プロミスで増額審査を受ける流れと通過のポイントを紹介!

この記事を読んでわかること
  • プロミスの増額審査を通過するコツがわかる!
  • 増額申請時収入証明書が必要な理由がわかる!
  • 増額審査に落ちたときの対処法がわかる!

現在プロミスを利用中で増額申請を行いたい考えていませんか?ですが、その際に心配なのは審査の難易度や在籍確認だと思います。

結論からお伝えすると当然審査なので簡単ではありませんし、在籍確認も場合によりあります。ですが、本記事でお伝えするポイントを参考にすれば増額審査の通過も無理ではありません。

今回ははじめての増額申請でもスムーズに申し込めるよう、審査の流れを具体的に紹介しています。また、審査に落ちたときの対処法についても触れているので、ぜひ最後まで参考にしてください!

プロミスの増額審査を通過する4つのポイントを紹介!

ここでは、プロミスの増額審査を通過するポイントを4つ紹介します。一度審査に通過しているからといって、甘く考えていると落ちてしまうので気を付けてください。次から1つずつ解説します。

①:返済の遅れや滞納をしない!

増額審査を通過する上で重要なのは返済実績です。これまでに「遅延」や「滞納」をしていると、あなたに対する信用は落ちてしまい、結果審査通過は厳しくなります。

ですが、これはプロミスに限った話ではなくすべてのカードローンで共通している条件です。

「何度返済に遅れたらダメ」という具体的な条件は明らかにされていません。しかし、一度でも遅れてしまうと「この利用者は信頼できない人物」と判断されてしまいます。

毎月きちんと返済している人の方が印象はよく、信用度も上がるのは当然です。プロミスでの追加融資や限度額の変更を検討しているなら、返済の遅れには十分注意しましょう!

②:継続的に最低半年は利用する!

プロミスの利用期間が長いのも、増額審査を通過するために有利なことです。

利用期間が長い人は優良顧客として印象がよくなります。最低半年は利用しましょう。ただし、延滞や滞納をしていては信用されないので気を付けてください。

具体的に「何度借入をしていればよい」という決まりはありませんが、プロミスの契約後一度も借入してないのも審査に悪影響を与えます。

というのも増額審査の段階で、本当に返済能力があるのか疑問を持たれてしまう可能性があるからです。そのため、健全な利用実績をつくるためにも適度に利用しましょう!

③:他社からの借入件数を減らす!

他社からの借入件数を減らすのも、増額審査を通過するのに大切なことです。

具体的にどの程度減らせばよいかはプロミス側で明らかにしていません。ですが、理想は「他社借入件数0件」です。

というのも、他社からの借入が多いと、ローンの返済が上手くいっていない人だと判断されてしまいます。その結果増額審査で不利となる場合があるのです。

「ローンの返済が上手くいっていない」「返済が滞っている」そのような人にお金を融資しても、貸す側としては返済してもらえない不安があります。

プロミスで増額申請を考えているなら、借入先は増やさないよう注意してください!

④:収入を増やす!

総量規制

現在の収入を増やすことも増額審査に通りやすくなるポイントです。追加融資が認められると、これまでの支払いよりも当然返済の負担は増えます。

ですが、契約時より収入が上がっていれば、計画通り返済できる可能性は高まります。そのため、プロミスの印象もよくなるのが理由です。

また、消費者金融では総量規制のルールがあるため年収の3分の1を超える借入はできません。年収600万円の人なら200万円まで、年収300万円なら100万円までが借入できる限度額です。

年収が上がれば借入できる金額も増えます。これらの理由があるため、増額審査において収入を増やすことは大切です。総量規制については下記の内容を確認してください。

(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

プロミスの増額審査の申請方法を3ステップで解説!

増額申請の申し込みから、追加借入までの流れを3ステップで紹介します。

電話や店舗など申請方法には複数の手段がありますが、自宅にいながらスマホで24時間365日申し込めるインターネットを使った方法を解説します。

流れ自体は特別難しいものではありません。次から順番にお伝えするので確認してください!

①:プロミスの会員ページより利用限度額の増額申込を行う!

プロミスの増額申請は会員ページから行います。ログインにはローンカードの番号や暗証番号の他、Web-IDおよびパスワードが必要です。

ログイン後画面右のサイドメニューから「ご増額の申し込み」を選択してください。そこで希望の金額や現在の年収、他社からの借入額を正確に入力します。

なお、ここでは銀行カードローンからの借入額は含みません。他の消費者金融から借入れた金額だけ入力しましょう。

また、入力を進めて行くと書類提出のページに移ります。

詳細は後ほど解説しますが、希望の利用限度額が50万円を越える場合や、他社からの借入金額との合計が100万円を越える場合は収入証明書の提出が必要です。

②:担当者から連絡が入り審査(在籍確認)が始まる!

プロミスの審査基準や条件
  1. 20歳〜69歳までの人
  2. 2~3ヶ月以上の収入がある
  3. 在職中である
  4. 複数の消費者金融から借入れていない
  5. 借入金額が他社と合算し年収の3分の1を越えない
  6. クレジットカードなどの支払遅延がない

増額申請の申し込みが終わるとプロミスの担当者から電話が入ります。そこで氏名や勤務先など詳しく質問されます。嘘はつかず事実を伝えましょう。

その後いくつかのヒアリングが終わると、いよいよ増額審査の始まりです。なお、この時点で勤め先が変わった場合など、在籍確認が行われます。

在籍確認の流れは新規契約時と同じです。勤め先に電話がかかります。

審査基準や通過の条件は上でまとめている内容を参考にしてください。すでに一度通過しているからといって安心はできません。状況によっては落ちることも当然あり得ます。

審査の結果「利用限度額を増やしてもよさそう」とプロミス側で判断すれば、増額してもらえます。

③:審査通過後電話で結果を受け追加借入開始!

増額審査の結果は原則電話で知らされます。無事利用限度額を増やせることが確定したら、新たな契約を結びなおし増額手続きの完了です。

初回契約時の内容は破棄され、改めて利用限度額の変更された内容に切り替わります。

ここまでが増額の手続きの流れです。この後はすぐに新しい限度額までの追加借入を行えます。契約書類等は後日自宅に郵送で届くので大切にとっておきましょう。

なお、インターネットでの増額申請は24時間365日いつでも可能です。ですが、深夜などの時間帯だと対応が遅くなるケースもあるため、その点は理解しておいてください。

プロミスの増額審査で収入証明書が必要な理由を解説!

収入証明書が必要となる条件
  • 希望の借入額が50万円を越える
  • 希望の借入額と他社での利用額の合計が100万円を超える
  • 以前の提出から3年以上経過している
収入証明書の種類
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書

プロミスの増額審査を希望する際、収入証明書の提出を求められる場合があります。収入証明書は、契約者の収入など返済能力を判断するために必要なものです。

収入証明書が必要な条件は上で紹介している内容です。つまり、希望額が50万円を越える場合や他社での利用額と合わせて合計100万円を越えるときに提出しなくてはいけません。

また、これまですでに提出している場合でも、3年以上経過しているときは改めて提出を求められます。

面倒に感じるかもしれませがんが、融資を行うプロミスとしても貸し倒れのリスクを減らしたいと思うのは当然です。ちなみに、収入証明書には源泉徴収票や確定申告書などが当てはまります。

プロミスの増額審査で落ちる3つの理由!

追加融資に落ちるのには理由があります。次からプロミスの増額審査に落ちる3つの理由をお伝えするので参考にしてください!

①:信用情報機関に金融事故を起こした内容が登録されている!

CIC(指定信用情報機関) JICC(日本信用情報機構)
長期延滞 5年 5年
強制解約 記載なし 5年
債務整理 5年 5年

信用情報機関に金融事故の内容が登録されていると増額審査に落ちます。プロミスはCICとJICCの2つの信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関にはカードローンの契約や申し込みに関する情報が登録されています。つまり、延滞や解約に関する内容、債務整理などの情報もあるわけです。

ここに金融事故を起こした情報が残っていると、追加融資や限度額変更は厳しいです。ちなみに、3ヶ月以上の長期延滞をした場合「5年間」その情報は消えません。

今後増額申請を希望しているなら、情報が消えるのを待ってから改めて申し込みましょう。

②:プロミスを契約して間もない!

プロミスを契約して間もない場合も、増額審査に落ちることがあります。

「信用情報に傷がないのになぜ?」と感じるかもしれません。確かに金融事故は起こしていませんが、プロミスとの信頼関係はまだ不十分です。

増額審査を受けるにはある程度の利用実績が必要です。全く利用しないのもいけません。最低半年は継続的に利用し、遅れることなく返済しましょう。

プロミスとの良い信頼関係を築ければ、プロミス側から追加融資や限度額変更の話が来る場合もあります。

③:借入額が年収の3分の1を超えている!

総量規制の基準となる年収
  • 給与
  • 年金
  • 恩給
  • 定期的に受領する不動産の賃貸収入(※事業として行う場合を除く)
  • 年間の事業所得(※過去の事業所得の状況と照らして安定的と認められるものに限る)

※上記以外の一時的な収入(宝くじや競馬など)は年収に含まれない

借入希望額が年収の3分の1を超える場合も増額申請に通りません。つまり総量規制の条件を越えているためです。

消費者金融で借入できるのは必ず年収の3分の1までということを覚えておきましょう。つまり、年収300万円なら100万円まで借入できます。

なお、年収として認められるものは給与や年金などです。宝くじや競馬で得た収入は年収に含まれません。

ちなみに銀行カードローンは独自のルールを設けているので、ここで紹介した内容が当てはまらない場合もあります。いずれにしろ、プロミスで追加融資を検討しているなら、総量規制に注意しましょう!

プロミスの増額審査に落ちた場合の3つの対処法

残念ながらプロミスの増額審査に通らないこともあるでしょう。そのようなときに試してほしい対処法を3つお伝えします。次から1つずつお伝えするので確認してください。

①:他の消費者金融を利用する!

金利(実質年率) 融資限度額 即日融資 無利息期間
アイフル 年3.0%~年18.0% 最大800万円 30日間
アコム 年3.0%~年18.0% 最大800万円 30日間
レイクALSA 年4.5%~年18.0% 最大500万円 60日間 or 180日間

プロミスの増額審査に落ちたときは、他の小消費者金融の利用も検討しましょう。プロミスの審査に落ちたからといって、他社も利用できないというわけではありません。

どの消費者金融にも総量規制のルールはありますが、その他の審査基準は異なる場合もあるため、審査通過の可能性はゼロではありません。

ちなみに、他の消費者金融を利用すれば再び無利息期間を利用できるメリットがあります。

アイフルやアコムは30日間、レイクALSAは60日間以上の無利息期間を利用できます。プロミスも利用しやすいサービスですが、他社も即日融資対応などの魅力があります。

プロミスの増額審査に落ち、どうしてもお金が必要という場合は他社への申し込みも試してみてください。

②:質屋を利用する!

質屋 カードローン
金利(実質年率) 年12.0%~年109.5% 年3.0%~年20.0%
融資限度額 査定額によっては1000万円以上 10万~1000万円程度
担保 必要 不要
審査 なし あり

「プロミスの増額審査に落ちた…」「すぐにお金が必要…」などの場合は質屋の利用も検討してみてください。質屋は利用者の持ち物を担保に、その価値の範囲内でお金を貸してくれるところです。

カードローンと違って審査の無いのが特徴です。そのため、どなたでも利用できます。

ただし利息には注意しましょう。質屋では質屋営業法に基づいた金利が設定されており、基本的にどこもカードローンと比べて利用しやすいものではありません。

また、必ず担保となる品物が必要です。その価値によっては借入れできる金額が小さくなってしまう恐れもあります。そのため、特徴を理解した上で利用しましょう。

③:親や友達から借りる!

増額審査に落ちたがお金が必要という場合は、親や友達から借りることも考えましょう。親や友達なら当然審査は必要ありませんし、利息を気にしなくても問題ありません。

気軽に頼みやすい点はメリットです。ただし、それほど大きな金額は期待しない方がよいでしょう。相手にも生活があるため、限られた範囲の中でということです。

また、返済できないと信頼を無くしてしまうため注意してください。一度人間関係が壊れてしまうと修復するのは簡単ではありません。

なお、親から借りる場合でも年間110万円を越えると贈与税の対象となる場合があるのでその点にも注意してください。

プロミスの増額審査に関する6つのFAQ

プロミスの増額審査に関するよくあるFAQをまとめました。特に質問の多いものをピックアップしたので参考にしてください!次から1つずつ解説します。

Q1.プロミスの増額審査は土日も対応している?

はい。プロミスは土日も増額審査を行っています。申請はプロミスの会員ページからログインして行います。

Q2.プロミスの増額審査でも在籍確認はある?

はい。契約者の状況によっては発生します。例えば、勤務先が変わり収入に変動があるような場合です。在籍確認の流れは新規申し込みの時と同じです。

Q3.プロミスの増額審査の難易度は?口コミも知りたい!

増額の「審査」なので場合によっては落ちることもあります。ですが、インターネット上の口コミを見ると、下のようにスムーズに増額できたという声も少なくありません。

迷っているならぜひチャレンジしてみてください。

Q4.プロミスの増額申請は電話でできる?

はい。電話で増額申請できます。増額を希望する場合はプロミスコール0120-24-0365まで電話してください。

Q5.プロミスの増額申請の受付時間を教えて!

インターネットなら24時間申請できます。ただし、増額審査は平日の9時~18時までの間なので、時間外の場合は翌営業日の対応です。

Q6.プロミスの増額申請の結果は最短即日に出る?

はい。増額申請の結果は最短即日に出ます。ただし、誰もが同じではありません。申請者の状況によっては、結果が出るまで1週間以上かかる場合もあります。

まとめ

この記事のまとめ
  1. 増額審査に通るためには延滞や滞納をしない!
  2. 増額審査では総量規制に注意!
  3. 場合によっては収入証明書が必要こともある!
  4. 増額審査に落ちたときは他の消費者金融の利用を検討する!

プロミスの増額審査についてお伝えしました。プロミスの増額申請はいつでもできますが、だからといって誰でも簡単に追加融資を受けられるわけではありません。

延滞や滞納など利用実績に問題があったり、総量規制の条件を超える借入を希望した場合は落ちてしまいます。

なお、50万円を越える借入を希望するときなど、場合によっては収入証明書が必要なことも覚えておきましょう。

増額申請してもどうしても通らないときは、他社を利用するのも1つの手段です。何より、毎月コツコツと返済期日に返し、プロミスとの良好な関係を築くことが増額審査に通過する上で大切です。

ぜひ覚えておいてください!