学生がプロミスを利用する条件と親バレしない申込方法を紹介!

この記事を読んでわかること
  • 学生がプロミスを利用する際の必要条件がわかる!
  • プロミスの審査に落ちる理由がわかる!
  • 親バレせずプロミスを利用する方法がわかる!

学生といえば、飲み会やイベントなどで急な出費が必要となるケースも多いはずです。そのようなとき便利なプロミスですが、学生でも利用できるのかは疑問ではないでしょうか?

結論からお伝えするとプロミスは学生でも利用できます。今回は、学生がプロミスを利用する際の条件や利用限度額をお伝えします。

また、カードローンの利用では「審査」がつきものです。本記事を読めば審査通過で落ちる理由もわかるので、ぜひ参考にしてください。

なお、親バレを避けるおすすめの申込方法もお伝えしています。最後まで読んでみてください!

学生がプロミスでお金を借りる条件!

学生がプロミスでお金を借りるための条件
  • 20歳以上であること!
  • 安定した収入のあること!

プロミスは学生でも利用できます。ですが「20歳以上であること」と「安定した収入のあること」の2つの条件が設けれられているため注意してください。

残念ながら未成年だとプロミスは利用できません。しかし、それはプロミスに限った話ではなく、他のカードローンでもいえることです。

また、安定した収入のあることも大切です。プロミスを利用するなら、学生であってもアルバイトなどで収入を得ていないといけません。無職だと審査で落ちてしまいます。

設けられた条件は厳しく感じるかもしれません。ですが、お金を貸す側のプロミスとしても、返済能力の低い人物に対し融資を行うのはリスクです。そのため、ある程度の条件は仕方ないと考えましょう。

学生の場合プロミスの限度額はいくら?

総量規制

プロミスでは、貸金業法で定められた「総量規制」が適用されます。これは年収の3分の1を超える貸付を禁止する法律です。そのため、学生であっても年収の3分の1を超える借入はできません。

不便に感じるかもしれませんが、総量規制は借り過ぎ、および貸し過ぎを防ぐために有効な規制です。ちなみに、あなたの年収が120万円の場合、借入金額の上限は40万円、年収180万円なら60万円までです。

なお、総量規制は借入総額に対する法律です。そのため、他社からの借入と合わせた金額が借入金額の上限を超えてもいけませんので、注意してください。

また、学生の場合必ず年収の3分の1まで借りれるとは限りません。これは正社員などと比べ、返済能力を低く見られケースがあるからです。10万円から20万円が相場と考えましょう。

総量規制の詳細は下記の内容を参考にしてください。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

学生がプロミスの審査で落ちる5つの理由!

安定した収入があり、年齢に問題がなければ学生でもプロミスは利用できます。しかし、なぜか審査に落ちてしまうという人も存在します。

ここでは、なぜ学生がプロミスの審査で落ちるのか、その理由を解説するので見ていきましょう。

①:希望する借入額が総量規制の上限を越えている!

例.年収に対する借入金額の上限
  • 年収60万円⇒上限20万円
  • 年収90万円⇒上限30万円
  • 年収120万円⇒上限40万円
  • 年収180万円⇒上限60万円

学生がプロミスの審査で落ちる1つ目の理由は、希望する借入額が総量規制で定められた上限を超えているケースです。プロミスには、総量規制があるため年収の3分の1を超える借入はできません。

例えば、あなたの年収が90万円なら上限30万円まで、年収120万円なら借入できる上限は40万円ということです。

プロミスは、審査の具体的な内容を公開していません。そのため、他の理由で審査に落ちる可能性も考えられます。

しかし、総量規制は確実にあるため、希望借入額が大きすぎる理由で落ちる可能性もあるわけです。そのため、確実に融資を受けたいなら、まずは借入額に注意してください!

②:他社での借入が多すぎる!

プロミス A社 B社 総量規制による借入の可否
(※借入額30万円の場合)
30万円 0万円 0万円
10万円 10万円 10万円
30万円 30万円 0万円
20万円 10万円 20万円

他のカードローンからの借入額が多すぎる場合も審査に落ちます。というのも、プロミスでは総量規制が適用されるからです。例えば、総量規制の結果30万円まで融資を受けられるとしましょう。

その場合、例えばプロミスだけから30万円を借りるのは問題ありません。しかし、他社からの借入額と合算し30万円を超える場合は、審査に通りません。つまり、融資は受けられないということです。

すでに他社からの借入がある場合は、年収の3分の1を超えない範囲の金額をプロミスにお願いしましょう。

また、他社からの借り過ぎの場合、借入金額に問題がなくても多重債務者と判断されるケースもあります。この場合も審査通過は厳しいため、注意してください。

③:信用情報に問題がある!

金融事故 CIC
(株式会社シー・アイ・シー)
JICC
(株式会社日本信用情報機構)
JBA
(全国銀行個人信用情報センター)
61日以上延滞 5年 1年 5年
3ヶ月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 不明 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 不明 5年 5年

学生が審査に落ちる理由として「信用情報」に問題があるケースも考えられます。信用情報とは、カードローンやクレジットカードに関する契約や申込に関する記録です。

日本には「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」「JICC(株式会社日本信用情報機構)」「JBA(全国銀行個人信用情報センター)」の3つの信用情報機関があります。

延滞や強制解約などの金融事故を起こすと、その情報は信用情報機関に残ってしまいます。その間にカードローンの審査に申し込んでも、通過できる可能性は低いです。

カードローンの審査に落ちた場合は、過去に金融事故を起こしていないか考えてください。また、今後のためにも、返済期日は確実に守りましょう!

④:複数のカードローンを同時に申し込んでいる!

複数のカードローンを同時に申し込むリスク
  • 多重債務者だと疑われる!
  • 不正利用を企んでいると疑われる!
  • よほど条件の悪い人なのではないかと疑われる!

短期間の内や、同時進行で複数のカードローンを申し込むのも、審査に落ちる原因です。カードローンに申し込むと、その情報は信用情報機関に記録されます。

「申込ブラック」という言葉があります。これは、短期間に複数のカードローンを申込み、それが原因で審査通過が困難となる状態です。ひと月に3社を超えると、申込ブラック入りのリスクは上がります。

申込ブラックの状態だと「多重債務者ではないか?」「不正利用を企んでいるのではないか?」「複数社の審査で落ちるということは、よほど条件の悪い人なのではないか?」といった疑いを持たれます。

そのため印象がよくないという訳です。すぐにお金が必要という気持ちもわかりますが、1社ずつ焦らず申込むようにしましょう。

⑤:申込内容に虚偽やミスがある!

虚偽申告がバレる理由!
  • 氏名や住所の嘘は本人確認書類からバレる!
  • 年収の嘘は収入証明書でバレる!
  • 他社からの借入状況は信用情報からバレる!
  • 勤務先の嘘は在籍確認でバレる!

プロミスの審査で落ちる理由として、虚偽の申告やミスも考えられます。ただし、これは学生に限らずどなたにでもいえることです。

どうしてもお金を借りたいため、意図的に申告内容をごまかそうとする人もいますが、残念ながら通用しません。

プロミスの審査は提出された書類を元に行われます。そのため、勤務先や住所、年収をごまかそうとしても、本人確認書類や信用情報、在籍確認などでバレてしまうからです。

申告内容に虚偽があることが判明すると、審査に通らないだけでなく、違法行為として訴えられる可能性もあります。そのためごまかそうとせず、誠意を持って事実を申告しましょう。

学生が親にバレずプロミスを利用するならWeb完結で申込みをしよう!

親バレ防止にWeb完結が有利な理由
  • 自宅への郵送物がない!
  • 申込から契約までが早い!
  • ローンカードが不要なので余計な手間を省ける!

親にバレずプロミスを利用するなら「Web完結」で申し込むのがベストです。Web完結とは、申込から借入まですべてインターネット上で行えるサービスの名称です。

Web完結ではローンカード「なし」で申込みできます。そのため、自宅への郵送物で親にバレるリスクは避けられます。

学生に限らず、カードローンの利用を回りにバレたくないと考える人にとって最適な申込方法です。

また、店舗に出向く必要もないため時間の節約にもつながります。Web完結なら24時間356日いつでも好きなときに申し込み可能なため、利便性・安全性の面でおすすめです。

学生が親バレせずにプロミスを利用するまでの流れを3ステップで解説!

学生が親バレせずプロミスを利用するための申込方法を「3ステップ」でお伝えします。まず、申込みはWebから行うのがポイントなので覚えておきましょう。次から1つずつ解説します!

①:プロミスの公式サイトから申し込む!(※Web完結)

本人確認書類(身分証明書) 運転免許証
パスポート
健康保険証+住民票
収入証明書類(所得証明書類) 源泉徴収票
確定申告書
税額通知書
所得(課税)証明書
給与明細書+賞与明細書

プロミスには、電話や店頭窓口など複数の申込窓口があります。ですが、親バレせずスムーズにお金を借りるには「インターネット」を使ったWeb完結を利用しましょう。

スマホやPCからプロミスの公式サイトにアクセスし、手続きを行います。申込み手続きでは「振込融資」を選択するのがポイントです。そうでないとローンカードが発行されてしまいます。

ローンカードは申し込み後自宅に届くため、郵便物で親バレする可能性があるので注意しましょう。申込み手続きでは、免許証などの身分証明書の提出が求められます。

また、借入希望額が50万円以上(※他社からの借入額も含む)の場合、収入証明書の提出も必要です。手間のかからないよう、あらかじめ用意しておきましょう!

②:在籍確認を含む審査が行われる!

審査で重視されるポイント
  1. 信用情報
  2. 他社からの借入状況
  3. 住まいに関する情報
  4. 職業
  5. 勤続年数
  6. 年収

プロミスへ申し込むと「審査」が行われます。利用者の返済能力を判断するためにも審査は必ず行われるものです。審査でポイントとなるのは、上の一覧で紹介している項目です。

現在の収入や、他社からの借入、信用情報は特に重視されます。ごまかしは通用しませんので、真実を申告しましょう。なお、審査の段階で「在籍確認」も併せて行われます。

在籍確認とは、申告した勤務先で本当に働いているか確認するために行われるものです。

プロミスが個人名でアルバイト先などに電話をかけます。プロミスの社名は出さないため、周りにバレる心配はありません。

③:契約手続き後借入開始!

無事審査に通過した後は契約手続きに入ります。プロミス申込時に登録したメールアドレス宛にメールが届くので、そこから契約手続きを進めましょう。

申込時点ですでにローンカードの発行は断っているため、契約手続き後に指定口座への「振込キャッシング」が行われます。

ここまでの流れで、親バレしないプロミスへの申込みは完了です。ちなみに、プロミスの審査は最短30分です。即日融資も当然可能です。

申込みをスムーズに行うためには、必要書類はあらかじめ用意しておきましょう!

プロミスの審査に落ちたとき検討したいお金を借りる3つの方法!

プロミスの審査に落ちてしまったとき、試してほしい3つの方法を紹介します。どれも親バレリスクの低いものです。次から1つずつお伝えするので見ていきましょう!

①:知人から借りる!

お金が必要なときは、知人を頼るのも1つの手段です。知人からの借金なら、親バレのリスクは低いと考えられます。高い利息や審査に悩む必要もありません。

最も借りやすい手段ですが、返済に遅れるような場合、信用を無くしてしまうため注意しましょう。

一度でも信用を無くしてしまうと、修復するのは困難です。仲がよいからと甘く考えず、誠意を持って返済してください。

前もって返済日を決めて、必要とあれば借用書も作成しましょう。

なお、相手にも生活があるため、高額な借入は期待できません。そのため、あなたの希望とする金額を借りれない場合もあることは、理解しておいてください。

②:質屋を利用する!

質屋を利用するのも1つの方法です。質屋では、利用者の持ち物を担保にその価値に見合った金額を融資してくれます。カードローンと違う点は、収入や信用情報に基づく審査がないことです。

持ち込んだ品物の査定のみで終わるため、15分から30分程度でお金を借りられます。査定が翌日に延びることはまずありません。

当然在籍確認もなく利用しやすい質屋ですが、一点金利には注意です。カードローンと比べて利用しやすいものではありません。年利は109.5%、月利は9%が上限です。

そのため、長期的に借りると利息の負担が大きくなるため注意してください。

③:他の消費者金融で借りる!

カードローン 消費者金融タイプ 対象年齢 金利(実質年率) 融資限度額 即日融資
プロミス
プロミス
大手消費者金融 20歳以上 年4.5%~年17.8% 最大500万円
アイフル
アイフル
大手消費者金融 20歳以上 年3.0%~年18.0% 最大800万円
アコム
アコム
大手消費者金融 20歳以上 年3.0%~年18.0% 最大800万円
カレッヂ
カレッヂ
学生ローン 18歳以上 年15.0%~年17.0% 最大50万円

プロミスの審査に落ちたら、他の消費者金融を受けるのもおすすめです。プロミスがダメだったからといって、他でも落ちるとは限りません。

上に親バレリスクの低い消費者金融をまとめています。どれもローンカード発行の有無や、郵送物の発送に関する指定ができるため、極力周りにカードローンの利用がバレるリスクは抑えられます。

なお、カレッヂは学生ローンです。他の消費者金融と異なり、18歳の未成年でも借りられるのが特徴です。特別親権者の同意も必要ありません。

融資限度額は低めですが、あなたの目的と合う場合は利用を検討してみてください。

まとめ

この記事のまとめ
  • プロミスは学生でも安定した収入があれば利用できる!
  • 利用限度額は年収の3分の1まで!
  • カードローンの審査に注意!
  • 親バレせずに申し込むならWeb完結がベスト!

今回は学生がプロミスを利用する際の条件について解説してきました。学生であっても、アルバイトなどで安定した収入があれば融資は受けられます。

利用限度額は、総量規制のルールがあるため年収の3分の1までです。ですが、学生だとどうしても返済能力を低く判断されがちなため、通常の金額より低い場合もあることは理解しておいてください。

また、カードローンには審査があります。記事内でお伝えしてきたように、簡単な条件ではありません。収入の他、他社からの借入状況や信用情報も大切です。

申し込む際は親バレリスクのないWeb完結を利用しましょう。お伝えしてきた内容を参考に、プロミスへの申込をチャレンジしてみてください!