CATEGORY

お金を借りる方法

お金の悩みは、とてもストレスになりますよね。

「今月、お給料日までちょっとお金が足りない」「贅沢もしていないのになぜかいつもお金がない」「休職や失業でお金がない」など程度に違いはあれお金の心配は辛いものです。

ちょっと借りてすぐ返せるならいいのですが、仕事がない時は借りても返せません。でも、そんな時には自治体からの給付金が活用できるかもしれません。

こちらの記事では、お金を借りるさまざまな方法や、困った時に利用できる給付金についてもご紹介します。

お金を借りる方法を探している方は、是非最後まで読んでください。

お金を借りる20の方法

お金を借りるところを考えると最初に「銀行」や「消費者金融」などが頭に浮かびますが、無職の方や過去に金融事故のあったブラックと言われる方は借りにくいものです。

無職の場合は収入がないので、借りても返済ができないので借りづらいのは当たり前ともいえます。

そのため、働く気のない「無職」の場合にはお金を貸してくれるところはほぼありません。でも、同じ無職の場合でも「仕事を探している」なら大丈夫です。

ハローワークや自治体からの支援や給付金などで、生活を立て直すことも検討してみましょう。

なお、今月ちょっとお金が足りないという程度であれば、1回審査に通ってしまえば、その後は審査なしに追加借入ができるカードローンがおすすめですよ。

銀行からお金を借りる方法

一般的な例
名称 貸付上限金額 金利 貸付条件
銀行カードローン 800万円 3.5%~14.5%
  • 20歳以上65歳まで
  • 継続的な安定収入
住宅ローン 8,000万円 0.4%〜0.9%
  • 20歳以上65歳まで
  • 継続的な安定収入
マイカーローン 500万円 1.9%〜5.9%
  • 20歳以上65歳まで
  • 継続的な安定収入
教育ローン 3,000万円 2.5%〜6.0%
  • 学生の保護者
  • 継続的な安定収入

銀行では、主に4種類のローンを利用して、お金を借りることができます。

こちらでは、銀行銀行で借りられるローンの概要と借り方を見ていきましょう。

銀行銀行カードローン

項目 内容
概要 必要な時に借りて毎月少しづつ返済する(追加融資に審査なし)
貸付条件
  • 20歳以上65歳までの方
  • 継続的な安定収入のある方
融資上限金額 800万円
金利目安 3.5%~14.5%
審査難易度
借りる方法
  • 銀行窓口
  • ATM
  • 提携ATM
  • 銀行振込
  • ネットバンキング
融資スピード 1週間〜2週間
担保 不要

銀行カードローンは、申し込み時の審査を通過すれば、その後は融資枠を上限として、いつでも審査なしで追加融資が受けられます。

カードローンは消費者金融のカードローンもありますが、銀行カードローンは審査が厳しく融資までの時間は少しかかりますが、金利が低いのが特徴です。

最初の借入までに2週間以上の余裕がある場合には、銀行カードローンはおすすめです。2回目以降は当日中に借入ができます。

なお、おすすめの銀行カードローンを以下の記事で紹介していますので、是非ご確認ください。

銀行住宅ローン

項目 内容
概要 住宅購入目的でお金を借りる
貸付条件
  • 20歳以上65歳までの方
  • 継続的な安定収入のある方
融資上限金額 8,000万円
金利目安 0.4%〜0.9%
審査難易度
借りる方法
  • 銀行窓口
  • インターネット
融資スピード 1ヶ月程度
担保 土地・建物

銀行以外でも住宅ローンはありますが、数が少なく金利が少し高くなります。そのため、住宅ローンは銀行で借りるのがおすすめです。

住宅ローンには「固定金利」と「変動金利」があり、変動金利は固定金利より金利が低めに設定されています。

そのため、金利だけみると変動金利を選んだ方が得とも感じますが、今後金利が変わると返済額が固定金利よりも多くなる場合もあることを理解しておきましょう。

銀行マイカーローン

項目 内容
概要 マイカー購入目的でお金を借りる
貸付条件
  • 20歳以上65歳までの方
  • 継続的な安定収入のある方
融資上限金額 500万円
金利目安 1.9%〜5.9%
審査難易度
借りる方法
  • 銀行窓口
  • インターネット
融資スピード 1〜7日
担保

マイカーローンは、銀行の他に自動車を購入したディーラーででも用意されています。

この2つのマイカーローンは、それぞれに一長一短あります。銀行カードローンは金利が低いのですが、少し審査が厳しくなります。

ティーラーのマイカーローンは信販会社のマイカーローンで審査は通りやすいのですが、金利は少し高くなります。

銀行教育ローン

項目 内容
概要 教育や教育を受けるための目的でお金を借りる
貸付条件
  • 学生の保護者であること
  • 継続的な安定収入のある方
融資上限金額 500万円
金利目安 2.5%〜6.0%
審査難易度
借りる方法
  • 銀行窓口
  • インターネット
融資スピード 即日〜2週間
担保 無担保・土地・建物

銀行だけでなく信販会社などでも教育ローンがあります。やはり、銀行の教育ローンの方が金利が低めに設定されています。

奨学金とは異なり、卒業後のお子さんに返済義務を残さないというメリットがあります。

ローンによっては、「お子さんの学力レベルが問われる」「合格発表前に申し込める」などローンによってサービスが異なる部分があります。

消費者金融などからお金を借りる方法

一般的な例
名称 貸付上限金額 金利 貸付条件
消費者金融カードローン 800万円 3.0%〜18.0%
  • 20歳以上65歳までの方
  • 継続的な安定収入のある方
フリーローン 300万円 15.0%~20.0%
  • 20歳以上65歳までの方
  • 継続的な安定収入のある方
クレジットカード クレジットカードのキャッシング枠内 15.0%~18.0% キャッシング枠のあるクレジットカードを所有していること

消費者金融というとカードローンのイメージがありますが、お金を借りる方法が他にもあるんです。

こちらでは、消費者金融などで借りる方法の3つを順番にご紹介します。

消費者金融消費者金融カードローン

項目 内容
概要 お金が必要になった時に借りて、毎月少しずつ返済する。(追加融資に審査なし)
貸付条件
  • 20歳以上65歳までの方
  • 継続的な安定収入のある方
  • 保証会社の保証が受けられる人
融資上限金額 800万円
金利目安 3.0%〜18.0%
審査難易度
借りる方法
  • インターネット
  • 無人契約機
  • 提携ATM
  • 店舗窓口
  • 銀行振込
融資スピード 最短即日
担保 無担保

カードローンは消費者金融だけでなく銀行でも提供していますが、消費者金融カードローンのメリットはなんといってもその審査と融資の早さです。

審査は早ければ15秒、融資は最短で30分もあります。「申し込みから契約までWEBで完結できる」「在籍確認の電話が不要」など申し込みやすいのも人気となっています。

カードローンは最初に審査をクリアできれば、その後の追加融資は審査なしにすぐに借入できるので安心です。

おすすめのカードローンについては、こちらの記事でも紹介していますので詳しくはこちらでご確認ください。

消費者金融フリーローン

項目 内容
概要 お金が必要な時借りて、毎月少しずつ返済する(追加融資には審査が必要)
貸付条件
  • 20歳以上65歳までの方
  • 継続的な安定収入のある方
  • 保証会社の保証が受けられる人
融資上限金額 300万円
金利目安 15.0%~20.0%
審査難易度
借りる方法
  • 店頭窓口
  • インターネット
  • 電話
融資スピード 最短即日
担保 無担保

消費者金融では、通常「フリーローン」を取り扱っています。カードローンとの違いは借り入れのたびごとに審査があることです。

カードローンを取り扱う大手の消費者金融で、融資が受けられなかった方にも柔軟な審査をしてくれるので使いやすくなっています。

店頭窓口で申し込みや返済を行って信頼関係が築ければ、困った時に頼りになってくれますよ。

消費者金融クレジットカード

項目 内容
概要 クレジットカードのキャッシング枠内でキャッシングし、返済は次回引き落とし日に一括かリボで返済する。
貸付条件 キャッシング枠のあるクレジットカードを所有していること
融資上限金額 クレジットカードのキャッシング枠内
金利目安 15.0%〜18.0%
審査難易度 借入の際には審査なし
借りる方法 ATM
融資スピード 即時
担保 無担保

クレジットカードはショッピングのできるショッピング枠だけでなく、現金が降ろせる「キャッシング枠」があります。

基本的には、カードが使えなくて商品やサービスの支払いができない場合に、ATMで降ろすための措置なので、設定額はそれほど大きくはありません。

しかし、お給料日前に少し現金が足りないという時には、審査なく即時に降ろせるので、十分に活用できますよ。

市役所・区役所で国や都道府県からお金を借りる方法

一般的な例
名称 貸付上限金額 金利 貸付条件
生活福祉金貸付制度 月20万円 無利息 生活立て直しのために必要な世帯
求職者支援金融制度 月10万円(最大12ヶ月) 3.0%
  • 職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方
  • ハローワークで、求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方
母子父子寡婦福祉資金貸付制度 月141,000円(生活資金支援の場合)
  • 保証人有:無利子
  • 保証人無:年1.0%
20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等
年金担保貸付 200万円 2.8% 年金証書を持っていて、現在その年金の支払いを受けている方
教育支援資金貸付 500,000円 給付〜5% 日常生活には困っていないが、修学のためにまとまった資金を必要としている世帯
緊急小口資金貸付 月20万円 無利息 新型コロナウイルスの影響を受けて、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
不動産担保型生活支援資金貸付 担保の土地評価額の70%まで 3.0% 借入申込世帯が、自己所有の不動産(土地・家屋とも)に居住し、今後も将来にわたって住み続けることを希望する世帯

国や自治体からもお金を借りることができます。

手続きは区役所や市役所などで手続きができますので、是非活用してください。

役所生活福祉金貸付制度

項目 内容
概要 災害などで生活立て直しのために必要な生活費用を支援する制度
貸付条件
  • 低所得者世帯:必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
  • 障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
  • 高齢者世帯:65歳以上の高齢者の属する世帯
融資上限金額 月20万円(3ヶ月まで)
金利目安
  • 連帯保証人あり:無利子
  • 連帯保証なし:1.5%
審査難易度
借りる方法 最寄の地方公共団体の福祉担当窓口に問い合わせる
融資スピード 最短5日
担保
  • 連帯保証人あり:無利子
  • 連帯保証なし:1.5%

災害などの影響によって失業したり仕事が減少し、日常生活の維持が困難な方への融資です。

生活の立て直しまでの一定期間(3か月)の生活費を無利息で貸してくれる事業です。

災害などで生活が困難になった際に新たに募集がされる場合もあります。まずは、生活を立て直すための最初の費用として借りましょう。

役所求職者支援金融制度

項目 内容
概要 求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の方を対象とした貸付制度
貸付条件
  • 職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方
  • ハローワークで、求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方
融資上限金額 月10万円(最大12ヶ月)
金利目安 3.0%
審査難易度
借りる方法 ハローワーク窓口に申請
融資スピード 最短1週間
担保 不要

「求職者支援資金融資」は、求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の方を対象とした貸付制度です。

職業訓練受講給付金といのは、ハローワークの支援指示により職業訓練を受講する場合、職業訓練期間中の生活を支援するための給付となります。

つまり、職業訓練でアルバイトなどができない方に、技術を身に付けるまでの間、お金を貸してくれるので安心して訓練を受けることができるのです。

役所母子父子寡婦福祉資金貸付制度

項目 内容
概要 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等に貸し付けられます。
貸付条件 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等
融資上限金額 月141,000円(生活資金支援の場合)
金利目安
  • 保証人有:無利子
  • 保証人無:年1.0%
審査難易度
借りる方法 最寄の地方公共団体の福祉担当窓口に問い合わせる
融資スピード 10日程度
担保
  • 担保不要
  • 保証人有:無利子
  • 保証人無:年1.0%

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、ひとり親に対する支援の総称で「親の事業・就職」「医療」「住宅」「生活」などの支援があります。

お子さんが小さいと体調を壊しやすく、親も仕事を休まなくてはいけなくなったりすることもあるんですよね。

そうすると、仕事を続けづらくなって生活が困窮することもあります。こうした場合には、お子さんのためにもしっかり利用しましょう。

役所年金担保貸付

項目 内容
概要 国民年金、厚生年金保険に基づく年金受給権を担保として融資する制度
貸付条件 年金証書を持っていて、現在その年金の支払いを受けている方
融資上限金額 200万円
金利目安 2.8%
審査難易度
借りる方法 独立行政法人福祉医療機構に問い合わせる
融資スピード 1.5ヶ月〜3ヶ月
担保 受給予定の年金

年金担保貸付制度は、国民年金、厚生年金保険に基づく年金受給権を担保として融資することが法律で唯一認められた制度です。

突然の支出や、生活必需物品の購入などの支出のために一時的に小口の資金が必要な場合に利用できますが、貸付には独立行政法人福祉医療機構での審査があります。

年金担保貸付を利用すると、返済が終わるまで年金の一部を受け取ることができなくなるので、借入の必要性や返済期間中の生活に支障がないようにしましょう。

役所教育支援資金貸付

項目 内容
概要 日常生活には困っていないが、修学のための資金を必要としている世帯への支援
貸付条件 日常生活には困っていないが、修学のためにまとまった資金を必要としている世帯
融資上限金額 500,000円
金利目安 給付〜5%
審査難易度
借りる方法 各地域の区市町村社会福祉協議会に問い合わせる
融資スピード 1ヶ月
担保 担保不要・要連帯保証人

教育支援資金貸付は、日常生活には困っていないが、修学のためにまとまった資金を必要としている世帯を支援する制度です。

世帯への支援のため、世帯人数と年収などの審査がある他、連帯保証人も必要となり、審査により給付か貸付かが決まります。

合格後、進学先が確定してからの借入申込みとなります。合格発表後、すぐに学費納入期限となる場合は、「予約申込み」として借入の申込みができます。

役所緊急小口資金貸付

項目 内容
概要 新型コロナウイルスの影響を受けて、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
貸付条件 新型コロナウイルスの影響を受けて、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
融資上限金額 月20万円
金利目安 無利息
審査難易度
借りる方法 最寄の地方公共団体の福祉担当窓口に問い合わせる
融資スピード 10日程度
担保 不要

新型コロナウイルス感染症の影響によって失業したり仕事が減少し、日常生活の維持が困難な方への融資です。

生活の立て直しまでの一定期間(3か月)の生活費を無利息で貸してくれる事業です。

コロナ以外でも災害などで生活が困難になった際に募集することもあります。まずは、生活を立て直すための最初の費用として借りましょう。

役所不動産担保型生活支援資金貸付

項目 内容
概要 現在、暮らしている自己所有の不動産に、将来にわたって住み続けることを希望する高齢者世帯に対し、その不動産を担保として生活資金を貸し付ける制度
貸付条件 借入申込世帯が、自己所有の不動産(土地・家屋とも)に居住し、今後も将来にわたって住み続けることを希望する世帯
融資上限金額 担保の土地評価額の70%まで
金利目安 3.0%
審査難易度
借りる方法 各地域の区市町村社会福祉協議会に問い合わせる
融資スピード 最短6ヶ月
担保 土地・建物

現在、暮らしている自己所有の不動産に、将来にわたって住み続けることを希望する高齢者世帯に対し、不動産を担保とし生活資金を貸し付ける制度です。

世帯の構成員が65歳以上の「夫婦のみ」「単身」であれば、申し込みは可能です。

審査は、不動産査定などもあるため時間がかかり、借入が始まるまでには6ヶ月ほどかかります。

ハローワークからお金を借りる方法

一般的な例
名称 貸付上限金額 金利 貸付条件
失業保険 離職理由によって異なる 給付のためなし ハローワーク窓口での職業相談・職業紹介を受けるなどの求職活動をしている方
職業訓練受講給付金 月額10万円 給付のためなし ハローワークの支援指示により職業訓練を受講し、職業訓練期間中の生活を支援が必要な方
求職者支援金融資 月10万円 給付のためなし 職業訓練受講給付金を受給しても、訓練受講中の生活費が不足する方
住居確保給付金 家賃相当額(最大9ヶ月) 給付のためなし
  • 離職・廃業から2年以内の方
  • 休業等により収入が減少し、住居を失うおそれがある方
臨時特例つなぎ資金 10万円 無利息 離職者を支援する公的給付制度(失業等給付、住宅手当等)又は公的貸付制度(就職安定資金融資等)の申請が受理されていて、当該給付等の開始までの生活に困窮している方

仕事を辞めた時や、新たに仕事を始める際にはハローワークで申請できる融資や給付もあります。

こちらでは、ハローワークで申請できる融資や給付の制度を見ていきましょう。

ハロワ失業保険

項目 内容
概要 求職活動をしている方への支援
貸付条件 ハローワーク窓口での職業相談・職業紹介を受けるなどの求職活動をしている方
融資上限金額 離職理由によって異なる
金利目安 給付のためなし
審査難易度
借りる方法 ハローワークでで申請する
融資スピード 1ヶ月ほど
担保 不要

失業保険は仕事を辞め、その後仕事を探して活動している人が対象の給付金ですので、返済の必要はありません。

そのため、退職してすぐに転職する人や就職する意思がない人、ケガや病気、妊娠・出産などですぐに就職するのが困難な人は、失業保険は受け取れません。

ハローワークの窓口では職業相談・職業紹介をしていますので、それらの求人も活用しながら落ち着いて次の仕事を探しましょう。

ハロワ職業訓練受講給付金

項目 内容
概要 雇用保険を受給できない求職者の方が、ハローワークの支援指示により職業訓練を受講する場合、職業訓練期間中の生活を支援するための給付を受けることができる制度
貸付条件 ハローワークの支援指示により職業訓練を受講し、職業訓練期間中の生活を支援が必要な方
融資上限金額 月額10万円
金利目安 給付のため金りなし
審査難易度
借りる方法 ハローワーク の窓口で申請
融資スピード 1ヶ月
担保 不要

職業訓練受講給付金は、雇用保険を受給できないもしくは、受給期間の終了した求職者が、職業訓練を受講する場合、職業訓練期間中の支援金を受けることができる制度です

収入が月額8万円以下、世帯収入が25万円以下などの生活支援が必要な方にのみ、給付される給付金となります。

なかなか仕事が決まらない場合にも、焦らずに職業訓練を受けてスキルを身につけることで、より仕事が見つけやすくなるので、是非活用したいですね。

ハロワ求職者支援金融資

項目 内容
概要 職業訓練受講給付金を受給しても、訓練受講中の生活費が不足する場合に融資を受けることができる
貸付条件 職業訓練受講給付金を受給しても、訓練受講中の生活費が不足する方
融資上限金額 月10万円
金利目安 給付金のため金利なし
審査難易度
借りる方法 ハローワークの窓口で申請
融資スピード 1ヶ月
担保 給付金のため不要

求職者支援金融資は、職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは訓練受講中の生活費が不足する場合に融資を受けることができます。

そのため、職業訓練受講給付金を受給している必要があります。これといったスキルがなく、なかなか仕事が見つからないという時にはとても助かります。

職業訓練を受講してしっかりとスキルを身につけることで、仕事が見つかりやすくなりますので焦らずにじっくり訓練を受けましょう。

ハロワ住居確保給付金

項目 内容
概要 休業等で収入が減少し住居を失うおそれが生じている方々に、原則3か月(最大9か月)、 家賃相当額を家主に支給する制度
貸付条件
  • 離職・廃業から2年以内の方
  • 休業等により収入が減少し、住居を失うおそれがある方
融資上限金額 家賃相当額(最大9ヶ月)
金利目安 給付金につき金利はなし
審査難易度
借りる方法 自立相談支援機関に連絡する
融資スピード 1ヶ月
担保 給付金につき不要

休業等に伴って収入が減少し住居を失う場合には、原則3か月(最大9か月)の間、家賃相当額を自治体から家主さんに支払ってもらえます。

住居確保給付金の受給期間が終了した方については、3か月間に限り再支給してもらうことができるんです。

勤務⽇数や勤務時間が減少した場合や、就労の機会が⼤幅に減少した場合にも対象になりますので、失業していなくても受給は可能となります。

ハロワ臨時特例つなぎ資金

項目 内容
概要 給付金または貸付金の交付を受けるまでの当面の生活の安定を目指すための貸付制度
貸付条件 離職者を支援する公的給付制度(失業等給付、住宅手当等)又は公的貸付制度(就職安定資金融資等)の申請が受理されていて、当該給付等の開始までの生活に困窮している方
融資上限金額 10万円
金利目安 無利息
審査難易度
借りる方法 都道府県社会福祉協議会に連絡する
融資スピード 1ヶ月
担保 不要

離職者を支援するための公的給付または公的貸付を申請中で、住居の確保が予定されている離職者に、交付を受けるまでの当面の生活費を貸してくれます。

申請が受理されていれば利用ができます。申請が通って振込まで生活に困窮する場合に利用ができて便利ですね。

ただし、元の申請が通らなかった場合には、1ヶ月以内に一括返済しなくてはいけないので注意が必要となります。

親や家族からお金を借りる方法

  • 親にお金を借りたい理由をしっかり述べる
  • どうしても親しか頼れないと伝える
  • 親に直接口頭で伝える

親や家族からお金を借りるという方法があります。関係性にも依りますが、「お金を貸して欲しい」と言うのは勇気が入りますね。

親や家族に「お金を貸して欲しい」と言う場合には、心配させないようにと嘘をつくよりも、本当のことを直接話すのが良い結果を得やすいようです。

状況をきちんと話すことで、これからの対策なども話し合えますので今後の生活にも有意義なことが多くなります。頼れる場合には相談してみましょう。

お金を借りる方法まとめ

お金を借りる方法まとめ
  • お金に困った時には、銀行や消費者金融で借りるのが一般的
  • お金に困った時に借りる方法は何通りもある
  • 収入などが全くなくなり返済できない場合には給付金を探してみる
  • 年金や保険・住宅など持ち物を担保にお金を借りることもできる
  • 今後に向けて保険や住宅などいざとなった時に担保になるもので備える手もある

お金に困った時には、銀行や消費者金融で借りるのが一般的です。

しかし、困った状況により自治体などで支援や給付が利用できる場合もあるので、確認してみると良いでしょう。

特に、休業や失業などで借りても返済ができない場合には、自治体の支援や給付で生活を立て直して社会復帰する方法もあります。

年金や保険、住宅などを担保に貸し入れもできますので、今後のために担保にできる年金や保険、住宅などで備えることもおすすめです。

フリーローンとは?カードローンとの違いやメリット・デメリット、おすすめの商品など徹底解説!

この記事をよんで分かること フリーローンの概要やカードローンとの違い フリーローンのメリットとデメリット おすすめのフリーローン 「旅行に行きたい!」「〇〇を買いたい!」など、お金を借りたいときの強い味方「フリーローン」。 ただ、同じローンサービスであるカードローンとの違いや、フリーローンならではのメリットやデメリットがわからず、イマイチ利用に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか? そこ […]

サラ金とカードローンの違い「サラ金=カードローン=安全」は本当?

初めてお金を借りるとき、どこで借ればいいのか迷うことがありますよね。 一昔前にはサラ金と言われていて、「高利貸の借金は借りるものではない」と言われていました。現在は過剰な貸付を抑制するための総量規制の下で一定のルールに基づいた貸付が行われています。 これからお金を借りようとする場合、サラ金から借りればいいのか、カードローンとは何が違うのか様々な疑問が湧いてきますよね。 結論としてサラ金というのは正 […]

65歳以上や70歳でも契約できるおすすめカードローン13社を比較!

60歳以上のシニア層になると会社を定年退職し、徐々に年金の受給がスタートし始めます。そのような状況下でもシニア層の中には、65歳以上になってもお金が足りなくて借入をしたいと考えている方は多くいます。 シニア世代になってもお金が借りられるか否かって、非常に悩ましい問題ですよね。 結論として、一般的に65歳から69歳までの間であれば、定期的な収入があることを前提としてカードローンの申し込みをできるとこ […]

カードローンに年齢制限はある?未成年やシニア世代への4つの注意点

カードローンに申し込んでも審査で落ちることはよくあることです。 原因としては、既に他社でキャッシング枠がある程度埋まっていたり、会社の勤続年数が短いことがあったりしますが、その中でも重要な審査基準でもあるのが「年齢」なのです! カードローンの申込条件として年齢の制限が設定されています。 この記事では、カードローンの年齢について幅広くリサーチしました。せっかく申込をしたのに、年齢が原因として審査に落 […]

100万借りたい!専業主婦でも可能!金利や審査・返済などを徹底紹介!

この記事を読んでわかること 100万円借りる目的が明確な場合におすすめのローン 100万円借りる目的が明確でない場合におすすめのローン 専業主婦でも100万円借りられるローン 100万円の借入前に考えておくべきこと 「100万円が必要になった」と言っても、今日中にお金が必要なのか2週間後でもいいのか、どういう目的で借りたいのかは人それぞれですよね。 実際に、何を重視してお金を借りるかで、選ぶローン […]

どうしても50万借りたい人必見!融資スピードや審査の難易度も徹底調査!

この記事でわかること 50万円を借りたい場合にはどこで借り入れるのがおすすめか スピード重視で借りられるのは消費者金融カードローン 低金利重視で借りられるのは銀行カードローン カードローンの審査に通る自信のない場合にはどこで借りられるか どうしても50万円が必要になってしまった場合、金額が大きいこともあり家族や友人に気軽に頼めませんよね。 そんな時に、おすすめなのはカードローンです。でも、そんなに […]

お金がない!解決法はたったの2つ!状況に合わせた対処法を徹底紹介!

この記事でわかること 贅沢していないのにお金がないと感じる原因 贅沢していないのにお金がないと感じた時の考え方 贅沢していないのにお金がないと感じた時の解決方法 お金がないと感じた時におすすめのカードローン なぜ、「お金がない」がないと感じるのか考えたことありますか?ひとくちに「お金がない」と言ってもその状況は人それぞれですよね。 お金がないという状況を脱するためには、しっかりと収入と支出の状況を […]

10万円を借りたい時に最もおすすめの方法と避けるべき危険な方法を解説!

この記事でわかること 10万円を借りたい時おすすめは消費者金融カードローンである理由 10万円を借りるのにおすすめの消費者金融カードローン 審査が必要な消費者金融カードローン以外の方法で10万円を獲得するには 事故や病気・冠婚葬祭などの急な出費意外にも、生活費の不足などで10万円が必要になった場合、安全で手軽に借りられるのが消費者金融のカードローンです。 こちらでは、10万円を借りたい時には消費者 […]

今すぐ1.3.5万借りたい人向け!即日融資可能で金利を抑えて借りる方法!

この記事でわかること 今すぐ1.3.5万円を借りたい場合には消費者金融カードローンがおすすめな理由 今すぐ1.3.5万円を借りたい時におすすめの消費者金融カードローン 実際に消費者金融カードローンで借りる時の申込みから借入までの流れ 「お給料日前ちょっと足りない」「恋人の誕生日プレゼント買うの忘れていた!」など、お給料日前に今すぐ1.3.5万円が必要になってしまうことありますよね。 少額なので、親 […]

即日で少額融資を受けるならカードローンがおすすめ!おすすめのカードローンを条件別にピックアップして紹介!

この記事をよんで分かること 即日で少額融資を受ける方法 即日で少額融資を受けるのにおすすめのカードローン カードローンでその日のうちに少額融資を受けるときの申し込みから契約までの流れ 「少額でいいから今すぐお金を借りたい!」と思った場合に利用できる方法はいくつかありますが、中にはあまりおすすめできない方法も…。 あまりおすすめできない方法でお金を用意してしまうと、お金よりも大切なものを失ってしまう […]

今すぐお金が必要!緊急度別お金の調達方法を徹底紹介!無職でも大丈夫!

「お給料日までお金がない!」「来月、地元の友達の結婚式に出席するのに大きな出費が必要!」など、「お金がない」と感じることありますよね。 「お金がない」と感じることは大きなストレスになり「今すぐお金が必要!」と焦ってしまうこともあるのではないでしょうか。 でも、少し落ち着いてお金は「いつまでに」「どのくらい」必要が緊急度を考えてみてください。意外とお金を準備できる方法ってあるんです。 こちらの記事で […]

カードローンの審査期間はどれくらいかかる?結果が分かるまでの時間を徹底解説!

この記事を読んでわかること カードローンの審査期間 カードローンの審査を受けるうえでの注意点 即日審査が受けられる金融機関 今すぐお金が必要な方にとっては、カードローンの審査にかかる期間って気になりますよね。 本記事ではそんな方に向けて、カードローンの審査期間を金融機関別に詳しく紹介していきます。 ぜひとも参考にしていただき、自分に合った即日融資ができる金融機関を見つけてくださいね。 【結論】カー […]

本気でお金を稼ぐ方法おすすめ100選!専業主婦や学生でも簡単にできる!

「突然お金が必要になった」「生活に不安があるから副業がしたい」など、生きていく上でお金の心配は尽きませんが、どうやって探せばいいのでしょう? 実は、どこかの会社に属して正社員やアルバイトをしなくてもお金を稼ぐことは可能です。 こちらでは、お金の稼ぎ方を古典的な方法から最新の方法まで延べ100例以上を紹介します。 この他にもまだまだ方法はありますが、お金の稼ぎ方を探している方のヒントになれば幸いです […]

アイフルは電話での在籍確認なしも可能!在籍確認の疑問を徹底解説!

この記事を読んでわかること アイフルは、原則、勤務先に在籍確認の電話をしない アイフルで在籍確認の電話を避ける確実な申し込み方 どうしても電話でないと在籍確認ができない場合もある 在籍確認よりも他人に借入がバレやすい場所 アイフルの在籍確認の電話でも会社には借入がバレない理由 カードローンの借り入れ審査では、必ず在籍確認があります。 在籍確認というとローン会社から会社に電話がかかって来て、「会社の […]

アイフルで即日融資をするには?申込方法からポイントまで一挙紹介!

この記事を読んでわかること アイフルの即日融資の基本 アイフルでより確実に即日融資できる申し込み方 アイフルでより確実に即日融資するための注意ポイント カードローンで即日融資してもらう場合、何時までに申し込めば間に合うんでしょう? また、審査最短30分などと言っても混み合って審査が後回しになってしまったら、即日融資も難しそうですよね。 こちらでは、アイフルで即日融資をより確実にするための申し込み方 […]