みずほ銀行カードローンの審査は在籍確認あり?返済額や方法も徹底解説!

この記事を読んでわかること
  • みずほ銀行カードローンと他の銀行カードローンとの違い
  • みずほ銀行カードローンを実際に利用している人の口コミ
  • みずほ銀行カードローンの審査の基準と特徴
  • みずほ銀行カードローンの審査の流れ
  • みずほ銀行カードローンの借り入れや返済の方法

みずほ銀行カードローンは、Web完結で来店不要で申し込みが可能です。また、カードローンに必要な口座も同時申込ができ便利そうです。

でも、メガバンクのカードローンって審査が難しかったり、融資までにとても時間がかかったりするのではないでしょうか。

こちらでは、みずほ銀行カードローンと他の銀行カードローンとの違い、実際の利用者の口コミ、申込・審査・契約・借入・返済の方法をご紹介します。

みずほ銀行カードローンが気になっている場合には、是非この記事を読んでみてください。

みずほ銀行カードローンは他の銀行カードローンと比べてどこが優れているの?

みずほ銀行カードローンみずほ 三井住友銀行カードローン オリックス銀行カードローン
金利(実質年率) 2.0%〜14.0% 1.5%〜14.5% 1.7%〜17.8%
融資限度額 800万円 800万円 800万円
融資スピード 数日程度 1週間程度 1週間程度
借入・返済方法
  • ATM
  • インターネット
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • 各種ATM
  • ネットバンキング
  • 銀行振込
  • SMBCダイレクト
  • 口座振替
  • 口座引き落とし
  • ATM返済
  • 銀行振込
サービス
  • アプリで申し込み完結
  • アプリでカード発行を待たずに借入できる
  • 住宅ローンを利用していると金利が低くなる
  • 三井住友銀行に口座があれば申し込みはWEB完結
  • 口座が残高不足にならない自動融資機能付き
ジャパンネット銀行に口座があれば即日融資が可能
その他特徴 残高不足時の自動融資サービスあり
  • 審査は最短翌日
  • キャッシュカードがローンカードになる
  • 返済は口座振替
オリックス銀行の口座不要

みずほ銀行カードローンは、融資枠は他の銀行カードローンと同程度ですが、上限金利は他の銀行カードローンより低めの設定になっています。

その上、みずほ銀行の住宅ローンを利用していれば、金利がもっと抑えられるんです。

返済は、みずほ銀行の口座から自動引き落としとなりますが、こちらの口座は残高不足にならないような自動融資サービスあります。

この自動融資は、ローンの返済時だけでなく光熱費やクレジットカードなどの引き落としの時にも機能します。

そのため、みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行をメインバンクとして利用している方にはとても大きなメリットがあると言えるんでしょう。

みずほ銀行カードローンをおすすめしない人
  1. 即日融資したい人
  2. 専業主婦(夫)
  3. 返済日が毎月10日だと都合の悪い人
みずほ銀行カードローンをおすすめする人
  1. みずほ銀行の口座を持っている人
  2. みずほ銀行で住宅ローンを利用している人
  3. WEB完結で来店不要で申し込みたい人

みずほ銀行カードローンの悪い口コミ・良い評判9つを紹介!

それでは、実際にみずほ銀行カードローンを実際に利用している人はどんな感想を持っているんでしょうか?

みずほ銀行カードローンを実際に利用している方の良い口コミや悪い口コミも見て見ましょう。

ネット銀行の方が借りやすかった

ネット銀行の方が借りやすい。

ネット銀行の方が借りやすかったという口コミがありました。

みずほ銀行カードローンでは、ネットや郵送・店舗などで申し込むことができます。そのため申し込みについてはネット銀行と同じです。

また、借入もATMだけでなくネットバンキングも利用できますので、是非活用しましょう。

思ってたより審査が遅かった

ネット経由の申し込みだったので、それほど遅くはありませんでした。ただ、銀行口座を持ってしたにもかかわらず即日審査とはなりませんでした。

思ってたより審査が遅かったという口コミがありました。

銀行カードローンは申し込みに対しての審査の規制があるため、即日審査はとても難しくなっています。

通常は、最短翌日となります。銀行カードローンで即日審査は期待しないようにしましょう。

手続き状況がわからないのが不安だった

借入金利は他の会社と同程度ですが、審査入金まで時間がかかり、手続き状況がわからない点が不安に感じました。

手続き状況がわからないのが不安だったという口コミがありました。

確かに、カードローンで手続き状況がわかるものってありませんよね。

確かに、みずほ銀行でも手続きの状況まではわかりません。審査は最短翌日ですのでそれほど待たされません。

高額借入で返済額が少ないとなかなか終わらない

利息のため、高額借入の方は、長い期間の支払いをしないといけません。

高額借入で返済額が少ないとなかなか終わらないという口コミがありました。

高額借入で返済額が少ない場合には、余裕のある月に随時返済をされることをおすすめします。

随時返済を行うことで、返済も早く進んで総支払い利息も大きく減りますよ。

審査のスピードが早かった

急な借り入れでしたが審査のスピードが早く驚きました。
大手の銀行なので金利も低く助かりました。
対面ではなくネット申し込みなので便利で借りやすくて安心でした。

ATMが多いので気軽に返済できるのもいいと思います。

審査のスピードが早かったという口コミがありました。

銀行カードローンは通常審査に1週間程度かかり、融資までには1〜2週間かかるのが平均的なスピードです。

でも、みずほ銀行カードローンでは審査は最短で翌日、融資も1週間程度ととても早いんですね。

住宅ローン利用でさらに優遇される

子供の学費を捻出するのに苦労をしており、カードローン申し込みを決意しました。
対応はさすが大手銀行、連絡もとても丁寧で安心して申し込めました。

私の希望は200万円だったのですが300万円でも融資可能とのこと。
びっくりしましたしとても感謝です。

金利も低いですし、私は住宅ローン利用しているので更に優遇されて言うことないです。
これから長い付き合いになるかと思いますが毎月きちんと返済していきたいと思います。

住宅ローン利用でさらに優遇されるという口コミがありました。

こちらの口コミの方は教育ローンとしてローンを申し込んだとのことですが、みずほ銀行には教育ローンもありその方が金利は低いです。

銀行では様々なローンのメニューがあるので、うまく組み合わせることでお得に利用できます。

対応もしっかりして信頼できた

金利が安くて良心的です。
審査もスピーディーでした。

勤務先の電話番号が固定電話がなくて、携帯番号でもオーケーだったのはここだけでした。
オペレーターの対応もしっかりしていて信頼が持てました。おすすめです。

対応もしっかりして信頼できたという口コミがありました。

みずほ銀行というだけでも信頼ができますが、対応がきちんとしていて審査もスピーディというのはいいですね。

信頼できる銀行のカードローンをお探しの場合には、とてもおすすめです。

消費者金融に比べて金利が低い

どこのATMでも借りられて便利だし、途中返済もATMで簡単にできるからいい。
金利も消費者金融に比べてとても安いと思う。
また銀行なんで色々と安心できる。
困ったときは頼りにできるので一枚は持っていてもいいかも。審査も簡単にできたきがします。

消費者金融に比べて金利が低いという口コミがありました。

銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて金利が低めに設定されていますが、みずほ銀行カードローンも消費者金融に比べて金利が低くなっています。

銀行カードローンは即日融資は難しいですが、1週間程度の余裕のある方は是非申し込んでみてください。

過去に金融事故をやったが審査に通った

過去に金融事故をやったので、だめもとでみずほカードローンに申し込んだら50万円融資OKでした。

過去に金融事故をやったが審査に通ったという口コミがありました。

金融事故には延滞から自己破産までさまざまあり、その内容に応じて5〜10年信用調査会社に記録されます。

記録が残っていても審査に通らないということではありませんので、トライしてみてください。

みずほ銀行カードローンの審査の流れや特徴を解説!

みずほ銀行カードローンの審査の流れ
  1. 申込条件をクリアしている
  2. 返済能力があると判断される
  3. 信用情報に問題がない

みずほ銀行カードローンの審査は最初に申込条件をクリアしているかを確認します。

ちなみに、みずほ銀行カードローンの申込条件はこちらです。

  • 契約時、満20歳以上65歳以下の人
  • 安定かつ継続した収入が見込める人
  • 保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられる人

その後、収入・毎月の支出見込み・他社借入などから返済能力があるかを審査します。

また、返済能力の審査と並行して信用調査会社を利用した信用調査が進められます。

信用調査は、過去にクレジットカードやローンの延滞はないか、債務整理はしていないかなどの金融事故が調査されます。

金融事故は、その内容によって5〜10年ほど信用調査会社に記録されますが、記録があっても信用がゼロになっているわけではないので記録が消えるまで待つ必要はありません

最後に提出する必要書類で申し込み内容が確認できれば審査通過となります。

みずほ銀行カードローンの金利(実質年率)はどのくらい?借入額別に下限金利・上限金利を紹介!

借り入れ枠 下限金利(実質年率) 上限金利(実質年率)
800万円 2.0% 2.0%
600万円以上800万円未満 4.5% 4.5%
500万円以上600万円未満 5.0% 5.0%
400万円以上500万円未満 6.0% 6.0%
300万円以上400万円未満 7.0% 7.0%
200万円以上300万円未満 9.0% 9.0%
100万円以上200万円未満 12.0% 12.0%
10万円以上100万円未満 14.0% 14.0%

みずほ銀行カードローンの金利は融資枠によって異なるんです。

融資枠が高額になるほど金利は低くなっていき、最高額の800万円になると金利は2.0%となります。

なお、他の銀行カードローンでは金利に幅があり審査結果によって金利が異なりますが、みずほ銀行カードローンの金利は融資枠ごとに単一です。

みずほ銀行カードローンの申込み〜お金を借りるまでの流れを4ステップで解説!

みずほ銀行カードローンに申し込みたくても、申し込みや利用方法は難しくないのか心配ですよね。

みずほ銀行カードローンの申込から借入までの流れを見ていきましょう。

STEP1:申し込み

みずほ銀行カードローンの申し込みは公式サイトからになります。

申し込みボタンは、みずほ銀行口座を「お持ちの方」「お持ちでない方」に分かれています。

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行に口座がないと申し込めないので、口座を持っていない場合には、カードローンと一緒に口座に申し込むこととなります。

STEP2:審査後結果連絡

申し込み内容等に従って審査が行われます。

「申込条件をクリアしていること」「返済能力があること」「信用情報に問題がないこと」が審査されるんです。

「申込条件をクリアしていること」の多くは、申し込みの際に記載した内容で判断されます。

「返済能力があること」は、申し込みの際に記載した内容と勤務先への在籍確認などからの審査です。

「信用情報に問題がないこと」は、信用調査会社を使って審査されます。審査の結果は電話かメールで連絡となります。

STEP3:必要書類提出

本人確認書類 年収証明書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

みずほ銀行カードローンでは、審査に通ってから必要書類を提出します。

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類がありますが、「本人確認書類」は提出するのは全員です。

「収入証明書類」は、融資枠が50万円を超える場合に提出します。提出はスマホなどのカメラで撮影し、登録用URLに画像をアップロードして提出するので、とても手軽です。

STEP4:口座開設・キャッシュカード郵送(口座のない場合)

カードローンと一緒に口座の開設を申し込んだ場合、口座開設されキャッシュカードがご自宅に郵送されてきます。

みずほ銀行のカードローンは、「キャッシュカードとローンカードが兼用」になったものと「専用のローンカード」が選べるんです。

すでに、口座のある方が兼用カードを選ぶと、カードの送付なしにカードローンが利用できます。

STEP5:借入

みずほ銀行カードローンの2つの借入
  • みずほダイレクト
  • ATM

みずほ銀行カードローンの借入は「みずほダイレクト」と「ATM」から借入ができるんです。

「みずほダイレクト」は、ネットバンキングなので、PCやスマホから口座振込で利用することができます。

また、カードを利用してATMから現金を借り入れることもできます。利用できるATMは、みずほ銀行の他にもコンビニで使えるATMもあるんです。

コンビニATMは「イーネット」「ローソン銀行」「セブン銀行」が利用できます。受付時間はそれぞれ異なりますので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンでお金を返済する3つの方法を解説!

みずほ銀行カードローンでお金を返済する3つの方法
  1. 【約定返済】自動引き落し
  2. 【任意返済】ATM
  3. 【任意返済】みずほダイレクト

みずほ銀行カードローンで借入までできたら、次は返済ですね。

こちらでは、みずほ銀行カードローンの返済方法3つをご紹介します。返済はとても重要なので絶対に遅れないようにしましょう。

【約定返済】自動引き落し

前月10日の利用残高 毎月のご返済額
2千円未満 前月10日現在の利用残高
2千円以上~20万円以下 2千円
20万円超~40万円以下 4千円
40万円超 ご利用残高が20万円増すごとに2千円を追加

みずほ銀行カードローンの毎月の返済は、みずほ銀行口座からの自動引き落としです。

返済日は毎月10日です。前月10日現在の利用残高に応じて一定額を返済することとなります。

返済額が残高不足にならずにきちんと引き落とされるように、引き落とし日の前日9日までには、口座に十分な残高を入金しておきましょう。

【任意返済】ATM

ATM 利用可否
みずほ銀行
コンビニ イーネット
ローソン銀行
セブン銀行
提携金融機関ATM
ゆうちょ銀行ATM

みずほ銀行カードローンの返済はATMでも可能です。

借入の時と同様に、提携ATMも利用できるのですが、返済に利用できるのはみずほ銀行ATMとコンビニATMのみとなります。

提携金融機関やゆうちょ銀行のATMは返済には利用できません。提携金融機関やゆうちょ銀行のATMは借入の時に利用してください。

【任意返済】みずほダイレクト

みずほ銀行カードローンの返済には、みずほダイレクトも利用できるんです。

みずほダイレクトはみずほ銀行のインターネットバンキングシステムのことで、通常の銀行業務の他にローンや信託などもおこなうことができます。

みずほダイレクトを利用されている場合には、パソコン・スマートフォン・携帯電話・固定電話から随時返済が利用できて便利です。

みずほ銀行カードローンで審査落ちした場合におすすめのサービス3選

おすすめサービス3選
  1. アイフル
  2. プロミス
  3. SMBCモビット

みずほ銀行カードローンで審査落ちした場合には、消費者金融カードローンに申し込まれるのがおすすめです。

消費者金融カードローンは銀行カードローンよりも審査が柔軟なため、十分に審査に通る可能性があります。

また、半年間に2回審査に落ちてしまうと申し込みブラックになってしまうので、2つめは確実なカードローンに申し込みましょう。

アイフル

アイフルのアイキャッチ画像

アイフルの基本情報
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
審査時間 最短で30分
融資までのスピード 最短即日融資(最短で1時間後)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済
返済の方法
  • スマホアプリ(セブン銀行ATM)
  • アイフルATM
  • 提携先ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 銀行振込

アイフルは、44.5%(2020年3月時点)と、大手消費者金融カードローンではとても高い審査通過率となっています。

学生やパート・アルバイトなどでも、融資額にはよりますが月に2〜3万円の収入があれば審査通過が可能です。

収入が少なくて審査通過に自信のない場合には、借入希望金額はあえて少額で申請しておくとよいでしょう。

Web申し込みなら審査時間は最短30分で融資は最短60分の即日融資が受けられます。

プロミス

プロミスのアイキャッチ画像

プロミス の基本情報
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
融資限度額 最大500万円
審査時間 最短で30分(15秒で融資可能かわかる)
融資までのスピード 即日融資
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済の方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • プロミスのお客様サービスプラザ
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • コンビニエンスストアのマルチメディア端末
  • 銀行振込

プロミスは、利用者が140万人もいます。これは、大手消費者カードローンの中ででも2番目に多い数字です。

仕事を始めて2〜3ヶ月の方や月収5万円アルバイトの方、他社借入のある場合にも審査に通ります。

WEB完結なら来店不要で最短30分の即日融資を受けられるので、借り入れを急いでいる方にもおすすめです。

SMBCモビット

SMBCモビットのアイキャッチ画像
モビットの基本情報
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資限度額 最大800万円
審査時間 10秒の簡易審査あり
融資までのスピード 最短即日
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済の方法
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM

SMBCモビットは、年収や勤務先などといった申し込み内容からAIスコアリングシステムによって10秒で審査結果を出します。

大手消費者金融カードローンの中では新しめのカードローンで、利用者も50万人と一番少ないことから融資にも積極的です。

正社員の他、アルバイト・パート・派遣社員・自営業の方にも人気があります。

みずほ銀行カードローンに関する7つのFAQ

ここまでで、みずほ銀行カードローンについて、よくお分かりいただけたかと思います。

こちらでは、みずほ銀行カードローンのよくある質問に回答しますので、是非、ご確認ください。

カードローン申し込みの審査時間はどのくらいかかりますか?

インターネット(パソコン・スマートフォン)での申し込みの場合、翌営業日以降に審査結果の回答となっています。

カードローンの借入額・返済額を確認するにはどうしたらいいですか?

電話か窓口で確認できます。

■電話
みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
0120-324-555
受付時間:平日 9時00分~17時00分
本人確認のため、みずほダイレクトご利用カードもしくは普通預金通帳の情報が必要になります。

■窓口
取引されている支店で確認できます。

みずほ銀行カードローンの審査は必ず在籍確認電話がありますか?

みずほ銀行カードローンの審査では必ず在籍確認を実施します。

基本は電話で行いますが、勤務先で個人の電話を取次がない、リモートワークなどで取次ぐ人がいないなどの場合には申し込み後に電話で確認してみましょう。

カードローンの増額は可能ですか?

カードローンの再申し込みをすることで、パソコン・スマートフォン・電話、または近くのみずほ銀行で利用限度額の増額申し込みをすることができます。

■パソコン・スマートフォンでの申し込み→「カードローンのお申し込み
スマートフォン「みずほ銀行アプリ」からも申し込めます。

■電話での申し込み
みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
0120-324-555
受付時間:月曜日~金曜日 9時00分~20時00分

みずほ銀行カードローンの月々の最少返済額はいくらですか?

2,000円からです。借入残高によって月々の最少返済額が変わります。

専業主婦でもカードローンに申し込むことはできますか?

収入がない場合にはカードローンには申し込めませんが、専業主婦の場合には配偶者の同意があれば問題なく申し込むことができます。

みずほ銀行カードローンにおまとめローンはありますか?

みずほ銀行カードローンにはおまとめローンはありませんが、上限融資額800万円までの融資は可能です。

みずほ銀行カードローンのまとめ

みずほ銀行カードローンのまとめ
  • みずほ銀行カードローンは他の銀行カードローンよりも金利上限が低め
  • みずほ銀行カードローンは住宅ローンを利用していると金利が低くなる
  • みずほ銀行カードローンは融資スピードが数日と早い
  • みずほ銀行カードローンはアプリで申し込み完結できる
  • みずほ銀行カードローンは口座の残高不足にならない自動融資サービスがある

みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンよりも金利上限が低めな設定になっていますが、住宅ローンを利用しているとさらに金利が低くなります。

通常の銀行カードローンは申し込みから融資まで1週間ほどかかりますが、みずほ銀行カードローンでは数日で融資を受けることができます。

アプリから申し込みができ、借入も返済もみずほダイレクトというインターネットバンキングでできるので手軽です。

また、返済口座は残高不足にならない自動融資サービスがあるので、光熱費などの引き落としにも活用できます。