カードローンの限度額の決まり方と1,000万円借りるための全知識!

この記事を読んでわかること
  • 1,000万円を借りるなら銀行カードローンがベストな理由がわかる!
  • 借入限度額の3つの決まり方がわかる!
  • 1,000万円を借りるのに適したカードローンがわかる!

「新規事業の立ち上げで資金が必要…」「なんとしても1,000万円用意したい!」などの理由で、現在カードローンから1,000万円の借入を考えていませんか?

詳しくは本文で解説していますが、融資限度額1,000万円のカードローンは多くありません。選ぶなら限度額の大きい銀行カードローンを選びましょう。

今回は、借入限度額の決まる条件も解説します。また、1,000万円を借りるのに適したカードローンも紹介するので参考にしてください!

カードローンで1000万円借りる事はそもそも可能…?

カードローン 金融機関の種類 融資限度額
アイフル 消費者金融 最大800万円
プロミス 消費者金融 最大500万円
レイクALSA 消費者金融 最大500万円
りそな銀行カードローン 銀行カードローン 最大800万円
楽天銀行スーパーローン 銀行カードローン 最大800万円

カードローンの種類には消費者金融や銀行カードローンがありますが、融資限度額1,000万円を設定しているところはほとんどありません。

上の表では、代表的な消費者金融と銀行カードローンの融資限度額を紹介しています。見てわかるように最大800万円のところが多く、融資限度額1,000万円はありません。

全くないのかというとそうではないのですが、消費者金融で1,000万円の融資を受けるのは厳しいと考えてください。銀行カードローンの中には利用できる場合もあります。

後ほど紹介するので参考にしてください。なぜ、融資限度額1,000万円のところは少ないのか、その理由の1つは、そこまで高額な融資を受けたいと考える人が少ないからです。

こちらの2019年度全国銀行協会の資料を見ると、501万円以上の総借入残高がある割合は、全体のわずか5.1%(※銀行カードローンの場合)しかありません。

カードローンの借入限度額の3つの決まり方を紹介!

融資限度額1,000万円のカードローンを申し込めば、必ず1,000万円の融資を受けられるのかというとそうではありません。

カードローンには、借入限度額を決める条件があります。ここではその3つの内容を紹介するので見ていきましょう。

①:総量規制の条件から外れていないか?

カードローンの種類 対象となる法律 総量規制
銀行カードローン 銀行法
消費者金融 貸金業法

カードローンの借入限度額を決める1つ目のポイントは「総量規制」です。総量規制とは「年収の3分の1を超える借入はできない」という決まりです。

貸金業法が適用される消費者金融で設けられている法律です。つまり、あなたの年収が300万円なら100万円までは借入できます。

1,000万円の借入を希望するなら、3,000万円を越える年収が必要ということです。

総量規制の条件については、煩わしく感じるかもしれませんが「借り過ぎて返済できない…」という状態を防ぐために設けられているものです。

ここまでの話を聞くと、銀行カードローンの方が使いやすそうに感じるかもしれません。ですが、その分消費者金融と比べて銀行カードローンには厳しい審査が設けられています。

審査の難易度を考えると、消費者金融の方がより柔軟です。総量規制の詳細については、下記の金融庁のコメントも参考にしてください。

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

②:他社からの借入状況や信用情報に問題はないか?

金融事故 CIC
(株式会社シー・アイ・シー)
JICC
(株式会社日本信用情報機構)
JBA
(全国銀行個人信用情報センター)
61日以上延滞 5年 1年 5年
3ヶ月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 不明 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 不明 5年 5年

他社からの借入状況も、借入限度額を決める上での重要なポイントです。例えば過去に返済遅れや滞納があると、カードローン会社からの印象は悪くなります。

そうなると、借入限度額が下がるだけでなく、そもそも審査通過も難しくなってしまいます。過去のカードローンの信用情報は、一定期間信用情報機関に履歴が残ってしまうため注意してください。

日本には3つの信用情報機関があり、金融事故の内容によっては10年間も記録が残ってしまいます。

今後、利用中のカードローン会社で増額審査を受けるときがくるかもしれません。そのとき審査にスムーズに通過するためにも、普段から返済期日は守り、誠意を持って返済に努めましょう。

③:職業や勤続年数に問題はないか?

借入限度額の決定に勤続年数が重要な理由
  • 継続的に安定した収入が望める!
  • 新入社員と比較し長期間勤めている人の方が収入が多い傾向にある!
  • 長期間勤めている人は責任感があり踏み倒しのリスクが低いと判断される!

意外に感じるかもしれませんが、借入限度額の決定には職業や勤続年数も関係します。特に勤続年数は注目されるポイントです。勤続年数が長い人は、継続的に安定した収入が見込めます。

また、新入社員と比較し給料が多い傾向にあるため、希望の借入限度額が通りやすいともいえます。ちなみに、長期間勤めている人だと「責任感のある人」だと思われがちです。

そのため、踏み倒しのリスクが低いと判断されます。これも借入限度額の上がりやすい理由です。なお、弁護士や医者など、社会的に信用されている職業だとより希望の限度額を得やすいです。

フリーターや短期アルバイトだと社会的信用は低いため、審査に通っても希望の限度額を望めない場合もあります。

カードローンの増額申請を通過するための3つのコツを紹介!

「利用限度額を増やしたい!」そのようなとき行うのが「増額申請」です。増額申請にも契約時と同じく厳しい審査が設けられています。

ここでは増額申請をパスするための3つのコツを紹介するので見てみましょう!

①:頑張って年収を増やす!

総量規制

カードローンの中でも消費者金融には「総量規制」の条件が設けられています。そのため、利用限度額を増やしたいなら自身の年収を増やす努力をしましょう!

総量規制では、年収の3分の1を超える借入は禁止されています。そのため、収入を増せば総量規制の枠も大きくなり、より高額な融資も受けやすくなります。

係長・課長・部長と昇進を目指すのもよいですし、専門知識を身に着けるために資格を取得するのも有効です。これまで以上に業務量の増えることが予想されますが、一方で収入も増えることが予測できます。

収入が増加すれば、その分増額審査にも通りやすくなります!

②:遅延や滞納はしない!

増額審査に通過するには、これまでの返済実績が重要となります。そのため、遅延や滞納はしないよう注意しましょう!

返済期日までに返済しないと、カードローン会社のあたなに対する信用は下がります。すると、増額審査の通過は難しいです。

これは消費者金融・銀行カードローン問わず、どのカードローンでもいえることです。カードローンの利用では、得に信用が重要なので、誠意を持って返済しましょう。

また、滞納などの金融事故を起こすと信用情報機関に記録が残ってしまうため、今後の住宅ローンやクレジットカードの新規作成においても、審査通過は難しくなってしまいます。

③:他社からの借入件数を減らす!

増額審査に通過するには、他社からの借入件数を減らすことも重要です。具体的に「○件減らせばよい」とはいえませんが、理想は他社からの借入は「0件」が望ましいです。

他社からの借入が多いと、支払いが上手くいっていない人だと思われてしまいます。それだとネガティブな印象を与えてしまうため、審査で落ちてしまうリスクが高くなるということです。

「ローンの支払いが行き詰っている…」そのような人にお金を貸しても、返済してもらえない恐れがあるので当然です。利用限度額を増やしたいと思うなら、借入件数に注意しましょう!

借入限度額1,000万円の銀行カードローンを5つ紹介!

金利(実質年率) 利用限度額 審査時間 即日融資
伊予銀行 SAFETY
伊予銀行 SAFETY

年2.0%~年14.5% 最大1,000万円 最短翌営業日以降 不可
福岡銀行カードローン
福岡銀行
年3.0%~年14.5% 最大1,000万円
(※10万円単位)
最短5日~7日 不可
横浜銀行カードローン
横浜銀行
年1.5%~年14.6% 最大1,000万円 最短数日程度 不可
PayPay銀行カードローン

paypay
年1.59%~年18.0% 最大1,000万円 最短翌日以降 不可
京都銀行カードローン
京都銀行カードローン
年1.9%~年14.5% 最大1,000万円 最短翌営業日以降 不可

ここでは、借入限度額が1,000万円までの「銀行カードローン」を5社紹介します。アイフルやプロミスなどの大手消費者金融とは異なり、どれもはじめて耳にするカードローンかもしれません。

1つずつ詳細にお伝えするので確認してください!

オススメ伊予銀行 SAFETY

会社名 株式会社伊予銀行
サービス名 伊予銀行 SAFETY
金利(実質年率) 年2.0%~年14.5%
融資限度額 最大1,000万円
審査難易度 厳しめ
審査時間 最短翌営業日以降
即日融資 不可
無利息期間 なし
利用可能エリア 伊予銀行の支店のある東京都・愛知県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・大分県に居住している方

「伊予銀行 SAFETY」は、借入限度額1,000万円のおすすめカードローンです。金利は年2.0%~年14.5%となっており、今回紹介した中でも特に利用しやすいのが魅力です。

カードローンの利用にあたり、伊予銀行の口座を持っている必要はありません。口座開設不要でスムーズに借入できる点もメリットです。

契約後ローンカードが自宅に届きますが、その前に振込キャッシングも利用できます。そのためお急ぎの場合でも安心です。

ただし、銀行カードローンなので審査のハードルは高く、即日融資には対応していません。その点は注意してください。


伊予銀行 SAFETYの公式HPを見る

オススメ福岡銀行カードローン

会社名 株式会社福岡銀行
サービス名 福岡銀行カードローン
金利(実質年率) 年3.0%~年14.5%
融資限度額 最大1,000万円
(※10万円単位)
審査難易度 厳しめ
審査時間 最短5日~7日
即日融資 不可
無利息期間 なし
利用可能エリア 勤務先が九州・山口県、もしくは福岡銀行の普通預金口座を持っている方

「福岡銀行カードローン」も、借入限度額1,000万円のおすすめカードローンです。九州の個人向けローンでは、シェアナンバーワンの銀行カードローンなので、人気があります。

人気の主な理由は、他社銀行カードローンよりも低い金利です。ジャパンネット銀行カードローンのように、上限金利年18.0%のとこもろもある中、福岡銀行カードローンの上限金利は年14.5%です。

1,000万円借りたときの具体的な金利は明らかにしていませんが、当然上限金利を超えることはありません。

カードローンを利用するためには、福岡銀行の口座があることが条件なので、お持ちの場合はぜひ申し込みを検討してください!


福岡銀行カードローンの公式HPを見る

オススメ横浜銀行カードローン

横浜銀行
会社名 株式会社横浜銀行
サービス名 横浜銀行カードローン
金利(実質年率) 年1.5%~年14.6%
融資限度額 最大1,000万円
審査難易度 厳しめ
審査時間 最短数日程度
即日融資 不可
無利息期間 なし
利用可能エリア 勤務先もしくは居住地が神奈川県・東京都・群馬県(前橋市・高崎市・桐生市)の方

「横浜銀行カードローン」も、借入限度額が最大1,000万円のおすすめ銀行カードローンです。上限金利も年14.6%となっており利用しやすくなっています。

即日融資には対応していませんが、契約手続き終了後ならローンカードが自宅に届く前にオンラインでのキャッシングが受けられます。

なお、借入や返済手続きをする際、横浜銀行ATMや提携ATMなら手数料無料です。また、専用アプリがあるため、利用状況をいつでも確認できるのがメリットです。

ただし、東京・神奈川・群馬に住んでいる人しか申し込みできません。また、利用するには横浜銀行の口座を持っている必要があります。デメリットも理解の上、申し込みを検討しましょう!


横浜銀行カードローンの公式HPを見る

オススメPayPay銀行カードローン

PayPay
会社名 PayPay銀行株式会社
サービス名 PayPay銀行カードローン
金利(実質年率) 年1.59%~年18.0%
融資限度額 最大1,000万円
審査難易度 厳しめ
審査時間 最短翌日以降
即日融資 不可
無利息期間 なし
利用可能エリア 全国

ネット銀行の「PayPay銀行カードローン」も、利用限度額1,000万円のおすすめカードローンです。

上限金利は年18.0%と高めの設定ですが、その分借入は最短翌日からとなっており他社と比較しはやい印象です。そのため、お急ぎの場合におすすめです。

他社の銀行カードローンと比べて金利は高めですが、スムーズな借入を希望するなら利用してみてください!


PayPay銀行カードローンの公式HPを見る

オススメ京都銀行カードローン

京都銀行カードローン
会社名 株式会社京都銀行
サービス名 京都銀行カードローン
金利(実質年率) 年1.9%~年14.5%
融資限度額 最大1,000万円
審査難易度 厳しめ
審査時間 最短翌営業日以降
即日融資 不可
無利息期間 なし
利用可能エリア 京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県・愛知県に居住の方

「京都銀行カードローン」も、利用限度額1,000万円のカードローンです。今回紹介してきた銀行カードローンの中でも、金利の低いのが魅力です。

ただし、インターネットでの申し込みの場合「京都・大阪・滋賀・兵庫・奈良」の地域からしか申し込みできません。他の地域に住んでいる場合は、京都銀行の支店に出向けば申し込みできます。

また、年に2回自宅宛てに利用明細書が送られてくるので、カードローンの利用が周りにバレるリスクがあります。

金利の面ではメリットですが、その他のデメリットもあるため、申し込む際は注意してください。


京都銀行カードローンの公式HPを見る

借入限度額1,000万円のおすすめ銀行カードローンは伊予銀行 SAFETY!

伊予銀行 SAFETY
借入限度額を決定するのに勤続年数が重要な理由
  • 利用可能地域は全国13都道府県!
  • 口座開設不要で利用可能!
  • 申し込みから契約手続きまでWebで完結!

借入限度額1,000万円のおすすめ銀行カードローンは「伊予銀行 SAFETY」です。その理由は上で紹介している3つです。

まず、利用可能地域が全国13都道府県のため誰でも利用しやすいことが挙げられます。伊予銀行の支店のある地域なら申込可能です。

すでに紹介した福岡銀行カードローンや、横浜銀行カードローンは金利の面では魅力的ですが、利用場所が限られているのがネックです。

なお、伊予銀行 SAFETYは伊予銀行の口座が無くても申し込みできます。銀行カードローンの中には、利用する銀行の口座がないと申し込みできないケースも少なくありません。

伊予銀行 SAFETYは、口座開設不要でWeb上から簡単に申し込みできる便利なカードローンです。当然、金利も魅力的です。

1,000万円の高額融資を検討しているなら、金利面・サービス面で使いやすい伊予銀行 SAFETYをおすすめします!


伊予銀行 SAFETYの公式HPを見る

カードローン以外で1000万円借りるための3つの方法

1,000万円の高額融資はカードローン以外でも受けられます。ここでは、その3つの方法を紹介するので見てみましょう!

①:不動産担保ローンを利用する!

不動産担保ローン 無担保ローン
金利(実質年率) 年0.63%~年8%前後 年4%~年15%前後
借入限度額 最大1億円程度 最大1,000万円程度
返済期間 最長25~35年程度 最長10~15年程度
(※ローンの種類による)

カードローン以外で1,000万円を借りる1つ目の方法は「不動産担保ローン」を利用することです。不動産担保ローンは、不動産を担保にしてお金を借ります。

無担保ローンと比較し、低金利そして高額融資を受けられるのが魅力です。具体的な違いは上の表を参考にしてください。金利の上限も、借入限度額も大きく異なります。

ただし、不動産担保ローンにも注意点があります。それは返済できない場合、不動産を失うリスクがあるということです。この点は十分理解しておきましょう。

デメリットの大きさを考え、それでも問題ないようであれば申し込みを検討してください。

②:日本政策金融公庫を利用する!

日本政策金融公庫の特徴
  1. 金利が低い!
  2. 無担保・無保証で利用できる!
  3. 創業者でも比較的借りやすい!

1,000万円の事業資金の借入を検討している場合は「日本政策金融公庫」の利用も検討しましょう。日本政策金融公庫は、政府が100%出資する金融機関です。

日本政策金融公庫の主な特徴は、民間の金融機関よりも低金利(※年2.41~年2.80%程度)で利用できること、また、比較的創業者でも借りやすいことです。

新創業融資制度を利用すれば、無担保・無保証で利用できます。このような魅力が日本政策金融公庫のメリットです。

ただし、審査時間が長く(※1ヶ月程度)、中小企業の場合繰り上げ返済ができないなどの注意点もあります。

③:クラウドファンディングを利用する!

1,000万円を用意するには「クラウドファンディング」の利用も効果的です。クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の人に資金提供を呼び掛ける、資金調達手段です。

クラウドファンディングを利用すれば、個人でも出資金を得られます。事業などで新プロジェクトの立ち上げを検討しているならおすすめの方法です。

ただし、出資者が少ないと当然目標金額は用意できません。デメリットもありますが、金融機関だと将来性が不確かな新事業にはなかなかお金を出してくれません。

その点、クラウドファンディングなら支援者の賛同を得られれば資金の調達は可能なので、ぜひ前向きに利用してみましょう!

まとめ

この記事のまとめ
  • 1,000万円を借りるなら銀行カードローンを選ぶ!
  • 借入限度額を決める条件がある!
  • 1,000万円の借入なら伊予銀行 SAFETYがおすすめ!

今回は、カードローンで1,000万円を借りる方法についてお伝えしてきました。お伝えしたように、融資限度額1,000万円のカードローンは多くありません。

消費者金融では厳しいので、銀行カードローンを選びましょう。

なお、融資限度額が1,000万円でも、借入限度額のルールがあるため、必ず希望の金額まで借りれるわけではない、ということも覚えておいてください。

1,000万円の借入を希望するなら、銀行カードローンの「伊予銀行 SAFETY」が、金利・サービスともにおすすめです。ぜひ申し込みを検討してみてください!


借入限度額1,000万円のカードローンを再びチェック!