SuicaとモバイルSuicaにおすすめのお得で便利なクレジットカードはこれ!

現在、Suicaを使っているものの、チャージするために改札に並んだりして、あんまり利便性を感じていない方も多いと思います。Suicaはクレジットカードとひも付けることによって、ポイントがついたりチャージの手間が省けるなど、使い勝手が格段に上昇します。そんなSuicaとクレカの上手な連携方法を紹介します。

乗車や買い物が簡単・便利になるSuicaとは

JR東日本が発行する交通系ICカード「Suica」。 首都圏などJR東日本のエリアはもちろん、北海道から九州まで、改札機の読み取り部分にカードをタッチするだけで快適に電車・バスに乗車できます。 プリペイド式なのであらかじめに入金(チャージ)しておけば、改札機で自動精算。窓口で清算する手間がかかりません。定期を利用している場合も、「Suica定期券」なら定期券区間以外で乗り降りしても、改札機で自動精算してくれます。 さらに、オートチャージ機能※が付いたSuica付きクレジットカードを利用すればいちいちチャージする必要もありません。 オートチャージとは、チャージ残額が一定の金額より減ると、自動改札にタッチして入出場するときにあらかじめ設定した金額が、クレジットカード決済で自動的にモバイルSuicaに入金(チャージ)される機能です。 また電子マネーとして利用できるのも、Suicaの便利なポイントです。 コンビニやスーパー、飲食店など、交通系ICカードのマークがあるお店なら、レジでカードを読み取り機にタッチ、モバイルSuicaであればスマホをタッチするだけで支払いが完了します。自動販売機にも使えるので小銭も必要ありません。

カードタイプのSuicaは「誰でも使える」「記名式」「定期券一体型」の3種類

Suicaには、3種類のカード式のものと、モバイルSuicaの2タイプあります。 まずカード式Suica、3種類の違いをみていきましょう。

1.「Suica定期券」

定期券の機能がついたSuica。 チャージしておけば、定期券区間以外でも自動改札機で自動精算できます。 Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機・多機能券売機・みどりの窓口などで購入可能です。

2.「My Suica(記名式)」

あらかじチャージしておくことで、自動改札機で自動精算できます。 購入時に氏名・生年月日・性別などの情報を登録し、紛失した場合は、登録した情報をもとにカードを再発行できます。 「Suica定期券」「My Suica(記名式)」は、登録者以外は鉄道やバスに乗車できません。

3.「Suicaカード」

誰でも利用できる一番シンプルなカードです。 あらかじめお金をチャージしておけば、自動改札機で自動的に乗車区間の運賃が精算できます。 「My Suica(記名式)」「Suicaカード」は、JR東日本の駅の多機能券売機・みどりの窓口・JR東日本の新幹線停車駅のみどりの窓口などで購入できます

スマホでマルチに使えるモバイルSuica

Suicaと携帯端末情報がひとつになったのが「モバイルSuica」。 Android端末やApple社製の端末にモバイルSuicaのアプリケーションをダウンロードして、会員登録すればすぐにSuicaが発行されます。 会員登録にはクレジットカードの記入が必要ですが、クレジットカードを持っていない、もしくは登録したくない場合には、クレジットカードなしでもモバイルSuicaが使える「EASYモバイルSuica」がおすすめです。

Suicaで支払えばJRE POINTがたまる

「JRE POINT」は、JR東日本の共通ポイント。 JRE POINTの会員登録をしたSuicaで鉄道を使ったり、買い物したりするとたまります。 まずSuicaの入金残高で在来線に乗車すると、モバイルSuicaの場合は利用金額50円ごとに1ポイント、カードタイプのSuicaの場合は200円ごとに1ポイントたまります。 また、JRE POINTのマークがあるお店で買い物をすると、100円または200円(税込)ごとに1ポイントたまります。 たまったポイントは駅ビルでの買い物やSuicaのチャージ、グリーン券の交換などに1ポイント1円で利用できるので、JRや駅ビルを利用する人には便利なポイントです。

クレジットカードでSuicaにチャージするには

Suicaは現金だけでなく、クレジットカードでの入金(チャージ)も可能です。 ここではカード式SuicaとモバイルSuicaそれぞれの、クレジットカードでのチャージ方法を説明していきます。

カード式Suicaにクレジットカードでチャージする方法

「ビューカード」以外のカードでは、多機能販売機でSuica定期券を購入する際に、クレジットカードで同時にチャージする場合に限って可能になります。 「ビューカード」であれば、多機能販売機と駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で入金(チャージ)できるほか、オートチャージも可能になるのでぐっと便利です。 この「ビューカード」とは、JR東日本グループが発行するSuica一体型クレジットカードで、Suicaのオートチャージ機能がついているほか、チャージや買い物をするごとにJREポイントもたまるなど、メリットが盛りだくさん。 きっぷや定期券の購入、Suicaのチャージ・オートチャージに利用すればJREポイントがなんと通常の3倍! 乗車にも買い物にも便利でお得なカードです。

モバイルSuicaにクレジットカードでチャージする方法

Android 端末のモバイルSuicaの場合、あらかじめ登録したクレジットカードでチャージ決済されます。 一度登録すれば、あとはメニューの「SF電子マネー」から「1.入金(チャージ)」を選択、入金(チャージ)額を入力し、「1.入金する(クレジットカード)」を選択して完了となり、とても簡単です。 モバイルSuicaの場合、残高や利用履歴を24時間いつでも携帯情報端末の画面上で確認できるのも便利です。 携帯情報端末の電波の状態にかかわらず確認可能で、通信料もかかりません。 設定の際、先に紹介した「ビューカード」でカード登録すれば、オートチャージサービスが利用できます。 チャージ金額が一定額以下になったとき、あらかじめ設定した金額がクレジットカード決済で自動的に入金(チャージ)されるのでいっそう便利になります。 また、Apple端末の場合は、Suicaアプリケーションに登録したクレジットカードのほかWalletアプリケーションからApple payでチャージできます。

安心・お得なSuica付きのおすすめクレジットカード「ビューカード」5選

Suica にはカード式とモバイルSuica があることをご紹介しました。 どの種類を利用するかはその人の使い方次第。しかしすでにクレジットカードを持っているなら、普通のカード式のSuicaより、またモバイルSuicaで他のクレジットカードを使うより、機能やメリットの多い「ビューカード」がおすすめです。 そこで、ここでおすすめのビューカードを紹介します

Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードが1枚に「ビュー・Suica」

カード情報
  • 年会費:本人・家族会員共に534円(税込)
  • 国際ブランド:VISA・JCB・マスタ―
  • オートチャージ機能:あり
  • ポイント還元率:0.5%~1.84%
524円の年会費がかかるが、Web明細を選択することで年間600円相当のポイントが付与=年会費は実質無料⇒サービス終了 Suica、定期券、JRE POINTカード、クレジットカードの4つの機能が1枚になった、ビューカードの定番。 利用可能な店舗数も最も多いカードです。 生活をさまざまな面からサポートしてくれる汎用性の高いカードで、Suica利用者すべての人におすすめです。 いろんな機能がついているだけに紛失時の不安もありますが、このカードならクレジットカードの補償はもちろんのこと、定期券やSuicaの入金(チャージ)残高まで補償してくれます。 また、カードできっぷや旅行商品を購入すると、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険が自動的にセットされるので、国内外への旅が多い人には安心のカードです。 生活をさまざまな面からサポートしてくれる、Suica利用者すべての人におすすめのカードです。
Suica機能・定期券・JRE POINTカード・クレジットカードの機能が1枚に備わった利用できる店舗も多い、汎用性の高いカードです。
利用者の声
40代・男性 ビュースイカカードはJR東日本のSuicaとして利用できるカードのため利便性が高いのが気に入っています。また、モバイルSuicaの決済カードとして利用しても、利用手数料などがかからず利用できるため使い勝手がいいのもポイントですね。

年1回の利用で年会費が無料「ビックカメラSuicaカード」

カード情報
  • 年会費:524円(税込)初年度の年会費無料
  • 年1年間でのクレジット利用が(株)ビューカードにて確認できた場合は2年目以降も無料
  • 国際ブランド:VISA・JCB
  • オートチャージ機能:あり
  • ポイント還元率:0.5%~1.84%
ビックポイントカードとSuica、JRE POINTカード、クレジットカードがひとつになったカード。SuicaにクレジットチャージするとJRE POINT が1.5%たまり、さらにそのチャージしたSuicaで支払うとビッグポイントが10%追加。 つまりJRE POINTとビッグポイント合わせて最大11.5%もたまるのです。 コジマ・ソフマップでカードを利用した場合も、現金払いと同率のビッグポイントがたまり、もちろんビッグカメラ・コジマ・ソフマップ以外の買い物でもポイントがたまります。 買い物・食事・公共料金の支払いでは1000円(税込み)につきビッグポイント5ポイントにJRE POINT 5ポイントがついて、実質1%相当のポイントが還元されます。 たまったビッグポイントは1500ポイントで1000円分のSuicaにチャージが可能。またJRE POINTも、1000ポイントを1000ビッグポイントに交換できます。 そして、なんといってもこのカードの大きな魅力は年会費。 初年度無料、さらに年1回の利用で年会費が無料になるので、実質無料といってもいいでしょう。
すでにカードを利用している人で、Suicaでの支払いやビッグカメラ・コジマ・ソフマップで多く買い物する人に一押しのお得なカードです。
利用者の声
30代前半・男性 ビックカメラもSuicaも頻繁に使用するため、一挙両得のようなクレジットカードですね。特にSuicaはキャッシュレス化が進み、電車の運賃以外で頻繁に利用することが非常に多くなったため、Suicaのポイント還元率が高いのはありがたいといえます。

駅ビルで3.5%ポイント還元「JRE CARD」

カード情報
  • 年会費:本人・家族会員共に524円(税込)初年度無料
  • 国際ブランド:VISA
  • オートチャージ機能:なし
  • ポイント還元率:0.5%~3.5%
JRE CARD優待店(駅ビル・JRE MALL )での買い物がお得なカード。 カード払いで100円(税抜)につきJRE POINT 3ポイントがたまり、さらにクレジットカード利用月の翌月中旬に、利用金額1000円(税込)につきJRE POINTが5ポイントたまります。 つまり合計ポイント3.5%の高還元率なのです。 また、定期券の購入やSuicaへのチャージでも1000円(税込)につきJRE POINTが15ポイント(還元率1.5%)たまります。 ポイントはJRE POINT加盟店で、1ポイント1円で利用可能です。 Suicaにチャージすることも、びゅう商品券やルミネ商品券などのクーポン券への交換も可能。
通勤以外でもJRE CARD優待店でSuicaを利用する人には特におすすめのカードです。
利用者の声
30代前半・女性 駅ビルの利用やSuicaの利用でポイントがたまるため、知らないあいだにたくさんのポイントがたまってとても満足しています。ポイントも1ポイント1円からの利用できるし、交換できる商品も多いので使用しやすいのもいいですね。

ANA カードとSuica 機能がひとつになった「ANA VISA Suicaカード」

カード情報
  • 年会費:2200円(税込)初年度無料 家族カード発行不可
  • 国際ブランド:VISA
  • オートチャージ機能:あり
  • ポイント還元率:0.5%~3.5%
ANAマイルとSuica機能がひとつになった、ANAユーザーには魅力的なカードです。 入会時と毎年のカード継続時には1000マイルのボーナスマイルが付与されます。 また、ANAグループ便に搭乗する度に通常のフライトマイルのほかに割り増しボーナスマイルがたまります。 たまるポイントは三井住友グループの共通ポイントのVポイントです。 カードの支払いでたまったVポイントは、マイルまたはSuicaに移行することができます。 さらにセブン―イレブンなどのANAカードマイルプラス提携店や対象商品を利用の際にカードを使えばVポイントの移行分のほかに100円=1マイル、または200円=1マイルがたまります。 旅行の際は搭乗ごとの加入手続きなしで、海外旅行傷害保険・国内航空傷害保険が自動付帯され、利用航空会社の制限もありません。
また、ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURが5%OFFになり、国内線・国際線機内販売10%OFFなどのサービスもついているなど、ANAをよく利用する旅行者にはうれしいカードです。
利用者の声
30代前半・男性 主に出張や旅行に行った際に使用しています。駅の売店での支払いや、改札での支払いもスムーズ。また、バスでの支払いにも使用でき、ストレスフリーで快適な旅ができます。持っているだけで毎年1000マイルがたまるので、年会費以上のおトクさも魅力です。

JALマイルとJREポイントが効率的にたまる「JALカードSuica」

カード情報
  • 年会費:2200円(税込)初年度無料 家族会員1100円(税込)
  • 国際ブランド:JCB
  • オートチャージ機能:あり
  • ポイント還元率:0.5%~2%
JALカードとSuica機能がひとつになったカード。 JALグループ航空会社とJMB提携航空会社便のフライトやショッピングでマイルがたまるほか、Suicaのチャージやきっぷ・定期券の購入でもJRE POINTがたまります。 JALカードが提携する特約店での買い物では、ショッピングマイルが通常の2倍に。またJRE Mallでの買い物するときカードで支払うと、通常のショッピングマイルのほかに100円につきJRE POINTが3ポイントたまります。 JRE POINT加盟店で買い物する際にはカードの提示で100円につき1ポイントたまります。 たまったJRE POINTはマイルへの交換やSuicaにチャージできるので、ムダなく使えてお得。
JALでの出張や旅行が多い方、効率的にJALマイルをためたい、使いたい方におすすめのカードです。
利用者の声
20代後半・女性 チャージするときにもポイントがもらえ、ショッピングでもたまるので一石二鳥でとてもいいです。ポイントも使いやすく、JALと電車をよく使うのならおすすめです。

幅広いシーンでたまる・使える「JRE POINT」

「JRE POINT」は、交通利用や買い物など、個人のライフスタイルに合わせてさまざまなため方・使い方ができるJR東日本グループのお得な共通ポイントサービスです。 JRE POINT WEBサイトに登録すると、登録したSuicaやビューカード、駅ビルの利用などでためたポイントをまとめて利用できます。 ポイントの有効期限は、ポイントをためたり使ったりした日から2年後の月末までで、利用した日から自動的に延長されます。

JRE POINTのため方

JRE POINTのさまざまなため方を紹介します。

1.まずJRE POINTとは

WEBサイトに登録したSuicaの入金残高で在来線に乗車すると、モバイルSuicaの場合は50円ごとに1ポイント、カードタイプのSuicaでは200円ごとに1ポイントたまります。

2.登録したSuicaの買いものでためる

JRE POINTマークのある店で、登録したSuicaで買いものすると、100円または200円(税込)ごとに1ポイントたまります。
ポイントのたまる店 (JR東日本グループのお店)
  • コンビニ・売店・飲料自動販売機など NewDays 200円から1P KIOSK 200円から1P acure 100円から1P ショッピングセンターなど perie 200円から1P termina 200円から1P LUMINE 200円から1P ※一部店舗を除くNEWoMan 200円から1P ecute 200円から1P ※「エキュートエディション渋谷」は対象外tekute 200円から1P GranAge 200円から1P 黒塀横丁 200円から1P キッチン横丁 200円から1P 北町ダイニング 200円から1P グランスタ東京 200円から1P グランスタ丸の内 200円から1P GRANROOF 200円から1P GRANROOF FRONT 200円から1P maach 200円から1P
  • 飲食店・お弁当・お土産など いろり庵きらく 200円から1P 駅そば 200円から1P 親父の製麺所 200円から1P そばいち 200円から1P 蕎香 200円から1P HONEY’S BAR 200円から1P Becker’s 200円から1P BECK’S 200円から1P 弁当売店 200円から1P HANAGATAYA 200円から1P Daily Table KINOKUNIYA 200円から1P ※一部店舗を除くKINOKUNIYA ベーカリー 200円から1P ※一部店舗を除くKINOKUNIYA アントレ 200円から1P ※一部店舗を除くのもの 200円から1P Edy’s Bread 200円から1P
  • 書店 BOOK EXPRESS 200円から1P
  • 鉄道(車内販売) 車内販売 200円から1P
  • レンタカーなど JR東日本レンタリース 200円から1P
  • シェアオフィス ステーションワーク 200円から1P
  • ホテル ホテルメッツ 200円から1P メトロポリタンホテルズ 200円から1P FAMILIO 200円から1P
  • スポーツ、レジャーなど jeXer 100円から1P GALA 100円から1P TRAINIART 200円から1P 東京ステーションギャラリー 200円から1P 鉄道博物館 200円から1P
(街ナカのお店)
  • ショッピングセンターなど Ario 200円から1P ※関東・東北・中部エリアの店舗(一部店舗除く)イトーヨーカドー 200円から1P ※関東・甲信越・東北エリアの店舗(一部店舗除く)グランツリー武蔵小杉 200円から1P セブンパークアリオ柏 200円から1P ヨークマート 200円から1P ヨークフーズ 200円から1P ヨークプライス 200円から1P コンフォートマーケット 200円から1P
  • 飲食店 デニーズ 200円から1P ポッポ 200円から1P
  • 書店 紀伊国屋書店 100円から1P ※関東・東北・新潟エリアの一部店舗
  • ファッション コナカ 200円から1P ※関東・東北エリアの一部店舗 洋服の青山 100円から1P
  • ビューカードでためる 普段の買いものや飲食、公共料金の支払いにビューカードを利用すると、利用金額1,000円(税込)につき5ポイントたまります。 またSuicaへのチャージや定期券・きっぷの購入にビューカードを使うと、利用金額1,000円(税込)につき15ポイントたまります。

3. JRE POINTマークのあるお店で購入時にJRE POINTカードを提示すると100円ごとに1ポイントたまる

JRE POINT WEBサイトにビューカードを登録すると、サイトから商品交換の申し込みができます。またポイント履歴の確認もできるので便利です。

JRE POINTの使い方

ここではたまったJRE POINTの使い方と、使えるお店を紹介します。

1. Suicaでポイントを使う

1ポイント=1円として1ポイント単位でSuicaにチャージできるほか、Suicaグリーン券(JRE POINT用)に1枚600ポイントで交換できます。

2.駅ビルの店でポイントを使う

対象加盟店で支払うときに、1ポイント=1円として、1ポイント単位で利用できます。
ポイントを使えるお店
  • 加盟駅ビル アトレ アトレヴィ プレイアトレ テルミナ グランデュオ nonowa シァル ラスカ シャポー シャポーロコ ビーンズ ペリエ エキュート マーチエキュート エキュートエディション ※「エキュートエディション渋谷」は対象外です。
  • 東京駅の店 黒塀横丁 キッチンストリート 北町ダイニング グランアージュ グランルーフ グランルーフ フロント グランスタ東京 グランスタ丸の内
  • 東日本エリア あおもり旬味館 フェザン エスパル リビット tekuteながまち 宇都宮パセオ エクセル VAL 高崎モントレー イーサイト アズ熊谷 MIDORI ピボット CoCoLo Ekito.tagajo セレオ トピコ&アルス ラビナ A-FACTORY アプリーズ
  • ショッピングモールサイト「JRE MALL」で使う JRE MALLのショッピングで使えます。 JRE MALL へ
  • 商品に交換する JRE POINT WEBサイトで、さまざまな商品への交換申し込みができます。 ポイント交換

まとめ

鉄道・バス・買い物などで、日本全国で利用できるJR東日本のICカード「Suica」と「モバイルSuica」、Suica付きクレジットカード「ビューカード」の特徴を紹介しました。 3種類のカード式SuicaとモバイルSuica、それぞれ使える機能やメリットが違うので、使用頻度や利用シーンに合わせて選ぶとよいでしょう。 ビューカードにはJR東日本のグループ会社「ビューカード」が発行するものと、提携他社が発行するものがあります。 サービス内容やたまるポイントの条件など、それぞれ特徴が違うので、利用シーンや目的に合わせて、便利で効率よくポイントがたまるお得なカードを選んでください。

関連記事

時間アイコン21.04.19

空と陸でマイルをためておトクに旅ができるおすすめクレジットカード

時間アイコン20.12.31

クレジットカードは無職でも作れる?作りやすいクレジットカード

時間アイコン20.12.31

おすすめのプラチナカードを見つけたい!比較方法を徹底解説します

時間アイコン20.12.31

QUICPayをおトクに使うには?おすすめの高還元率カードを紹介!

時間アイコン20.12.30

初めてのクレジットカードの疑問に答えます!カードの紹介と注意点

TOP