借金を1つにまとめる!おまとめカードローンのおすすめTOP10!

現在複数のカードローンを利用しており「毎月の支払いが面倒」「もっと金利を抑えたい」などと悩んでいませんか?

そこでおすすめなのが「おまとめカードローン」です。支払いを一本化することで、返済の負担を軽減できます。

今回はおまとめカードローンについて、どのようなものなのかや、メリット・デメリットを具体的にお伝えしています。

また、おすすめのおまとめカードローンをTOP10で紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

カードローンのおまとめとはそもそもどのようなもの?

おまとめカードローンの概要
  • 複数社からの借入を一本化できる!
  • 借入先が1つになるため毎月の返済が楽!
  • 必ずしも金利が低くなるわけではない点には注意!

おまとめカードローンとは、複数の消費者金融や銀行カードローンからの借入を1社にまとめるものです。

複数社からの借入があると「毎月の返済額が大きくて支払いがつらい…」「返済先が多くて大変…」などの問題が生じます。

そのようなときおまとめカードローンを利用できれば、金利を抑えたり返済の手間を軽減できるのです。

例えば東京スター銀行の「おまとめローン(スターワン乗り換えローン)」を例に解説します。下の画像を見てください。

東京スター銀行おまとめローン

出典:東京スター銀行

もともとおまとめ前は200万円の借入に対し月々の返済額が42,000円でしたが、おまとめローン(※スターワン乗り換えローン)利用後は月々29,275円に軽減されているのがわかります。

このように複数社からの借入を一本化し、返済の負担を軽減できるのがメリットです。

ただしサービス内容によっては、おまとめカードローンを利用しても金利が低くならないケースもあるため、その点は注意しましょう。

おまとめに対応したカードローンを30社5つの項目で比較!

カードローン
(サービス名)
金利(実質年率) 利用限度額 審査難易度 審査時間 対応エリア
東京スター銀行
(スターワン乗り換えローン)
東京スター銀行(横幅250)
12.5% 最大1,000万円 最短3日 全国
中央リテール
(無担保おまとめローン)
中央リテール(横幅250)
10.95%~13.0% 最大500万円 最短2時間 全国
ソニー銀行カードローン
ソニー銀行
2.5%~13.8% 最大800万円 最短翌営業日 全国
アイフル
(おまとめMAX)
アイフル
3.0%~17.5% 最大800万円 最短即日 全国
ぽちスマくん
(借換ローン)
ぽちスマくん
9.85%~14.85% 最大500万円 最短即日 全国
横浜銀行カードローン
横浜銀行
1.5%~14.6% 最大1,000万円 最短翌営業日 全国
アコム
(借換え専用ローン)
アコム
7.7%~18.0% 最大300万円 最短即日 全国
愛媛銀行
(ひめぎんおまとめローン)
愛媛銀行
5.8%~14.5% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内
auじぶん銀行カードローン
auじぶん銀行
1.7%~12.5% 最大800万円 最短翌営業日 全国
千葉銀行
(ちばぎんフリーローン)
千葉銀行
1.7%~14.8% 最大800万円 最短翌営業日 営業エリア内
オリックス・クレジット
(VIPフリーローン)
オリックスクレジット
3.0%~14.5% 最大800万円 最短1週間程度 全国
第四北越銀行
(おまとめローン)
第四北越銀行
6.8%~14.5% 最大500万円 最短翌営業日 全国
ユーファイナンス
(ビッグローン)
ユーファイナンス
7.3%~15.0% 最大700万円 最短即日 全国
西日本シティ銀行
(NCBおまとめローン)
西日本シティ銀行
4.5%~15.0% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内
静岡銀行
(しずぎんフリーローン)
静岡銀行
4.5%~14.5% 最大500万円 最短翌営業日 全国
豊和銀行
(おまとめフリーローン)
豊和銀行
3.8%~14.5% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内
千葉興業銀行
(おまとめフリーローン)
千葉興業銀行
3.9%~14.9% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内
中国銀行
(おまとめフリーローン)
中国銀行
6.8%~14.5% 最大500万円 最短翌営業日 全国
筑波銀行
(<つくば>おまとめフリーローン)
筑波銀行
6.8%~14.6% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内
高知銀行
(こうぎんセレクトローン ZEYO)
高知銀行
4.5%~14.5% 最大1,000万円 最短翌営業日 営業エリア内
ダイレクトワン
(お借り換えローン)
ダイレクトワン
4.9%~18.0% 最大300万円 最短即日 全国
紀陽銀行
(紀陽銀行おまとめローンプラス)
紀陽銀行
6.5%~14.0% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内
山形銀行
(<やまぎん>フリーローン)
山形銀行
4.9%~12.9% 最大300万円 最短翌営業日 営業エリア内
キャネット
(おまとめローン)
キャネット
12.0%~20.0% 最大300万円 最短即日 全国
ライフティ
(おまとめローン)
ライフティ
8.0%~18.0% 最大300万円 最短即日 全国
栃木銀行
(とちぎんおまとめローンスッキリ)
栃木銀行
6.8%~14.6% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内
三菱UFJ銀行
(バンクイック)
三菱UFJ銀行
1.8%~14.6% 最大500万円 最短翌営業日 全国
イオン銀行
(イオンアシストプラン)
イオン銀行
33.8%〜13.5% 最大700万円 最短翌営業日 全国
サンワフィナンシャル
(おまとめローン)
サンワフィナンシャル
6.8%~18.0% 最大300万円 最短即日 全国
もみじ銀行
(おまとめ!もみじ君)
もみじ銀行
4.8%~14.3% 最大500万円 最短翌営業日 営業エリア内

上の表では、おまとめカードローンに対応する全30社を金利・利用限度額・審査難易度・審査時間・対応エリア別に比較しています。

おまとめカードローンは銀行カードローンや消費者金融で利用できます。それぞれ金利や利用限度額などに違いがあるので注目してください。

また、中には一部エリアでしか利用できないサービスも存在するので、その点注意しましょう。

条件は様々ですが、現在複数の返済に負担を感じているなら、おまとめカードローンがおすすめです!

おまとめカードローンを選ぶ3つのポイント!

「おまとめカードローンを利用したい!でもどのサービスを選べばよいかわからない!」そのようなときは、上の選び方のポイントを参考にしましょう。

具体的にどのような内容なのか次からお伝えします!

①:消費者金融と銀行カードローンの特徴を抑える!

消費者金融 銀行カードローン
提供元 消費者金融全般 メガバンクやネット銀行など
対象となる法律 貸金業法 銀行法
金利(実質年率)
審査難易度
審査時間
安心感

おまとめカードローンを選ぶ際は「消費者金融」と「銀行カードローン」の違いをまず抑えましょう。

どちらもおまとめカードローンを利用できますが「金利」や「審査難易度」「審査時間」は異なります。

金利だけに注目すると銀行カードローンに軍配は上がりますが、消費者金融と比べ審査難易度が高く、融資まで時間がかかる点はデメリットです。

また、銀行カードローンには安心感がありますが、使いやすさを考えると消費者金融が優位です。

②:上限金利と下限金利の低いサービスを選ぶ!

おまとめローン 種類 下限金利 上限金利
東京スター銀行
(スターワン乗り換えローン)
東京スター銀行(横幅250)
銀行カードローン 12.5% 12.5%
中央リテール
(無担保おまとめローン)
中央リテール(横幅250)
消費者金融 10.95% 13.0%
ぽちスマくん
(借換ローン)
ぽちスマくん
消費者金融 9.85% 14.85%

おまとめカードローンをお得に利用するには、対象サービスの上限金利と下限金利に注目しましょう!

複数社からの借入を1つにまとめられる便利なおまとめカードローンですが、それによって金利が高くなってしまっては意味がありません。

おまとめカードローンの場合借入額が高額になりやすいため、上限金利・下限金利の双方を比べてお得なサービスを選びましょう。

上の表で取り上げている中だと、上限金利は東京スター銀行、下限金利はぽちスマくんが低めの設定です。

③:返済のしやすさに注目する!

おまとめカードローンを選ぶ際は返済のしやすさも大切なポイントです。ネット振込に対応しているか、ATMを使用し返済できるかなど、どの返済方法に対応しているか確認しましょう。

中でも事前に決められた日に自動で引き落としされる口座振替なら、支払い忘れを防ぐことができるため便利です。

他にも返済日を自由に指定できるかもポイントです。給料日後の、ある程度お金に余裕があるとき返済したいなどの希望はあると思います。

どのカードローンも返済しやすくはなっていますが、細かな点では違いもありますので事前に確認してください!

おまとめ対応カードローンTOP10!

数あるおまとめカードローンの中でも使いやすいサービスをTOP10で紹介します。

「どのおまとめカードローンも同じだ」と思って申し込むと後々後悔する可能性は高いです。ここで紹介する各サービスを参考にしてください!

RANK東京スター銀行(スターワン乗り換えローン)

東京スター銀行
サービス名 スターワン乗り換えローン
金利(実質年率) 12.5%
利用限度額 最大1,000万円
審査時間 最短3日
返済方式 元利均等返済
返済方法 口座引き落とし
インターネットバンキング
評価 [rate5.0] 5.0

おまとめ対応カードローンの第1位は東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」です。

審査基準は中小消費者金融と比べて厳しめですが、金利が年12.5%と低いため利用しやすさが魅力です。

東京スター銀行で他社からの借入を一本化できれば、返済額を大きく抑えられます。なお、利用限度額が最大1,000万円までと高額な点もメリットです。

金利は年12.5%に統一されているため、小口の借入を検討しているならスターワン乗り換えローンを特におすすめします。

東京スター銀行の公式HPはこちら

RANK中央リテール(無担保おまとめローン)

中央リテール
サービス名 無担保おまとめローン
金利(実質年率) 10.95%~13.0%
利用限度額 最大500万円
審査時間 最短2時間
返済方式 元利均等返済
返済方法 毎月指定口座へ振り込む
評価 [rate4.5] 4.5

中小消費者金融の中央リテールも、おまとめカードローンとしておすすめです。中央リテールはおまとめ専門のサービスとして事業を行っています。

対象となる「無担保おまとめローン」の金利は、年10.95%~年13.0%の範囲となっており低めの設定です。

利用限度額は最大500万円までとなっており、1位の東京スター銀行には及びませんが、その代わり最短2時間のスピード審査が魅力です!

ただし、本契約の際は東京の中央リテール本社に来店しなければいけません。そのため遠方に住んでいる場合は注意してください。

中央リテールの公式HPはこちら

RANKソニー銀行カードローン

ソニー銀行
サービス名 ソニー銀行カードローン
金利(実質年率) 2.5%~13.8%
利用限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング
返済方法 ソニー銀行の円普通預金口座からの引き落とし
評価 [rate4.5] 4.5

インターネット銀行の1つ、ソニー銀行のカードローンもおまとめ目的でおすすめです。

おまとめ専用カードローンではありませんが、公式にも利用限度額以内ならおまとめに利用できるとの記載があります。

銀行カードローンなので審査基準は厳しめで、結果がわかるまで時間もかかりますが、24時間スマホやPCから簡単に申し込める点はメリットです。

また金利は年2.5%~年13.8%の範囲で、利用限度額も最大800万円のため利用しやすいのが特徴です。ソニー銀行のカードローンはソニー銀行の口座がなくても申し込みできます。

ソニー銀行の公式HPはこちら

RANKアイフル(おまとめMAX)

アイフル
サービス名 おまとめMAX
金利(実質年率) 3.0%~17.5%
利用限度額 最大800万円
審査時間 最短即日
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済
返済方法 スマホアプリ
アイフルATM
提携先ATM
コンビニ
口座振替
銀行振込
評価 [rate4.5] 4.5

TVCMや広告でおなじみのアイフル、そのおまとめローン「おまとめMAX」もおすすめです。

通常のカードローンについてはよく知られていますが、アイフルではおまとめローンにも力を入れています。

金利上限は年17.5%、下限は年3.0%までとなっており、全体的に低めの設定のため利用しやすいのが特徴です。

また、アイフルは審査時間が短いためお急ぎの場合にも便利です。さらに銀行カードローンと比べて審査はより柔軟なので、比較的借りやすいと考えてよいでしょう。

これまで銀行カードローンの審査に通らなかったという場合は、ぜひアイフルの申込を検討してください!

アイフルの公式HPはこちら

RANKぽちスマくん(借換ローン)

ぽちスマくん
サービス名 借換ローン
金利(実質年率) 9.85%~14.85%
利用限度額 最大500万円
審査時間 最短即日
返済方式 元利均等自由返済
返済方法 毎月指定口座へ振り込む
評価 [rate4.0] 4.0

中小消費者金融の中でも知名度の高いのがぽちスマくんです。フリーキャッシングの他に、おまとめ利用に役立つ「借換ローン」を提供しています。

消費者金融と聞くと一般的に高金利といったイメージもあるかもしれませんが、ぽちスマくんの金利は年9.85%~年14.85%の範囲のため低めの設定です。

ぽちスマくんの借換ローンは保証人および担保不要です。複数社からの借入をまとめたいと考えているなら、ぜひこの機会に利用してみてください。

審査は最短30分で終わるため、お急ぎの場合にも便利です。また、全国どこに住んでいても申し込みできるため安心です!

ぽちスマくんの公式HPはこちら

RANK横浜銀行カードローン

横浜銀行
サービス名 横浜銀行カードローン
金利(実質年率) 1.5%~14.6%
利用限度額 最大1,000万円
審査時間 最短翌営業日
返済方式 残高スライド方式
返済方法 横浜銀行ATM
セブン銀行ATM
EnetATM
評価 [rate3.5] 3.5

第6位に入るのは横浜銀行のカードローンです。こちらおまとめローンとしても利用できます。

銀行カードローンなので、金利は年1.5%~年14.6%の低めの設定です。ただし審査は、消費者金融と比べて厳しいと覚えておいてください。

消費者金融や、他の銀行カードローンの借入を一本化できるだけでなく、クレジットカードのリボ払いもおまとめできます。

利用限度額は最大1,000万円までとなっているため、高額な融資を受けたいと考えているなら利用価値ありです!

横浜銀行の公式HPはこちら

RANKアコム(借換え専用ローン)

アコム
サービス名 借換え専用ローン
金利(実質年率) 7.7%~18.0%
利用限度額 最大300万円
審査時間 最短即日
返済方式 定率リボルビング方式
返済方法 インターネット返済
店頭窓口
アコムATM
提携ATM
お振込
口座振替
EnetATM
評価 [rate3.5] 3.5

アコムはアイフルと同様に、TVCMなどでおなじみの知名度の高い消費者金融です。

三菱UFJファイナンシャルグループの消費者金融ということもあり、比較的安心して利用できると感じている人も多いようです。

アコムでは通常のカードローンの他、おまとめ目的の「借換え専用ローン」のサービスも提供しています。

利用限度額は300万円までなので、他社と比較し借入できる金額は小さいですが、審査スピードがはやい点や返済方法の種類が豊富な点などメリットは多いです。

「少しでも安心できる消費者金融を利用したい」「審査時間は短い方がよい」などと考えているならアコムの申込を検討してみてください!

アコムの公式HPはこちら

RANK愛媛銀行(ひめぎんおまとめローン)

愛媛銀行
サービス名 ひめぎんおまとめローン
金利(実質年率) 5.8%~14.5%
利用限度額 最大500万円
審査時間 最短翌営業日
返済方式 残高スライド方式
返済方法 愛媛銀行ATM
セブン銀行ATM
イーネット
評価 [rate3.5] 3.5

愛媛銀行の「ひめぎんおまとめローン」もおまとめ目的の利用に最適です。複数社からの借入をひめぎんローンで一本化すれば、支払を簡素化できます。

銀行カードローンということで審査は比較的厳しめですが、金利は年5.8%~年14.5%と低めの設定です。

PCや店頭での申し込みに対応しているため、自身の利用しやすい方法で手続きしましょう。

愛媛銀行の公式HPはこちら

RANKauじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行
サービス名 auじぶん銀行カードローン
金利(実質年率) 1.7%~12.5%
利用限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
返済方式 不明
返済方法 提携先ATM
auじぶん銀行の円普通預金口座から自動引き落とし
評価 [rate3.0] 3.0

おまとめローンのおすすめ第9位は「auじぶん銀行カードローン」です。ちなみに、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して生まれたネット銀行がauじぶん銀行です。

金利は年1.7%~年12.5%となっており、利用しやすいのが魅力です。特に他のカードローンと比較しても低めの設定だといえます。

少しでも金利の低いおまとめローンを探しているという場合は、押さえておきたいところです。ただし、銀行カードローンなので審査難易度は低くありません。

auユーザーは記事執筆時点で、最大年0.5%の金利優遇を受けられます。auを利用している場合は、ぜひ申し込みを検討してみてください!

auじぶん銀行の公式HPはこちら

RANK千葉銀行(ちばぎんフリーローン)

千葉銀行
サービス名 ちばぎんフリーローン
金利(実質年率) 1.7%~14.8%
利用限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング
返済方法 口座自動引き落とし
ATM
評価 [rate3.0] 3.0

おまとめローンのおすすめランキング第10位は千葉銀行の「ちばぎんフリーローン」です。

千葉銀行ではおまとめ専用のサービスを提供していませんが、使い道自由なちばぎんフリーローンはおまとめ利用も可能です。

金利幅は年1.7%~年14.8%となっており、消費者金融と比べて利用しやすいといえます。

利用限度額は最大800万円までとなっており、高額融資を受けたいと考えている場合にも便利です。

千葉銀行の公式HPはこちら

カードローンのおまとめなら東京スター銀行が最もおすすめ!

東京スター銀行
東京スター銀行をおすすめする理由
  • 利用額に関係なく金利は年12.5%!
  • 利用限度額は最大1,000万円!
  • 来店不要でWeb上から申し込みできる!
  • 年収200万円以上なら契約社員や派遣社員でも利用できる!

数あるカードローンの中でもおまとめ利用を検討しているなら、東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」を最もおすすめします!

その具体的な理由は上にまとめた4点です。まずは、利用額に関係なく金利は年12.5%と低めなのが魅力です。

上限金利・下限金利共に、同じ年12.5%で利用できるおまとめカードローンは他にありません。特に小口の借入を検討しているならおすすめです。

そして他の銀行カードローンと比較し、利用限度額が最大1,000万円と大きい点もメリットです。なお申し込みはWeb上で完結できるため来店の必要はありません。

利用条件に関しても、スターワン乗り換えローンはより柔軟に設定されています。例えば前年度の年収が税込200万円を越えていれば、契約社員や派遣社員でも融資を受けられます。

金利や利用限度額、申し込み方法などの使いやすさは、スターワン乗り換えローンのだけのメリットです。

他社からの返済をまとめたいと考えているなら、ぜひ東京スター銀行のスターワン乗り換えローンを利用しましょう!

東京スター銀行の公式HPはこちら

借金を1つにまとめるおまとめカードローンの3つのメリット!

漠然とおまとめローンについて理解していても、実際どのような利点があるのかよくわからないと感じていませんか?

そこで、おまとめローンを利用することで得られる具体的なメリットを次から解説します。特に上にまとめた3点がポイントです。ぜひ参考にしてください!

①:金利を減らせる可能性がある!

借入額 利息制限法の上限金利
10万円未満の借金 年20.0%まで
10万円以上100万円未満の借金 年18.0%まで
100万円以上の借金 年15.0%まで

おまとめローン1つ目のメリットは、金利を減らせる可能性があるということです。

金銭の貸し借りにおいては、債務者保護の目的のため利息制限法が存在します。そのため、借入額に応じた上限金利が設定されているのです。

上の表を見てもらうとわかりますが、借金の額が大きくなれば、その分上限金利は下がる仕組みです。

例えば現在金利18%で複数社から借りている場合、おまとめローンの金利15%の条件に当てはまれば、その分利息は軽減されます。

金利が下がれば結果的に総支払額も減るため、おまとめローンを利用する価値は大きいです!

②:多重債務状態を解消できる!

ローン

多重債務とは複数の金融機関からお金を借りている状態のことです。

この多重債務だからといって、すぐにブラックリストに登録されるというわけではありませんが、金融機関によってはローンの申込に悪影響を与えるケースもあります。

というのも、金融機関はその人物の信用情報を元に融資を行うかどうかを決定するためです。複数社からの借入があると、返済能力は大丈夫なのかと疑問を持たれてしまいます。

おまとめローンを利用すれば、1社のみから借りている状態に整理できます。そのため、今後のローンの申込にも有利に働く可能性が高いです。

③:返済日を1回にできる!

例.カードローンの支払い日
  • A社:毎月1日
  • B社:毎月10日
  • C社:毎月25日

おまとめローンなら返済日を1回にできる点もメリットです。複数の金融機関でカードローンを利用していると、上の表のように返済日が異なる場合があります。

すると例えば、ひと月に何度もATMに出向き振込まなければいけなかったり、振込手数料がかさんだりなどの問題が生じます。

おまとめローンを利用すれば返済は1日だけで済むため、手間も費用の負担も軽減できます。また、一社だけの支払いとなるため返済の管理がしやすい点もメリットです。

カードローンのおまとめで知っておくべき3つのデメリット!

返済を一本化できる便利なおまとめローンですが、実はデメリットもあるので注意してください。ここでは上記3つのデメリットについて具体的に解説します。

①:金利が下がらない場合もある!

金利

おまとめカードローンを利用しても金利が下がらないケースもあります。おまとめカードローンを利用する上で大切なのは、今よりも金利が下がるかどうかです。

例えば3社からの借入があり、その加重平均金利が年13.0%の場合、金利が年15.0%のおまとめローンを利用しても意味がありません。

金利を抑えられ、返済総額も少なくなってこそのおまとめローンです。その点注意しましょう。

ちなみに加重平均金利は「他社から借入ている年間利息の合計÷他社からの借入額の合計」で計算できます。

②:自由に追加融資を受けられない!

ng

自由に追加融資を受けられない点もおまとめカードローンのデメリットです。

というのも、おまとめカードローンは返済に特化したサービスであるため、基本的に追加融資は受けられません。

そこが通常のカードローンと比較した際の欠点です。おまとめカードローンのご利用後、再び融資を受けたいときは別の消費者金融や銀行カードローンに申し込む必要があります。

ただし、情報機関におまとめカードローンを利用した記録が残るため、新規で申し込んでも審査で落ちてしまう可能性は低くありません。

③:通常のカードローンと比べ審査が厳しい!

審査で重要視されるポイント
  1. 今までの返済状況
  2. 勤続年数
  3. 現在の借入額
  4. 多重申込

おまとめカードローンは通常のカードローンと比べ審査が厳しい点もデメリットです。複数社から借りている点や、金額が大きくなりやすい点がその理由です。

通常おまとめカードローンを利用するのは、3社からの借入がある人です。それ以上だと返済能力に疑いの目を向けられてしまう可能性があります。

また、おまとめカードローンでは借入額が100万円を越えるケースが多いです。少額ならまだしも、金額が大きくなるとお金を貸す側の条件も厳しくなります。

おまとめカードローンの申込前に、上にまとめた審査で重要視されるポイントを確認しておきましょう。

カードローンのおまとめで気になる5つのFAQを紹介!

ここからはカードローンのおまとめに関するよく質問にお答えします。特によくある内容を紹介しているのでぜひ参考にしてください!

①:イオン銀行のカードローンはおまとめ利用できる?

はい。イオン銀行のイオンアシストプランはおまとめ利用できます。利用限度額は最大700万円まで、金利は年3.8%~年13.5%の範囲です。

②:西兵庫信用金庫のカードローンはおまとめ利用できる?

はい。西兵庫信用金庫のしんきんフリーローンはおまとめ利用できます。利用限度額は最大500万円まで、金利は年5.8%~年14.8%の範囲です。

③:オリックス銀行のカードローンはおまとめ利用できる?

はい。オリックス銀行のカードローンはおまとめ利用できます。利用限度額は最大800万円まで、金利は年1.7%~年17.8%の範囲です。

④:みずほ銀行のカードローンはおまとめ利用できる?

はい。みずほ銀行のカードローンはおまとめ利用できます。利用限度額は最大800万円まで、金利は年2.0%から年14.0%の範囲です。

⑤:するが銀行のカードローンはおまとめ利用できる?

はい。するが銀行のカードローンはおまとめ利用できます。利用限度額は最大800万円まで、金利は年3.9%から年14.9%の範囲です。

カードローンのおまとめに関するまとめ!

今回のまとめ
  • おまとめカードローンなら返済を一本化し金利を抑えられる!
  • 上限金利と下限金利の低いおまとめカードローンが利用しやすい!
  • おまとめカードローンでおすすめはスターワン乗り換えローン!

今回はカードローンのおまとめについて解説してきました。複数の金融機関からの借金を一本化し、金利も抑えられるのがおまとめカードローンのメリットです。

毎月の支払いを抑え返済額を減らすためには、上限金利・下限金利の低いサービスを選びましょう。

今回のTOP10でもお伝えしましたが、最も利用しやすいのは東京スター銀行の「スターワン乗り換えローン」です。

現在カードローンのおまとめを検討しているなら、ぜひ申し込みを検討してみてください!

東京スター銀行の公式HPはこちら