アイフルの金利は他社に比べて高い?下げ方や利息の節約方法も徹底解説!

コマーシャルでよくみるカードローンっていくつかありますが、それぞれの違いってわかりづらですよね。

お金を借りられたとして、「金利はどれくらいなんだろう」「利息はいくら取られるんだろう」「返済方法はどうなっているんだろう」なども心配です。

こちらでは、アイフルの金利や、返済方法について見ていきます。他社との比較や、金利や利息を抑えるコツも紹介しちゃいます。

お得に借入したい方は、是非最後まで読んでみてくださいね。

アイフルの金利は高い?他社カードローンと比較してみよう

カードローン 金利
アイフル 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

大手消費者金融カードローン5社の金利を比較しました。5社ともそれほど大きく金利が変わるようにはみえませんね。

金利には範囲がありますが、一番低い金利は各社の融資上限額を借りた時に採用される金利です。

通常100万円程度までの金利は、多くの場合には金利の最大値が採用されることになります。

金利の最大値を見るとプロミスが少し低いのですが、各社とも信用を得ることで金利を低くしてもらうことが可能ですよ。

アイフルのカードローン金利はどう決まる?

借り入れ枠 下限金利 上限金利
1万円〜100万円 3.0% 18.0%
101万円〜300万円 3.0% 15.0%
301万円〜400万円 3.0% 13.0%
401万円〜500万円 3.0% 12.0%
501万円〜800万円 3.0% 9.9%

アイフルの金利は借入枠に応じて変わります。借入枠が上がるに従って金利は低くなります。

ただし、借入枠を大きくするということは、その分融資の審査も厳しくなるんです。

審査では年収額も重要ですが、他社借入があれば「総量規制」に関しても注意が必要となります。

「総量規制」は、消費者金融の準拠法である貸金業法に定められていて、融資枠は全ての融資枠を合計して年収の1/3は越えられないというものです。

そのため、他社借入のある方は「総量規制」に十分注意しましょう。もし、すでに不要になった融資枠があれば早めに解約してしまいましょう。

アイフルのおまとめや不動産担保ローンの金利は?

カードローン 金利 融資上限額
カードローン 3.0%~18.0% 800万円
ファーストプレミアムカードローン 3.0%~9.5% 800万円
女性向けカードローン「SuLaLi」 18.0% 10万円
おまとめローン 3.0%~17.5% 800万円
借り換えローン 3.0%~17.5% 800万円
不動産担保ローン 3.0%~12.0% 1億円
無担保ローン 3.0%~18.0% 500万円

アイフルでは通常のカードローンの他に、女性向けローンや、おまとめ・かりかえなどのローンがあります。

また、目的別ローンとして不動産担保ローンや無担保ローンなどもありますので、用途に応じてローンを選ぶことができます。

大きな金額を借り入れる際には、利用目的を明らかにすることで、金利を大きく抑えることができますよ。

アイフルカードローンの金利を下げるには

お金は借りたいものの、少しでも金利を抑えたいというのは、皆同じ気持ちですよね。

こちらでは、アイフルカードローンの金利を下げる方法をみていきましょう。

金利対策無利息期間30日間以内に返済する

内容
30日間の無利息期間 契約時から30日以内は無利息

アイフルには契約から30日間の無利息期間のサービスがあります。

借入から30日以内に返せれば利息が不要なんです。つまり、10万円を借りたら10万円だけ返済します。借りたと同じ金額だけを返済すればいいんですね。

そのため、30日以内に返せる見込みのある方は、是非このサービスを利用してお得に利用されることをおすすめします。

omata
親や友達に貸してと言えない時にもこれなら安心ですよね。

金利対策借入限度額を上げる

借り入れ枠 下限金利 上限金利
1万円〜100万円 3.0% 18.0%
101万円〜300万円 3.0% 15.0%
301万円〜400万円 3.0% 13.0%
401万円〜500万円 3.0% 12.0%
501万円〜800万円 3.0% 9.9%

借入限度額を上げると金利が下がります。

借入限度額は、その金額を一気に借りるのではなく、あくまで「融資枠」なのでその金額までなら少しずつ借りることができるというものです。

もちろん、融資限度額いっぱいまで借りても十分に返済できると判断できる額までしか設定してもらえませんが、融資限度額が高くなるほど金利は下がります。

他社の借入などがあると、設定できる融資枠が少なくなる方もいますができるだけ多めにしておくとお得で便利かもしれませんね。

omata
他社からも借り入れている場合には、借り入れを一本化すると金利が安くなることもあります。

金利対策利用実績を上げる

利用実績を上げる方法
  • 延滞しない
  • 繰上げ返済
  • 限度額を上げる

利用実績を上げると信用がついて金利を下げてもらえることがあります。

アイフルの金利は、融資額に応じて変わりますが、同じ融資額でも金利には範囲があります。

初回借り入れの場合には、上限に近い金利になるのが通常ですが、上のような信用を積み重ねることで、低い金利を設定してもらえるようになるんです。

滞納しないのは当たり前ですが、半年以上滞納しないことで信用が上がるので、是非頑張ってくださいね。

omata
毎月、丁寧にコツコツ返しながら余裕のある時には大きめに返すと信用が得られるんですね。

アイフルカードローンの利息の計算方法を確認

利息の計算方法を確認しましょう。

カードローンを利用する時に「金利」が低い方が利息が少なくなるということはご存知ですよね。

でも、実際にどのように計算するのかというと、

利息=借入額残高×金利÷365×日数

となります。金利は通常「実質年率」と呼ばれる割合が書かれていて、1年間にかかる金利となります。

そのため、借入額残高に金利を掛けた後、365で割ることで1日あたりの利息が出ます。このため閏年の場合には366で割ります。

1日あたりの利息に日数を掛けることで、一定期間の利息を算出することができます。

ただし、返済時に借入残高と金利がどのような割合で計算されるかという「返済方式」が各社異なるので、詳細は各社の返済シミュレーションで確認しましょう。

アイフルカードローンの返済方式と返済額を知ろう

アイフルカードローンの返済方式と返済額を確認していきましょう。

返済アイフルカードローンの返済方式

アイフルの返済方式は、「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」です。

表で見るとちょっと難しいのですが、

  1. 「一番最後の借入」直後の残高によって毎月の返済金額が決まる。
  2. 毎月の返済金額は同じ額になるように、元金と利息が配分されている。
  3. 新たな借入れをすると、上記の❶❷が計算し直されて返済金額が変わる。

となっています。つまり、新たな借り入れをしなければ、返済額はずっと同じままです。

新たな借り入れをすると、「今までの借入残高」+「新しい借入残高」で返済額の計算がし直されるようになり、毎月の返済額が修正されます。

omata
返済額はアイフルの方でして教えてくれますから、ここでは原理だけ覚えておきましょう。

返済アイフルカードローンで100万円借りた時の返済額

返済回数 月々の返済額 利息合計 合計返済額
12回 91,000円 82,668円 1,082,668円
24回 49,000円 1,161,966円 161,966円
36回 35,000円 1,245,178円 245,178円
48回 28,000円 1,333,311円 333,311円
60回 26,000円 1,372,127円 372,127円

上記が、アイフルカードローンで100万円借りた時の返済シミュレーションです。

返済回数によって「毎月の返済額」と「支払い利息」が変わります。返済は毎月1回なので1年で12回となり、24回なら2年、36回なら3年で返済することです。

返済回数が多いと利息の支払い総額は大きくなりますが、毎月の返済額は少なくなり負担は減ります。

また、余裕のある時には毎月の決められた返済額の他に、多めに返済すると支払い利息も減り完済も早くなるのでおすすめです。

omata
契約の時は返済額を少なめにして、余裕のある時に大きく返すのも良いですね。

返済返済を延滞した場合には遅延損害金がかかる

内容
遅延損害金 20%

アイフルでは返済を延滞した場合には金利とは別に20%の遅延損害金が遅れた日数に対してかかります。

アイフルの上限の金利が18%ですが、遅延損害金は金利より多い20%が加算されるので注意です。

遅延損害金は借金の返済が滞った場合の損害賠償で、返済期限を過ぎると発生します。必ず、返済期限までに返済をするようにしましょう。

omata
返済期限を忘れないように、返済を口座振替にしておくのもおすすめです。

アイフルの金利まとめ

アイフルの金利まとめ
  • アイフルの金利は大手消費者金融カードローンでは平均的
  • 工夫することでアイフルの金利は低くできる
  • 返済方式が長くなると利息は大きくなるが毎月の返済額は少ない

アイフルの金利は大手消費者金融カードローン5社の中では平均的と言えます。

アイフルの金利自体位は借入額の大きさに従って変わり、融資枠が大きくなるほど金利は低くなります。

また、無利息期間を利用することで利息なしで借り入れることも可能です。

返済方式を長くすると利息は大きくなりますが、毎月の返済額が少なくなるので毎月の負担は減ります。

余裕のある時に多めに返すことで、トータルの利息を抑えることにも繋がりますよ。