの2倍になっています。

具体的には200円の利用で、通常1ポイントのところ、2ポイントがたまるのです。
1ポイントは1円相当なので、還元率は1%。
これに加えて、マクドナルドは三井住友カードの優待店舗なのでポイントが2%追加、つまり3%のポイント還元が受けられるのです。
マクドナルドならデジタルカード(iDを利用)が使えるので、すぐにおトクにポイントを獲得できます。

初年度の年会費は無料で、次年度以降1375円(税込)がかかりますが、年に1回でも利用すれば年会費が無料になるので、実質年会費無料のカードといってもいいでしょう。

ポイントの有効期限がなく余裕をもってためられる「セゾンカードインターナショナル」

WEBでも、店頭でも申し込めるのがセゾンカードインターナショナルです。
全国にあるセゾンカウンターで申し込み・受け取りができます。
ただし、即日発行はWEBでの申し込みとなります。

また、SAISON CARD Digitalなら、最短5分でデジタルカードが利用できます。ただし本カードは郵送となります。

セゾンカードインターナショナルは永年年会費無料で、たまるポイントは永久不滅ポイントです。
ポイント還元率は0.5%で標準的ですが、その名のとおり、ポイントに有効期限がなく、期限を気にせずにゆっくり時間をかけてポイントをためることができます。

基本還元率は低めですが、セゾンポイントモールを経由したネットショッピングでポイント最大30倍になります。
楽天市場やAmazonなどとも提携しているので、買い物をするときはセゾンポイントモールを経由すると有利です。

マルイなどのセールでの割引もある「エポスカード」

WEBで申し込んだあと、全国のマルイなどにあるエポスカードカウンターで即日クレジットカードが受け取れます。
また、エポスカードカウンターでの申し込みなら、最短30分でカードが発行されます。

年会費は無料ですがポイントは標準的な0.5%。
ただし、年会費無料ながら海外旅行傷害保険なども付帯しています。

ポイント還元率は0.5%で高い部類ではありませんが、マルイをはじめとした商業施設での利用だと、ボーナスポイントがゲットできます。
また、たまるマーケットを経由してネットショッピングをすれば、ポイントが2倍から最大30倍になることも。会員用サイト「エポトクプラザ」を経由して旅行やホテルを予約すると、ポイントが最大で6倍になります。

ルミネでの買い物がいつでも5%割引「ルミネカード」

店頭で申し込むと、約30分で店頭発行カードという仮カードが発行されます。
ただし、この仮カードは最大利用限度額が20万円で、利用できるのはルミネ(大宮・北千住・池袋・有楽町・新宿など)と大船ルミネウィング、ニュウマン(新宿・横浜)でのショッピングのみとなります。
本カードは追加審査(本審査)のうえ、約2週間で郵送されます。

このカードの最大の特徴はルミネなどでのカード利用で常に5%OFFの特典が得られることです。
しかも、年に数回10%オフのキャンペーンもあります。

初年度の年会費は無料ですが、次年度以降1048円(税込)の年会費がかかります。
年会費が無料になる特典はありませんが、常時割引によりルミネで約3万円以上買い物をすれば、元が取れる計算です。

申し込み後、2~3日でカードが受け取れるクレジットカード

即日発行ではありませんが、審査のあと迅速に郵送してくれるカードがあります。
ただし、郵送なので土日や連休をはさんだ場合は、それよりも数日カードの到着が遅れることがあるので、注意が必要です。

ポイントが常に2倍以上で、若者向けの「JCB CARD W」

JCBはカードの発行が早い会社で、WEB申し込みなら審査後、最短4日でカードが届きます。

中でも、JCB CARD Wは18~39歳の方が限定で入会できるカードで、年会費が無料でありながらポイントが通常のJCBカードの2倍たまるおトクな1枚です。

優待点ではさらにポイントがアップし、例えば、セブン-イレブンではポイント3倍、Amazonでもボーナスポイントが付与されます。

年会費無料でありながら、カードで代金を支払えば海外旅行傷害保険も最高2000万円まで付帯。
また、年会費が無料のカードには珍しく、ETCカードの発行・年会費も無料です。

オートキャッシュバックが楽しみな「VIASOカード」

viasoカード

三菱UFJニコスが発行するこのカードも、発行が早いクレジットカードです。
最短で審査の通った翌日には郵送の手続きに入るため、早ければ2日後にはカードを受け取ることが可能です。

このVIASOカードは、ポイントの基本還元率が0.5%と高還元率ではありませんが、年1回1年分のポイントを現金でキャッシュバックしてくれる珍しいカードです。
1000円の利用で5ポイント(5円相当)をもらえます。
しかも、手続きは不要で、現金がクレジットカードの引き落とし口座に振り込まれます。

基本還元率は標準的ですが、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの利用料金、ETC利用の高速道路料金などは2倍の還元率で、1000円で10ポイント(10円相当)となります。
また、VIASO eショップを経由してネットショッピングをすると、10000円の利用で最大1000ポイント、つまり10%の還元率になることもあります。

年会費が無料のカードですが保険関係も充実していて、最高2000万円の海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯しています。

まとめ

即日発行(郵送を含む)をするためには特別のシステムが必要なので、即日発行ができるカード会社は限定されています。

ここで紹介した以外にもありますが、即日カードを受け取れるのは店舗を構えている百貨店など、いわゆる流通系のカードがほとんどです。

ただし、即日発行でも仮カードの発行をのぞき、通常の申込時と同じ審査があります。
決して、審査がゆるくなることはありませんので、一度に多くのクレジットカードに申し込んだり、審査に落ちて6か月以内に申し込むことは避けたほうが無難でしょう。

また、即時発行には身分が証明できるものなどが必要なので、それらも忘れずに。