カードローンの上限金利の仕組みとおすすめのカードローンを紹介!

この記事を読んでわかること
  • カードローンの上限金利が年20.0%の理由がわかる!
  • カードローンの利息を抑えるのに効果的な方法がわかる!
  • 上限金利の利用しやすいおすすめカードローンがわかる!

「カードローンの上限金利ってどのくらいなの?」そのような疑問もあると思います。今回は、カードローンを利用する上で知っておきたい金利の決まる仕組みを解説します。

ちなみに、カードローンの上限金利は年20.0%です。これ以上の金利を設定されることはありません。その理由は記事内で解説しているので読んでみてください。

なお、今回は利息を抑えるのに効果的な方法と、上限金利の利用しやすいおすすめカードローンも紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

カードローンの上限金利は最大年20%の理由を解説!

借入金額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上 100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

カードローンの上限金利は最大「年20.0%」です。これは「利息制限法」で決まっています。利息制限法とは、金銭の貸し借りを行う上で、利息の上限を定めた法律です。

借入金額(元本)によって適用される金利は異なります。100万円以上は「年15.0%」10万円以上100万円未満なら「年18.0%」10万円未満で「年20.0%」です。

つまり、借入金額が小さいほど適用される金利は高くなり、借入金額が大きいほど低くなることを覚えておきましょう。利息制限法に不満を感じる人も少なくありません。

ですが、貸主による暴利や搾取から債務者を守るためにつくられた法律なので仕方ありません。

カードローンを選ぶときは、この上限金利の値を参考にすると、金利の利用しやすいサービスを見つけられます。利息制限法については、下の内容も参考にしてください。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

借入額5万円・10万円・100万円の上限金利を紹介!

借入金額 上限金利
5万円 年20.0%
10万円 年18.0%
100万円 年15.0%

借入金額「5万円」「10万円」「100万円」それぞれの上限金利は表の通りです。カードローンでは「利息制限法」が適用されるため、上限金利を超える金利は設定されません。

これは消費者金融だけでなく、銀行カードローンでも同じです。つまり、5万円なら「年20.0%まで」10万円なら「年18.0%まで」100万円なら「年15.0%まで」です。

各カードローン会社は、利息制限法をベースに上限金利を設定しています。例えば消費者金融プロミスなら年17.8%、銀行カードローンのバンクイックなら年14.6%が上限金利です。

一般的に上限金利は消費者金融よりも銀行カードローンの方が利用しやすい傾向にあります。(※そのかわり銀行カードローンは審査難易度が高い!)

カードローンの利息を抑える3つの方法!

ここでは利息を抑える方法を3つお伝えします。特に「無利息期間の活用」や「繰り上げ返済」は効果的なので覚えておきましょう。次から1つずつ解説します。

①:無利息期間を活用する!

カードローン 無利息期間
アイフル 30日間
プロミス 30日間
レイクALSA 60日間 or 180日間
アコム 30日間

カードローンの利息を抑えるなら「無利息期間」を活用しましょう。無利息期間とは利息の発生しない期間です。大手消費者金融で、新規契約者を対象に実施されています。

各社で設定している無利息期間は上の表を見てください。最低でも「30日間」ですが、レイクALSAについては「60日間」もしくは「180日間」も可能です。

カードローンの利息は借入期間が長いほど負担が大きくなります。そのため、無利息期間中にできるだけ返済しておけば、利息の負担を軽減できます。上手に活用しましょう。

なお、無利息期間は銀行カードローンや中小消費者金融では行われていません。利用したい場合は、アイフルやプロミスなどの大手消費者金融を選びましょう。

②:余裕のあるときは繰り上げ返済をする!

借入金額 金利(実質年率) 毎月の返済額 返済回数 利息 返済総額
5万円 年20.0% 4,000円 15回 6,529円 56,529円
年20.0% 5,000円 12回 5,146円 55,146円
年20.0% 10,000円 6回 2,654円 52,654円

余裕のあるときは「繰り上げ返済」もおすすめです。利息を抑える効果があります。繰り上げ返済とは、通常の約定返済とは異なり、利用者のタイミングで返済する方法です。

カードローンは、返済までの期間が長くなればその分利息は膨らみます。

そこで繰り上げ返済を行い、通常より多く返済しておけば返済期間はその分短くなります。その結果利息の負担も抑えられるわけです。

上の表では返済額ごとの利息と返済総額を紹介してます。見ると、毎月の返済額の大きい方が返済回数は少なく、また利息の負担も小さいです。

繰り上げ返済をすることで生活が苦しくなっては問題ですが、少しでも余裕のあるときは試してみてください!

③:できれば一括返済する!

返済期間 借入金額 金利(実質年率) 利息
7日間で返済 8万円 20.0% 8万円×20.0%×7日÷365日=306円
30日間で返済 8万円 20.0% 8万円×20.0%×30日÷365日=1,315円

「一括返済」も利息を抑えるのに効果的です。一括返済とは、そのままの意味ですが全額を一括で返済することです。

例えば8万円(年20.0%)を7日間と30日間それぞれで返済した場合、かかる利息は期間の短い方が負担は小さくなります。つまり、早期に一括返済してしまえば、その分利息は抑えられます。

なお、利息を求める計算式は「利息額=借入金額×実質年率×借入日数÷365日(※うる年は366)」です。実際に自分でもシミュレーションしてみましょう。

ただし、一括返済するときはある程度余裕のあるときにしてください。生活が苦しくなっては元も子もありません。

上限金利の利用しやすいカードローン5社を紹介!

審査難易度 金利(実質年率) 利用限度額 即日融資 無利息期間
アイフル
ファーストプレミアムカードローン
あいふるファーストプレミアム
年3.0%~年9.5% 100万~800万円 30日間
りそな銀行カードローン
りそな銀行
年3.5%~年13.5% 最大800万円
ソニー銀行カードローン
ソニー銀行
年2.5%~年13.8% 最大800万円
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行
年1.9%~年14.5% 最大800万円
プロミス
プロミス
年4.5%~年17.8% 最大500万円 30日間

ここでは、上限金利の利用しやすいおすすめ5社を紹介します。金利の面で有利なのは当然ですが、無利息期間などのサービス面も考慮しピックアップしています。

次から1つずつ紹介しているので見ていきましょう!

オススメアイフル ファーストプレミアムカードローン

あいふるファーストプレミアム
会社名 アイフル株式会社
サービス名 ファーストプレミアムカードローン
金利(実質年率) 年3.0%~年9.5%
融資限度額 100万~800万円
審査難易度
審査時間 最短30分
即日融資
無利息期間 契約日の翌日から30日間

上限金利の利用しやすいカードローンの1つ目は「ファーストプレミアムカードローン」です。CMや雑誌などでもおなじみの「アイフル」が提供しています。

通常、消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高い傾向にあるのですが、ファーストプレミアムカードローンだけは別です。

上限金利は「年9.5%」となっており、上限14.5%前後の銀行カードローンよりも使いやすいのが特徴です。

なお、30日間の無利息期間や、最短即日融資の対応など、金利以外のサービス面も使いやすいです。上限金利で選ぶなら、ぜひファーストプレミアムカードローンの申し込みを検討してみてください!


アイフルの公式HPを見る

オススメりそな銀行カードローン

りそな銀行
会社名 株式会社りそな銀行
サービス名 りそな銀行カードローン
金利(実質年率) 年3.5%~年13.5%
融資限度額 最大800万円
審査難易度
審査時間 1週間以内
即日融資
無利息期間

上限金利の使いやすいカードローンの2つ目は「りそな銀行カードローン」です。銀行カードローンの上限金利の相場が年14.5%前後なので、りそな銀行カードローンの年13.5%は使いやすいです。

なお、最大800万円の融資限度額も注目すべき点です。特に高額融資を検討しているなら、りそな銀行カードローンの申し込みを検討してみてください。

ただし、無利息期間や即日融資は利用できません。カードローンが利用できるまでは、一週間程度かかります。急ぎでないなら特に問題ありませんが、そうでないなら他社を検討しましょう。

なお、銀行カードローンなので審査難易度は高めです。以上のメリット・デメリットを理解した上で申し込みましょう。


りそな銀行カードローンの公式HPを見る

オススメソニー銀行カードローン

ソニー銀行
会社名 ソニー銀行株式会社
サービス名 ソニー銀行カードローン
金利(実質年率) 年2.5%~年13.8%
融資限度額 最大800万円
審査難易度
審査時間 最短で数営業日
即日融資
無利息期間

次に紹介するのは「ソニー銀行カードローン」です。こちらも上限金利は「年13.8%」のため、他のカードローンの上限金利と比べて利用しやすいのが魅力です。

融資限度額も最大800万円のため、高額融資を利用したい場合でも安心して利用できます。ただし、銀行カードローンなので、消費者金融と比べて審査難易度は高いことは覚えておいてください。

他にも即日融資を利用できないなどの注意点もあります。ですが、安定した収入があれば学生でも利用できるのがソニー銀行カードローンです。

また、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申し込みできます。ぜひ、前向きに申し込みを検討してみてください。


ソニー銀行カードローンの公式HPを見る

オススメ楽天銀行スーパーローン

楽天銀行
会社名 楽天銀行株式会社
サービス名 楽天銀行スーパーローン
金利(実質年率) 年1.9%~年14.5%
融資限度額 最大800万円
審査難易度
審査時間 最短で数営業日
即日融資
無利息期間

「楽天銀行スーパーローン」も上限金利の使いやすいカードローンです。楽天銀行カードローンは、ネット銀行の1つ楽天銀行の提供する商品です。

金利は「年1.9%~年14.5%」の範囲です。申込みから借入までオンライン上で行えるため、店舗に出向く必要はありません。「Web完結」がメリットです。

なお、楽天銀行の口座が無くても利用できます。他の銀行カードローンでは、利用する銀行の口座が必要なケースも珍しくありません。その点、楽天銀行スーパーローンは融通が利きます。

使いやすい楽天銀行スーパーローンですが、銀行カードローンのため消費者金融と比べて審査は厳しめです。注意点も理解した上で申し込みましょう。


楽天銀行スーパーローンの公式HPを見る

オススメプロミス

プロミス
会社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
サービス名 プロミス フリーキャッシング
金利(実質年率) 年4.5%~年17.8%
融資限度額 最大500万円
審査難易度
審査時間 最短30分
即日融資
無利息期間 借入日の翌日から30日間

消費者金融の「プロミス」も、上限金利の有利なカードローンです。アイフルと同様にテレビCMで見かけることも多い消費者金融なので、すでに名前は聞いたことがあると思います。

プロミスの上限金利は「年17.8%」です。消費者金融の上限金利は年18.0%がほとんどのため、それを考えると利用しやすいのが魅力です。

なお、プロミスでは30日間の無利息サービスや、最短即日融資を利用できます。銀行カードローンと比べると上限金利は高めですが、その分充実したサービスはメリットです。

なお、融資限度額は最大500万円なので、高額融資を考えているならその点は注意してください。


プロミスの公式HPを見る

上限金利でカードローンを選ぶならアイフルのファーストプレミアムカードローンをおすすめする理由!

あいふるファーストプレミアム
ファーストプレミアムカードローンの魅力
  1. 年9.5%の上限金利が魅力!
  2. 30日間の無利息期間が利用できる!
  3. 在籍確認や郵送物でカードローンの利用が周りにバレない!

上限金利の最もお得なカードローンは、アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」です。上限金利「年9.5%」は、他の消費者金融および銀行カードローンと比較しても断然有利です!

金利が低く抑えられているということは、それだけ利息の負担も軽くなります。また、ファーストプレミアムカードローンの魅力は金利だけではありません。

はじめてアイフルを利用する人が対象ですが、30日間の「無利息期間」を利用できます。期間中にできるだけ返済しておけば、結果的に利息は抑えられます。

なお、無利息期間中に全額返済すれば、利息の負担なしで融資を受けるのも可能です。ぜひ、上手に活用しましょう!

また、アイフルはカードローンの利用が周りにバレにくいのもメリットです。審査時の勤め先への在籍確認は、書類で行われます。また、カードレスで申し込めば郵送物も発生しません。

金利とサービスの両方で使いやすい、アイフルのファーストプレミアムカードローンはおすすめです。ぜひ申し込みを検討してみてください!


アイフルの公式HPを見る

まとめ

この記事のまとめ
  • カードローンの上限金利は年20.0%!
  • 無利息期間を活用し利息を抑える!
  • 最も利用しやすいのはアイフルのファーストプレミアムカードローン!

今回はカードローンの上限金利についてお伝えしてきました。カードローンでは、利息制限法が適用されるため上限金利は「年20.0%」までです。超えることはありません。

なお、実際の上限金利は各カードローン会社で発表している設定を確認してください。ちなみに、利息を抑えるなら「無利息期間」を活用することです。

今回紹介した中で、上限金利・サービスともに最もおすすめなのはアイフルの「ファーストプレミアムカードローン」です。少しでも利息を抑えたいと考えるなら、ぜひ申し込みを検討してみてください!

もう一度上限金利の魅力的なカードローンを確認したい場合は、下のリンクから進んでください!


上限金利の魅力的なカードローン5社を再びチェック!