【自営業でもOK!】カードローンおすすめ10社をランキング形式で紹介!

この記事を読んでわかること
  • 自営業を営む場合におすすめなカードローン会社が分かる!
  • カードローン選びの4つのポイントが分かる。
  • 自営業と会社員との審査内容の違いが参考情報として確認できる。

カードローンは会社員だけでなく、自営業の方でも当然ながら利用できます。自営業を営む場合、多くの悩みは「審査が通るかどうか」というものです。

年収が300万円でろうきんの借金が50万円、クレジットカードのキャッシングも20万円。自営業でありながら他社借入があって、新しくカードローンを使って大丈夫なのかと心配になりますよね。

自営業の方がカードローンをする際に大切なのが、支払い能力と事業の健全性を示すことです!

この記事では、自営業でカードローン選びで大切な選び方やランキングをトータルにまとめています。

カードローンに対するモヤモヤした悩みを減らしていきましょう!

自営業でも申込みOKなおすすめカードローンランキングTOP10!

通常の銀行とネット銀行、消費者金融の中からおすすめするカードローンを10社紹介します。

紹介する際には、会社の知名度適用金利利用特典など考慮したうえで総合的に評価しています。

それでは一緒に確認していきましょう!、

RANKアイフル カードローン

内容
商品名 ファースプレミアムカードローン
会社知名度
特徴 大手消費者金融
区分 ネット系
利用者特典 初めての場合 最大30日間利息0円
金利 年3.0%〜9.5%

まず初めに紹介するのがアイフルのカードローンです。

アイフルカードローンは東証一部上場会社であり、広告も数多くなされており知名度は非常に高いものとなっています。

また、アイフルは大手消費者金融に分類されます。自営業を営む場合でも、定期的な収入があれば申込みができます。

最大金利が9.5%という点と、初めての場合限定となりますが利息が30日間無料となる点がポイントとなります!

「アイフルでは、申し込み条件を満たす方であれば、自営業・フリーランスとして働く方でもお申込みが可能です」と明記されており安心して申し込めます!

 

RANKauじぶん銀行カードローン

内容
商品名 auじぶん銀行カードローン
会社知名度
特徴 ネット銀行大手
区分 ネット系
利用者特典 au限定割(auユーザーなら0.5%優遇)
金利 年1.38%〜17.4%

auじぶん銀行カードローンは、auユーザーにはおすすめのカードローンです。

携帯電話メーカー大手の同系列であることから、知名度もあります

auユーザー限定で割引が用意されている点も特徴的です。

auじぶん銀行カードローンでは、誰でもコースと借り換えコースが用意されています。特に、借り換えコースの金利は09.8%〜12.5%となっており有利な金利が用意されています。

もしauユーザーであれば、有利な条件で使える可能性があるので候補にあげてもいかもしれませんね!

個人事業主で借入先が複数あって一本化したいと考える方も少なくはないため、借り換えを検討してみるのがおすすめです!

 

RANKレイクALISA カードローン

内容
商品名 レイクALISAカードローン
会社知名度
特徴 大手消費者金融
区分 ネット系
利用者特典 はじめての場合利息0円
金利 年12.0%〜18.0%

レイクALSAカードローンは新生銀行グループが運営するカードローンです。

公式サイトでも申し込み可能な職業として、自営業が明記されていますので安心です!

会社の知名度としても新生銀行グループであったり、広告も多くやっているため会社名は知られている方です。

レイクALISAカードローンは、金利が12.0%~18.0%であるため全体的に高く長期間利用する場合には利息的にはデメリットとなります。

しかしながら、金利に関する利用特典が2種類あります。

どっちがお得なのか早見表で確認できる丁寧さもありがたいところですね!

 

RANK住信SBI銀行カードローン

内容
商品名 住信SBI銀行カードローン
会社知名度
特徴 ネット銀行大手
区分 ネット系
利用者特典 金利優遇あり
金利 年1.59%〜14.79%

住信SBI銀行カードローンはネット系銀行大手です。会社知名度も非常にあり安心して利用できるカードローンです。

借入や返済も提携ATMで24時間365日利用できるので非常に便利です。

特典としても金利優遇の制度が用意されています。利用特典としては金利引き下げが用意されています。

  • ミライノカード(JCB)保有、引落口座に設定・・・年0.1% 引き下げ
  • SBI 証券口座を保有、またはSBI住宅ローン残高がある・・・年0.5%引き下げ
  • 上記を両方満たす場合・・・年0.6%下げ

SBI証券をはじめとするサービスを利用している場合には、お得にカードローンができる可能かもしれませんので確認してみてもいいかもしれませんね!

 

RANKアコム カードローン

内容
商品名 アコムカードローン
会社知名度
特徴 消費者金融大手
区分 ネット系
利用者特典 金利優遇あり
金利 年 3.0%〜18.0%

続いて紹介するのはアコムカードローンです。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの子会社であることから、三菱UFJグループ内という記載が載っています。

三菱UFJグループであるという点とCMでよく見聞きするという点で知名度は非常に高いと言えます。

ネット系なので利便性も高いのも特徴です。アコムは全国の店頭窓口やアコムATMやコンビニの提携のATMで利用できることから使い勝手が良くなっています。

利用者特典としては金利優遇があり、30日間金利0円サービスとなっています。

アコムの公式HPでは自営業者(個人事業主)であっても「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。」と明記されています!

 

RANK楽天銀行カードローン

内容
商品名 楽天銀行カードローン
会社知名度
特徴 ネット銀行大手
区分 ネット系
利用者特典 ポイント付与・審査優遇
金利 年1.9%~14.5%

次に紹介するのが楽天銀行カードローンです。

楽天銀行カードローンは楽天銀行や通販楽天の利用者もいることから会社の知名度は高いものとなっています。

また、金利も上限は高めですが下限は1.9%とカードローンの中では低いものとなっています。

優遇が2種類あるのも特徴。ポイント特典と楽天会員ランクによる審査優遇です。もし、自営業だから少し自信のがないと感じている場合でも試してみるのがいいですね!

もし、楽天証券を良く利用する場合には非常におすすめです!

 

RANKりそな銀行カードローン

内容
商品名 アコムカードローン
会社知名度
特徴 通常の店舗型
区分 ネット系
利用者特典 金利優遇あり
金利 年3.5%~13.5%

続いて紹介するのはりそな銀行カードローンです。
りそな銀行は大阪市に本社を置く都市銀行です。会社の知名度も高い方なので、安心してカードローンを利用することができます。

通常の銀行には珍しく、利用者特典も用意されています。住宅ローンや給与振込設定等の条件を満たしていればマイナス0.5%の金利特典が適用されます。

また、適用金利の上限値が13.5%である点も特徴です。

借入額が100万円未満の借り入れでも13.5%で済むのは比較的安い部類に入ります。

りそな銀行は、自営業を営んでいて、持家(住宅ローン)がある場合には検討してみてもいいかもしれませんね!

 

RANK三菱UFJ銀行カードローン

内容
商品名 バンクイック
会社知名度
特徴 大手銀行
区分 通常の店舗型
利用者特典
金利 年1.8%~14.6%

次に紹介するのは三菱UFJカードローン「バンクイック」です。

会社知名度としては、三菱UFJ銀行が行うことから非常に高いものとなっています。

金利特典等はありませんが、三菱UFJ銀行の口座を持っている場合には利用しやすい環境が整っています。

適用金利は高めなので、100万円や200万円程度の利用であれば短期間の利用とするのが理想です。

バンクイックは、通常の店舗型銀行の中では審査も早いほうなので早くお金を用意したい個人事業主におすすめです!

 

RANK三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

内容
商品名 三井住友銀行カードローン
会社知名度
特徴 大手銀行
区分 通常の店舗型
利用者特典
金利 年4.0%~14.5%

次に紹介するのは三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行が行うことから銀行の規模から見ても知名度は非常に高いものとなっています。

得体が知れない業者は避けたいのであれば、三井住友銀行カードローンを検討してみるのもいいですね!

金利特典等はありませんが、三井住友銀行の口座を持っている場合には利用しやすい環境が整っています。

適用金利は高めなので、長期間の利用はあまり想定しないほうがいいかもしれませんね!

 

RANKセブン銀行カードローン

内容
商品名 セブン銀行カードローン
会社知名度
特徴 ネット銀行
区分 ネット系
利用者特典
金利 年14%~15%

次に紹介するセブン銀行カードローンはセブン銀行のローンサービスの1つです。

コンビニのセブンイレブンで、借入返済ができることから利便性が非常に高いのが特徴です。

また、カードがなくてもアプリだけで借りれができる点も利便性のうちの1つです。

セブン銀行カードローンは、忙しくてあまり時間がとれない個人事業主にはおすすめできるカードローンです!

金利特典等はなく、最低金利も15%と高めとなっています。長期的な借り入れには注意が必要です。

 

自営業でカードローン選びに迷ったらアイフル カードローンがおすすめ!

出典:公式サイトより

内容
商品名 ファースプレミアムカードローン
会社知名度
特徴 大手消費者金融
区分 ネット系
利用者特典 初めての場合 最大30日間利息0円
金利 年3.0%〜9.5%

カードローン選びで迷ったらアイフルのカードローン「ファーストプレミアムカードローン」が一番おすすめです。

おすすめの理由は金利の低さと金利無料特典があるためです。

利用金額が100万円未満であったり、100万円を超えても200万円未満である場合には適用金利が高くなる傾向にあります。

基本的に金利の上限は15%~18%となるカードローンが多い状況ですが、ファーストプレミアムカードローンは9.5%と非常にお得になっています。

また、30日間利息0円となる特典もあるため超短期での利用でもおすすめできます。

会社も東証一部上場であるため、知名度や信頼もできる会社です。カードローン選びで迷ったら、ファーストプレミアムカードローンも検討してみてもいいかもしれませんね!

 

自営業でのカードローンの選び方4つのポイント

カードローン選びで自営業の方に意識してもらいたいポイントをまとめました。

全部で4つあります!どの内容も会社員よりも自営業を営む場合に注意してもらいたいものです。

それでは、一緒に具体例な内容を確認していきましょう。

POINTローン会社の信用力や知名度(闇金に注意)

闇金の特徴3つ
    1. 低金利などの極端な好条件で借入を促す(実質金利15.0%を借りていたところ、金利1.8%で貸しますなど)
    2. ダイレクトメールを利用している
    3. 実在業者の商号やロゴを不正使用して装う

出典:日本貸金業協会より

カードローン選びのポイント1点目はローン会社の信用力や知名度です。

信用力や知名度が大切な理由としては、あまり聞き慣れない会社ばかりを狙うと「闇金」を 選んでしまうかもしれないからです。

カードの申し込みを1度に何社にもするのは信用情報上はお勧めはできませんが、審査が甘そう、何となく通りやすそうという理由でマイナーな会社を狙ってしまわないようにしておきたいところです。

審査が甘いところはありませんので、甘い誘い文句に載ってしまわないよう聞いたことがある会社名か否かは一度確認しておきましょう!

なお、日本貸金業協会にはヤミ金(悪質業者)の検索もできるため併用しておきたいところです。

POINTカードローン会社の規模や特色を見て自分に合った物を選ぶ

3つの比軸まとめ
  • 会社の規模・・・主として大手、中小系に分かれる
  • 運営形態・・・銀行系、消費者金融系に分かれる
  • 特色・・・○○日間利息無料などの特典がある場合も

次に紹介するカードローン選びの2点目はカードローン会社の規模や特色です。

カードローン会社は、「大手と中小」、「銀行系や消費者金融系」など会社の規模や特色で内容が変わってきます。

消費者金融では、一般的に審査スピードが早いものの金利は高くなる傾向にあります。一方、銀行では審査スピードはやや遅く金利は若干低くなる傾向にあります。

また、大手では借入や返済をする際にコンビニATMや口座振替など便利な方法が用意されていたりします。

それぞれの特色とご自身の状況に応じて相性の良し悪しが分かれてくるため、カードローン会社選びの参考にしておきたいところです。

POINTネット銀行のカードローンを選ぶ

2つの比較軸
  • 通常の銀行・・・審査は総じて遅め、金利は総じて普通
  • ネット銀行・・・審査は総じて早め、金利は総じて低め
  • (参考)消費者金融・・・審査は総じて早め、金利は高め

カードローン選びのポイント3点目は「店舗型の銀行」かもしくは「ネット系の銀行」かの区分です。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行をはじめとする通常の支店店舗を構えている銀行は基本的に審査は少し遅く、金利は総額的には高くなる傾向にあります。

一方、楽天銀行や住信SBIネット銀行をはじめとするネット系の銀行は審査のスピードが総じて早く金利も若干低いという特徴があります。

カードローンを利用する時に、早くお金を用意したいかどうかなど個人のお金事情によって異なります。

店舗型の銀行カードローンを利用するかネット銀行のカードローンを利用するのかは、ご自身の状況をみつつ選ぶようにしましょう!

POINT利用特典の有無

特典の代表例
  • 一定期間金利が0円になる。
  • 同系列の証券会社口座がある場合には、金利が若干低くなる。
  • はじめての利用で同系列のショッピングポイントが付与される。

カードローン選びのポイント4点目は利用特典の有無についてです。

カードローンの中には、いくつかの特典を用意している場合があります。例えば、同系列の証券会社口座がある場合には金利が安くなったり、30日間利息ゼロ円などがあります。

カードローンを利用するからには特典を使った方が有利になる場合があります。もし、申し込もうと思っているカードローン会社の候補が2~3個ある場合には参考にしてみてもいいかもしれませんね!

自営業でも申込みOKなカードローン15社を4つの項目で比較

会社名 知名度 規模・特色 店舗系・ネット系 利用特典
三菱UFJ銀行カードローン 大手金融機関 通常銀行
三井住友銀行カードローン 大手金融機関 通常銀行
みずほ銀行カードローン 大手金融機関 通常銀行
横浜銀行カードローン 金融機関 通常銀行
りそな銀行カードローン 金融機関 通常銀行
住信SBI銀行カードローン ネット銀行大手 ネット系
楽天銀行カードローン ネット銀行大手 ネット系
auじぶん銀行カードローン ネット銀行大手 ネット系
新生銀行カードローン ネット銀行 ネット系
ジャパンネット銀行カードローン ネット銀行 ネット系
セブン銀行カードローン ネット銀行 ネット系
イオン銀行カードローン ネット銀行 ネット系
アイフル カードローン 大手消費者金融 ネット系
レイクALISA カードローン 大手消費者金融 ネット系
アコム カードローン 大手消費者金融 ネット系

自営業でも申込ができるカードローン会社を前述の4つのポイント15社分まとめました。

自営業を営む場合には、通常の銀行、ネット銀行、消費者金融など幅広く候補に入れたほうが審査に通る可能性が高くなります。

※短期間のうちに複数社に申込をしてしまうと申込ブラックというマイナス履歴が残ってしまうため注意しておきたいところです!

自営業がカードローンの審査時に提出する必要な3個の資料

カードローンの審査で必要になる資料をまとめました。

自営業を営む場合、提出が必要になる資料が主に3種類となります。

それでは、1つずつ確認していきましょう!

その1:本人確認書類

まず1つ目は、本人確認書類となります。本人確認書類は免許証やマイナンバーカードなどです。

本人確認書類は申し込み情報に誤りや虚偽がないかを確認するために必要となります。

その2:収入証明書など

次に、収入証明書書類です。自営業で収入証明書類は、確定申告書や納税証明書となります。

収入証明書類は、申込者の財産状態や支払い能力を評価する上で必要となります。

その3:自営業を証明する書類

次に自営業を営む場合に必要となってくる書類が自営業を証明する書類です。

証明する書類は具体的には、履歴事項証明書や定款などとなります。

これらの書類は、法務局などに正式に届け出がなされていることを確認するために必要となります。

届け出の実態がなく、架空の状態で借入をされると返済意志があるのか否かも怪しくなってきます。

カードローンの利用の際には、スムーズに提出できるように準備しておきましょう!

自営業と会社員ではカードローンの審査内容に違いはあるの?

区分 会社員 自営業
個人情報
世帯事情
会社成績
信用情報

(注)表中の記号の意味合いについて;◎>○>△>×の順番で必要性が高い

カードローンについて、一般的に言われている審査内容の違いをまとめました。

自営業と会社員とで比較できるように、相違点と参考として共通点に分けています。

ただし、各カードローン会社の審査内容については外部に明示されていないので参考程度に確認してみてくださいね!

審査内容 2つの相違点

自営業の審査ポイント

自営業の場合、世帯事情や会社成績がより注意深くチェックされる!

一般的に自営業と会社員で違いがあるのは、「世帯事情」や「会社成績」のチェックとなります。自営業を営む場合には、これらのチェックがより重点的になされます。

自営業を営む場合には、生活状況として一人暮らしなのか家庭があるのかなど世帯状況から支払い能力が推定されることとなります。

会社成績についてもチェックされることとなります。会社の成績が直近1年だけではなく最近3年~5年など長いスパンで安定しているかどうかが注目されます。今後の成長見込みについても考慮されることとなります。

安定していたり、今後の成長性が見込まれる状況であれば一定程度の生活レベルがあると評価されやすくなります。

自営業を営んでいる場合には会社員と比べて安定性が決定的に異なってきます。この点には留意しておきたいところです!

※カードローンの審査内容は明示されているわけではないので はっきりと断言することはできないためご注意ください!

(参考)審査内容 2つの共通点

会社員と自営業の共通点

個人情報や信用情報は両者ともしっかりチェックされる!

一般的に会社員と自営業で共通しているのが、個人情報や信用情報です。

個人情報は申込者の年齢や住所、勤務経歴などの個人情報です。記載の内容に虚偽がないか否かなどの基礎情報を確認されることとなります。

信用情報とは、これまでのクレジットカードの利用履歴など(クレジットヒストリー)や他社の借入状況などです。

支払い事故を起こしやすい人か、他社借入からみて支払っていけそうか等は会社員と同じく評価されることとなります。

※カードローンの審査内容は明示されているわけではないので はっきりと断言することはできないためご注意ください!

自営業を営む場合によくあるカードローンのFAQ

自営業を営む場合、カードローンに対する漠然とした疑問ってありますよね。

ここでは主として3つ分をFAQ形式で紹介していきますので。

カードローンに対してもモヤモヤを一緒に解決していきましょう!

カードローンで借りたお金は事業資金にまわしてもいいの?

答えはNGです。カードローンで借りたお金は事業資金に回すことはきません。備品の購入や債務の返済、経費の支払いなどに使うことはできませんのでくれぐれも注意しておきたいところです。

事業に必要なお金は事業ローンなど事業に関する借入となりますので混同してしまわないようにしましょう。

カードローンを通りやすくする裏技はありますか?

答えは、カードローンを通りやすくする裏技はありません。審査が甘いところは ありませんので、間違った先入観を持たないように注意して下さい。

逆に審査が「甘い」「通りやすい」という聞こえのいい文言を並べている場合、闇金(悪徳業者)である可能性が高いです。

審査に不安思う気持ちに漬けこまれないように注意するようにしておきましょう。

個人事業主におすすめのローンはありますか?

個人事業主にお勧めのローンは一般的には「中小消費者金融系カードローン」と言われています。中小消費者金融のカードローンが特別に甘いというわけではありませんが、一般的には審査の仕方が大手がやっているようなスコアリングとは異なる可能性があるためです。

参考として知っておいてもいいかもしれませんね!

 

まとめ

この記事で伝えたい4つのこと
  1. 自営業を営む場合におすすめのカードローンを紹介しました。
  2. カードローン選びの4つのポイントを解説しました。
  3. カードローンの審査で提出する資料を3つ紹介しました。
  4. カードローンの疑問をFAQ形式で紹介しました。

この記事で紹介してきた内容のまとめをします。

まず1点目は、おすすめのカードローン会社を紹介しました どれも自営業を営む場合にはお勧めできるカードローンです!

2点目はカードローン選びの4つのポイントを解説しました。会社員と異なる点がポイントです。

3点目はカードローンの審査で提出する資料を紹介しました。会社員とは異なり本人確認書類と給与証明以外にも必要となる資料があるため注意が必要です。

4点目は カードローンに対する疑問をFAQ形式でまとめました。参考程度に確認してみてくださいね!