プロミスの金利は低い!消費者金融の中でも利息を抑えられる理由を解説!

この記事を読んでわかること
  • プロミスは大手消費者金融と比べ上限金利が有利!
  • 大手消費者金融と比較し利息を抑えられる点が有利!
  • 延滞すると損害遅延金が発生する!

カードローンを利用する際に最も気になるのは「金利」ではないでしょうか?「10万円借りたら支払総額はいくらになるのか?」「安心して返済できるのか?」といった悩みはつきものです。

本記事では、消費者金融プロミスの金利について詳しくお伝えします。実はプロミスは消費者金融の中でも金利が低く利用しやすいサービスです。

プロミスで金利が決まる仕組みや、利息を解説するのでチェックしてみてください!なお、注意すべき損害遅延金の利率についても紹介しているので参考にしてください。

プロミスは大手と比べて金利が低い!他の消費者金融と金利を比較!

下限金利 上限金利
プロミス 年4.5% 年17.8%
アイフル 年3.0% 年18.0%
アコム 年3.0% 年18.0%

プロミスは他の消費者金融と比べて金利が低く使いやすいカードローンです。上の表では大手消費者金融のアイフル、アコムとプロミスの金利を比較しています。

「上限金利」の最も低いのはプロミスです。カードローンの金利を見るとき、まず注目してほしいのが上限金利です。

アイフルやアコムは年18.0%までとなっていますが、プロミスでは年17.8%までとなっており値の小さいことがわかります。

下限金利を見ると、アイフルやアコムの方がプロミスより有利な印象を受けるかもしれません。ですが、初回契約時は一般的に上限金利が適用されます。

わずか0.2%の違いでも、上限金利の低いプロミスは他の消費者金融よりも有利な借入ができます。参考に借入額ごとの金利を見てみましょう。

借入額10万円 借入額50万円 借入額100万円
プロミス 年4.5%~年17.8% 年4.5%~年17.8% 年4.5%~年15.0%
アイフル 年3.0%~年18.0% 年3.0%~年18.0% 年3.0%~年15.0%
アコム 年3.0%~年18.0% 年3.0%~年18.0% 年3.0%~年15.0%

金利については利息制限法に応じた上限金利が適用されます。具体的な金利は借入額によって異なる仕組みです。利息制限法については下の内容を参考にしてください。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

プロミスが他の大手消費者金融と比べて上限金利が低い理由

消費者金融との比較 金利(実質年率)
プロミス 年4.5%〜年17.8%
アイフル 年3.0%~年18.0%
アコム 年3.0%〜年18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜年18.0%
レイクALSA 年4.5%~年18.0%

上の表を見てもらうとわかるように、プロミスは他の消費者金融と比較して上限金利は低めです。

大手消費者金融5社は基本的に、利息制限法()で定められている10~100万円未満の元本に対する上限金利年18.0%を採用しています。

ですが、プロミスだけ年0.2%低い年17.8%を採用して差別化を図っています。その代わり、レイクALSAには無利息期間の長さで、アイフルやアコムには下限金利などの要素で負けています。

そのため、プロミスは大手消費者金融5社の中でも「上限金利」の点で他社と差別化を図り、なるべく金利を抑えたい人に向けたサービス作りをしていると言えます。

初めての借入では上限金利が適用される事がほとんどなので、プロミスはお得な消費者金融と言えます。オリコンランキングで満足度1位をとっている事にも頷けますね!

プロミスで50万円借りた場合の金利・利息を大手消費者金融と比較

金利 借入金額 返済回数 返済総額 利息
プロミス 年17.8% 50万円 36回 64万8,918円 14万8,918円
アイフル 年18.0% 50万円 36回 65万721円 15万721円
アコム 年18.0% 50万円 36回 65万721円 15万721円

ここではプロミス・アイフル・アコムで、それぞれ50万円を36ヶ月で返済した場合の金利と利息を比較しています。金利については、利息制限法を考慮した上限金利で計算しています。

つまりアイフルとアコムは「年18.0%」一方、プロミスは「年17.8%」です。表の結果はあくまでも参考値ですが、見てもらうとわかるように最も利息の低いのはプロミスです。

どの消費者金融も具体的な金額に対する金利は明らかにしていません。ですが、上限金利で考えるとプロミスが最も使いやすいといえます。

ここでは借入額50万円で計算していますが、他の金額も知りたい場合はプロミスの「ご返済シミュレーション」を試してみてください!

プロミスの金利から利息を計算する方法を解説!

出典:PROMISE

プロミスの利息は「利息=ご利用金額×借入利率÷365日×ご利用日数」の式で算出します。借入利率は年4.5%~年17.8%の範囲です。

試しに、10万円を借入利率17.8%で30日間利用した場合の利息を計算してみます。式に当てはめると「10万円×17.8%÷365日×30日」で答えは1,463円が利息です。

なお、利息は借入期間が長くなると大きくなるので、抑えるためには一括返済や随時返済を適宜に行いましょう。

また、プロミスは30日間の無利息期間を設けています。期間内に一括返済すれば利息はかかりませんので、上手に活用してください。

プロミスで返済が遅れた時の遅延利息の決まり方

出典:PROMISE

返済期限を過ぎているのに返済できないでいると「遅延損害金」が発生します。プロミスの遅延損害金の利率は「年20.0%」なので注意しましょう。

遅延損害金は「借入残高×20.0%÷365日(うるう年は366日)×延滞日数」で計算できます。

例えば借入残高が20万円で5日間延滞した場合、約547円遅延損害金が発生します。(20万円×20.0%÷365日×5日=約547円)

なお、遅延損害金は次回の支払日に上乗せして支払う決まりです。いつもより返済の負担が大きくなってしまうので、延滞はしないよう気を付けてください。

まとめ

この記事のまとめ
  • プロミスは大手消費者金融と比べて金利が低め!
  • 他の消費者金融と比べ利息を抑えられる!
  • 損害遅延金の利率に注意!

今回お伝えした内容で、プロミスは他社消費者金融と比べて金利が低いことがわかったはずです。

他社の上限金利が年18.0%のところ、プロミスは年17.8%でした。わずかに感じるかもしれませんが、金利が低いということはそれだけ支払う利息額も抑えられます。

ただし、支払いが長期化すると総支払額も増えてしまうので、余裕のあるときは随時返済も行いましょう。なお、無駄な支払いを抑えるためにも損害遅延金には注意してください!

上手に利用すれば、金利の低いプロミスは使いやすい消費者金融です!