ポイントキャッシュバックならVIASOカード!魅力を徹底解明

クレジットカードでポイントをためていたんだけど、うっかり期限を忘れてポイントを失効させてしまった…のような経験がある人も多いのではないでしょうか。

また、ポイントがたまったが他のポイントに変えてどう使っていいのか、または景品もいまのポイント数では魅力的なものがない…。クレジットカードの最大の魅力の1つはポイントであるので、せっかくたまっても失効させたり、使い道がないのではもったいないことです。

そんな人にぴったりなのがポイントをキャッシュバックしてくれるVIASOカードの魅力をお伝えします。

VIASOカードってどんなクレジットカードなの?

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。

viasoカード

VIASOカードの基本情報

VIASOカードは三菱UFJ銀行グループの三菱UFJニコスが発行するクレジットカードで、国際ブランドはVISAまたはマスターカードです。

最大の特徴は、ポイントが景品に交換したり、他社のポイントに交換して利用するではなく、現金としてキャッシュバックされることです。

年会費無料なのでクレカの複数持ちにもおすすめ

年会費はずっと無料で、海外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯しています。
海外旅行傷害保険は、他社のカードの補償と合算することができますので、無料で持つことで他社の海外旅行傷害保険の補償内容を補うこともできます。

ただし、利用がまったくない期間が続くと、解約になることも考えられますので、注意が必要です。

キャラクターのデザインがいっぱい

VIASOカードももうひとつの魅力が券面のデザインが多彩なことです。

シックな一般デザインのほかに、くまモンやぐでたまなどのキャラクター、けいおん!、トランスフォーマー、ファイナルファンタジーなどのアニメや映画、ゲームに加え、サッカーの浦和レッズデザインもあります。

なお、国際ブランドにVISAを選びたい場合、デザインは浦和レッズのものしか選択できません。
他のデザインはすべてマスターカードとなります。

VIASOカードにデメリットはあるの?

現金がおトクにキャッシュバックされるVIASOカードですが、デメリットはないのでしょうか?

ポイントの基本還元率は高くない

VIASOカードのポイントの基本還元率は0.5%で一般的ですが、楽天カードの1%、リクルートカードの1.2%に比べると見劣りがします。

ただし、Viaso eショップに参加しているネットショッピングでは、ポイント還元率がアップし、高島屋オンラインストアでは3%の還元が受けられます。

また、ETCの利用や携帯電話、各種プロバイダー料金の支払いで、ポイントが通常の2倍たまります。

注意して!還元条件がある

VIASOカードは1年に1回、1ポイントを1円として自動的にカード引き落とし口座に現金を振り込んでくれます。
ポイントの有効期限を気にしたり、めんどうな交換の手間がいらないので、便利です。

しかし、次の2つの点に気をつけなくてはいけません。

その1つめは、決められた1年のあいだに1000ポイント以上ためなければいけないことです。
VIASOカードの基本還元率は0.5%なので、基本的な還元率のみの場合、年間に20万円以上を利用しなければいけません。
年間20万円を月にすると約1万7千円なのでできない金額ではないですが、死蔵させてしまうとやはりポイントをムダにすることになります。

携帯電話の利用料金はポイントが2倍なので、携帯電話料金の支払いに使えば簡単にクリアできそうです。
携帯電話の月額料金がおよそ8400円以上なら、年間ポイントが1000を超えます。

2番目は、ポイントの付かない利用があることです。
現状ほとんどのクレジットカードも同様ですが、VIASOカードも電子マネーへのチャージなどはポイント対象外です。
つまり、電子マネーにチャージしても、年間1000ポイントの達成にも寄与しないことになります。

VIASOカードの申し込み方法を紹介します

1年に1度の現金が戻ってくる楽しみのあるVIASOカード。
作るにはどうしたらいいでしょう。

なお、基本的な入会条件は、18歳以上で安定した収入のある人、または18歳以上で学生(高校生をのぞく)です(未成年は親権者の同意が必要)。
したがって、18歳以上でも無職の場合の発行はむずかしいと考えられます。

VIASOカードは三菱UFJニコス発行のカード

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。
発行するには、同社のホームページで氏名や住所などの情報を入力することになります。

必要書類をそろえてオンラインで申し込み

オンラインで申し込む場合は、本人確認書類、引き落とし口座情報などが必要になります。

本人確認書類とは、写真付きの身分証明書で運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどになります。
WEBで完結する場合には、これらの書類をデジカメで撮影したり、スキャンしてファイルにしておく必要があります。

審査に通ればカード発行

必要な事項を入力して、最終申し込みボタンを押せば、申し込みは完了となります。

通常、金融機関の翌営業日にはメールで審査結果が知らされます。
早ければ3日、遅くとも1週間から10日でカードが届けられます。

オートキャッシュバック機能って?ポイントのため方のコツを伝授!

クレジットカードを利用した分の一部、ポイント還元分が現金として返ってくるのがキャッシュバックです。

オートキャッシュバック機能とは

キャッシュバック機能の中でも、手続きなどが不要でキャッシュバックが受けられるものをオートキャッシュバックといいます。

VIASOカードは、1年分のポイントをいわば貯金しておき、1年分をまとめて口座に振り込んでくれるものです。
キャッシュバックの還元率は基本的に0.5%なので月間では少ない金額でも、1年となればちょっぴり多めのお小遣いという感じになります。

例えば、コンビニなどの利用を含めて月にショッピングなどを5万円、光熱費を1万円、携帯電話を1万円利用した場合、
ショッピング(0.5%):250ポイント + 公共料金(0.5%):50ポイント + 携帯電話料金(1.0%):100ポイント = 400ポイント
が1か月に獲得できるポイントとなります。

これが1年間だと、4800ポイントとなり、4800円がキャッシュバックされるのです。
ちょっと、贅沢なランチができそうですね。

VIASOカードのポイントのため方にはコツがある

いちばんの方法は、日常の生活費の支払いや大きな買い物、携帯電話を含めた公共料金など、カードで払えるものはすべてまとめてしまうことです。

公共料金は毎月必ず発生するものなので、毎月金額に応じたキャッシュバックポイントがたまっていきます。
中でも、携帯電話料金はポイントが2倍になるので、VIASOカードでの引き落とし(利用)にするのは必須といえるでしょう。

また、ネットショッピングをする場合は、Viaso eショップを経由して、ボーナスポイントをゲットしましょう。

Viaso eショップはさまざまなネットショッピングの入り口となるサイトで、ここを通過することで、通常ポイントに加えて、ボーナスポイントが獲得できます。
ただし、ネットショッピングの都度、通過しなくてはいけないので、ブックマークなどに登録しておくといいでしょう。

Viaso eショップには楽天市場などをはじめ、たくさんのネットショッピングがあります。

Viaso eショップの主なショップ
ショップ名 ボーナスポイント
ネットショップ 楽天市場 1.00%
Yahoo!ショッピング 1.00%
ディノス 1.00%
髙島屋オンラインストア 3.00%
ダイレクトテレショップ 5.00%
家電・パソコン NECダイレクト 2.00%
ノジマオンライン 1.00%
ヤマダウェブコム 1.00%
本・音楽 雑誌のFujisan 5.00%
タワーレコード 3.50%
TSUTAYA オンラインショッピング 1.00%
楽天ブックス 1.00%
グルメ セブンネットショッピング 2.00%
なんでも酒やカクヤスネットショッピング 1.00%
ピザハットオンライン 1.00%
PIZZA-LA(ピザーラ) 5.00%
スーパーマーケット成城石井.Com 3.00%
ファッション COACH オンラインストア 3.00%
GAP Online Store 3.00%
JINS(ジンズ) 5.00%
旅行 エクスペディア 5.00%
じゃらんパック 2.00%
楽天トラベル 1.00%
各種VIASOカードを一覧で紹介
くまもん
浦和レッズ
Wake Up, Girls!
ぐでたま
けいおん!
シナモロール
トランスフォーマー
ファイナルファンタジーXIV
ふなっしーデザイン
マイメロディ
ラブライブ!
コウペンちゃん

VIASOカード以外のキャッシュバック機能が付いたカード

VIASOカード以外にもオートキャッシュバック機能が付いたカードが少ないのですがあります。

ここではそれらを紹介します。

利用金額の1%をキャッシュバック! P-oneカード

P-oneカード

P-oneカードは、ポケットカードが発行するクレジットカードです。

こちらは1%のキャッシュバックが受けられます。1%はクレジットカードのポイント還元率のなかでも高い部類に属すので、おトクなカードといえるでしょう。

ただし、P-oneカードのキャッシュバックの方法は、利用金額から1%を割り引いてから請求されることです。
つまり、10000円をクレジットカードで決済した場合、1%である100円が割り引かれ、9900円が請求されることになります。
つまり、P-oneカードを利用すれば、いつも1%引きで買い物などができるということになります。

1%というと少ないと思いがちですが、月々10万円を食費などの生活費などに使うのであれば、これをP-oneカードで決済すれば年額1万2000円のおトクになるということです。

海外利用なら1.2%の高還元率「ミライノカード」

ミライノカード

ミライノカードは住信SBIネット銀行に口座を持っている人だけが作れるカードです。
発行しているクレジットカード会社は、ライフカードです。

カードの基本還元率は0.6%で、やや高い部類です。
ただし、海外での利用は2倍の1.2%と高還元率といえます。

たまるポイントはスマプロポイントで、国内利用なら1000円ごとに6ポイント、海外利用なら12ポイントが獲得できます。
1ポイントは1円相当で、500ポイント以上100ポイント単位で、現金やJALのマイルに交換することができます。

初年度の年会費は無料ですが、次年度以降990円(税込)の年会費がかかります。
ただし、年間10万円以上の利用があれば年会費が無料となります。
海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険に加え、ショッピングガード保険も付帯します。

VIASOカードはこんな人に向いている

オートキャッシュバック機能は、クレジットカードのポイントは欲しいものの、そればかりを考えて買い物などをするのはめんどうという人に向いているかもしれません。

VIASOカードのオートキャッシュバック機能が向いていると思われる人をまとめてみました。

クレジットカードのポイントを利用するのをつい忘れてしまう

クレジットカードは日常的に利用していて、WEB明細などで出費を確認するものの、ポイントについてはたまってきたなと認識しても、ついつい有効期限は忘れがちです。
ポイント総額では、それぞれポイントの有効期限はわからないので、なおさらです。

どちらかというと、クレジットカードはポイント獲得が主眼ではなく、毎日の家計管理や利便性のほうが重要と考える人に向いているでしょう。

特定加盟店をよく利用する人

先ほど表で紹介したような特定の加盟店舗でネットショッピングをよくするのであれば、ボーナスポイントが得られるので、ポイントがたまりやすくなります。

また、ETCカードの利用でもポイントが2倍になるので、高速道路をよく利用する人にも向いているでしょう。

年会費無料で、デザインカードを持ちたい人

VIASOカードは年会費無料ながら、最高2000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。
年会費無料でこれだけの補償はなかなかありません。

また、さまざまなデザインのカードを選択できるところもVIASOカードの魅力といってもいいでしょう。

まとめ

VIASOカードはポイントの有効期限や交換の手間のない、合理的なカードといえるでしょう。
また、1年に1回、1年分のポイントが現金で振り込まれるので、楽しみがあるといえるカードでもあります。

あまりポイントに執着しない人やネットショッピングなどをよく利用する人にはぴったりのカードでしょう。

年会費も無料なので、これを機会にVIASOカードを作ってみませんか?

関連記事

時間アイコン20.12.29

イニシャルカードは学生でも作れる!クレカの基本や魅力も徹底解説!

TOP