JR東海を中心に生活したり、通学や通勤するのにはTOICAが利用できます。

しかしTOICAは、電車やバスに乗るだけでなく、コンビニやスーパーで使う事もできるのです。

今現在、日本全国で様々な交通系電子マネー(SuicaやICOCA等)が発行されています。

TOICAは全国で相互利用できる交通系電子マネーのグループに入っているので、東海地方以外の地域でも同じように使えるという事です。

今回は、TOICAのコンビニ利用について、また、チャージやポイントについてもまとめていきたいと思います。

TOICAはどこのコンビニで使えるの?

TOICAは全国のコンビニで利用できます。

コンビニ以外でも、以下のようなマークのあるお店なら、どこでもTOICA支払いができます。

ここでは、支払い、チャージ、ポイントについて今回お伝えしたい事を一覧にまとめてみました。

詳細は一覧表以降の章にまとめています。

セブンイレブン

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
Sポイント
(関西限定)
他に使える電子マネー nanaco、楽天Edy、交通系電子マネー、iD、QUICPay

ファミリーマート

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
Tポイント
他に使える電子マネー 楽天Edy、Tマネー、交通系電子マネー、ユニコ、iD、QUICPay

ローソン

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
Pontaポイント、dポイント
他に使える電子マネー 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー、iD、QUICPay

サークルKサンクス

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
Tポイント
他に使える電子マネー 楽天Edy、WAON、ユニコ、交通系電子マネー、iD、QUICPay

ミニストップ

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
WAONPOINT
他に使える電子マネー 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー、iD、QUICPay

デイリーヤマザキ

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
楽天ポイント(2018年秋から)
他に使える電子マネー 楽天Edy、交通系電子マネー、iD、QUICPay

ポプラ

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
楽天ポイント
他に使える電子マネー 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー、iD、QUICPay

セイコーマート

TOICA支払い
TOICAへチャージ
TOICA支払いで
貯まるポイント
セイコーマートクラブカードポイント
他に使える電子マネー 楽天Edy、WAON、交通系電子マネー、iD、QUICPay

TOICAでコンビニ支払いするには、どうすれば良い?

TOICAで電車に乗る時は、改札でにピッとかざすだけです。

コンビニでも同じワンタッチで支払いできます。

初めてコンビニでTOICA支払いする際は、手順が分からないのが恥ずかしい気持ちになるかもしれませんので、ここで支払い方法を学んで、スムーズにTOICAを利用できるようにしておきましょう。

  1. レジに商品を持っていき、店員に「TOICAで支払います」と伝える
  2. レジ横にICカード読取り機器があるので、TOICAをかざす
  3. 決済音が鳴ったら、支払い完了

手順は簡単です。

ICカード読取り機器は、店員がレジ操作をしてから反応するので、改札ほど一瞬ではないかもしれません。

決済音がなるまで、TOICAをかざし続けていれば、問題ありません。

TOICAにチャージしたい!コンビニでもできる?

TOICAはコンビニでもチャージができます。

全国で相互利用できる交通系電子マネー(Suica、ICOCA、TOICA、Kitaca、SUGOCA、PASMO、manaca、nimoca、はやかけん)は、改札だけでなくコンビニも全国で利用でき、更に使い幅も広いので、チャージも可能です。

チャージする際も

  1. レジスタッフに「TOICAにチャージします」と伝える
  2. 入金金額を選択する(レジの仕様によって、画面タッチ式と、店員に口頭で伝える式があります。)
  3. お金を渡して、TOICAをICカード読取り機器にタッチする
  4. チャージ完了音が鳴れば、終了

と、難しい作業ではありません。

ただ、チャージ金額の単位や限度額がコンビニによって違うので、大手3社のチャージ金額については以下をご覧ください。

セブンイレブン 20000円まで1000円単位で選べる
ファミリーマート 1000円
2000円
3000円
5000円
10000円
の中から選べる
ローソン 1000円
3000円
5000円
10000円
の中から選べる

コンビニで貯まるポイントは、TOICA支払いでも貯められる?

電子マネー払いでポイントはゲットできるのか

ファミマと言えばTポイント、ローソンならPontaポイント…と、コンビニには各会社それぞれ貯められるポイントがある事は有名です。

いつも現金で購入する時は、商品購入代金に加えてポイントカードを提示すればポイントが貯まります。

そして、今回のテーマであるTOICAには、ポイント制度がありません。

では、ポイントの貯まらないTOICAで、コンビニ支払いをした場合はどうなるのでしょうか。

正解は、「TOICAでも変わらずコンビニのポイントは貯まる!」のです。

コンビニ独自の規模の小さなポイント制度は適用されない店舗もあるかもしれませんが、楽天ポイントやTポイントなど、大手の共通ポイントは、現金払いでも電子マネー払いでも関係なくポイントを貯める事ができます。

各ポイントが貯められるコンビニ一覧

楽天ポイント デイリーヤマザキ
ポプラ
Tポイント ファミリーマート
Pontaポイント ローソン
dポイント ローソン
WAONPOINT ミニストップ
Sポイント セブンイレブン
(関西限定)

セブンイレブンにはnanacoポイントがありますが、これはnanacoで支払った時に貯まるので、TOICA支払いでは貯める事ができません。

また、様々なポイントがありますがが、この中でも

【還元率1.0%】

  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント

【還元率0.5%】

  • Tポイント
  • WAONPOINT
  • Sポイント

という違いもあります。

コンビニの中でもマイナーなデイリーヤマザキやポプラは、楽天ポイントが100円で1ポイント貯まります。

これは、還元率1.0%で貯めやすいローソンのPontaポイントと同じレベルです。

こう比較すると、実はデイリーヤマザキやポプラの方が、セブンやファミマよりお得だと言う事が分かります。

注意!コンビニではTOICAで購入できない商品がある!

コンビニには、現金でしか買えない商品や、一部クレジットカードや電子マネーには対応していない商品があります。

公共料金の支払い

コンビニでは電気・ガス・水道等の公共料金の支払いも対応しています。

会社によっては、保険料やインターネット、有料情報サービスなど、身近な支払いは毎月コンビニで行っているという人もいるでしょう。

このような支払いは、TOICAでは支払う事ができません。

こういった支払いを代行収納と言いますが、これらは基本現金でしかコンビニ側は受け取ってくれません。

支払いルールは各会社によって異なるので、まずは支払う前に払込用紙の裏や説明書きを読んでみて下さい。

プリペイドカード、商品券

iTunesカードやプリペイド携帯、Amazonギフト券やLINEpayなど、コンビニで売っているプリペイドカードも、TOICAでは購入できません。

映画観賞券や、前売り券など、スポーツやエンタメ関連のチケット、商品券も同じです。

いわゆる金券と呼ばれる商品は、基本的には現金での購入となります。

税金やゴミ袋

地域によっては、住民税や自動車税など、多くの人が払いたくないけど頑張って働いて払っている税金も支払えます。

これらは市区町村へ支払うものですが、公共料金のようにコンビニが代行して受け取っています。

また、市区町村と言えば、決められた日に決められた袋で出す地域指定のゴミ袋も、コンビニで売っています。

指定ゴミ袋がない地域もあるとは思いますが、このような行政に関わるものの支払いには、TOICAは利用できません。

コンビニで販売している粗大ごみ処理券も然りです。

ハガキや切手、宅急便

これは意外だと思うのですが、切手やはがき、年賀状、収入印紙もTOICAでは購入できません。

いわゆる郵便局が扱っている商品というくくりですね。

他にも、コンビニでは宅急便を取り扱っていますが、TOICAで支払えない事があります。

メルカリなどで私達が商品を発送する機会も最近では増えてきましたが、ファミマで利用しやすいクロネコヤマトの宅急便や宅急便コンパクトも、TOICAには対応していません。

オンライン商品や予約金

ネットで注文して、コンビニで支払うオンラインサービスは、直接お店に行かなくてもお買い物ができる便利なシステムです。

コンビニでは様々なネットショッピングに対応していますが、その支払いはTOICAでできない場合があります。

特に、ファミマのFamiポートやローソンのloppiなど、コンビニ設置のオンラインサービスでは、チケット購入や商品の前払い、サービスの予約受付など、メニューも豊富ですが、TOICAでは支払えません。

まとめ

  • TOICAは全国のコンビニで利用できる!
  • ポイント制度のないTOICAも、コンビニのポイントが貯められる
  • コンビニにはTOICAで購入できない商品&利用できないサービスがある

電車の乗り降りでしか使われにくいTOICAですが、全国での交通系電子マネー相互利用に対応しているので、実は使えるお店が多いという事が分かりました。

特に主要コンビニではどこでも使えるので、実際にはお住いの地域以外でも利用可能です。

ただし、TOICA自体のメインエリアはJR東海です。

電子マネーへのチャージやポイントを活用してお得に利用したいなら、思い切って使い勝手の良いクレジットカードとの併用や乗り換えの方がお得。

TOICAに執着しすぎず、ライフスタイルに合ったカード選びができるようになると良いでしょう。