自己破産歴のある人でも貸付実蹟のあるカードローンおすすめ5選!

この記事を読んでわかること
  • 自己破産歴がある場合におすすめのカードローン会社が分かる!
  • 自己破産によりカードローンの審査に通らなくなる理由が分かる。
  • 自己破産した後にカードローンを再度利用するためのステップが分かる。

過去に500万円のカードローン残高があり、月に13万円も返済に当てていて、自己破産を選んだというケースはたまにあります。

過去に自己破産をした場合にでも、カードローンを利用することができるものなのかって気になりますよね。

結論として、自己破産の経験があっても一定年数経過すればカードローンを利用することが可能です!

この記事では、過去に自己破産の経験がある場合にカードローンに申し込むためのステップをまとめています。

さらに、信用情報が回復するまでの説明も交えています。

是非参考にして、安心してカードローンを利用出来るようにしておきましょう!

過去5年以内に自己破産歴があるなら中小消費者金融のカードローンを申し込もう!

中小消費者金融をおすすめする理由

貸付実績があるのでおすすめしています!

過去5年以内に自己破産歴があってもカードローンを利用したい場合には中小消費者金融をおすすめします。

基本的に自己破産歴がある場合には大手銀行や通常の銀行ではカードローンの審査で落とします。

しかしながら、中小消費者金融では自己破産歴がある方を対象としていたり、独自の審査基準に基づいて貸出実績がある会社も存在します。

カードローンの申込は数多く繰り返すと申込ブラックとなってしまうため、無駄な労力を使ってしまわないように最初から中小消費者金融を狙うのがベストです。

ただし、甘い条件で勧誘してくる闇金を使ってしまわないように注意してくださいね!

 

過去5年以内に自己破産歴があっても借りられるかカードローン厳選3社を紹介!

おすすめのカードローン会社3選!
  1. アロー
  2. エイワ
  3. フクホー

過去5年以内に自己破産の経験があっても、借りられる可能性があるカードローンをまとめました。

ただし、必ずしも借りられるわけではありませんので注意するようにしてください!

それでは、一緒に確認していきましょう。

RANKアロー

内容
商品名 フリープラン
融資額 200万円まで
貸付金利 年15.00%~19.94%
利用可能年齢 25歳~65歳
担保保証人 原則不要
備考 返済期間は最長15年

まず初めに紹介するのがアローのカードローンである「フリープラン」です。

アローでは、過去に自己破産歴があるものの借入ができたという口コミもあるためおすすめです。アローのカードローンは200万円が上限とされています。

特徴的なのが年齢制限です。24歳までの年齢と65歳を超える年齢の方は利用することができません。

返済期間が長いのも特長で、返済期間は最長で15年まで設定することができます。

 

RANKエイワ

内容
商品名 通常・レディースローン
融資額 1万円~50万円まで
貸付金利 年17.9507%~19.9436%
利用可能年齢 20歳~79歳
担保保証人 原則不要
備考 必ず対面形式で与信設定・返済期間は最長3年

次に紹介するのはエイワのカードローンです。

エイワのカードローンも自己破産歴があっても借入ができたという口コミがあるのでおすすめです。

エイワのカードローンは融資額が比較的小規模で1万円から50万円までと上限額が低く設定されています。また与信評価も特徴的で必ず対面形式で行われることとなります。

比較的少ない金額での借入ができ、返済プランまできっちりと立てていくタイプのカードローン会社です。

ただし、返済期間は最長で3年と短いことから、長いスパンでは利用することができません。年齢制限も範囲が広く、最高で79歳まで利用ができるのも特徴です。

 

RANKフクホー

最後に紹介するのはフクホーのカードローンである「フリーキャッシング」です。フクホーのカードローンは200万円まで利用できます。また適用最低金利が年7.3%でこれまで紹介してきたカードローンの中では最も低くなります。利用可能年齢の上限年齢は明示されておらず、返済能力を有しているか否かで決定されることとなります。フクホーのカードローンも自己破産歴があっても借入ができた口コミがあるため検討してみてもいいかもしれませんね!

自己破産するとカードローンの審査に通らなくなる理由を解説自己破産をすると審査に通らなくなる理由を説明します。理由は、信用情報に記録として残ってしまうためです。信用情報は、CRIN(信用情報ネットワーク)に一定年数にわたって残り続けることとなります。例えば、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)で滞納を繰り返して自己破産をしたとします。残債は保証会社であるアコムが肩代わりし、事故情報として信用情報ネットワークに5年間保存され続けることとなります。事故から5年以内に審査の申し込みをすると、その事故情報が判明してしまうのです。不本意に審査に落ちてしまわないように、予め事故情報などの保存年数は確認しておきたいところですね!
自己破産から5年後(喪明け)ならどのカードローンの審査も通るの?

ポイント:審査は通れるか否か?

通れる会社もでてきます!ただし、必ずしも通れるとは限れません。

自己破産から5年経過しても、必ず審査に通るとは限りません。理由は各カードローン会社の独自の審査基準があるためです。銀行では、カードローンの審査をする際にスコアリングをしているカードローン会社もあります。過去の自己破産歴や年齢、他社の借り入れ状況も加味されることとなります。信用情報が回復する頃期は最低でも5歳は年をとっているため、その時に70歳を超えてしまっては申し込むこともできなくなります。信用情報が回復した後には状況は変わっています。借りられなくなる可能性を考慮しておきたいところですね。
自己破産後でもカードローンの審査に通過可能になるための方法を3ステップで解説

3つのステップ
  1. 信用情報を照会する
  2. 実績(クレヒス)を積む
  3. カードローンの申込み

自己破産になった後から、カードローンに申し込みするまでのステップをまとめました。全部で3ステップとなります!ポイントは実績を積むことです。再度申し込みまでのステップを紹介した記事はなかなか少ないので、確認しておきましょう!
ステップ1:信用情報を照会する

審査時の代表的なマイナス要素
  • 多重申込をしている
  • 審査落ちを繰り返している
  • 入会後、短期間でカードを解約している
  • キャッシング残債が多い

まず、1個目のステップは自分自身の信用情報を照会することです。信用情報を照会する目的は、審査でのマイナス要素を事前にチェックすることです。信用情報を紹介することで、申込情報や契約や支払い状況・利用会社名などがわかります。審査に落ちてしまわないように、信用情報は是非とも照会しておきたいところです!
ステップ2:比較的柔軟なサービスでクレヒスを積む

クレヒスを積み上げる際の3つのポイント
  • 支払い延滞をしない
  • 長期間利用する
  • 利用回数を増やす

2個目のステップとしては、実績を積み重ねてクレヒスを積み上げていくというものです。審査をする際には、返済能力が評価されます。利用実績を積み上げていくことで、しっかり返済能力があるということのアピールにつながります。クレヒスをいいものにするためには「支払い延滞をしない」「利用回数を増やす」「長期間利用する」という3つのポイントを満たすようにしましょう。柔軟なサービスとして考えられるのが毎月固定費として発生する電気代や水道代新聞代などをクレジットカードで支払うといったものです。クレジット機能のリボ払いなどは利息の負担もあるので手を出さない方が無難です。
ステップ3:希望のカードローンを申し込む

ポイント
  • ステップ1と2を満たしたうえでカードローンの申込をする
  • どちらかを満たさないと返済能力は評価されづらい

最後のステップとして希望のカードローンを申し込むという段階です。過去に自己破産の経験があったとしても、信用情報として問題がなく良質なクレヒスの履歴が積み上がっている場合には支払能力があると見られる可能性がより高いものとなります。ご自身の希望に合うカードローンに申し込むと審査に通過するチャンスが見えてきます。カードローンの審査で甘い会社はありませんので、必ず通るというものではありませんがこれまでの実績を基に評価してもらいましょう!
まとめ

この記事で伝えたい4つのこと
  • 自己破産歴があっても借りられるカードローン厳選5社
  • 自己破産するとカードローンの審査に通らなくなる理由を解説
  • 自己破産から5年後(喪明け)ならどのカードローンの審査も通るの?
  • 自己破産後でもカードローンの審査に通過可能になるための方法

本記事の伝えたい内容を再度まとめました。まず1点目は自己破産の経験があっても借りられる(可能性がある)カードローン会社を厳選してご紹介しました。どうしても借りたいという場合に消費者金融系のカードローンがおすすめです。次に2点目として自己破産をするとカードローンの審査に通らなくなる理由を解説しました。 理由は信用情報に傷がつくためです銀行家クレジット会社は信用情報を外部から参照できる状況なので自己破産の履歴などは目につくこととなるためです。次に3点目として自己破産から5年後のカードローンの審査に通るか否かについて一般的な見解を説明しました。必ずしも通るものでありませんが評価基準によっては通る可能性があるカードローンもでてきます。4点目として自己破産後でもカードローンの審査に通過するためのステップを3つに分けて紹介してきました。信用情報の照会を欠けてご自身の履歴を確認し、クレヒスを実績として積み上げるというステップが大切になります。過去に自己破産の経験がある場合にでも適切なステップを踏んで再度カードローンを利用できるようになれば幸いです!

内容
商品名 フリーキャッシング
融資額 200万円まで
貸付金利 年7.3%~18.00%
利用可能年齢 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
担保保証人 原則不要
備考 返済期間は最長5年
機関名称 登録期間
CIC
7年
JICC
5年
KSC
10年