【50万までOK】アイフルで収入証明書提出なしでお金を借りる流れを解説!

この記事を読んでわかること
  • アイフルで収入証明書が必要なタイミング
  • アイフルで収入証明書を提出するとできること
  • アイフルで収入証明書が必要な理由
  • アイフルで収入証明書を提出するメリット・デメリット

カードローンを借りる時に「収入証明書」が必要になると聞いて、なぜ?どうして「収入証明書」が必要なの?と疑問に思う人も多いと思います。もし出さないとどうなるんでしょう。

「収入証明書」といえば、究極の個人情報ともいえるほど、秘密にしたいことですよね。

こちらでは、アイフルで借り入れをする時に「収入証明書が必要なタイミング」や「提出するとできること」「必要な理由」「提出するメリット・デメリット」をご紹介します。

「収入証明書」の提出について疑問のある方は是非、ご確認くださいね。

アイフルは限度額50万円までなら収入証明書不要で申込み可能!

アイフルは限度額50万円までなら収入証明書不要で申込み可能です。

カードローンに申し込む場合には「必要書類」を提出しますが、必要書類というのは通常、「本人確認書類」と「収入証明書類」があります。

「本人確認書類」は、免許証・パスポートなど申し込んだら必ず提出する本人確認用の書類となります。

アイフルではアイフルからの借入が50万円までなら、「収入証明書類」は提出の必要がありません。

50万円を超えると「収入証明書類」を提出することになりますが、原本ではなく、スマホで撮影したものを「送信フォーム」に読み込ませるだけでいいので提出も簡単です。

アイフルで収入証明書の提出が必要になる3つのケースを解説

アイフルでは50万円までなら「収入証明書類」の提出不要で借入が可能です。では、どのような時に収入証明書が必要になるのでしょうか。

アイフルで収入証明書の提出が必要になる3つのケースを見ていきましょう。

ケースアイフルのご利用限度額が50万円を超える場合

借入希望額が50万円を超えると「収入証明書」の提出が必要となります。

50万円まで(50万円以下)は「収入証明書」の提出の必要がないのですが、50万円を超えた場合には「収入証明書」を提出しなくてはいけません。

これは、貸金業法で定められているため、借入希望額50万円を超えても「収入証明書」を提出して年収が確認できなければ審査には通りません。

omata
借入希望額50万円を超える場合には早めに収入証明書類を揃えておきましょう。

ケースアイフルのご利用限度額と他の貸金業者からの借り入れの合計額が100万円を超える場合

アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からの借り入れの合計額が100万円を超える場合には「収入証明書類」の提出が必要になります。

ここでいう「他社からの借入」というのは、実際に現在借入している金額ではなく、「極度額(融資枠)」をいいます。

すでに完済していたり、返済して実際の借入額が減っていても「極度額(融資枠)」が設定されていればカウントされます。

そのため、利用しない「極度額(融資枠)」を解約して、100万円以下になれば「収入証明書類」の提出は不要となります。

omata
他社借入をしている場合には、注意しておきたいですね。

ケース前回、収入証明書を提出してから3年以上経過している場合

カレンダー

前回、収入証明書を提出してから3年以上経過後の借入の際には、直近の「収入証明書」の提出が必要となります。

こちらは、アイフルの独自のルールになります。この3年間の間にお給料の変動がある場合もあります。

「収入証明書」の提出は、利用者保護のためでもあるので、しっかりと提出してくださいね。

omata
お給料が上がっていれば、「極度額(融資枠)」を上げてもらえるかもしれませんよ。

アイフルでお金を借りるのに収入証明書が必要な理由を理解しておこう!

収入証明書が必要な理由
  • 貸金業法で定められている
  • 返済能力を確認する
  • 融資限度額を決定する

収入証明書の提出は、利用者を保護する意味を持っています。

貸付けの金額(極度方式基本契約にあっては、極度額)が、既存の貸付けの契約の貸付けの残高(極度方式基本契約にあっては、極度額)と合算して50万円を超える貸付けに係る契約を締結しようとする場合、顧客から資力を明らかにする書面を徴求すること、そして、それに基づき返済能力を調査することが義務づけられています。

このように貸金業者は、貸金業法によって貸付けの契約を締結しようとする場合に、収入証明書により返済能力を調査することが義務づけられています。

この調査によって無理のない範囲で融資限度額が設定され、健全な融資が行われることに繋がるんです。

アイフルに提出できる収入証明書類例
源泉徴収票 「公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」ではなく、通常の源泉徴収票のみが対象です。
給与明細書 給与明細の直近2ヶ月分とは、今が1月であれば11・12月分となります。地方税(住民税)の記載がある場合、直近1ヶ月のみの提出となる場合もあります。
また、賞与明細書(1年以内のもの)があれば、合わせてて出しましょう。
住民税決定通知書、納税通知書 住民税決定通知書は毎年6月頃、勤め先を通じて届く市区町村発行の「特別徴収税額の決定・変更通知書」などです。
確定申告書 税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載がある確定申告書が利用できます。
青色申告決算書 税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載がある青色申告決算書が利用できます。
収支内訳書 税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載が収支内訳書が利用できます。
支払調書 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書が利用できます。
所得証明書 市区町村役場が発行した所得証明書が利用できます。
年金証書、年金通知書 年金以外に主となる定期的な収入がある方のみ提出可能です。(主な収入が年金のみの方はキャッシングサービスの対象外です。)

アイフルで収入証明書の例として上げているのは上記のような書類です。全てを揃えるのではなくて証明力によって1つないしは2つを提出することになります。

提出方法は原本を郵送するのではなく、書類をスマホで撮影してアイフルのサイトの「送信フォーム」に読み込ませて提出します。

そのため、書類さえ揃えばすぐに提出できるんです。

アイフルに収入証明書を提出する3つのメリット

やはりお金のことは他人には知られたくないもので、収入証明書を提出するのは抵抗がありますよね。

では、アイフルに収入証明書を提出するとどんなメリットがあるのか見てみましょう。

メリット50万円以上の借入が可能

アイフルに収入証明書を提出すると、50万円を超える借入希望額を獲得することが可能です。

また、他社借入と合わせて100万円を超える借入額があっても、アイフルでの借入希望額を獲得することが可能となります。

これらは、貸金業法で定められていますので、逆に言えば「収入証明書」を提出しなければ、「50万円を超える借入」や「他社を含めて100万円を超える借入」はできません。

omata
法律に定められていることなので、該当する場合には、「収入証明書」を提出しましょう。

メリット年収が証明できるので審査に有利

「収入証明書」が提出できると、年収が証明できるので審査に有利となります。

貸金業法の定めの中に「総量規制」というものがあり、年収の1/3以上の融資枠は設定できないことになっています。

そのため、年収が150万円より多い場合や、50万円を超える借入希望、他社借入と合わせて100万円を超える場合には、年収が証明できるので審査に有利となります。

omata
書類が揃えられれば提出したすると、借入がしやすくなるんですね。

メリット増枠の審査がスムーズに進む

「収入証明書」を提出すると増枠の審査がスムーズに進みます。

特に、前回の審査の時よりも収入が増えたことが証明できれば、その分の融資枠を手軽に確保できるからです。

増枠の審査は新規の申し込み時よりも審査が厳しくなります。増枠申請までの間に他社借入額が増え過ぎないように注意しましょう。

omata
増枠の時にも「収入証明書」が役立つんですね。

アイフルに収入証明書を提出する2つのデメリット

アイフルに収入証明書を提出する2つのデメリット
  1. 転職したら再調査となる
  2. 年収が減ると借入限度額も減額される

収入証明書を提出することの意味やメリットをみてきましたが、では、収入証明書を提出することにデメリットはないのでしょうか。

収入証明書を提出する2つのデメリットを見てみましょう。

デメリット転職したら再調査となる

借入の時に「収入証明書」を提出していても、転職したら再調査となり再度の提出が必要となります。

「収入証明書」は、収入があることを証明するだけでなく、融資限度額の根拠ともなります。

そのため、転職など収入に変化があった場合には、融資限度額の根拠が変わる可能性もあり再提出の必要があるのです。

omata
確かに、転職は返済にも関係するので「収入証明書」の提出は必要ですよね。

デメリット年収が減ると借入限度額も減額される

年収が減ると借入限度額も減額されることがあります。

「収入証明書」は、収入があることを証明するだけでなく、融資限度額の根拠ともなります。

そのため、最新の「収入証明書」に応じて借入額が変わることになります。

omata
最近では、勤務年数に応じて給料が上昇するとは限りません。そのため、現在の収入に応じて「融資限度額」が変動するというのは納得できますね。

FAQ

ここまで、アイフルと「収入証明書」についてみてきました。

こちらでは、アイフルに「収入証明書」を提出する際に出てくる、よくある質問に回答します。

アイフルから収入証明書の提出をお願いされて出さないとどうなるの?

収入証明書の提出は法律で定められているため、提出しないと借入ができなくなります。

アイフルに提出する収入証明書を偽造する事は可能?

偽造は犯罪なのでやめてください。

偽造した収入証明書で融資を受けると、詐欺罪に問われる可能性があります。 詐欺罪の場合、最長で10年間の懲役となります。

アイフルで収入証明書を提出せずに100万円借りる事はできるの?

できません。

残念ながら50万円を超える融資に「収入証明書」の提出を定めているのは法律の規定なので、残念ながら「収入証明書」の提出なしに50万円を超える融資は受けられません。

アイフルに収入証明書を提出することのまとめ

アイフルに収入証明書を提出することのアイフルのまとめ
  • アイフルから50万円を超える融資を希望する場合には「収入証明書」の提出が必要
  • 他社借入を含めて100万円を超える場合には「収入証明書」の提出が必要
  • 増枠や転職の時には改めて「収入証明書」の提出が必要
  • 「収入証明書」は返済の根拠となる
  • 「収入証明書」は融資限度額の根拠となる

アイフルから50万円を超える融資を希望する場合や、他社借入を含めて100万円を超える場合には「収入証明書」の提出が必要となります。

増枠や転職の時には改めて「収入証明書」の提出が必要です。

「収入証明書」は返済の根拠となり融資限度額の根拠となるため、提出した「収入証明書」に応じて融資限度額が変動することがあります。