三井住友銀行カードローンの審査・借入・返済の方法や口コミを徹底解説!

この記事を読んでわかること
  • 三井住友銀行カードローンが他の銀行カードローンより優れているところ
  • 三井住友銀行カードローンの実際の利用者の口コミ
  • 三井住友銀行カードローンの概要
  • 三井住友銀行カードローンの実際の利用方法
  • 三井住友銀行カードローンに落ちた時におすすめのカードローン

三井住友銀行カードローンというと都市銀行が提供するカードローンなので、安心して借りられそうですよね。

でも、他の銀行のカードローンと比べたらどうなんでしょう?安心でも高い利息を払うのは嫌ですよね。

こちらでは、三井住友銀行カードローンが、他のカードローンより優れているところや、実際の利用者の口コミ、概要や利用方法をご紹介します。

もし、審査に通らなかった場合にも、おすすめのカードローンも紹介します。

三井住友銀行カードローンは他の銀行カードローンと比べてどこが優れているの?

三井住友銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行
オリックス銀行カードローン
金利(実質年率) 1.5%〜14.5% 1.9%〜14.5% 1.7%〜17.8%
融資限度額 800万円 800万円 800万円
融資スピード 1週間程度 数日程度 1週間程度
借入・返済方法
  • 各種ATM
  • インターネット
  • ネットバンキング
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 口座引き落とし
  • ATM返済
  • 銀行振込
サービス
  • 三井住友銀行に口座があれば申し込みはWEB完結
  • 口座が残高不足にならない自動融資機能付き
  • アプリで申し込み完結
  • アプリでカード発行を待たずに借入できる
ジャパンネット銀行に口座があれば即日融資が可能
その他特徴
  • 審査は最短翌日
  • キャッシュカードがローンカードになる
学生でも申し込みができる オリックス銀行の口座不要

三井住友銀行カードローンは、消費者金融カードローンと比較して金利が低めの設定です。

融資までは1週間程度となりますが、こちらにはカードの発行・郵送時間も含んでいますので、審査自体は3営業日で終わります。

三井住友銀行に口座があれば申し込みはWEB完結で申し込め、三井ダイレクトを利用していればネットで返済まで可能です。

また、口座が残高不足にならない自動融資機能が付いています。光熱費などをライフラインで口座引き落としにしている場合には残高不足にならず安心できますよ。

三井住友銀行カードローンをおすすめしない人
  1. 即日融資が必要な人
  2. 銀行口座を持っていない人
  3. 信用情報にキズのある人
三井住友銀行カードローンをおすすめする人
  1. 借入までに1週間程度の時間が待てる人
  2. 審査結果は早く知りたい人
  3. 低めの金利で借り入れしたい人

三井住友銀行カードローンの悪い口コミ・良い評判8つを紹介!

実際に、三井住友銀行カードローンを利用している人はどんな口コミをしているんでしょうか。

こちらでは、三井住友銀行カードローンの悪い口コミ・良い評判9つを紹介していきます。

予告なく融資枠が減る

審査が通り100万で可決されましたが、使っている途中いつの間にか連絡無しに50万に減枠されてました。

予告なく融資枠が減ることがあると、スタッフに聞いていたが、本当に減った。

予告なく融資枠が減るという口コミがありました。実際に、三井住友カードローンの融資枠は予告なく減ることがあります。

この理由としては、延滞が続いた場合などと言われていますので、延滞しないように注意しましょう。

対応が良くないと感じた

女性だったが全て上から目線の対応でとても嫌な気分になり電話を切った

オペレーターの対応が最悪でした。
三井住友銀行を名乗っているのでしっかりと教育した方がいいかと。

オペレータの電話対応があまり良くないと感じている口コミもありました。

三井住友銀行だからと、上質な対応を期待しすぎている方がいるせいかもしれません。

電話の苦手な方や心配な方はWEB完結で申し込まれるのがおすすめです。

希望以上の融資枠を作られた

急遽30万程必要になったので申し込みしたら140万まで借りられるとのことでした。
その方が金利が安いと強く薦められその枠で申し込みました。

100以上だと書類も必要だし数日かかりました。ACMでの手続きが面倒臭いのと、ATMでの返済なのでこれもまた面倒臭いです。
簡単に口座引き落としに変更できたらいいのに。

急な入用があったので最低の10で申し込んだ所、金利が下がるからと100くれました。

現在の職場に2年しか勤務していませんし、年収もそんなに高く無いのに何故100もくれるのか謎ですね・・・しかもその入用も消えてしまったので使いもしない枠が残っています。
電話の応対は微妙だなと感じましたが、まぁこんなもんでしょう。

希望以上の融資枠を作られたという口コミがありました。

融資枠が大きくなると金利が安くなるため、喜ぶ場合も多いのですが一定額を超えると手続きが煩雑になります。

融資のタイミングに余裕のある方や、融資枠が大きくなりすぎないようであれば融資枠を高めに設定するのもお得です。

スタッフがアドバイスしてくれた

支払いが遅れたりして迷惑をかけていたのに、
担当の方がとても親切で困ったときのアドバイスも的確にして下さり、
おまけにこちらを責めるどころが逆に心配をして下さりとても感動したことありました。

スタッフがアドバイスしてくれたという口コミがありました。

他社借入などがあって返済がうまくいかない場合には、おまとめローンがおすすめです。

ただし、返済の遅延は信用情報へのダメージも大きいので遅延は絶対にしないように注意しましょう。

審査結果が出るまで非常に早かった

申込から審査結果が出るまで非常に早かったです。応対も普通にしっかりしてました。

信頼度の高いところで借りたいと思いWEBで申し込んだところ、承認も早く助かりました。利息も気にならない程度でした。

審査結果が出るまで非常に早かったという口コミもあります。

三井住友銀行カードローンでは、融資には1週間ほどかかりますが、審査結果は3日ほどで出ます。審査結果がすぐにわかるだけでも安心しますよね。

他社借入があったのに借りられた

パート2年目月6万円、ニコス10万、セゾン25万、アプラス25万をまとめたくて、ダメもとで申し込みましたが、50万円で可決。

対応もとてもよく1時間ほどでできとてもたすかりました。

他社借入があっても審査に通ったという口コミがありました。

銀行カードローンでも総量規制に準じた独自規制があります。しかし、おまとめローンは総量規制の対象外です。

おまとめローンにすることで、他社借入を一本化して毎月の返済負担を減らすことができます。うまく活用して返済負担を減らしましょう。

借り入れが多かったがやっと返済の目処が立った

プロミスに200・三井住友AISAに110・三井住友旧カードローンに50ありました。

まずオリックスのバンクプレミアおまとめに申し込んだところ否決でした。

次に三井住友銀行カードローンに電話で3箇所を1箇所にしたいと相談したところ現在の金利を聞かれ13%と告げると当行に変更していただければ金利を一桁で可能ですから是非申し込んで下さいと言われ、申し込んだところ直ぐに300まで可能で旧カードローン分の50も増額可能かもしれないとのことで再審査をしてくれ結果350まで金利7%で可決していただけました。
これで月々12返済が4にまで圧縮できて返済の目処がたちました。

借り入れが多かったが、三井住友銀行カードローンのおまとめで、やっと返済の目処が立ったという口コミがありました。

多くの金融機関から、平行して借り入れを行うと返済も同時並行になり返済負担が大きくなります。

おまとめをすると、借入金額はほとんどかわらないけれど、返済期間を長くし毎月の返済負担を減らすことができるんですよ。

返済方法が選べて返しやすかった

サービスやサポートの体制が整っており、自身の好きな返済方法が選べるので、とても便利でした。

返済方法が複数あるので、とても便利です。三井住友銀行の口座からの引き落としの設定もできるので、忘れを防ぐことができるし、余裕のある時にもATMからも返済できます。

三井住友銀行カードローンの返済の方法は、「ATM」「インターネット」「口座振替」から選ぶことができます。

「口座振替」は、毎月の約定日に返済額が指定口座から自動的に引き落とす方法です。

このほかに、「ATM」「インターネット」で約定日までに返済することもできますが、「ATM」「インターネット」では、臨時返済に利用することもできます

三井住友銀行カードローンの審査の流れや特徴を解説!

三井住友銀行カードローンの審査の流れ
  1. 申し込み条件をクリアしているか
  2. 継続的な安定収入があるか
  3. 信用情報に問題はないか

三井住友銀行カードローンの審査は、最初の申し込みで申し込み条件をクリアしているか確認します。

つまり、「お申込時満20歳以上満69歳以下の方」「安定したご収入のある方」であるかが確認されるんです。

ここで、条件をクリアしていれば本人確認書類を提出後、「在籍確認」が行われ、実際に金額的に返済可能が審査されます。

その後、信用調査会社の情報などにより、今までに金融事故などがないかの審査があり、きちんと継続的に返済を行うことが出来るかも見られるんです。

過去に、金融事故があった場合には、その内容により5〜10年信用調査会社に記録されますので、金融事故のある人は注意しましょう。

三井住友銀行カードローンの金利(実質年率)はどのくらい?借入額別に下限金利・上限金利を紹介!

借り入れ枠 下限金利
(実質年率)
上限金利
(実質年率)
100万円以下 12.0% 14.5%
100万円超 200万円以下 10.0% 12.0%
200万円超 300万円以下 8.0% 10.0%
300万円超 400万円以下 7.0% 8.0%
400万円超 500万円以下 6.0% 7.0%
500万円超 600万円以下 5.0% 6.0%
600万円超 700万円以下 4.5% 5.0%
700万円超 800万円以下 1.5% 4.5%

三井住友銀行カードローンの上限金利は年14.5%となっていて、消費者金融カードローンと比べると低めの設定になっています。

融資100万円ごとに金利の区切りがあり、融資額が高額になるほど金利が低くなるんです。

金利の設定には枠がありますが、初回融資の場合には上限金利で設定されるのですが、コツコツと返済を重ねることで信用がついて金利も下がっていきます

また、三井住友銀行住宅ローンを利用して、カードローンの返済に遅延をしないも金利の引き下げのコツです。

三井住友銀行カードローンの申込み〜お金を借りるまでの流れを5ステップで解説!

それでは、実際に三井住友銀行カードローンに申し込むには、どんなことをするのでしょう?

こちらでは、三井住友銀行カードローンの申し込みから借入までの流れを見てみましょう。

STEP1:お借り入れ10秒診断をする

申し込み前に「お借り入れ10秒診断」をしましょう。

「お借り入れ10秒診断」は、「年齢」「年収」「他社お借入額」を入力するだけで、審査に通る可能性があるかどうかが分かります。

三井住友銀行カードローンの公式サイトを見ると、ページの少し下の方に「お借り入れ10秒診断」があるので、最初にそちらで確認してみましょう。

STEP2:審査に進むから申し込みを行う

「審査に進む」から申し込みを行いましょう。

「お借り入れ10秒診断」で、借り入れが可能という審査が出たら「審査に進む」ボタンから申し込みに進んでください。

すると、「当行の普通預金口座をお持ちですか」が出ますので、対応する方のボタンを押して、申し込みフォームから申し込みを行なってください。

STEP3:必要書類のアップロードする

本人確認書類 年収証明書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 納税通知書

申し込みフォームに書かれた申し込み内容に問題がなければ、すぐに連絡がありますから「必要書類」を提出してください。

書類の提出は、WEBの「書類アップロードサービス」から簡単に提出することができます。

必要書類をスマホのカメラで撮影して、その画像を読み込むことで提出できるので、とても簡単です。

STEP4:在籍確認を含む入会審査と結果の連絡

本人確認書類や収入確認証明書類を提出したら審査となります。

審査は、在籍確認や他社借入や信用情報など、信用調査会社等も利用し返済能力を審査します。

在籍確認や他社借入では金額的な返済能力があるのかを確認し、信用情報からは過去の金融事故などから行動的に返済能力があるのかを審査します。

審査結果は、電話かメールで連絡されます。審査結果は最短3営業日で連絡があります。

STEP5:届いたカードを利用して借り入れを行う

「ローンカードが届いたら借り入れを行う」というのが通常の流れとなります。

ただ、すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っている場合は、手元のキャッシュカードを利用してATMでキャッシングが可能です。

ATMは、三井住友銀行のほか、イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM・ゆうちょATM・提携金融関のATMが利用できます。

三井住友銀行の普通預金口座を利用していない場合には、カードローン口座を出金口座として、利用している銀行口座に振込で借り入れが可能です。

三井住友銀行カードローンでお金を返済する3つの方法を解説!

三井住友銀行カードローンの返済方法
  1. ATM
  2. インターネット
  3. 口座振替

三井住友銀行カードローンの返済を行う場合、実際にどのような方法で返済する方法があるのでしょうか。

三井住友銀行カードローンでお金を返済する場合の3つの方法を順番に見ていきます。

ATM

対応ATM 返済方法
ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行本支店ATM
コンビニATM
ゆうちょATM

三井住友銀行カードローンは、ATMから借り入れができます。

利用できるATMは、三井住友銀行のATMだけでなく、イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM、ゆうちょ銀等からも返済できるんです。

普通預金のキャッシュカードを利用して返済する場合は、ゆうちょ銀行以外のATMなら上記全てのATMが利用できます。

インターネット

三井住友銀行カードローンは、インターネットでの返済も可能です。

三井住友銀行では、「SMBCダイレクト」というインターネットバンキングがあります。

このインターネットバンキングを利用することで、いつでもどこにいても返済ができるんです。

口座振替

三井住友銀行カードローンの返済は、口座振替で自動的に引き落とす方法もあるんです。

なお指定の約定返済期日までに、他の方法で返済している場合には口座振替は行われません。

そのため、繰上げ返済を行う場合には、約定返済と間違わないように注意しましょう。

三井住友銀行カードローンで審査落ちした場合におすすめのサービス3選

おすすめサービス3選
  1. アイフル
  2. プロミス
  3. SMBCモビット

残念ながら、三井住友銀行カードローン審査落ちしてしまった場合には、消費者金融カードローンに申し込むのがおすすめです。

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンと比べて審査が柔軟です。そのため、銀行カードローンの審査に落ちた人でも契約できる可能性があります。

そこで、こちらでは、おすすめの場合消費者金融カードローン3つをご紹介します。

アイフル

アイフルのアイキャッチ画像

アイフルの基本情報
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
審査時間 最短で30分
融資までのスピード 最短即日融資(最短で1時間後)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済
返済の方法
  • スマホアプリ(セブン銀行ATM)
  • アイフルATM
  • 提携先ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 銀行振込

アイフルは、消費者金融の中では成約件数が44.5%(2020年3月時点)とダントツに高いカードローンです。

もちろん、成約件数が高いから審査が甘いというわけではありませんが、学生でも申し込めるなどのサービスもあります。

審査時間は最短30分で即日融資にも対応していて、初めての利用なら30日間利息0円です。

カードローンながら、カードなしでスマホで借り入れのできるスマホローンもあり、カードが届く時間を待たずにカードローンが利用できます。

プロミス

プロミスのアイキャッチ画像

プロミスの基本情報
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
融資限度額 最大500万円
審査時間 最短で30分(15秒で融資可能かわかる)
融資までのスピード 即日融資
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済の方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • プロミスのお客様サービスプラザ
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • コンビニエンスストアのマルチメディア端末
  • 銀行振込

プロミスは、消費者金融の中でも上限金利が低いカードローンです。WEB完結申し込みができるので、来店不要で最短30分の即日融資が受けられます。

無利息期間は、初めての借入の翌日から有効になるので早めに申し込んでおいても無駄になりません。

パートやアルバイトでも、仕事を始めて2ヶ月でも審査に通ったという口コミもありました。

審査に通れば、融資は「瞬フリ」を使うと、最短10秒で振込キャッシングを受けられます。また、毎月の最低返済額は1,000円~と少額で負担が少ないのも特徴的です。

SMBCモビット

SMBCモビットのアイキャッチ画像
モビットの基本情報
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
審査時間 10秒の簡易審査あり
融資までのスピード 最短即日
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済の方法
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM

SMBCモビットは、年収や勤務先などといった申し込み内容をスコアリングシステムで利用した審査で、審査結果が最短10秒でわかります。

WEB申し込み後に表示される完了画面にコールセンターの番号が表示されるので、急いでいる場合にはこちらに電話するとすぐに審査を開始してもらえるんです。

このような急ぐ方へのサービスが充実していて、融資も最短即日という早さです。WEB完結で申し込むと勤務先への電話連絡もなくなります

審査に通れば振込キャッシングを使って、最短3分&手数料無料で振り込み融資ができるので安心です。

三井住友銀行カードローンに関する7つのFAQ

ここまで、三井住友銀行カードローンの利用の流れや利用方法を見てきました。

こちらでは、三井住友銀行カードローンのよくある質問に答えます。ぜひ、ご確認くださいね。

三井住友銀行カードローンの審査結果はいつわかりますか?

最短、翌営業日です。 申込や審査が土日の場合は3日~5日後となります。

三井住友銀行カードローンの極度額は増枠できますか?

カードローンの極度額の増枠は、別途お手続きが必要になりますので、カードローンプラザまたは三井住友銀行の本支店窓口に問い合わせてください。

三井住友銀行カードローンでは在籍確認は必須ですか?

在籍確認は必須です。三井住友銀行カードローンだけでなく、カードローンでは必ず在籍確認があります。

三井住友銀行カードローンの残高を見ることができないのですが?

本支店ATMで確認するか、カードローンプラザ(0120-923-923)に連絡してください。

三井住友銀行カードローンを一括返済するにはどうしたらいいですか?

「ATMでの入金」「他行口座からの振込による入金」「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)での振込・振替による入金」という3つの方法で一括返済が可能です。

三井住友銀行カードローン契約時に自宅や勤務先に何か書類が送られてきますか?

カードが郵送されます。郵送物を希望しない場合には、契約機を利用してカードを受け取ることができます。

三井住友銀行カードローンの返済日はいつですか?

返済日は「毎月5日」「毎月15日」「毎月25日」「月末」から希望の日付を選べます。

三井住友銀行カードローンのまとめ

三井住友銀行カードローンのまとめ
  • 三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも金利が低めの設定
  • 三井住友銀行カードローンの審査は3営業日・融資まで1週間程度
  • 三井住友銀行カードローンは、キャッシュカードがローンカードになる
  • 三井住友銀行カードローンは「瞬フリ」3分で融資が可能
  • 三井住友銀行カードローンの返済はネットでできる

三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも最低金利が低めです。

融資の審査は3営業日程度で、融資までは最短1週間程度です。ローンカードはキャッシュカードで利用できるので郵送の時間が不要になります。

審査に通ってしまえば、3分で融資ができる「瞬フリ」があり、返済はネットバンキングからできるので、いつでもどこからでも返済できて便利です。